K0acqihdcrwrhaxhniyr

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

スキンケアの基本!化粧水や乳液などおすすめのやり方をご紹介!

2018.06.06

スキンケアの基本ってご存知ですか?意外に基本と言われると覚えていなかったり、化粧水や乳液など何となくで済ませてしまっている可能性もあります。ですが基本を行うからこそ、普段のスキンケア用品の力を発揮させる事ができるかも!そんなおすすめのやり方をご紹介します!

  1. スキンケアの基本?
  2. スキンケアの基本「メイク落とし」
  3. スキンケアの基本「メイク落としの意味とは?」
  4. スキンケアの基本「洗顔」
  5. スキンケアの基本「洗顔の意味とは?」
  6. スキンケアの基本「化粧水」
  7. スキンケアの基本「化粧水の意味とは?」
  8. スキンケアの基本「乳液」
  9. スキンケアの基本「乳液の意味とは?」
  10. まとめ
Pqky9sj2avaxxrcc3bkr
スキンケアの基本って知っているようで、やっていなかったり、少しの手間がかかる事が多かったりしますよね。毎日基本をしっかり押さえてやろうとしても何となく忘れてしまったりして難しかったりします。そんなスキンケアの基本ですが、たまに思い出してみると意外に習慣化したりして、お肌に良い事をひとつ増やせるかも知れません!このページではスキンケアの基本からおすすめのやり方などをご紹介させていただきます!
Znsaxszui2whtf1bf5jk
メイク落としは、メイクをしている方にとっては切っても切れない物ですね。1日メイク落としを休んでしまうだけで30日も洗顔していないのと同じような状態になるとよく言われていますが、お肌に負担をかけやすい物でもありますね。正しいメイク落としの方法で少しでも負担を減らしちゃいましょう!まずはメイク落としのそもそもの意味からご紹介します!
Oyh7smgf4dtxqqyj6z7h
メイク落としの基本的な意味としては、メイクの油分を落とすと言う事にあります。メイクには油分が多く含まれていて、この油分を落とすにはメイク落としで落とす必要があります。だから洗顔とは別にメイク落としを行う必要があるのですね。洗顔不要の便利なタイプもありますので、時短で落としたい場合にはそちらを選んでも良いですね!ではおすすめのメイク落としのやり方についても見て行きましょう!最近人気の高いオイルタイプの方法を取り上げます!

ポイントメイクを落として行きます

Ayjglh9f9rujhobf2ls2
お顔全体を一気に落とすのは負担が大きくなってしまうので、濃い部分は先に落としておく必要があります!最初に手を洗い、ポイントメイクリムーバーを使って、目元口元などのメイクの濃い部分を落としておきます。コットンにたっぷりリムーバーを取り出し、目元口元に乗せておきます。そして数分間放置してやさしく拭い取ります。

メイク落としをお顔へ広げて行きます

K9ia63aavljyxjicpquw
手のひらにメイク落としを適量取り出して、Tゾーンから塗り広げて行きます。その後Uゾーン、全体へと広げて行きます。この時に目元口元はお肌の薄い部分でもありますので最後に塗り広げます。それぞれメイクを馴染ませて行き、十分に馴染んだら水をすくってお顔へ馴染ませてメイク落としを乳化させます。

洗い流します

Hanbxgnwvndngpyvyknq
全体が白っぽく乳化できたら流して行きます。この時に流し残しがあるとお肌の負担になってしまうので、しっかり流して行きます。湯温は少し冷たいかな?と感じるくらいの湯温にすると良いです。暖かいお湯だと必要な皮脂などが溶けてしまう可能性があります。流し終えたら、清潔なタオルでポンポンと当てるように拭いて行きます。これで完了です!
Sj8qmaooummcttwyirmz
ではメイク落としができたら洗顔もご紹介して行きたいと思います!洗顔もお肌のケアとしてとっても重要なポイントになりますね!ちなみにお風呂で洗顔する時にシャワーでお顔を流してしまうと、お肌にとっては刺激が強いので負担となってしまいます!気をつけましょう。では毎日汚れをバッチリ落として行きましょう!
Fziwyflpbhxpgjds1hxb
メイク落としはメイク自体の油分だったのに対して、洗顔の大きな意味はホコリや汚れを落とすと言う事にあります。ホコリは自然とついてしまいますし、不要となった角質も排出されています。また皮脂汚れなどもありますので、それらをしっかり落としてくれるのが洗顔です。ではおすすめの洗顔のやり方についても見て行きましょう!

