Zgp2xqxand0sjf8cdbqn

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【肌荒れ対策】かゆみの原因を押さえてしっかり対策!市販薬でできるおすすめの対処法

2018.05.02

肌荒れによるかゆみの原因は一体何でしょうか?季節の変わり目や寒さによる乾燥が引き起こされる冬の時期には多く見られる現象です。市販薬のクリームなどの薬でほおなどの赤みを消す対処法を紹介します!原因と対処法をしっかり抑えて、綺麗な肌を目指しましょう!

  1. 肌荒れによるかゆみの症状とは
  2. かゆみの原因 ~肌荒れによるかゆみ~
  3. 乾燥によるかゆみ ~肌荒れによるかゆみ~ 
  4. かゆみの原因のヒスタミン  ~肌荒れによるかゆみ~
  5. かゆみ対処と予防法 ~肌荒れによるかゆみ~
  6. かゆみ止めの飲み薬 ~肌荒れによるかゆみ~
  7. 〇アレルギール錠  かゆみや赤みに ~肌荒れによるかゆみ~
  8. 〇スラジンA 蕁麻疹・湿疹などの炎症に ~肌荒れによるかゆみ~
  9. 〇レスタミン コーワ  アレルギーによる強いかゆみに ~肌荒れによるかゆみ~
  10. まとめ
Gzxky3dl33sf65bsykwq
引用: https://www.google.co.jp/search?tbs=sbi:AMhZZivhHBUeWOGIcgqFbjCRUpa0Il2KzxF8n2dkYYSp8shDiij_1AB-G5yMQV64jNGxScChHkGkMBvM7hTeaSxRVVkVDQEpzKh9BDhcrdW2nF3jo1LwREA-TnW_1DL647DzJXo89AP7IC4NfXNkCh1NiyZOy-ChCXbw8Gr8Z_1CnDJi0Yj22HVDY_1vag2SBwoBqCfewBxYy2j_1RIXztD0TKOnIMFlSnb-tdvl-m-r1gJ-FAy_16y10-sHtHLuM05NeiDWZDM1fesu--rsNBlXyrOEWk1ODt8CN4p3FAZPR13chDYkuwokTCwsrXMrY9L6lt4Neu93YWorkudnrE7xuW8CgVSknwWRKrVQ#
Sa4bqmzs2ttdsqutk6hj
引用: https://pieknojestwtobie.com/krostki-na-twarzy-i-ciele-czy-to-potowka/
肌の頬の部分がカサカサしてかゆみが出てくる場合、大抵はかいてしまいます。かいてしまうとひどくなり、患部がさらに悪化してしまうという経験はだれにでもあるのではないでしょうか。顔、特に頬のかゆみに、赤みの炎症やぶつぶつ、湿疹などの症状をともなう場合、どのような対策が必要でしょうか。クリームなどの化粧品だけでは対処しきれないかゆみにはどのように対応すれば良いのでしょうか。かゆみの起因となる分類される原因を考えてゆきます。
Ltdehvrs55uzg1kygy4l
引用: http://www.skincare-univ.com/t/c1269-sensitiveskin/itch.html
肌のかゆみの原因は様々です。水道水や化粧品に含まれる塩素や冬の時期の乾燥など、色々な要因によりお肌を刺激します。頻繁にお肌をかく症状の方は、表皮に大きな損傷を与えている可能性があり、かゆみ→肌をかく→肌荒れ→皮膚のバリア機能の低下→さらなるかゆみ→さらに肌をかく…という悪循環に陥ります。敏感肌がその慢性化や悪化の原因となります。肌をかきすぎた場合、かゆみの原因物質「ヒスタミン」を誘発する「神経ペプチド」の成分が体内に分泌され、かゆみの範囲も徐々に拡大してゆきます。 かけばかくほどかゆくなる現象は、かけばかくほど肌は荒れ、肌環境は悪化。外部からの異物(アレルギーの原因物質も含む)の侵入をガードする「お肌のバリア機能」も弱まり、成人型アトピー性皮膚炎、アレルギーによる重度のかゆみに繋がるリスクがあります。
L0hygdptcx9xxe4ejj0z
引用: http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/atopic.html
特に、敏感肌の方にかゆみの症状は多くみられます。乾燥性敏感肌という名称が付けられており、乾燥、敏感肌、かゆみの関係は繋がっています。 正常で健康な普通肌は水分と油分のバランスが整っており、お肌にハリ・ツヤがあり、肌本来の持つバリア機能が正常に働いている状態です。正常で健康的なお肌は、外部からの刺激・異物の侵入を予防し、排除するバリア機能を備えていますが、乾燥肌の方は、皮膚の水分と皮脂が不足しているため、バリア機能が充分に作用しません。外部からの刺激・異物の侵入にお肌が無防備な状態なので、刺激に弱く敏感になり、かゆみを感じやすくなってしまします。体調不良やストレスフルな生活、女性の場合はホルモン周期なども契機となり、かゆみを生じやすい肌状態になり、乾燥する冬場の季節や季節の変わり目に特に発症します。
Enkjdoluous0o1sxegdv
引用: http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/atopic.html
かゆみの炎症が生じる際に分泌される成分「ヒスタミン」は、時には過分に分泌されてしまいます。 ヒスタミンが大量に分泌されると、かゆみの症状が出るという機能の原因は、詳しい研究では解明されていませんが、ヒスタミンはかゆいという知覚神経に働きかけ、ヒスタミンが分泌されるとかゆみや痛みが神経を通じて脳に伝達されます。脳に伝わったかゆみや痛みは神経に伝わり、さらにヒスタミンを過剰に分泌させる物質を放出させます。ヒスタミンが過剰に分泌されると、激しいかゆみを脳へ伝達し、脳は神経にその情報を伝えます。 脳から伝達された神経は違う物質を分泌し、その物質はヒスタミンをさらに分泌させます。激しいかゆみを感じた場合、時間の経過と共に、かゆみは増幅するのは、その作用によるからです。ひどいかゆみを生じた場合、すぐにヒスタミンの分泌を抑制する「抗ヒスタミン剤」を飲むことでかゆみを抑えることができます。
