Qcdixevamhgzjliuz7ga

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌荒れに効く薬って?薬局で買える市販のおすすめ商品10選!

2018.05.02

生活習慣やストレス、乾燥など、様々な原因で起こる「肌荒れ」は、症状によって処方が変わってきます。皮膚科に行ってきちんと治したいけれど、忙しくて面倒という方の為に!薬を飲む&塗るだけで肌荒れが改善できる「薬局で買えるおすすめの市販薬」をご紹介したいと思います!

  1. さまざまな原因で起こる肌荒れ
  2. 皮膚科ではどんな治療があるの?
  3. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬①チョコラBBプラス
  4. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬②ペアa錠
  5. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬③ペアアクネクリーム
  6. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬④ハイチオールBクリア
  7. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬⑤チョコラBBルーセントC
  8. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬⑥ハイチオールCプラス
  9. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬⑦ロスミンローヤル
  10. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬⑧ハイチオールCホワイティア
  11. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬⑨ハイドロキノンクリーム
  12. 肌荒れに効く!薬局で買える市販薬⑩ペア漢方エキス錠
  13. まとめ
引用: https://cucuru.media/wp-content/uploads/2016/11/shutterstock_450564808-20161104172258.jpg
栄養不足や生活習慣、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因で起こる肌荒れ。カサカサ乾燥や繰り返しできるニキビ、肌が赤くなりやがて色素沈着してしまった・・なんて外に出るのも憂鬱になってしまいます。「肌荒れ」のほとんどの原因は「乾燥」からきている言われています。季節の変わり目や日々のスキンケアでの保湿不足で乾燥した肌は、カサカサ乾燥だけではなく、さらなる肌トラブルを招いてしまう危険があります。しかし忙しい毎日の中、なかなかしっかり「肌荒れケア」ができない女性も多いのではないでしょうか?そんな悩みの種である肌荒れは、“近くの薬局で購入できる市販薬”と上手に付き合いながら改善していきましょう!
引用: https://www.englishpedia.jp/blog/wp-content/uploads/2017/03/shutterstock_70250746.jpg
引用: https://noskinproblems.com/wp-content/uploads/2015/03/eyelid-dermatitis-treatment.jpg
「肌荒れ」に対する皮膚科の治療は、まず初めに、乾燥やアレルギーなど“肌荒れの原因”を突き止めます。症状が出た経緯・具体的な症状・肌荒れの部位から総合的に判断して、薬の処方や正しいスキンケア・生活習慣の指導をしてくれます。また、必要に応じて、酸性の薬剤を使用して老化してしまった角質を落とす“ケミカルピーリング”で、ターンオーバーの正常化を行います。肌荒れの症状がひどい場合や長引く場合は、ほかの肌トラブルを引き起こす場合もありますので、気軽に皮膚科に受診しましょう。

皮膚科で処方される薬

引用: http://www.slcdc.com/common/img/index/topMv.jpg
皮膚科では症状に合わせて、以下の様な薬が処方されます。

保湿剤

引用: http://maruhifu.com/wp-content/uploads/2016/10/f7ed61b1262ad36912c496dbdd7d26791.jpg
皮膚科で肌荒れ全般に処方されます。皮膚の乾燥を防いでくれるので、軽い乾燥の症状だと保湿剤のみで改善されることがあります。その他に乾燥対策として、皮膚の水分喪失を防ぐワセリンや、皮膚の水分保つタイプの尿素配合の軟膏などがあります。

抗生剤

引用: https://nikibitalk.com/wp-content/uploads/2016/02/f569c40f76dccff5c2fadce6dbe55fd5.jpg
殺菌作用や炎症を抑える作用のある外用薬や内服薬で、皮膚科ではニキビ治療によく使われます。ただし、抗生剤を使用しすぎると、かえって皮膚が荒れたりする場合があります。

ステロイド剤(外用薬)

引用: https://i1.wp.com/any-stress.com/wp-content/uploads/2015/09/nyouso-cream_comp.jpg?resize=600%2C400
肌の炎症を抑える効果のある強い薬です。皮膚科では肌のかゆみやかぶれを伴う皮膚炎に処方されます。ステロイドは効果が高い分副作用が出るケースがあるので、きちんと医師の指示通りに使用するようにしましょう。

抗ヒスタミン剤

引用: https://cdn.medley.life/thumbnails/56f9c850a3d1dbf6068b456d_cp.jpg?1460844300
かゆみを引き起こすヒスタミンという成分を抑える作用があります。皮膚科ではかゆみがひどい場合に処方されますが、眠気やめまい、倦怠感などの副作用があるので、薬を使用した時の運転は避けた方がいいです。

