Qbb1kswkrpkcanumcpjp

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

乾燥が気になる季節に使いたい!クレンジングクリームの選び方と人気アイテム

2018.10.13

乾燥する季節になると、どうしてもクレンジングクリームが気になりますね。クレンジングクリームは肌乾燥と密接に関係しています。このサイトを読めば乾燥が気になる季節に使いたい、クレンジングクリームの選び方がマスターできるでしょう!

  1. 乾燥シーズンは肌トラブルがなぜ起こるの?
  2. クレンジングクリームとは?
  3. 乾燥が気になる季節に使いたいクレンジングクリーム
  4. 乾燥が気になる季節に使いたいクレンジングクリームの特徴
  5. 界面活性剤について
  6. クレンジングクリームの使い方の要点
  7. クレンジングクリームアイテムの選び方
  8. クレンジングクリームの選び方の要点
  9. 乾燥シーズンにあうクレンジングの人気アイテム
  10. まとめ

肌トラブルが起こる理由

夏の強烈な紫外線で、肌がダメージを受けます。乾燥シーズンに入ってくると、気温の変化で皮脂分泌量が低下します。そのため、角質層の水分減少が起こり、バリア機能がダメージを受けてしまいます。

ターンオーバーが狂う

そうすると、ターンオーバーが狂いだします。ターンオーバーが異常を起こしてくると未熟な肌が顔をだして、角質層が厚くなって、ごわつきや・かさつきが起こってきます。

クレンジングクリームのタイプ

クレンジングにはいろいろなタイプのアイテムがあります。オイルタイプ・ジェルタイプ・クリームタイプに大きく分けられます。刺激や洗浄力の強さを弱い順に並べると、ミルク・クリーム・バームタイプになります。また、お肌の刺激の強さと洗浄力の強さを弱い順に見てみると、ジェル・ふき取りシート・オイルタイプになります。

クレンジングクリームの特徴

クレンジングクリームは、洗浄力が高く刺激が少なく、保湿力が高く洗い上りがしっとりして、肌への負担が少ないのが特徴です。ですから、乾燥するシーズンだけクレンジングクリームのアイテムを使うとよいですね。しっかりメイクする人には、アイメーク専用のリムーバーなどで落としてから、使用することが大切です。クレンジングクリームだけで落とそうとすると、薄い目の周りの肌に刺激を与えすぎてしまいます。
Kvbkkwyqse9dwtj03r9p

乾燥が気になる季節のクレンジングクリームの選び方

乾燥が気になる季節は、夏の紫外線のダメージや、気温や湿度の急激な変化による皮脂分泌量の低下という特徴のあるシーズンです。30歳・40歳代になると乾燥対策だけでなく、エイジングケアの対策も心がけることが大切です。乾燥対策は保湿が一番です。クレンジングクリームもミルクタイプのものや、クリームタイプのもののマイルドなタイプのものを使いたいですね。また、クレンジングクリームに保湿成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。

見直しのサイン

冬は非常に乾燥しやすい時期です。普段は何でもないアイテムでも、このシーズンになるとあわなくなる場合があります。あわないクレンジングクリームを使ったり、洗顔したり、していると乾燥肌になってしまいます。お肌が突っ張って、Tゾーンが脂ぎってくると今使っているアイテムの、見直しのサインとしてみるべきでしょう。

クレンジングクリームの特徴

乾燥季節にはなぜクレンジングクリームアイテムが良いのでしょう。なぜクリームだと摩擦が防げると思われますか?それは、メイク落としの中でも、クレンジングクリームは、クレンジングの中で厚みがあるからです。擦っても肌を傷つけることはありません。また、クリームだと皮脂を取り過ぎることがなく、油分が適度にあるのです。ダブル洗顔しても肌がしっとりして、乾燥しない特徴があります。

皮脂を落とし過ぎない特徴のあるアイテム

乾燥肌や敏感肌の人のメイクをしっかり落としたい人には、なくてはならないアイテムです。界面活性剤が比較的少なく、メイクが良く落ち、お肌の潤いをキープして、お肌の皮脂を落とし過ぎず、お肌に負担がかかりにくいアイテムとなっています。

乾燥が気になる季節に使いたい特徴のあるクレンジングクリーム

クリームタイプのクレンジングクリームは、低刺激で乾燥が気になる季節に使いたい特徴のあるアイテムです。無香料、無着色ダブル洗顔不要などの特徴のあるものは、肌への刺激も少なくて乾燥の気になる季節に使いたいアイテムですね。クレンジングクリームは、摩擦と乾燥を防ぐことができて低刺激です。

界面活性剤の肌への刺激の弱いのは?

界面活性剤にはイオン性界面活性剤と、非イオン性界面活性剤があり、イオン性界面活性剤の中の陽イオン界面活性剤は、洗浄力が強く殺菌効果があります。しかし、肌への刺激や毒性は強くなります。刺激の強い界面活性剤は、陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)、両性界面活性剤、非イオン性界面活性剤とだんだんと、肌への刺激は弱くなっていきます。

化粧品に使われている注意する界面活性剤とは?

