Ycaxq1ddje42g9fp2bbk

美容

CATEGORY | 美容

肌荒れに漢方が効くって知ってた?効果のある漢方薬10選!

2018.03.26

漢方薬って、病気のときに使うものだと思っていましたが、そんな漢方薬が肌荒れに効くってびっくりですよね。肌荒れの原因を考えれば、漢方薬が効果があるのも納得です。どんな肌荒れにどんな漢方薬がいいいのかなどをまとめてみましたので、ぜひ、参考になさってください。

  1. 肌荒れの原因って何?
  2. 肌荒れに漢方薬が効果があるのはなぜ?
  3. 症状別肌荒れに効くおすすめの漢方薬|乾燥、カサカサ、かゆみ
  4. 症状別肌荒れに効くおすすめの漢方薬|イボ、肌のキメ
  5. 症状別肌荒れに効くおすすめの漢方薬|ニキビ、シミ
  6. 症状別肌荒れに効くおすすめの漢方薬|赤みのある皮膚炎、繰り返す口内炎
  7. 症状別肌荒れに効く漢方薬|イライラ、不眠
  8. 漢方薬を肌荒れに使うときのポイント
  9. 漢方薬と合わせる日常の肌荒れケア
  10. 病院やドラッグストアでおすすめの市販のものを聞いてみよう
肌荒れの原因にはどんなものがあるのでしょうか。
Mzq0f1qg9fsoxs4vxnbj
引用: http://www.organiclifestylemagazine.com/eliminate-acne-for-good-no-its-not-another-skin-product

乾燥した環境でのダメージ

夏は、紫外線やエアコンの冷気、冬は、外気温が下がり、北風が強いためにお肌は乾燥していきます。こうした乾燥は、お肌に与える影響がとても強いものです。
Hvg489ugexe7jltrxxhf
引用: https://www.regena.de/blog/

体が冷えていることでのダメージ

夏は、エアコンにさらされていますので、思ったより体が冷えてしまってる方が多くいらっしゃいます。冬はもちろん、寒さのために体が冷えていますよね。
体が冷えている状態は、血行も悪くなってしまい、お肌の代謝も悪くなってしまいます。漢方の世界では、冷えは万病のもとと言われることからも、体が冷えることが良くないことがわかりますね。
Nrrczjc2hdpaonrkrweq

眠れないことによるダメージ

睡眠は、温度や湿度によって眠りの深さが変わってきます。夏は、気温が高く寝苦しい日が多いですよね。冬は、低い気温と乾燥しているため、眠れなかったり、途中で目が覚めてしまったりと、眠りが浅くなりがちです。
そんな眠れない状態が続くことで、お肌の代謝を遅らせてしまい、お肌に十分な栄養が届かなくなってしまいます。そのためにお肌が荒れてしまう原因になってしまうのです。
Pubosf2kqp3qajha1y0k
引用: https://www.wallpaperflare.com/woman-in-white-floral-long-sleeves-top-and-long-skirt-laying-on-grass-wallpaper-26200

ストレスによるダメージ

イライラしたり、落ち込んでしまったりとストレスがたまってしまうことを、漢方の世界では、気の流れが悪くなると言います。
気の流れが悪くなると、本来は出ていくはずのいらない熱が体の中にこもり、お肌が赤くなってしまったり、かゆみが出てしまったりします。乾燥する季節には、こういった症状が強く出てしまうことがあります。
D7frks7p7u9sg3q6qvcb

暴飲暴食や刺激物の摂りすぎによるダメージ

ついつい食べ過ぎてしまったり、好きなものばかりを食べていたり、お酒や、辛いもの、チョコレートやコーヒー、タバコなどの刺激物を多く摂っていると、胃腸が刺激され、胃腸を疲れさせてしまいます。
漢方の世界では、過剰な刺激物は、消化器全体の働きが弱め、解毒をする力も弱めてしまうと言われています。そのために、お肌が荒れてしまう原因となってしまうのです。
Y9oy9sjjjc7pgavsol23
肌荒れと聞くと、保湿剤を塗ってみたりすることが頭に浮かびますよね。それではなぜ、漢方薬が肌荒れに効くのでしょうか?
肌荒れは、お肌の表面だけに起こっているものではなく、体の内側からの、何らかのトラブルのサインであると考えるのが漢方の考え方です。
漢方では、お肌の悩みは、お肌だけのことではなく、お肌も体も心もひとつ。今の症状はなぜ出ているのかを考えて、漢方薬や養生法で直していきます。
Xaqcod2t3trid5nvvqwn
引用: http://www.hlidejsizdravi.cz/zdravi-a-krasa/
お肌が乾燥していてカサカサしたり、お肌がかゆくなったりしている方は、他にも、めまいや立ちくらみがしたり、生理不順や生理痛があったりしていませんか?髪にツヤがなく、爪がもろい、体が冷えやすかったり、温まるとかゆくなってしまう、そんな症状のある方は、「血虚」という状態だと考えられます。
「血」は栄養のことで、血が不足している状態は、全身に栄養がいきわたらず、お肌にトラブルを招いてしまっているのです。
Cndt9c7rxdryzd9c91cu
引用: http://www.discovernikkei.org/ja/events/2017/10/25/5443/