抗アレルギー剤

引用: http://atopyandsobo.org/wp-content/uploads/2014/11/2014y11m02d_025849419.jpg
花粉やハウスダストなどのアレルギーが原因で起こる肌荒れに処方されます。アレルギーを起こす体内のタンパク質を抑える働きがあり、抗ヒスタミン作用のあるものとないものがあります。副作用は少ないですが、効果が現れるまでに個人差があります。

漢方薬

引用: http://s-kanpousoudan.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/kanpou1-e1472609243848.jpg
血液の循環を良くしたり、体の熱を冷ましたりする働きのある漢方薬が皮膚科で処方されることもあります。症状そのものというより、肌荒れのしにくい体質の改善の効果があります。
【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠
価格 ¥ 2,598
肌あれ、にきび、口内炎の緩和と、疲れた時に効果的なビタ ミン剤です。 吸収にすぐれた活性型ビタミンB2が、細胞の新陳代謝を助けて皮膚・粘膜の症状を 改善します。また、バランスよく配合した5種類のビタミンB群が、食事から摂取し た栄養素を効率よくエネルギーに変換して毎日の疲れをケアします。 肌あれと疲れた時には小型でのみやすい錠剤のチョコラBBプラスがよく効きます。
肌荒れと言えばCMでもおなじみのチョコラシリーズ。その中でも「チョコラBBプラス」は肌荒れ・ニキビ・口内炎の緩和や疲れたときに効果的なビタミン剤です。配合されたビタミンB1・B2・B6・パントテン酸・ニコチン酸アミド(ビタミンB3)の5種のビタミンB群が効果を発揮。その中でも“活性型ビタミンB2”には、肌細胞の生まれ変わりをサポートする働きがあります。“美肌ビタミン”とも言われるビタミンB群が、体の内側から肌荒れやニキビを改善してくれます。
【第3類医薬品】ペアA錠 120錠
価格 ¥ 1,851
「ペアA錠」は、5つの有効成分で新陳代謝を促し老廃物を排出して、 繰り返す大人のニキビ・肌あれをカラダの内側から改善する内服薬です。
「ペアa錠」は、5つの有効成分で新陳代謝を促し老廃物を排出することで、体の内側から“繰り返す大人のニキビ”や“肌荒れ”を改善していきます。配合成分は、カンゾウの働きを助ける「グルクロノラクトン」、肌のターンオーバーを整えてくれる「ビタミンB2・B6」、肌の新陳代謝を促す「L-システイン」、ニキビ・肌荒れを改善する「生薬ヨクイニン」が効果を発揮します。特に、植物由来の生薬である「生薬ヨクイニン」は漢方の世界で「肌の基礎力を底上げする生薬」として昔から広く親しまれています。肌の水分代謝を促進し、老廃物を排出する働きがあるので、肌のターンオーバーを正常化し、肌の基礎力を底上げしてくれくれる役割を果たします。
引用: https://www.kracie.co.jp/kampo/kampofullife/wp-content/uploads/2016/11/K12-02b-2.jpg
【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 742
「ペアアクネクリームW」は、患部を開かずに有効成分が浸透し、Wの効果で 吹き出物・ニキビを“もと"から治す医薬品です。
「ペアアクネクリーム」は、フェイスラインなどに繰り返しできるニキビや吹き出物を、有効成分で“元から治す”ニキビ治療薬です。アクネ菌の生成を抑え、炎症を鎮めてくれる「イブプロフェンピコノール(IPPN)」と、症状を悪化させるアクネ菌を殺菌し、吹き出物・ニキビの進行を抑える「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」が配合。肌に塗るとしっとり潤い、透明になるクリームなので、塗った後にメイクも可能。お出かけ前や外出中にも気になりません。
【第3類医薬品】ハイチオールBクリア 180錠
価格 ¥ 2,168
ハイチオールBクリアは、肌代謝を助けるアミノ酸“L-システイン"とビタミンB 群、ビタミンCを配合。体の内側から肌細胞に働きかけ、肌全体の調子を良くし、肌 あれなどに効果を発揮する医薬品です。
「ハイチオールBクリア」は、肌代謝を助けるアミノ酸“L-システイン"と美肌ビタミンである“ビタミンB群”、シミや色素沈着にも効果のある“ビタミンC”を配合。脂質代謝やコラーゲン生成を助けるとともに、肌のターンオーバーを正常化してくれます。配合されたビタミンB2・B6・B1・ニコチン酸アミド(ビタミンB3)・ビオチン・パントテン酸が、栄養素を効率良くエネルギーに変換してくれるので疲れにも効果を発揮。体の内側から肌荒れやニキビを改善し、キメの整ったクリアな肌に導きます。
