G1anlapggw5dafdr2cs6

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌荒れ対策に必須のビタミン!市販のおすすめサプリと食べ物をご紹介!

2018.05.02

お肌の調子が悪くて肌荒れが治らない、そんな方は、摂っているビタミンの種類が不足しているのかもしれません。このような肌荒れの症状や原因、また、どのようなサプリや食べ物、ドリンクを摂取すれば肌荒れが改善されるのかをご紹介していきます。市販でおすすめの商品とは?

  1. 肌荒れにはビタミンを
  2. まず「肌荒れ」とは?
  3. 肌荒れって、どんな状態?
  4. 肌荒れの五大症状
  5. 肌荒れの原因、その種類は?
  6. 体の中が肌に表れる
  7. 外からの刺激での肌荒れ
  8. 肌荒れにはビタミン?
  9. 肌荒れにはこのビタミン①ビタミンA
  10. 肌荒れにはこのビタミン②ビタミンB2
  11. 肌荒れにはこのビタミン③ビタミンB6
  12. 肌荒れにはこのビタミン④ビタミンC
  13. 肌荒れにはこのビタミン⑤パントテン酸
  14. 肌荒れにはこのビタミン⑥ビオチン
  15. 肌荒れにはこのビタミン⑦ビタミンE
  16. 1日にどのぐらいビタミンを摂ればいいの?
  17. 市販のサプリでもいい?
  18. おすすめのサプリ
  19. まとめ
引用: http://img03.tooopen.com/uploadfile/Downs/images/2012/4/18/sy_20120418230721647116.jpg
肌が荒れると治りが遅い、このところずっと肌の調子が悪い…栄養バランスが悪いのかと思って食事内容を変えてみたけれど、やっぱり肌荒れは良くならない…そんな状態の方もいらっしゃるかと思います。「肌荒れ」と言われる症状は、どういう症状のことを言うのか、その原因は何なのでしょう?肌荒れに効果があると言われるのはビタミンですが、その種類や、毎日どのぐらい摂ればいいのかの目安などをご紹介します。
引用: https://www.vitao.com/wp-content/uploads/2017/07/MyMedia83820170703105222.jpg
一般的に「肌荒れ」と言われている症状ですが、その具体的な状態とは?悩める肌荒れの改善のため、まずは、肌荒れと言われる症状、種類を確認しましょう。
引用: http://paper.taizhou.com.cn/tzwb/res/1/20111207/79531323190709924.jpg
「肌荒れ」は、肌が滑らかではなくなり、カサついたり赤らんだり、また、ニキビ・吹き出物などのトラブルを伴ったりします。肌荒れの症状が出ると、メイクの乗りが悪くなるなど、深刻な問題に発展することも。病院で塗り薬を処方してもらうこともできますが、まずは食生活などを見直してみましょう。
引用: http://l1.yimg.com/bt/api/res/1.2/XNYjUPtQ69AfSL3ZzEGfDA--/YXBwaWQ9eW5ld3M7cT04NTt3PTMxMA--/http://media.zenfs.com/en_IN/News/Bollywoodshaadis.com/article-201351337513528295000.jpg
肌荒れの主な症状は、「肌の乾燥」「毛穴の開き」「肌のごわつき」「ニキビや吹き出物」「湿疹」などです。 これらが進行すると、皮むけや、白く粉をふくなどの悪化もあります。ひどい乾燥や、湿疹が出ている時には、かゆくなることも。かゆいとついつい掻いてしまいますが、こういった皮膚接触により症状が悪化し、皮がめくれた、血が出た…などさらに困ったことになる可能性もあります。
引用: http://gabriellaalbuquerque.com.br/comp/__dragab/imagens/noticias/20_gabriella_albuquerque_dermatologista_rio_de_janeiro_HERPES_LABIAL.240x240.jpg
「肌荒れ」の原因は人によって本当に様々ではありますが、大きくふたつに分けると、体の外からくるものと、中からくるものに分かれます。
引用: http://kmbpic.ol-img.com/forum/201310/08/171747l0cnzhvclug4jqcl.jpg
まず、体の中からくる肌荒れとはどんなものでしょう。夜遅くに唐揚げなど食べていませんか?ムリなダイエットはしていませんか?こういう生活の乱れが、肌荒れにつながります。お菓子や揚げ物をたくさん食べていませんか?野菜はたくさん食べていますか?ビタミンやミネラルなどの栄養素が足りなくなると、肌は荒れてしまいます。また、女性の場合はホルモンのバランスの乱れが原因のことも。排卵期から月経までの間の期間は、皮脂の分泌を増やす女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発になるので、「なんかいつもより脂ぎってる」などということになります。
引用: http://www.biglemon.am/attachments/s7t35XTrk8p28PXWhYQeJ9cZvq.jpg
次に、体の外からくる肌荒れです。花粉、車の排気ガス、紫外線、空気の乾燥など、身の回りはお肌に刺激を与えるものだらけです。季節の変わり目には特に肌が敏感になる…というのも原因ですが、自律神経の乱れも大きな原因になります。朝夕の気温差が大きい春先など、昼は血管が広がり、夜は血管が収縮するのですが、同時に自律神経の調整がうまくできなくなることも、肌荒れという形であらわれるのです。
引用: http://www.homeremedies-for-acne.com/wp-content/uploads/2010/12/4087550_f1024.jpg
肌荒れの改善にはビタミン、とよく言いますが、ビタミンは実はとても種類が多いのです。肌荒れを改善するのに必要なのは、どんな種類のビタミンなのでしょう。
引用: http://www.01nablehouse.com/shop/image/shop/kenkou/kenkou_top01.jpg
