Aunxdewtuqhkok9hpzzx

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

【シャンプー 】シリコンとノンシリコンの違い!髪へのメリットは?

2018.07.28

髪に良さそうなイメージのあるノンシリコンシャンプー、シリコンシャンプーとの違い、しっかり理解していますか?またそれぞれのメリット、デメリットについても調べてみました。頭皮やヘアケアについて考えた際に少しでも参考になれば最淡いです。

  1. "ノンシリコン”シャンプーってなんだか髪に良さそう!
  2. ノンシリコンシャンプーって普通のシャンプーとどう違うの?
  3. そもそもシリコンって何?
  4. シリコンシャンプーのいいところ
  5. じゃあノンシリコンシャンプーって?
  6. ノンシリコンシャンプーのいいところ
  7. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは?
  8. ノンシリコンシャンプー、コンディショナーにはシリコンが入ってる?
  9. 自分の髪の状態にあったものを使うのが一番
  10. まとめ
Azybzw32gcdxuk5hpgtb
最近良く、CMや雑誌、WEBなどの広告で目にすることが多くなったノンシリコンシャンプーという言葉。なんだか髪にとてもいいイメージがありますよね。普段使っていたシャンプーから、ノンシリコンシャンプーに変えて髪の状態が良くなったような気がする、なんて方もいらっしゃるかと思います。
Xsxizzu4srf9uiqosxdq
そんなノンシリコンシャンプーですが、結局ノンシリコンシャンプーの何がいいの?なんて素朴な疑問を抱えている方も多いはず。ノンシリコンシャンプーと、従来のシリコンシャンプーの違いを徹底的に調べてみました。毎日使うシャンプーだからこそ、しっかりとその違いを理解しておきましょう。
Gqpmstpp3nq4uocvu3iw
ちょっと前まではシャンプーと言えば、サラサラタイプ、しっとりタイプなどでしか区別がなかったイメージですが、ここ最近では、ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーで売り場が少し区別してあったり、「ノンシリコン」なんて書かれたポップがおいてあったりしますよね。そんなノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違いって結局なんなのでしょう。
Ky4mjvcwqwaq1m1yy2sx
ノンシリコンシャンプーが目立ってくる前までは、当たり前のように皆さんが使っていたシリコンシャンプー、最近はなんだか髪に悪いイメージになって来た方もいらっしゃるかと思います。しかし、シリコンシャンプーにだってノンシリコンシャンプーにはないメリットがたくさんありますよ。

シリコンとは

Twuqneljnkdp783mmrkk
シャンプーなどに配合されているシリコンには、「ジメチルシリコーン」「ジメチコン」「ジメチコンコポリオール」、「ポリシリコーン13」などと言った私達には普段あまり馴染みのない言葉で表記されています。シリコンとは、化学反応によって作られる完全人工物のことですが、整形手術に使われたり人体への悪影響が必ずしもあるといったような悪い物質というわけではありません。
Y3zodkxcjok3kkbjwgwv
シャンプーなどに含まれているシリコンについて詳しく知りたい方は、下記リンクを参照してみてくださいね。詳しく解説しています。
Jxl56ilw5lenm2o2hgzc

メリット

Eiin52gdhmrv1tjywaqr
シャンプーに含まれているシリコンには、髪の1本1本をコーティングしてくれる役割があります。髪をコーティングしてくれるため、手触りがよくつるつるとした感触の髪に仕上げてくれます。また、1本1本コーティングをすることによって、光が反射することによって髪にツヤが生まれます。
また、髪をシリコンによってコーティングするということは、髪が本来受けるダメージを軽減してくれる役割があります。ドライヤーやアイロンなどのコテなどによって受ける熱ダメージは本来髪にとって痛みの原因となってしまいますが、シリコンにコーティングされることによって熱によるダメージを軽減してくれます。
Os1whjhzmudfromplm8p
髪がダメージによりパサついていたり切れ毛が多いなんて方にはシリコンでコーティングしているとパサつきを感じさせずつるんとした整った上に見せてくれるといった嬉しい効果もありますよ。またシャンプー時の泡立ちも良いといったことが挙げられます。

