Ccxzfiomwxicqyujxbuv

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【クレンジングミルクの特徴まとめ】ナチュラルメイクの方にオススメ

2020.07.13

ミルクタイプのクレンジングって本当に落ちてるの?ナチュラルメイク派や、敏感肌におすすめって聞くけど実際どうなの?そんなミルクタイプのクレンジングの特徴、メリット、デメリットもチェックしていきましょう。おすすめミルククレンジングもいくつかご紹介します。

  1. クレンジングの仕組み
  2. ミルククレンジングの特徴
  3. こすっちゃダメ!クレンジングの正しい知識
  4. ミルククレンジングのメリット
  5. ミルククレンジングのデメリット
  6. 敏感肌におすすめはやっぱりミルククレンジング
  7. ナチュラルメイクや日焼け止めだけの日もミルククレンジングを
  8. メイクに応じてクレンジングも使い分けを
  9. おすすめミルククレンジングをチェック
  10. ミルククレンジングで健やか美肌へ
Kvavf3dht9rnyg53xmuy
クレンジングはメイクなどの不溶性の汚れを落とすのに特化した洗浄成分が入ったものです。洗顔では水溶性のよごれ、汗やほこりを落とすものになるのでメイクや、日焼け止めなどの不溶性の汚れを落とす事は難しくなります。クレンジングはメイクをする方には欠かせないアイテムです。
クレンジングがきちんと行われていればそのあとのスキンケアアイテムの浸透率も大きく変わります。化粧水などに含まれている有効成分をキチンをお肌へ届けるためにも、お肌が整って次の日のメイクをキレイに仕上げるためにもクレンジングはスキンケア、美肌への大事な第一歩となるのです。
Wk1ccp0dot1pbgaqvzca
クレンジングミルクの特徴をチェックしていきましょう。クリームタイプより水分量が多く乳液のようなとろりとしたテクスチャーが特徴なのがミルククレンジング。お肌への摩擦も少なく滑らかな使用感なのも特徴です。ほかのタイプのクレンジングよりも界面活性剤というお肌に刺激になる成分も少なく、そのため洗浄力も優しめなのもうれしいポイントです。
Lnoqsh3tx8rfqesuh5va
メイク汚れをしっかり落とさなきゃとクレンジングでお肌をゴシゴシこすったりしていませんか?いくらお肌に優しいクレンジングを使用していても摩擦による刺激でお肌にダメージを与えているかもしれません。クレンジング行う際はこすりたい気持ちをぐっと我慢して、優しく滑らせるようにゆっくりなじませて行きましょう。
Ebzthc6fyza3heemo1gw
ミルククレンジングのメリットを具体的に見ていきましょう。
Leoavvpvpdjvexv6hmuc
ミルククレンジングのメリットとして一番に挙げるのはやはりお肌への優しさです。お肌への刺激のある成分界面活性剤の配合が一番少なめなミルククレンジングは敏感肌の方でも比較的安心して使えるのが特徴です。優しい洗浄力のため、お肌の皮脂を取りすぎることなく、ミルクには潤い成分もたっぷり含まれているので潤いを残しながらも汚れを優しくオフしてくれます。
優しいミルククレンジングのデメリットもきちんと理解していきましょう。
Czadozh55bdisejcfram
お肌に優しいミルククレンジングのデメリットとは一体なんでしょう。それは優しいさ故の洗浄力の弱さです。ミルククレンジングは様々なタイプのクレンジングアイテムの中で最も洗浄力の弱いアイテムです。バッチリメイクやカラーの多いポイントメイクはミルククレンジングでは落としきれない場合もあります。最近では洗浄力も高めのタイプもありますがやはりポイントメイクやバッチリメイクにはミルククレンジングはあまりおすすめできません
Bnn7a9niruwxqhkx14sa
メリット、デメリットを見てもお肌への優しさ、ダメージの少なさからやはり敏感肌の方はミルククレンジングの使用をおすすめします。最近ではほかのタイプのクレンジングアイテムでも敏感肌用に優しい配合になっているクレンジングアイテムもたくさん出ているので何とも言えません。ですがまずミルククレンジングからお試しするのがおすすめです。
Bmw8fs03ygxeminlwlr1
敏感肌の方だけでなく普段からあまりメイクをされない方、ナチュラルメイクの方もミルククレンジングの使用をおすすめします。ミルククレンジングだけでも十分ナチュラルメイクならきれいに落とすことができます。洗浄力の強いタイプのクレンジングはその分お肌への刺激も強いので毎日のダメージの蓄積につながってしまい、結果肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。日焼け止めだけの日もきちんとクレンジングを行うのを忘れないようにしましょう。日焼け止めも洗顔だけでは落としきれない成分が含まれていることが多いので注意が必要です。
Kvra2iwye2n7pgp5m1ke
敏感肌の方や普段はナチュラルメイク派の方でも時々はバッチリメイクやポイントメイクの日もありますよね。中にはメイクの汚れ落ちが不安な方もいらっしゃると思います。そんな方は専用リムーバーやミルクよりも洗浄力の高いタイプのクレンジングアイテムを上手に活用しましょう。ミルククレンジングのデメリットをきちんと理解してメイクや普段のお肌の調子などよく観察して、クレンジングアイテムを上手に使い分けしましょう。
Naf8jq441gsoalulzk0j
ミルククレンジングの特徴やメリット、デメリットを理解したうえでおすすめアイテムをチェックしていきましょう

