Goqhw3qtqrawwa77yxit

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

シャンプーの種類・成分・特徴は?髪や頭皮に合った選び方もご紹介!

2018.07.28

新しいシャンプーを選ぼうと思ったらたくさんの種類がありすぎてどれが自分にあっているのかわかりにくい、なんてことはありませんか?シャンプーにはそれぞれの種類によって実は成分などに特徴があるんです。自分の髪や頭皮にあったシャンプー選びの参考にしてみてくださいね。

  1. シャンプーの種類多すぎ!どれが自分にあってるの?
  2. そもそもシャンプーの種類ってどれくらいあるの?
  3. シャンプーの種類は大まかに分けると3つ
  4. シャンプーの種類によって特徴があるってほんと?
  5. 最近はシャンプーとトリートメント一体型のノー・プーも人気
  6. ちなみに、出先でシャンプーができるドライシャンプーもありますよ
  7. シャンプーの種類の中でも自分にあったものの選び方は?
  8. シャンプーとトリートメントなど種類を合わせて使ったほうがいい?
  9. 今さら聞けない正しいシャンプーのポイント
  10. 自分にあった種類のシャンプーを選んでみましょう
Ps0jbofh5smnnzs3ied1
ドラッグストアや量販店などで必ず目に入ってくる、シャンプーなどのヘア関連売り場。TVCMや雑誌広告などでよく目にするシャンプーから、あまりメディア等では見かけないシャンプーまでいろんな種類のシャンプーやトリートメント類が陳列されていますね。
U07mfu21egow06nro6bc
「シャンプーが無くなったから新しいものを購入しに行こう!」と思っていざ売り場に来てみたらずらっとたくさんの種類が並んでいて、どれを購入するか悩むのもまた私達女子にとってよくあることだと思います。たくさんの種類があるシャンプーですが、シャンプーの種類によってそれぞれが持っている特徴や、髪や地肌への効果、シャンプー方法などに実は違いがあるって知ってましたか?
Bqyvcibtankt5k36ocy1

ドラッグストアなどには30種類ぐらい陳列されていることも

頭皮やヘアケア商品に力を入れているドラッグストアや、量販店、スーパーなどのシャンプーの陳列棚、ずらっと並んだシャンプーの種類を大まかに数えてみるとなんと30種類以上のものが販売していました。手に取りやすいプチプラ価格のものから、髪へのダメージ補修効果を謳った高価なもの、髪にしっかりと香りが残るもの、ノンシリコンシャンプーなど、たくさんの種類がありました。
Dzp3dzt0kppk6rszmncm
いろんなメーカーが発売しているシャンプー、陳列棚にこれだけの種類があると確かに選び甲斐はありますが、事前に購入したいシャンプーの特徴や選び方を決めておかないと大変かもしれませんね。
Akxwyfw2z1vc8emmizou
たくさんの種類があるシャンプーですが、成分によって大まかに3つの種類に分類することができます。アミノ酸系シャンプー、高級アルコール系シャンプー、石鹸シャンプーなどといったものがあります。またシャンプーの成分によってそれぞれ特徴があります。自分の髪質や、頭皮の状況、好みの洗い上がりになるかどうかなどが変わってくるのでそれぞれのシャンプーの特徴と、自分の目的にあったものを選ぶ参考にしてみてくださいね。
Iluf1kkj4ifrx3bud4w9

アミノ酸系シャンプー の特徴

Tbxjmlwspdurl9knrq5f
日頃よく聞く「アミノ酸」という成分を主にしてできたシャンプーです。アミノ酸とは、簡単に言うと、タンパク質であり私達の体を構成している成分の一つです。そのため私達の体にもともとある成分なので人体への刺激が少なく、髪や頭皮への負担が少なく優しいということがいえます。また、洗い上がりも他の種類のものに比べしっとりと仕上がるものが多いようです。

高級アルコール系シャンプー の特徴

Mmyfwij1ausq04a0ca3x
高級アルコール系シャンプー、高級アルコール系シャンプーとはあまり耳慣れしていない言葉ですよね。一般的に私達がよく目にする大手メーカーなどが発売しているシャンプーが、高級アルコール系シャンプーです。成分的には、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」などが配合されている成分のシャンプーです。このシャンプーの特徴は、アミノ酸系シャンプーなどに比べて洗浄力が強いのが特徴のシャンプーです。また洗浄力が強いということは同時に髪や頭皮への刺激を感じやすいということにもなります。しかし、価格はプチプラなものが多く毎日使うシャンプーのコストを抑えられるといった嬉しいメリットもあります。

石鹸系シャンプー の特徴

Yn0tjc4kknt25hl2zs1t
石鹸シャンプーの特徴は、その名の通り石鹸から作られたシャンプーであるため、アルカリ性のシャンプーです。また天然由来の成分から作られているため、お肌や頭皮が弱い敏感肌の方などにも比較的安心して使える刺激の少ないおすすめのシャンプーです。しかし、アルカリ性のため、弱酸性である頭皮や肌がキシキシとさせたり髪がごわついたりといったことがあります。石鹸系シャンプーを使う際は、頭皮や地肌を弱酸性に戻すためトリートメントやコンディショナーなどを使って中和させていくことが必要です。
Vm8jwt9xb7udqsaocscj
ここ数年では、シャンプーとトリートメントやコンディショナーが一体型になった泡立てずに頭皮を洗うノーシャンプー、「ノー・プー」商品も増えてきましたね。

ノー・プーとは?

