Ydmtnagcpfjshjhkyubu

髪質

CATEGORY | 髪質

市販ヘアカラーは暗めがおすすめ!流行はダークアッシュの髪色?

2018.10.08

最近市販のヘアカラーの流行は暗めカラーです。ダークアッシュや黒に近い茶色の髪色にチェンジして気分を変えてみませんか?市販のヘアカラーでも十分に暗めのカラーに染めることが可能です。この機会に旬の髪色にチェンジしてみましょう。

  1. 暗めが良い?市販のヘアカラーの旬はダークアッシュ
  2. 暗めの市販ヘアカラーの「ダークアッシュ」が支持される理由
  3. 市販のヘアカラーで作る黒髪とはやや違うヘアカラー「暗めのカラー」
  4. 市販のヘアカラーで日本人が似合うダークアッシュカラーを自分で暗めに染める
  5. 市販のヘアカラーに限らずそもそも暗めの髪色の魅力ってなに??
  6. 市販のヘアカラーに限らず暗めの髪色であるダークカラーは誰にでも似合う?
  7. 市販のヘアカラー・ダークアッシュ
  8. 暗めであるダークアッシュの魅力を再発見
  9. 黒髪じゃなく暗髪を選ぶ女性
  10. 市販ヘアカラーは暗めがおすすめ!流行はダークアッシュの髪色?のまとめ
2018年のトレンドは黒髪よりも明るく透明感のあるダークアッシュです。子供っぽさが抜けてとても洗練された大人を表現できるのが暗髪カラーの魅力なのです。これまでは明るめのカラーを楽しんでいたひとも、暗い髪色を試しているとその新鮮さには驚くようですそれほど、魅力的な髪色がダークアッシュなのです。
断然2018年に流行している髪色は「暗髪」と言われるダークカラーです。一時流行していた、明るい茶系のカラーよりも、市販のヘアカラーでもダークカラーが流行しているのです。黒でもない茶色でもないという中間色だからこそ、出せるアンニュイな雰囲気は暗髪特有の色味です。
肌が白く綺麗に見えるというフォトジェニック効果を感じます。ポイントメイクも一層映える感じの髪色ですので想像しているよりも、素敵な仕上がりになります。髪色が静かな主張をしているという雰囲気がとにかく素敵です。日本人には似合いやすいヘアカラーですので、チャレンジしてみる価値はあります。
市販のヘアカラーの売れ筋は、ダークアッシュです。ドラッグストアなどでも一番品数が少なくなっているカラーです。あのナチュラルな色合いが誰からも支持される理由だと思います。
2017年の冬頃からサロンでも暗めの髪色が流行っていましたので、2018年も引き続きそのトレンドが続いえいるような気配です。落ち着いた雰囲気のダークカラーは根強い人気を誇ってるようです。なんといっても、ツヤ感が素晴らしいいのが特徴です。市販のヘアカラーの中にも暗髪用のカラーが増えてきています。いろいろと吟味をして自分に似合うヘアカラーを探してみてください。
明るい髪色が流行った時代もありまひたが今は暗い髪色が主流です。そこでポイントは黒い髪ではなく、外国人風の透明感のあるダークカラーです。
アッシュ系のカラーはどんな人にも似あいやすく、初めてのヘアカラーとしてもおすすめです、微妙な色加減や光が当たったときのニュアンスが素敵ですよ。
日本人はもともと肌に黄色味をもっている方が多く、真っ黒すぎる黒染めをすると肌の色がくすんで見えたり、血色が悪く見られがちに見えるのがカラーリング時の特徴です

微妙なカラーですが、そこが基本的な部分です。黒とは違う暗い髪色がポイントです。

自分お仕事柄あまり、明るい色に染めるのはちょっと・・という人にこそ、おすすめしたいのが暗めのダークカラーです。明るい色に染めるのは意外と簡単でカラーバリエーションもなかなか豊富です。暗い髪色の場合には、ヘアカラーを選んで染める必要もあります。
ポイントは黒髪ではありません! 「暗髪」です☆ なぜならそうすることで、髪に透明感が生まれかすかな立体感生まれ、 シンプルながらも洗練された大人のお洒落になるからなんです☆