【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC 180錠
価格 ¥ 3,181
チョコラBBルーセントCは、ビタミンC 600mgとL-システイン240mg を配合し、表皮の下からメラニンを無色化していきます。 ビタミンB2・B6配合で、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化し、シミ、そばか すを緩和して本来のキレイな肌を取り戻していきます。
「チョコラBBルーセントC」は、シミやそばかすの緩和に効果を発揮する医薬品です。「ビタミンC」と「L-システイン」がメラニンを無色化、ビタミンEが黒色メラニンの排出を促進してくれます。ビタミンB2・B6が、乱れた肌のターンオーバーを正常化し、色素沈着の緩和や予防に役立ちます。
【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠
価格 ¥ 1,799
代謝を助けるアミノ酸L-システインを配合。シミを治し、体の疲れやだるさを改善します。
「ハイチオールCプラス」は、アスコルビン酸(ビタミンC)・L-システイン・パントテン酸カルシウムを配合。ニキビやシミなどの肌トラブルを緩和してくれる医薬品です。肌代謝を助けて過剰にできたメラニンをスムーズに排出し、さらにメラニンの生成を抑制。肌に沈着してしまった黒色メラニンを無色化することで、シミ・そばかすに効果を発揮します。
引用: https://gd.image-gmkt.com/FREE-SHIPPING-ROSSMIN-ROYAL-270-TABLETS-FOR-WRINKLES-FRECKLES/li/177/803/788803177.g_400-w_g.jpg
「ロスミンローヤル」は、シミや小じわなどの肌トラブルに、国内で唯一“効能効果が認められた医薬品”です。13種類の有効成分と血行や新陳代謝を促進する9種類の生薬を配合。できてしまったシミ・そばかすを薄くして、小じわや肌荒れを緩和します。
【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア 120錠
価格 ¥ 2,380
ハイチオールCホワイティアは、体の代謝を助けるアミノ酸“L-システイン"が 体の内側から細胞に働きかけ、シミ・そばかすを治療する医薬品です。
「ハイチオールCホワイティア 」は、体の代謝を助けるアミノ酸L-システインが、体の内側の細胞に働きかけ、シミ・そばかすなどの肌トラブルを治療する医薬品です。L-システインが肌細胞の生まれ変わりを正常化し、ビタミンCとの相乗効果で、できてしまったシミ・そばかすの原因である過剰なメラニンを排出します。肌のターンオーバーを正常化し、くすみのない美肌へ導いてくれます。
ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 日本製
価格 ¥ 1,296
純ハイドロキノン2%(純度99.9%)配合。スポットケア用のハイドロキノンクリームです。
「ハイドロキノン」はビタミンCよりも美白効果が高いといわれており、高濃度の純ハイドロキノン2%配合でシミにピンポイントで効果を発揮します。医療機関でもシミの治療に使用される「ハイドロキノンクリーム」が手軽に購入することができます。注意点としては白斑予防のため、3ヶ月連続使用後は1ヶ月使用を停止しましょう。また、紫外線の影響を受けやすいので、日焼け止めの併用をおすすめします。
【第2類医薬品】ペア漢方エキス錠 112錠
価格 ¥ 1,981
「ペア漢方エキス錠」は、5種の生薬からなる漢方「桂枝茯苓丸」のチカラで血のめ ぐりを改善。 ホルモンバランスの乱れなどによるニキビ・シミをカラダの内側から治す漢方薬です。
「ペア漢方エキス錠 」は、生理前のホルモンバランスの乱れなどで繰り返しできる大人ニキビや肌荒れを改善する漢方薬です。5種の生薬からなる漢方「桂枝茯苓丸」の力で血のめぐりを改善。血行不良や冷え性からくる肌荒れの改善にも効果的です。
引用: https://avatars.mds.yandex.net/get-pdb/69339/b33fddbe-9f10-43f3-b94e-333ca7924f82/s800
いかがでしたか?今回は「肌荒れに効く!薬局で買える市販薬10選」をご紹介しました。やはり「肌荒れの症状に合わせた改善法」が効果的ですので、肌荒れ改善にぜひお役立てください!市販薬と上手に付き合って、気軽に「肌荒れのない美肌」を手に入れましょう♡