Wy8ikotyyr79rpkgh5lc
シャンプーを使わずにお湯のみで頭皮を洗う湯シャンのことですが、泡立てずに髪や頭皮を洗うノープー商品も発売されています。泡による髪への摩擦をなくし、シャンプーによるダメージの軽減を防ぐ役目があります。また、トリートメントやコンディショナー、シャンプーの役割が一つになっているのでヘッドスパのように頭皮マッサージを行いながら毛先の補修も叶えてくれるといったアイテムです。
ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ラクレム ラヴォン クレンジングクリーム しっとり リフィル 詰替え
価格 ¥ 1,296
Fhwicfkpyszsiautv4gt

ドライシャンプーって?

Finus6hkjgac5xdw9ks2
ドライシャンプーには、スプレータイプ、ムースタイプやパウダータイプになったものがあります。また、共通してシャンプー後の水洗い(すすぎ)のいらないシャンプーです。最近は防災セットとして持ち歩く方も増えています。 運動後などの汗をかき頭皮のベタつきが気になる…、でも入浴する時間がなかなか取れない時などに、ドライシャンプーを使用することで、頭皮のベタつきを抑えスッキリとさせる効果があります。
Ozmsbz6yd09xoivmpqto

敏感肌~普通肌、頭皮や髪への刺激を抑えたい方のシャンプーの選び方

Jvlwldvvdgdahxdgzgca
敏感肌の方やシャンプーなどによる肌荒れを起こしている方は、石鹸シャンプーや、アミノ酸系シャンプーの仕様がおすすめです。石鹸シャンプーやアミノ酸系シャンプーは、洗浄力はマイルドなためお肌や頭皮に対しての刺激が少なくなっています。背中ニキビが気になる方なども、一度シャンプーを見直してみるのも一つの手かもしれません。

普通肌~混合肌、頭皮や髪の汚れをしっかり落とすシャンプーの選び方

Cu3jatdwg2it6w3nmwju
お肌の状態は普通、だけど頭皮の汚れやベタつきをすっきりと落としたい方や、毎日整髪剤をしっかりとつけてセットされている方などは、高級アルコール系シャンプーがおすすめです。上記の2つに比べ洗浄力が強いため、整髪料などをしっかりと洗い流すことができます。また、価格もプチプラなものが多く毎日使うシャンプーだからこそお財布に優しいものを選びたいですよね。
Hzixnhjul72avq9nzhbj
シャンプーやトリートメント、各メーカーから様々なものが発売されていますね。セット販売されているものも多数あります。シャンプーやトリートメントなどに記載されている説明欄を見てみると、同メーカーの仕様をおすすめします!と書いてあるものが多いようです。しかし、必ずしもセットで使わないと効果がないなどといったことはないため、お気に入りのシャンプーと、別メーカーのトリートメントの仕様でも問題はありません。

石鹸シャンプーは種類を合わせたほうが良い?

アルカリ性の石鹸シャンプーなどだと、シャンプー中や洗い流したあとにキシキシとした感じや、頭皮などがごわつくといった違和感を感じることがあるかと思います。石鹸シャンプーにリンス成分などが配合されているものは、髪のキシみやごわつきが抑えられているものもありますが、そうでないものは、専用のコンディショナーなどを使って髪を中和させることが必要になることもあるようです。
Hroqla9eyzx9twtzsjeb

シャンプー前は丁寧にブラッシング

整髪料などを使って髪のセットをしている方や、髪についた汚れをまずは、ブラッシングによって浮き上がらせてしまいましょう。髪の汚れなどの大半は、このシャンプー前のブラッシングで落ちると言われています。また、丁寧にブラッシングを行ってからシャンプーを行うと、シャンプー中の髪の絡まりや摩擦を防ぐことができますよ。

髪の毛ではなく頭皮を洗うイメージで

V3s1ict2kd8wleb1hdlp
シャンプーを泡立てたらまずは頭皮をマッサージするように洗っていきましょう。頭皮の毛穴に詰まった汚れを泡が包み込み汚れを落ちやすくしてくれます。頭皮全体のマッサージを行ったら残った泡を髪の毛先に向かってなじませるようにして濯いでいきましょう。このときに髪をゴシゴシと摩擦しないように注意してくださいね。
N3anai8s0tsmjtvrs8yu
シャンプーを選ぶ際は、それぞれのシャンプーの特徴や自分の髪質や肌質に合わせて選ぶことが重要です。次に新しいシャンプーを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。