Cnr9dw1gvhpdc130vdii

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングで肌に優しいものはどれ?選び方のポイント4つ

2020.07.13

クレンジングが肌に合わないと感じる方、意外と多いのでは?どうしてクレンジングがお肌に合わないのか、お肌に優しいクレンジングって一体何?クレンジングの種類や特徴をチェックしてにあなたのお肌に優しいクレンジングを見ていきましょう。

  1. クレンジングで肌荒れが起こる原因
  2. お肌に優しいクレンジングの正しい使い方
  3. メイクに応じてクレンジングもチェンジ
  4. 1.お肌に優しいクレンジングの正しい選び方 ~肌質~
  5. 2.お肌に優しいクレンジングの正しい選び方 ~ベースメイク~
  6. 3.お肌に優しいクレンジングの正しい選び方 ~ポイントメイク~
  7. 4.お肌に優しいクレンジングの正しい選び方 ~相性~
  8. 敏感肌におすすめはミルクかクリームタイプ
  9. 敏感肌におすすめクレンジングをチェック
  10. 健やかなお肌作りのにクレンジングはとっても重要です
Loft1tbwb7mcnkj29s57
クレンジングで肌荒れが起きるってご存知ですか?クレンジングはお肌にあるメイクなどの不溶性の汚れを落とすためのものです。そのため、少し洗浄成分が強いのが特徴です。お肌に洗浄力が強いと言うことは、お肌への負担、ストレスも洗浄力に比例して大きくなってしまいます。自分のお肌に対して洗浄力の強いタイプのクレンジングを使い続けてしまうとお肌へのダメージが蓄積され、結果肌荒れを引き起こす大きな要因となってしまいます。
Owtv41ne1jptckqkjsbx
クレンジングの使い方でも肌荒れは引き起こされます。正しいクレンジング出来ていますか?ここで改めて正しいクレンジングの使い方を整理しておきましょう。
Alcakwkxx3nopchj4qtv
簡単に使い方の説明をさせていただきます。まずはポイントメイクから落としていきます。アイシャドウや、口紅などです。専用のリムーバーなどを使うと吹かなくきれいに落とせますね。次にTゾーンなどの皮脂の多い部分からクレンジングを塗布していきます。中指と薬指を使いながら力を入れずに優しくくるくると円を描くように優しく、でも手早く顔全体になじませていきます。小鼻などの細かな部分は指を小刻みに動かすときれいになじんでいきますよ。そして最後にぬるま湯で洗い流していきます。冷たすぎても、熱すぎてもダメです。ぬるま湯がポイントです。
Xgxzga8vs0y0l7iiubji
クレンジングの中で一番大変なのがポイントメイクです。きれいなカラーでポイントメイクが決まると気分も上がりますが、目元や唇はお肌の中でも大変デリケートな部分です。ポイントメイクが残ったままだと、元々デリケートな目元、唇は深刻な肌荒れを引き起こしてしまうのです。クレンジングの使い方をきちんと理解し、専用のリムーバーや洗浄力の強いタイプのクレンジングで手早く確実に落としておきましょう。
Nspuerduz0xcihtlmxlc
肌質に合わせてのクレンジングの選び方をチェックしていきましょう。様々な人がいるようにお肌のタイプの様々です。敏感肌の方やオイリー肌などそれぞれの肌質に合わせてクレンジングも様々なタイプのものが発売されています。敏感肌の方は洗浄力の優しいタイプのクレンジングを選ぶようにしましょう。ミルクや、クリームタイプがおすすめですがオイルタイプなどにも敏感肌用のタイプも出ているので使い方を理解し、自分のお肌とよく相談して見極めるようにしましょう。
Kqfki5yqxzgwabslal0a
肌質に合わせても、メイクがお肌に残ったままでは意味がありません。クレンジングはミルク→クリーム→ジェル→オイルの順に洗浄力が上がっていきます。日焼け止めやナチュラルメイクの方はミルク、クリームタイプを。普段メイクバッチリメイクの方はジェル、オイルタイプのクレンジングを。お肌の調子と相談しながらその日のメイクに合わせてクレンジングを正しい使い方に沿って行いましょう。
Nshqromhrc45nuyqryw1
普段はナチュラルメイクでミルクやクリームタイプを使用していても、アイラインや、口紅などのポイントメイクが落ちていないことないですか?そんなん時、無理にこすってメイクを落とそうとしていませんか?無理なゴシゴシは絶対にやめましょう。デリケートな部分のお肌への摩擦は肌荒れを引き起こす大きな要因の一つです。専用のリムーバーを用いてこすらず落としていきましょう。ポイントリムーバーの中には敏感肌用のタイプも出ているのでそちらの使用をおすすめします。
Zvxiux4ie0kxeugyspll
肌質や、メイクに合わせてクレンジングを変えるのも大切ですが。サボらず毎日クレンジングを行うことが大切です。クレンジングの選び方のポイントとして自分の好みも大事だと思います。毎日飽きることなく使えるのか、好みの香りで癒されるのか。かわいいパッケージでモチベーションアップも大切だと感じます。肌質などでクレンジング成分を見極め、色々な角度から自分との相性がいいクレンジングを見つけてみましょう。
Jy3et34fpuayseph1sdj
Nzmioqqgdqzvjwkgvpbw
選び方を色々見てきましたが、お肌に優しいのはやはり、ミルクタイプのクレンジングになります。メイクをしっかりしたなと感じる日や、ミルクタイプのクレンジングでは洗浄力が不安と感じるならクリームタイプをおすすめします。
J6ih3wval5om6osfrerq
ここからは敏感肌やナチュラルメイク派におすすめなクレンジングをチェックしていきましょう。

