Btmvgo7sjgl39ly0sgeg

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

【シャンプー】高級商品の成分や頭皮への効果!美容師おすすめご紹介

2018.07.28

高級シャンプーと普通のシャンプーと何が違うの?高級シャンプーには、髪質を良くするものや、育毛、抜け毛などの効果のあるものもあって、普通のシャンプーでは得られない効果が期待できるって本当のこと?美容師がおすすめするシャンプーや成分、頭皮効果をまとめてみました。

  1. 高級シャンプーとは?
  2. 高級シャンプーの成分について
  3. 美容師がおすすめする高級シャンプーの天然成分について
  4. 美容師がおすすめする高級シャンプー・成分だけで選んではいけない理由
  5. 美容師がおすすめする高級シャンプー選びのポイント
  6. 美容師がおすすめする高級シャンプーの天然成分とは?
  7. 美容師がおすすめする高級シャンプーとはどんなシャンプー
  8. 美容師がおすすめする高級シャンプーのチェックポイント
  9. 美容師がおすすめする悩みに合った高級シャンプー
  10. まとめ
高級シャンプーというのは、どのようなシャンプーのことをいうのでしょうか?普通のシャンプーとどこが違うのか知りたいですよね。市販の普通のシャンプーは、汚れを落とすだけでなく、必要な皮脂までも落としてしまいます。高級シャンプーは、頭皮に合った悩みを解決してくれるシャンプーなのです。
高級な良質なシャンプーは、洗浄成分が重要になって、たとえば、薄毛で悩んでいたり、髪の毛の艶がなくなったり、頭皮が痒くて仕方がなかったりと、自分の頭皮の悩みの原因を解消してくれるシャンプーです。
シャンプーの種類には大きく分けて6つに分けることができます。それは、高級アルコール系、石油系、両性イオン系、たんぱく質系、アミノ酸系、タウリン系の6つです。
高級アルコール系は高級とついていますが、お肌にとって良くなくて洗浄力が強いです。石油系は高い洗浄力と豊かな泡立ちがしますが、これもお肌には良くありません。たんぱく質系は髪の毛のダメージケアができ、アミノ酸系は肌や髪の毛に優しく、しかし、洗浄力は弱いです。タウリン系は肌に優しく洗浄力があります。また、両性イオン系は保湿性があります。
石油系の製品がすべて悪いわけではなく、石油を界面活性剤の原料として使用し、洗浄力を求めることで環境を破壊したり、頭皮にダメージを与えたり、お肌に良いことがないのです。
人間の体や毛髪はたんぱく質で作られていることはご存知かも知れませんが、高級シャンプーはアミノ酸系洗浄剤が使用されています。アミノ酸はたんぱく質ですからアミノ酸系洗浄成分は、人間の髪の毛にとって低刺激なのです。保湿効果もあり、毛髪、頭皮に育毛効果や保湿、補修効果がある成分が配合されています。オーガニックやボタニカルといった成分が天然成分です。
シャンプー選びで一番重要なことは、自分がなりたい髪質、質感がどれだけ得られるかということで、天然成分が多ければ質感が良いということはありません。また、質感が良いシャンプーが、肌への刺激になるものでもないのです。
たとえば、お肌や髪に良い天然成分が多いシャンプーが、すべて髪の毛の質感が良くなるかというとそういうことはなく、むしろ、肌や髪の毛に対して良い天然成分は、余分な皮脂まで落とさないので、質感にイマイチ納得できないものが出てくるのです。
髪の毛に優しい成分が入っていても、配合量が少なければ髪の毛に優しい結果が出るわけではなく、この成分が入っているから、肌に、髪の毛に良いと鵜呑みにしてはいけないのです。
オーガニックとボタニカルの違いは、オーガニックは無農薬で育てた成分で、ボタニカルは自然由来の成分ということです。オーガニック成分を少し配合しているだけでもオーガニックといわれるので、本当の自然由来成分を分けるため、ボタニカル商品が生まれました。ボタニカル商品は、肌に優しい成分が配合されているシャンプーなのです。
オーガニック成分は認定マークが認定試験に合格していなくても、オーガニック成分配合といっている商品があります。また、オーガニックの認定種類もいろいろあります。
髪に優しいイメージが天然成分にはありますが、実際はあまり関係なく、シャンプーの場合洗浄成分がまだまだ強く、髪の毛に優しいシャンプーは洗浄成分で決まります。オーガニックや、ボタニカルなどの天然成分は肌に優しく、肌を綺麗にしてくれる成分ですが、髪の毛をシットリ艶やかにするということではないのです。
シャンプーは弱酸性、アミノ酸、ノンシリコン、オーガニック、ボタニカルと流行をたどってきましたが、この先進歩は見られないのではないでしょうか?
美容師がおすすめする高級シャンプーとは、自分の髪質にあったシャンプー選びをすることをおすすめします。仕上がりが思った質感が出なかったり、香りがよくなかったり、自分の悩みが解決しない問題は、単にシャンプーが自分に合っていないだけなのです。
自分の悩みに合ったシャンプーを使用することが大切で、どんなに良い成分でできているかよりも、どのような人のために作られているのか、商品は自分が求めるものなのかということが一番重要です。
自分が求めるチェックポイントは、シャンプーをすると痒いのか?皮脂の油が多くて髪がべたつくのか?毛髪のダメージが気になるのか?髪の毛のボリュームが気になるのか?など、今のご自分の頭皮環境を考え、これからどのような髪質、頭皮になっていきたいのかをチェックすることが大切です。
髪の毛のダメージが気になる方は、シリコン系のものが入った方が良いですし、ダメージケア系のシャンプーには、刺激の原因となるコーティング剤や質感向上剤が入っています。
スキンケア系のシャンプーを使う人は、頭皮環境を良くしたいので、スキンケア系シャンプーには、質感向上剤成分が少なるので毛髪の質感は悪くなります。ダメージケア50%、スキンケア50%というシャンプーが現在作られていないので、どちらかを求めるかは個人の悩みの違いで決まります。