化粧品に使われている界面活性剤で、特に注視する界面活性剤は、ラウリル硫酸Na(ナトリウム)です。ラウリル硫酸Naを改良して作られていますが、刺激が特に強く、成分が皮膚に残りやすくなっています。皮膚に残ると乾燥肌になるので、敏感肌の人にはあいません。
また、オルフィンスルホン酸Naで、主にラウレス酸として利用されるものは、脱脂力と刺激性が高くなっています。また、パレス-3硫酸Naは脱脂力が高く、皮脂を溶かして落とす成分で肌には刺激となります。

メイク落ちの悪い人のふき取りタイプのコツ

メイク落ちが悪いという、厚化粧の人のクレンジングクリームの使い方のコツを見てみます。ふき取りタイプの場合は、クレンジングクリームを内側から外側に顔全体に優しく伸ばし、専用ローションのふき取り用で落とすときれいに落ちます。

メイク落ちの悪い洗い流しタイプのコツ

Mbxtym8wkfozzicypmck
洗い流すタイプの場合は、目元や口元のメイクを先に落としておくことが必要です。クレンジングクリームを乳化させてお湯で落とすと、お湯とメイクの油がなじみやすく、メイクの落ちが違ってきます。

ポイントは乳化

クレンジングクリームも界面活性剤が幾分入っています。すすぎまでの時間は1分以内にやることが必要です。しかし、顔にクレンジングクリームをつけ、乳化させることで汚れの落ちが違ってきます。あらかじめ、目や口元は専用のリムーバーで汚れを落として、そのあと、クレンジングクリームでTゾーンから顔全体にクリームを塗り、手に残ったクリームをお湯で乳化させ、顔全体に乳化させることが、汚れをスッキリ落とす方法です。お湯は32度ぐらいのぬるま湯で洗い落とすことが必要です。

乳化のやり方

やり方としては、クレンジングクリームを適量手のひらに乗せ、温めて手のひらで包み込みます。乾燥シーズンはお湯で手を温めて、クレンジングクリームを使用してメイク汚れを浮き上がらせます。全体に顔にクレンジングクリームをつけて、手のひらに残っているクリームを乳化させ、それを徐々に顔に乳化させ、32度ぐらいのぬるま湯でしっかり洗い流します。

アイテムの選び方

クレンジングクリームのアイテムの選び方は、洗い流すタイプの方がお肌に優しいです。自分にあうものを見つけるには、試供品やトラベル用の少量サイズを利用して試す方が良いでしょう。植物由来のエキスなどの保湿成分の入ったものを選び、肌に必要な潤いを残しつつ、角質の汚れを十分に落とせるお肌に優しいものを選ぶことが大切です。
クレンジングクリームがお肌に良いのは、クリームの厚みにあります。クレンジングの中でもクリームは厚みがあるため、肌との摩擦が最小限に抑えられます。厚みがあると、肌に直接触れることがありません。

選び方のポイント

配合成分をしっかりと見て、美容成分の有無や、無添加など、口コミで使用感をチェックするとよいでしょう。しかし、口コミは、それだけをネタに書いているメーカーもあるので、あまり良い口コミは信じない方が良いでしょう。悪い口コミを見て、自分で判断するのが一番確かだと思います。良い口コミは一概に本当かどうかは分かりません。

1位のポーラ・モイスティシモクレンジング

ポーラ・モイスティシモクレンジングを手に取ったときはクリームです。しかし、お肌に乗せるとオイルに変化します。メイクや汚れにスーッとなじんできて、細かい毛穴の黒ずみなどクレンジングの洗浄力も非常に高く、保湿成分は天然由来のものが配合されています。ポーラー化粧品から販売されていて価格は3780円(送料無料)です。

2位のコーセーコスメデコルテAQミリオリティリペアクレンジングクリーム

コーセーコスメデコルテAQミリオリティリペアクレンジングクリームの成分は、エモリエント成分・ダブルペプチドが配合されています。ナチョラル志向の人に人気で、保湿も十分あります。肌の表面がツルツル、シットリ感がたまりません。コーセーが販売していて値段は少々高く1万円です。

3位のトリロジー・クレンジングクリーム

トリロジー・クレンジングクリームは、オーガニック認定ローズヒップオイルを配合したクレンジングクリームです。ポンプ式・やや柔らかめの感触で洗浄力は弱いです。トリロジーの販売で 4471円(送料無料)です。
いかがでしたでしょうか?乾燥が気になる季節に使いたいクレンジングクリームを見てきました。クレンジングクリームはオールシーズン同じものを使うのではなく、季節や体調に合わせたクレンジングクリームを使うことが大切です。
乾燥が気になる季節に使いたい!クレンジングクリームの選び方と人気アイテムをまとめてみると、1.お肌に優しい非イオン性界面活性剤の入ったものを選ぶ、2.クレンジングクリームを乳化させて使う、3.洗い流しの方がお肌に優しいということです。