カウブランド 無添加メイク落としミルク

牛乳石鹸から出ている低刺激、無添加ミルククレンジングです。デリケートなお肌のために考え作られたアイテムです。メイクはしっかり落とせているのに洗いあがりはもちもちでしっとりしているのが特徴です。プチプラなのもうれしいですね。

ライスフォース クレンジングミルク

スキンケアアイテムとして口コミで有名なこちらのアイテム。含まれているエキス、ライスパワーNo.2は余分な角質や汚れを落としながらもしっとりとした潤いをキープするのが特徴。もちもちで評価の高いこちらのブランドアイテムのクレンジングは乾燥が気になる方にもおすすめアイテムです。

カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

肌への優しさだけでなく、お肌の潤いも考えて作られたアイテムです。高いクレンジング効果とお肌のトリートメント効果は化粧水いらずなくらい洗いあがりは潤いがキープされています。その使用感が病みつきになるアイテムです。

ママバター クレンジングミルク

シアバター配合の忙しいあなたにおすすめな洗顔不溶のクレンジングアイテムです。たくさんのオーガニック成分が含まれているのもうれしいポイント。シアバターでお肌はしっとり、オーガニックラベンダーのやさしい香りに癒されるアイテムです。

ジョンマスター LBフェイスクリームクレンザー

シャンプーで有名なブランドのアイテムです。デリケートなお肌にも安心して使える自然由来の成分使用で滑らかな洗いあがりです。毎朝の洗顔の代わりにも使える万能アイテムです。

パラドゥ スキンケアクレンジング

コンビニコスメ代表がこのブランド。メイク落ちがすごいのに美容成分が89%も配合されている優れものです。洗浄力はもちろん潤いのある洗いあがりでも人気なアイテムです。どこでもあるコンビニで気軽に購入できるのもポイント高めですね。

shiro かごめ昆布クレンジングミルク

なんとがごめ昆布の成分が入った北海道のブランドです。とろみのあるテクスチャーでがごめエキスがお肌の潤いを守り、しっとりとしたお肌にしてくれます。ねっとりとしてお肌の汚れとよくなじむのですがするっと洗い流せるのでお肌への負担も少ないです。
Njuqaqamxo5lrlb1lq18
様々なタイプのミルククレンジングをご紹介しましたがいかがでしたか?クレンジングはお肌への最初のアプローチとなります。初めて使用する際は各ブランドの使用上の注意や使い方をしっかり守って使用しましょう。敏感肌の方はパッチテストも忘れず行うようにしましょう。
Hpap2eudtsn0xwshtgqk
お肌に優しいミルククレンジングのメリット、デメリットを理解し自分のお肌と向きあっていきましょう。自分のお肌にあったクレンジングアイテムを見つけて、正しいクレンジングを行えば理想のお肌へ近づく第一歩となるはずです。
Xxqtkw2b0gbeqbgg3du7