大人の女性らしいダークカラーこそ、今一番のトレンドなのです。

透け感が出せるのは暗い髪色ならではです。自分の中で新鮮な仕上がりになっているはずです。黒髪のようで黒髪ではない素敵さを実感してみてください。
シンプルで洗練された雰囲気のダークカラーをヘアカラーで作ることができます。なかなか上質ヘアカラーとう雰囲気ですので気軽に試せます。暗い髪色なのに少しも重たく感じないのがダークヘアカラーの雰囲気なのです。どこか都会的な雰囲気にも近づけるところも魅力です。
黒髪より2〜4トーンほど明るい髪色を「暗髪」と思って下さい。 元々、日本人の肌のトーンには、黒髪よりも少し明るめのカラーリングが肌馴染みがよく、また日本人の瞳の色とも相性が良いため、割と似合いやすいトーンとなりますので、周囲から「その髪色いいね!似合ってる!」と褒められる事が多くなります

ダークカラーは光を帯びたときにとてお透明感が出ることが特徴です。そのためにツヤが一番の魅力です。おの相乗効果として肌がきれいに見えるのです。

自分で暗髪を作る場合には

市販のヘアカラーで暗めのカラーリングをする場合には商品の取り扱い説明書通りの方法でじっくりと取り組んでみてください。
市販のヘアカラーを試したことのある人はご存知かと思いますが、まず1剤と2剤にわかれた薬剤を混ぜ合わせ、それを髪に塗って馴染ませるのが一般的ですよね。一つ目のちがいは、この薬剤の強さの違いなんです。

薬剤の強さは自分でどうすることもできませんので、塗布したとの時間を守って髪にダメージを与えないようにすることが大切ですね。

今までにあった暗いカラーのように肌に透明感がなくなったり、重たい印象に見せてしまうカラーリングとは違い、暗めのトーンなのに重たく見えないカラーリングなのです!

そういう意味で、誰にでも似合う髪色なのです。

日本人はすべての人が色白ということではなく、どちらかといえば肌に黄色みを帯びている人が多いのです。そこに真っ黒な髪色のままであると肌が一段のくすんで見えるのです。また血色が悪く見られしまう場合もあります。そこでダークカラーと言われる髪色にすると髪に透明感が出て肌がくむことなく、美肌に言えることもできるのです。
暗めのカラーはどうしても印象が重くならないか?と心配になる人も多いようですが、ブラウンの分量が絶妙に配合されてることから、重くならないという工夫がなされているのです。
暗髪のメリットは、時間立つ自然に色が抜けるので次回来店時のカラーがキレイに色を入れることができます。 もともと日本人にに似合う髪色なので肌の色季節は選びません。 黒髪と違い透明感とツヤがあ流のが特徴で痛んで見えないモテ系カラーです。

暗い髪は時間の経過で髪色のニュアンスが違って見えるという利点があります。これも一つの楽しみ方なのです。

黒髪よりも明るい髪色のヘアカラーは多く販売されています。ニュアンスを大事にしたいので、やや、くすんだカラーこそがダークアッシュの魅力なのです。
特に透明感をプラスしつつ、ちょっとくすませたアッシュ系のカラーが人気です。

明るい髪色よりもかえって色気を感じさせるのがダークアッシュの良さなのです。

ダークアッシュは一見暗い髪色に見えますが、黒髪よりも明るい仕上がりが素敵です。最近のヘアカラーはブリーチを使わなくても十分にダークアッシュの仕上がりになります。
最近の暗髪ブームは長く続きそうな予感です。暗めの髪には色白効果や小顔効果が感じられるのが大きな理由です。流行に敏感で、トレンドをお洒落に取り入れたい人は暗髪をまず選んでいます。髪色に独特の透明感と深みを持たせたアッシュ系のカラーは嫌味のないナチュラルな雰囲気を作り上げます。
長く黒髪の状態を楽しんできた女性が髪色を考えるときにはやはり、明るすぎる色には抵抗があるという気持ちが先なのです。そこで、ヘアカラーを手にするときには「あっしゅ
髪を暗い色染めたいと思ったときにはヘアカラーを購入して自分でトライしてみるのはどうでしょうか?美容院で染めるよりも節約ができて、自分でカラーも選べるという利点を大いに活かしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://lh3.googleusercontent.com/DJo6KRAnEqVJeotm5gdXVzGo1dYeihtVqVdvkbBbsstQtOIm_de2251l01UP8bZgASr_=s85