①「当帰飲子(とうきいんし)」

そんなお肌の乾燥には、当帰飲子がおすすめです。ベースとなっている「四物湯(しもつとう)」という漢方薬は、血を補給してくれ、お肌に栄養を与えてくれることで乾燥を防ぎます。
そこに、かゆみを鎮める生薬を配合することで、乾燥によるかゆみを防いでくれるのです。
白く粉をふくような乾燥肌で、温まるとかゆくなる方はお試しください。
C7whmmubkkpaahq6mh8c
引用: https://artroot.jp/category/mental

②「よくいにん」

「よくいにん」は、ハトムギの皮をむいた種子のことです。
ハトムギの皮をつけたまま炒ってみてください、香ばしくおいしいハトムギ茶が出来上がります。皮をむいたものを炒ると、ポップコーンのようになりますので、スープやサラダ、お粥などのトッピングにおすすめです。
中国では、「よくいにん」はイボを取る効果がある生薬として使われてきています。「よくいにん」は、胃腸の働きを助けてくれて、いらない水分を外に出してくれる働きがあるのです。
体の中の老廃物を排出し、排膿、抗炎症作用もあることから、イボや肌のキメを整えるのに良いと言われています。
Vrlhf7hs9o6grdlzfhrx

③「けいしぶくりょうがんかよくいにん」

「けいしぶくりょうがん」に「よくいにん」を加えた漢方薬です。
血がどろどろで滞っている状態で、栄養がいきわたらず、熱がこもりやすくなっているために、吹き出物や肌荒れを起こしやすい状態のときにおすすめです。ニキビやシミや、手足の冷えを伴っているのぼせなどに効果のあるものです。
Tgqvpc2dmhn94kx6a2f8

④「とうきしゃくやくさん」

婦人病によく使われる漢方薬で、色白で虚弱体質の方に向いている漢方薬です。血行を良くしてくれて、水分代謝も良くしてくれます。
Mwtsjdelfu8qrunh7y5v

⑤「けいがいれんぎょうとう」

濃い鼻水が出るときによく使われる漢方薬です。
首から上の部分の炎症に効果があると言われていますので、扁桃炎やニキビの改善に効果が期待できます。

⑥「かみしょうようさん」

女性の漢方薬のひとつで、自律神経の興奮を抑えてくれます。
Nekxnj2yz1ihyotgkvgi

⑦「せいじょうぼうふうとう」

化膿してしまっている赤ニキビや、お顔や頭部にできる皮膚湿疹に効果があります。

⑧「ぼうふうつうしょうさん」

お腹に皮下脂肪が多く、便秘がちな方に用いられる漢方薬です。
メタボリックシンドロームの改善や、ダイエットに効果的なことでよく知られている漢方薬になります。便秘がちな方や肥満症の方、ニキビなどの吹き出物の改善に用いられています。
Awywlwmbajzspek1loyn

⑨「おうれんげどくとう」

体にこもってしまった余分な熱をとってくれますので、皮膚炎や口内炎などの症状に効果があります。イライラや眠れないなどの症状にもおすすめの漢方薬です。
Vgsa4izj0j8ciwmhbx9o

⑩「さいこかりゅうこつぼれいとう」

ストレスなどでよく眠れなかったり、更年期にありがちの精神不安などに効果のある漢方薬になります。
Nas2wprd7wlr4sizmooc

漢方薬を使う期間

漢方薬は、基本的には慢性の症状に使っていくものです。数回飲んだからすぐに効くというものではありませんので、まずは2週間ほど飲んでみてください。
特に、肌荒れ改善のために使う場合は、体質を改善していくことで肌荒れを改善する目的で使います。まずは、2週間程度試してみて、調子が良いようなら続けてみてはいかがですか?
Ndiducjqtmvdzraxrtmx
引用: http://id.fnshr.info/2017/02/19/timer/

市販で自己判断はせずに病院で医師の診察を受けて処方してもらいましょう

効果が穏やかな漢方薬も薬であることには間違いありません。また、色々な生薬を合わせて作られていますので、その生薬の質によって大きく効果が変わってしまうこともあります。
市販のものは種類が多く、市販のものではどんな生薬が入っているのか、自分に合うのかを、自判断するのはなかなか難しいものですよね。ドラッグストアなどで市販の漢方薬を見ても、なんだかよくわからなかったりします。
G1xdtxboxggxxcs9uco2
引用: https://careerpark.jp/93643
これらのことを考えますと、やはり、自分で市販のものを購入するより、病院で医師の診察を受けて処方してもらう方が安心なのではないでしょうか。やはり病院で見てもらうのがいいのでは無いでしょうか。
肌荒れに効果のある漢方薬を飲むだけでなく、日常的なケアも忘れずに行っていきたいものです。
正しい洗顔をすることや、1日に3食、栄養の偏りのない食事を心がけること、枕やお布団など、お肌に触れるものは清潔にしておくこと、腸内環境を整えるために食物繊維や発酵食品を積極的に食べることなどを心がけた生活を送ってくださいね。
V2tkueq8ut3vmqpgfopk
引用: http://miyabi-ryu.ua188.com/entry/2016/05/04/192228
また、ストレスはお肌を荒れさせ、睡眠の邪魔もしてしまいます。趣味を持つなど、ストレスを発散させることも大切ですね。
いかがでしたか?漢方薬は名前が難しく、市販のものはなかなか理解できないものですよね。今回は、あえて、ひらがなで表記させていただきました。もし、気になるものがありましたら、病院で医師の方や、漢方に詳しいドラッグストアなどで市販の薬を聞いてみてくださいね。
Lhfg4g7ma7im4tbehqte