デメリット

Yavs7j0lffq4kcogpgid
シャンプーには、地肌の汚れを落とすといった本来の役割があります。髪1本1本をコーディングしてくれるシリコンですが、シャンプー後にしっかりと濯ぐことができていないと髪がベタついてしまったり、頭皮の毛穴にシャンプーが残ったままになりトラブルの原因になるといったことが考えられます。
また、頭皮などのお肌が敏感な方には、シリコンが刺激となってしまい吹き出物といったような頭皮トラブルや、背中にニキビがでてきてしまうといった原因になることもあるようです。
Cmxndj7psx2kjzpp77tv
ノンシリコンとは、「シリコンの入っていないシャンプー」のことです。シャンプーとは、水と洗浄成分でつくられています。頭皮の洗浄を目的としたシャンプーにコーティング能力などいらないのでは?と見直されることにより、ノンシリコンシャンプーが最近日の目を浴びているようです。
Ulr3wobrnzp0bnkzinqu

メリット

Ul5nvoev2areukmzcf9x
ノンシリコンシャンプーのメリットとして一番に挙げられるのがなにより頭皮などのお肌への負担が少ないということです。また洗い上がりがさっぱりとしているため、頭皮のトラブルを抱えている方などには、比較的安心して使うことのできるシャンプーです。
シリコン入シャンプーと違って、ノンシリコンシャンプーは、シャンプー時に髪の毛のコーティングを行わないので、洗髪後に髪本来のふんわりとした感触に仕上げることができます。

デメリット

Qg6q9ua0k0u20pnzpluk
ノンシリコンシャンプーのデメリットとしては、髪をシャンプー時にコーティングをしていないので髪が絡まったり摩擦を感じやすくなるといったことが挙げられます。また、ダメージにより髪が傷んでぱさついていたりすると、髪のキシみを感じたりごわついてしまったりということが考えられます。
Vcbtmeilxyr03jevkywt
また、カラーリングなどをした際の色が抜けやすいといったこともあるようです。またノンシリコンシャンプーは髪にコーティングを行わないため熱によるダメージにも弱くなっているためドライヤーなどを使用する際は注意が必要です。
Wkn0k40d2cflug3u6u04
シリコンシャンプーと、ノンシリコンシャンプーの違いは、シリコンが入っているのか、入っていないのかということです。それぞれのシャンプーにメリットがあるため、必ずしもどちらのほうが髪に良いと言えるわけではなさそうですね。自分の頭皮や髪の状態に合わせて、シリコン入りシャンプーにするか、ノンシリコンシャンプーを使うかを選ぶのが良いかもしれません。
Ymiji6hzbwn9h5w1f7qd

シャンプーは地肌の汚れを落とすもの

Firo1svcd9lb3kqcuwnf
シャンプーには、ほとんどのメーカーで発売されているものだと、シャンプーと同時にコンディショナーやトリートメントなどがセットで販売されていることが多いようです。ノンシリコンシャンプーのセットのものを買ったのに、コンディショナーにはシリコンが入っていることもよくあります。シャンプー時には、髪ではなく地肌の汚れを落とすことを目的としているのでノンシリコンでしっかりと丁寧に洗う、コンディショナーは、名前の通り髪のコンディションを整えたり、補修をしてくれる役割のものなので、シリコンでコーティングすることによってつるんとした手触りや、ダメージから守ってくれる効果があります。
Hggvzt24xbmbpyqi4lqr
シリコンの入っているシャンプーやノンシリコンシャンプーの違いは、それぞれお互いにメリットが有るため必ずしもこれが絶対に良いと断言できるものではなさそうです。髪のパサツキやダメージが気になるといったかたはシリコンシャンプーを使用することや、髪や頭皮を根本から健康に育てていきたいという方にはノンシリコンシャンプーを使うという風に自分の目的に合わせて選ぶことが大事ですね。
Hestqx1keqwvhqj17tau
シリコンシャンプーと、ノンシリコンシャンプーについてまとめてみましたが、それぞれお互いのメリットも有り必ずしもシリコン入りのシャンプーがだめ!というわけではないようでした。シャンプーやヘアケアについて考えたときの参考になれば幸いです。