Keyd8zmdhazvqkezzchg

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

シャンプーの仕方は髪質に影響?正しい時間や上手な洗い方をご紹介!

2018.05.28

女性にとって髪ってとても大切なパーツですよね。でもいくら高いシャンプーを使ってみても全然効果が出ない!と悩んでいませんか?今回は上手なシャンプーの仕方を勉強していきたいと思います。正しい時間などで洗わないと髪質にも影響するかもしれません・・・。

  1. そのシャンプーの仕方は間違ってる?
  2. シャンプーの仕方を変えると髪質も変わる
  3. シャンプーの仕方を知る前に!正しいシャンプーを選ぶ
  4. リンス・コンディショナー・トリートメントの違いは?
  5. 頭皮に優しいシャンプーの仕方
  6. 正しいシャンプーの仕方その1「予洗い」
  7. 正しいシャンプーの仕方その2「シャンプー」
  8. 正しいシャンプーの仕方その3「すすぎ」
  9. 正しいシャンプーの仕方その4「リンス・コンディショナー」
  10. まとめ
Uhvjrlnfwohs9zye3gbg
みなさんは正しいシャンプーのやり方を意識することってありますか?なんとなく洗えばいいやって髪にシャンプーをつけて泡立てているだけだったりしませんか?シャンプーの正しいやり方を知らないとどんなにいいシャンプーを使っていてもシャンプーの時間が長すぎて頭皮にトラブルが出てしまったり、すすぎの時間が短か過ぎて髪や頭皮が荒れてしまったりすることがあります。
K7hgeqtig2onnrnqag2a
髪や頭皮の悩みを解決するためにはまずシャンプーの仕方から変えてみるのはいかがでしょうか。上手なシャンプーのやり方を身につけてぜひ美髪を手に入れましょう!
X5n1thtyvmmaodmabzpk
上手にシャンプーをするだけで髪質も変わってきます。中にはくせ毛がおさまった、ましになったというかたもいるくらいです。
洗い方に気をつけるだけで髪や頭皮の問題が解決できるなんて、ぜひ実践してみるしかないですね。
Ian1hedmyas5pcttdg5m
上手なシャンプーの仕方を知る前に、みなさんは今どんなシャンプーを使っていますか?何を基準にシャンプーを選んでいますか?
シャンプー選びの基本として、頭皮に刺激を与えすぎない「低刺激」のものを選ぶようにしてください。頭皮はデリケートな部分ですので刺激が強いものだと荒れてしまったり髪に影響を与えてしまいます。その上で髪質に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

髪質が硬い方に合うシャンプー

Subkicmfj2q37yxhjpvi
髪が硬くてヘアスタイルが決まらない、髪を柔らかくしたいという方は
「セラミド」
「NMF」
を含んだものがおすすめです。どちらも髪に水分をあたえなめらかにしてくれます。

髪質が柔らかい方に合うシャンプー

Dwoui4k5wsdl2s17msyt
引用: https://adept-hair.com/5%E6%9C%88%E3%83%BB6%E6%9C%88%E6%9C%9F%E9%96%93%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/
髪が柔らかくて悩んでいる方は、髪のキューティクルが他の人より薄くなっている場合が多いです。この場合は
「植物オイル」
「シリコン」
を含んだシャンプーを使うと効果的です。少し前にノンシリコンのシャンプーが流行りになったので「シリコンは悪い!」と思っている人もいるでしょう。しかしシリコンは髪をしっかりコートしてくれるのでキューティクルが薄くて悩んでいる方にはとても役に立つ成分なのです。
シリコンは毛穴に詰まりやすいと言った説もありますが、上手なシャンプーの仕方をすると頭皮にシリコンが残ることはありません。逆にシャンプーの仕方が適当だとノンシリコンのシャンプーでも頭皮に残ってしまいます。どのシャンプーを選んでも上手なシャンプーの仕方を学ぶことが大切なのです。
Yvnjcpfzhobx1jbj9ygr
引用: http://kenta-kobayashi.com/archives/937
シャンプーをする時はシャンプーだけでなくリンスやコンディショナー、トリートメントなどを併用している方がほとんどだと思います。ですがこの3つの違いを理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。ここではそれぞれの特徴を解説していきますね。

リンス

J1tkbvznbwiomhoz5fit
引用: http://www.momiji-seikotu.com/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%B3%BB%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%AE%9A%E6%84%81%E8%A8%B4%EF%BC%88%E9%A0%AD%E7%97%9B%E3%80%81%E8%80%B3%E9%B3%B4%E3%82%8A%E3%80%81%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84%E3%80%81/%E6%85%A2%E6%80%A7%E7%96%B2%E5%8A%B4%E3%80%81%E5%85%A8%E8%BA%AB%E7%96%B2%E5%8A%B4/%E7%96%B2%E5%8A%B4%E5%9B%9E%E5%BE%A9/%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E6%8A%9C%E7%BE%A4%E3%81%AE%E7%96%B2%E5%8A%B4%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E6%B3%95%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/
リンスは髪の表面に保護膜を作って髪に滑らかさを与えたり、キューティクルの傷みを防ぐ効果を持っています。またシャンプーでアルカリ性になった髪を弱酸性に戻す働きもあります。
またリンスには「すすぐ・水洗」という意味があります。もともとリンスはまだ現在の様にシャンプーの開発が進んでいなかった頃、シャンプーした後のきしんだ髪をすすぎやすくするために生まれたのです。