ビタミンAは皮膚の細胞の働きを正常に戻す役割を持っています。老化防止にも役立つ抗酸化作用もありますので、ビタミンAが不足すると、乾燥やニキビ、吹き出物などの原因になる恐れも…。レバー、人参、卵黄などの食べ物に含まれています。
引用: http://solusinutrisi.org/wp/wp-content/uploads/2014/03/vitamin-crop.jpg
ビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保つのを補助するもので、タミンB2が不足すると唇の端が切れたりすることがあります。代謝を助ける役割もあるので、肌の新陳代謝を促して、肌荒れが治るのを早めてくれる効果も期待できるのです。レバー、納豆、卵黄などの食べ物に含まれています。
引用: http://info.moonbasa.com/files/2011/4/14/18-654207646798.jpg
ニキビや吹き出物などにはビタミンB6をどうぞ。たんぱく質などの代謝を助け、筋肉などの細胞を作るために必要な栄養素で、肌の新陳代謝を促してくれるうえに抗アレルギー作用もあるので、湿疹にも役立ちますよ。ニンニク、マグロ、お米などの食べ物に含まれています。
引用: http://retronatoshiko.com/img/supplement2.jpg
お肌にはビタミンC!と昔から言いますが、ビタミンCは実は、コラーゲンの生成に欠かせないのです。酸化防止効果で、シミやくすみなどにも期待できます。さらに、開いた毛穴を閉じる効果もあるので、毛穴関連の肌荒れにも役立ちますよ。ピーマンやブロッコリーなどの食べ物に含まれています。
引用: http://www.01nablehouse.com/shop/image/shop/kenkou/kenkou_top01.jpg
パントテン酸は別名ビタミンB5、皮脂の分泌を抑えてくれますので、皮脂が出すぎることによるニキビや吹き出物にはこれをどうぞ。レバー、卵黄などの食べ物に含まれています。
引用: http://07.imgmini.eastday.com/mobile/20170518/7056bb665cd02493813bf73d70c69d29.jpeg
肌を正常に保ってくれる働きを持っているのがビオチンです。これが不足すると湿疹、爪が割れやすい…などの症状が出ることも。肌以外のためにも必要なビタミンなので、積極的に摂りましょう。ナッツや大豆などの食べ物に含まれています。
引用: http://cdn.slism.jp/2011/07/clm0100a.jpg
細胞を守る働きがあり、ビタミンCといっしょに摂ると、より良い相乗効果を発揮してくれるので、ぜひ積極的に摂取したいのが、ビタミンEです。カボチャや卵黄などの食べ物に含まれています。
引用: http://media.tripvizor.com/picture/c/a6/CwMdBE5KXRIDBVwHBxcWHR0XSxEcCEwbCBUEEhpbHAoGFglMHwQMVkdZW0VTSlxUVUpXQlZGWFoeFRU=.jpg
ビタミン類の1日の摂取量は、性別や年齢によって多少異なりますが、30~49歳の女性の場合の推奨摂取量は、ビタミンAが700μg、ビタミンB2が1.2mg、ビタミンB6が1.2mg、ビタミンCが100 mg、パントテン酸が4mg、ビオチンが50μg、ビタミンEが6.0mgとなっています。 ※参照元 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf
引用: http://getbeauty.jp/wp-content/uploads/2017/05/360x230x055b4013bba50ae5b65a6ae991c4a15e-e1493705152499-1-360x230.jpg.pagespeed.ic.mxj-MFpVyb.jpg
引用: https://healdsburgshed.com/wp-content/uploads/2016/02/Healdsburg-Guide-Shed-0104-300x369.jpg
ビタミンを食事だけで毎日摂るのはちょっと大変…という方も多いかもしれませんが、そういう場合、市販のサプリでもいいですよ。市販のサプリには何粒飲めば一日分の栄養が摂れるかが表記されているので便利ですね。一粒のサプリで数種類のビタミンが摂れるものもあって、とても便利ですよ。市販されているサプリはちょっと粒が大きくて飲み辛い…という方には、ドリンクタイプも市販されています。ドリンクはサプリとは呼びませんが、サプリ同様の効果を持つものもありますし、サプリと違ってとにかく飲みやすいのがドリンクの利点で、通常の市販のドリンク類と大差ない、おいしい味がついている物も多いですよ。ピーチ味のドリンク、レモン味のドリンクなど、おいしくてサプリ並みの栄養素が含まれているドリンクタイプは、サプリ同様たくさんの種類が市販されています。サプリを選ぶかドリンクを選ぶか…そのチョイスが楽しみになるかもしれませんね。
引用: http://www.parmentier.de/gpfneu/pharma.png
市販のサプリはドラッグストアだけではなく、コンビニで購入できるものもありますのでご紹介します。「ファンケル マルチビタミン」ビタミンCをはじめ、11種類ものビタミンが配合されています。「ファンケル ビタミンC&ビタミンP」一日3粒でレモン53個分のビタミンCが摂れます。「DHC マルチビタミン」1粒で1日分の12種類のビタミンが摂取できます。1日13円と経済的。「DHC ビタミンBミックス」ビタミンB群全8種類が入っています。朝晩二回に分けて服用します。
肌荒れの症状や原因、そして少しですがおすすめサプリをご紹介してきました。まずは原因の特定、それに合わせて生活改善などの対処方法をとると、必ず症状は改善します。ご自分の生活を見直して、ご自分に合った改善策で、お肌をお大事に…
引用: http://www.cgc-jp.com/products/images/index_ph06.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.0061.com.au/upload/image/201403/ab364d21-f254-46a6-83ab-ca03716de951.jpg