■カバーマーク トリートメントクレンジングミルク

ミルクタイプのクレンジングの中でも人気も高く、優しいのに優れたクレンジング力と化粧水を忘れそうなほどの潤うトリートメント効果に優れたミルクタイプのクレンジングになります。洗いあがりはしっとりもちもちで乾燥肌の方にもおすすめのクレンジングです。

■カウブランド 無添加メイク落としミルク

牛乳石鹸から出ている、プチプラなのに優秀なミルクタイプのクレンジングになります。無添加なのでお肌に敏感肌の方も安心して使用できるのがうれしいですね。なくなってもドラッグストアでどこでの簡単に手に入るのも人気の一つです。

■リダーマラボ モイストゲルクレンジング

ほぼ、美容成分のみで作られたジェルタイプのクレンジングです。こんにゃくスクラブがお肌を優しいくマッサージしながら汚れを落としていきます。美容液成分99.3%で潤いキープしながら優しく汚れを落としてくれると人気のクレンジングです。

■ファンケル マイルドクレンジングオイル

知らない人がいないくらい大人気のオイルクレンジング。オイルクレンジングは乾燥するイメージがありますがこちらのクレンジングは比較的乾燥しにくく、低刺激処方になっているので敏感肌の方も安心して使用できるためおすすめです。小鼻のざらつきも改善されるのもうれしいですね。

■ビオデルマ サンシビオ エイチツーオー D

洗浄力の高めのリキッドですがこちらのタイプは敏感肌の方からも支持のアツいふき取りタイプのリキッドクレンジングになります。化粧水のような使い心地で、コットンになじませてふき取るとこすらずスルスルメイクが落ちるのがポイントです。コストコでお得にGETできるので行かれる際はチェックしてみましょう。

■プレディア プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

エステ帰りのようなお肌にしてくれるのがこちらのクレンジングクリーム。天然ミネラル泥配合で汚れをキャッチしながしっとりお肌を保ってくれます。マッサージしながらお肌にのせるとクリームがスルスルっととろけて広がります。毛穴の酸化汚れにも強いのがうれしいですね。

■ビフェスタ うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

敏感肌の方にもおすすめポイントメイクリムーバーです。化粧水のように潤い成分がたっぷり含まれていて乾燥知らずなのにポイントメイクがスルスル落ちる、ラメもお任せなのがこちらのクレンジング。ドラックストアでプチプラでGETできるのがうれしいですね。
Hzgykmh8msw2jxpggowx
クレンジングはスキンケアの第一歩。正しいクレンジングの選び方、使い方をチェックして毎日のスキンケアに取り入れていきましょう。クレンジングがきちんとできていればその後のスキンケアの浸透もよくなり、理想のお肌に近づくことができますよ。