コンディショナー

Via4dhnvj8jyizrn2ord
コンディショナーもリンスとほぼ同じ働きをします。髪の表面を保護することによって潤いを与えダメージから髪を守ります。
コンディショナーは「状態を整えるもの」という意味を持っています。ですので髪の傷みを防いだり補修効果を持ったものを特にコンディショナーと呼ぶ場合があります。

トリートメント

Sxxaul0epy00addblbpw
リンスやコンディショナーは髪の表面をコートするものですが、トリートメントは髪の内部に浸透して状態を整えます。内側から栄養を与えることによって髪の傷みを補修したり、質感をコントロールすることができるものもあります。
Eafejl4vixnetbtaryku
髪の悩みの原因はほとんど頭皮につながります。頭皮は髪が生えてくる土台なのでここをしっかりケアしないと根本的な髪質改善をすることができません。上手なシャンプーの仕方をしないと
・皮脂が落ちずに炎症を起こしたり臭ったりする
・洗いすぎで乾燥しフケやかゆみが起きる
・洗い残しが頭皮に刺激を与えたり毛穴に詰まったりする
と言った問題が起きてしまいます。このような問題を起こさないためにも上手なシャンプーの仕方で頭皮をしっかりケアしましょう。
Boundhiznclsvurtxgxz
実は髪にシャンプーを使う前にやっておくべきことがあります。上手なシャンプーの仕方は準備からはじまっているのです。

髪を濡らす前のブラッシング

Baok27weyyup3bzwagsl
髪を洗う前にまず髪をブラッシングしてもつれを取っておきます。髪が絡まったままだとせっかく流した汚れが引っかかってうまく流れて行かなかったり、そもそも髪の汚れをうまく浮かせることができなくなってしまいます。この時指先やマッサージブラシで頭皮を軽くマッサージしておくと頭皮の汚れも浮いて落としやすくなります。

予洗い

Ounwjq5piaqenmeen01d
シャンプーをつける前にお湯で髪を濡らします。この時お湯が熱すぎると頭皮や髪にダメージを与えてしまうので40度以下がおすすめです。
この時髪をお湯で流しながら指の腹で優しく頭皮をこすり汚れを落としていきます。時間は3〜4分ほどが目安です。この予洗いだけで汚れの70〜80%は流れ落ちていくのでこの後のシャンプーの泡立ちも良くなります。
Ozsmbgeit3chqjmt33sm
シャンプーを手に取ったら手のひらか泡立てネットを使ってしっかりと泡立ててから髪にのせていきます。泡立てずにそのまま塗ってしまうとシャンプーが毛穴に詰まりやすくなるので必ず泡立てるようにしてください。そして指の腹を使って優しく揉み出すように頭皮の汚れを落とします。
シャンプーで洗う時間は2〜3分で十分です。予洗いにかける時間よりも短くていいんです、驚きですね。
Om3rsb4ssgomp4ttk1rl
上手なシャンプーの仕方で大切なのがすすぎです。シャンプーした後さっと泡を流して終わりという方が多いと思いますが、予洗いと同じように3〜4分ほど時間をかけて丁寧にすすいでください。髪の上からお湯をかけるだけではなくて、お湯が頭皮までしっかり届くように髪と頭皮を指で広げてすすぐようにしてくださいね。時間をかけて丁寧にすすぎを行うことが美髪への近道です。
Ounvw1ztzbk2pbgzget2
引用: http://auca.me/column/
仕上げにトリートメントやコンディショナーを使っている方がほとんどだと思います。これらの効果を出すためにも正しい順番で使用するようにしましょう。
使う順番はまずトリートメント。その次にリンスかコンディショナーです。リンスやコンディショナーには髪の表面をコートしてしまう働きがあるので順番を逆にしてしまうとトリートメントの成分が内部に浸透できなくなってしまいます。
Ov7lerq9wdwa1cuzc7fw
引用: https://rakuzanet.jp/kogao-kouka-lesson.html
髪に塗布する時にはコームを使ってまんべんなく馴染ませるのがおすすめです。トリートメントやコンディショナーを髪になじませる時間は商品によって変わってきます。使用する前に使用方法をしっかりチェックして正しい時間を守って洗い流してくださいね。
Iax47erdwxpecqybbaar
引用: http://www.jobs-restaurant.net/search/index/add_id/PF07
今回は正しいシャンプーの仕方を紹介しました。ポイントは
・洗う前にしっかりブラッシングする
・予洗いは時間をかけてしっかりと
・シャンプーは泡立ててから使う
・すすぎはシャンプーよりも長い時間をかけて丁寧に
です。このポイントを押さえておけば髪質やクセも改善しやすくなります。正しい洗い方をすることによってシャンプーの効果も出やすくなるので美髪のためにぜひ取り入れてくださいね。
Bdpztl0x1klkolhx2jpb