かゆみが生じやすい方は、敏感肌体質で肌のバリア機能が低下しやすい性質とみられます。 薬や金属、化粧品などにかぶれやすいのは、敏感肌の方の特徴です。 かゆみを生じやすい敏感な肌の体質そのものを変えるのはなかなか難しいでしょう。けれども、肌への刺激を極力減らす工夫は、現実的で大変良い方法です。特に、見直し他方が良いのは、使用している化粧品です。
Qdorcxghtha4dgj05yyc
引用: http://www.uhealthnut.com/organic-skin-care-products/
スキンケア化粧品は毎日お肌に塗布され、自身の肌に合和ない場合、刺激と負担が生じます。スキンケア化粧品は毎日の生活に欠かせないものなので、なるべく低刺激で品質が確かなものを使用するようにしましょう。特に敏感肌の方は、肌に合わない化粧品による肌の悪化、かぶれ、かゆみの要因となる可能性が高く、化粧品選びには気を付けましょう。かゆみの症状がひどい場合、薬局などでも購入が可能なかゆみ止めの市販薬のクリームや飲み薬を摂取することにより、頬のかゆみや赤みを抑えることが可能ですので、化粧品の使用を控えて薬を利用しましょう。
Xuai66svqv5vd04l1ak7
引用: https://www.kenko.com/product/item/itm_6511313072.html
定期的に皮膚の赤みや激しいかゆみを生じる場合、効果的なのが「アレルギール錠」です。 主に症状としては、皮膚の湿疹やかゆみ、花粉やアレルギー性鼻炎、鼻水や鼻づまりに効果的とされています。 抗ヒスタミン剤の働きにより、これらの症状を緩和・抑制してくれます。 症状が発症されたとしても、1年中使用が可能な常備薬として最適な飲み薬となります。4歳以上からの服用。 薬局などでも購入が可能なかゆみ止めの市販薬のクリームや飲み薬を摂取することにより、頬のかゆみや赤みを抑えやすくなります。
Vrryyltjnuldfdzcc2es
引用: http://search.sato-seiyaku.co.jp/pub/search/dispproduct.php?productid=699
「スラジンA」は処方された薬の効果が見られない場合も、かゆみの症状を緩和し、ストレスや 日常生活で生じる接触皮膚炎(ビニールやアクセサリー等)のアレルギーにより発症する湿疹や蕁麻疹、かゆみにも効果的です。薬局などでも購入が可能なかゆみ止めの市販薬のクリームや飲み薬を摂取することにより、頬のかゆみや赤みを抑えやすくなります。
Msnsazuwgeq73tw1zumw
引用: https://search.sato-seiyaku.co.jp/pub/search/dispproduct.php?productid=700
激しいかゆみ、全身の蕁麻疹や湿疹に効果的な抗ヒスタミン剤と茵ちん蒿湯(いんちんこうとう)の漢方薬で作られており、茵ちん蒿湯(いんちんこうとう)は口の渇きを生じる時がありますので、個人差はありますが喉の渇きを感じやすくなるかもしれません。 スラジンAとは別に「スラジンS」の淡赤色の糖衣錠の錠剤も販売されており、「糖」によって錠剤を覆い飲みやすくしている飲み薬です。8歳から服用可能で、スラジンAは15歳以上から服用可能。 薬局などでも購入が可能なかゆみ止めの市販薬のクリームや飲み薬を摂取することにより、頬のかゆみや赤みを抑えやすくなります。
Pkdkjicwx76dhm3kio52
引用: https://matome.naver.jp/odai/2135731607286219701/2135743937394960403
レスタミン コーワは、2種類あります。  ①レスタミンコーワ 糖衣錠 は、アレルギー反応・アレルギーの改善、皮膚の治療を対象としております。  ②レスタミンU コーワ錠 は、かゆみ・ぶつぶつ・皮膚の炎症の治療を対象としております。 ①、②ともにアレルギー反応、体調不良が原因の蕁麻疹や湿疹、かゆみに効果的です。 ①レスタミンコーワ 糖衣錠は、アレルギーから生じる症状の改善に特に効果的、アレルギー反応を改善し、皮膚の炎症・湿疹・蕁麻疹も治療します。①レスタミンコーワ 糖衣錠に消炎作用と皮膚代謝に必要なビタミンを加えて開発されたのは、②レスタミンU コーワ錠です。①レスタミンコーワ 糖衣錠より400円程高くなりますが、激しいかゆみ、皮膚のぶつぶつ等の炎症に効果があります。成人性アトピー性皮膚炎の際のかゆみを抑制します。 ①、②ともに5歳以上から服用可能。 薬局などでも購入が可能なかゆみ止めの市販薬のクリームや飲み薬を摂取することにより、頬のかゆみや頬の赤みを抑えやすくなります。
Zxgya31auqzbgal5xjzf
引用: https://www.hemensaglik.com/makale/dogumdan-sonra-hangi-kontroller-yapilir
クリームなどの化粧品では対処しきれないかゆみの症状には、薬局での購入が可能なかゆみ止めの市販薬のクリームや飲み薬を摂取する方が症状が治まり易くなります。病院には行くのがどうしても面倒な時や時間がない場合に、市販薬はとても便利で応急処置の役割を果たしてくれます。 市販薬で症状の改善がみられない場合は、皮膚科の専門の医師に相談し、適切な医療用薬品を処方してもらうのが良いでしょう。