予洗いし、泡立てます

D6z2uyn6ps9gi85dt4yd
まず手を洗い、少し冷たいかなと感じるくらいの湯温でお顔を予洗いして行きます。水のみで軽くゆすぐように洗って行きます。そして洗顔料を泡立てて行きます。キメの細かい泡をたっぷりと作るには、手で行うと大変ですので、洗顔ネットなどを利用すると早く完成します。しっかり泡立ったら、こちらもメイク落としと同様にTゾーンからUゾーン、全体への順番で泡を乗せて行きます。

指の腹で優しく洗う

Mt5golqdk6pvmzuateue
指の腹部分で、お顔に直接指が触れないようにしつつクルクルと内側から外側へ向かって洗って行きます。ゴシゴシは禁物ですので少しずつ洗って行きます。ですが泡がお顔に乗っている時間は2分ほどを目安にして、長時間にならないように気をつけましょう!全体を洗う事ができたら、先ほどと同じ湯温で流して行きます。
Omjhcrthkecb8x8sqvha
流す時に、液状となった洗顔料が残っている可能性があるので、泡が見えなくなっても余分に流しておきましょう。流し終えたら清潔なタオルで優しく拭います。ポンポンと当てるように拭くのが良いですね!これでおすすめの洗顔のやり方は完了です!
O52wrmv7vcqrc6fmoqyx
ここからは足していくスキンケアになりますね!化粧水もただつけるだけではなく、しっかり意味を持ってつける事で、その力をより発揮する事ができます!ぜひ見て行きましょう。
Pvelakg6psyi6tv2zvxl
化粧水の意味は、洗顔によって失われたお肌の角質に水分を届けて、次のスキンケアをやりやすいようにしてくれるのが役目です。お肌の奥の角質まで届けて行く事が役目になります。よく絵の具などに例えられますが、濡れている紙の方がじわっと色が広がりやすくなります。それと同じようにまず水分を届けて行くのが化粧水です。

おすすめの化粧水のやり方

Oidylbbe8axarbcwhune
適量の半分を手の平に取り出して、手の平で化粧水を温めます。そして手のひらをすり合わせるようにして、お顔へ乗せてハンドプレスをして行きます。ムラにならないように、凹凸部分なども丁寧に行います。1回目が終わったら、適量のもう半分を手の平に取り出して繰り返します。2分割する事によって、ゆっくり化粧水を浸透させる事ができます!ぜひ実践してみてくださいね!
Eznjrdmrgatjkuush0zp
では乳液のおすすめのやり方に関しても見て行きましょう!トロッとした感触の物も多いので、少しグイグイと強めにやってしまいがちな乳液ですが、どのような意味、やり方が良いのでしょうか?見て行きましょう!
Tot9rt7xxattlgdk9trq
化粧水よりも油分が多い場合が多いのが乳液です。この油分が皮脂の代わりとなって、お肌の水分を逃さないようにしてくれるのが乳液です。スキンケアの最後に行う事が多いのはそのためですね。スキンケアの蓋のような役割です。乳液の後に蓋と美容液を補強するクリームを使う方もいますね。ではそんな乳液のやり方についても見て行きましょう!

おすすめの乳液のやり方

Ksqdolohsqfqfacixlgp
乳液のおすすめのやり方はとってもシンプルです。適量を手の平に取り出して、両手をこするように温めて行きます。しっかり温まったら、お顔へ乗せてハンドプレスして行きます。凹凸などに注意して全体をカバーして行きます。よく手で温めて行くと、もっちりとした感じになります。全体へ馴染ませられたら、余分な油分をティッシュなどで拭き取ります。これでおすすめの乳液のやり方は完了です!ぜひやってみてくださいね!
Y08ct0sz6xhwd6iol0dr
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでスキンケアの基本やおすすめのやり方などについてご紹介させていただきました。スキンケアって何かと細かいステップがあったりして、ちょっと手間がかかったりしますが、その細かい部分がお肌のためだったりしますよね。毎日やっているといつの間にか省略してしまいがちなところでもあるので、たまに思い出しておくと良いですね!スキンケアに関連する記事も発見しましたので、ぜひ読んでみてくださいね!
Hjuyf4ehzldblmjogsoi
Gsscjdixuqwkjt2bkbkh