髪の毛のダメージ・まとまりが気になる方

引用: http://www.honu-hair.com/wp-content/themes/HONUhair/images/item/p01.jpg
ハホニコディスデモカシャンプーが、自然な髪質でサラサラに仕上がり、シリコンによりたんぱく質で髪の毛をサラサラにします。ビッツルトリートメントでフッ素コーティングすることで髪の毛のダメージをケアーしてくれます。
ハホニコ ディスデモカ ヘアクレンジング 1000ml
価格

肌が弱く刺激に敏感でシャンプーで痒くなる方

引用: http://www.vinintl.co.jp/image/mutenka/hair/vshampoo/vshampoo_image_01.jpg
敏感肌の方にはイオニートシャンプーがおすすめで、オーガニック系のシャンプーや天然素材系のシャンプーです。そのかわり、質感はあまりよくありません。ニューウェイグラングリーンシャンプーは、髪の毛の質感を良くし、肌に負担をかけたくない方におすすめです。
イオニート エッセンス V シャンプー モイスト 500ml
価格

ボリュームが欲しい・薄毛の方・頭皮環境を良くしたい方

引用: http://www.hair-of-link.com/wp-content/uploads/2013/02/P1010706-300x228.jpg
育毛系、薄毛で悩んでいる方はイオニートシャンプー、ムウムシャンプー、アミノスシャンプーをおすすめします。ムウムシャンプーとアミノスシャンプーの2つのシャンプーはフルボ酸を配合したシャンプーです。フルボ酸は髪の毛に必要な栄養素がすべて含まれ、地肌に栄養を与えることができるので、薄毛や白髪防止に良いのです。育毛系のシャンプーを使っていると、白髪防止や健康な髪の毛が生えてきます。
Ijncjfetpyjwjcn8rylc
引用: https://tshop.r10s.jp/nakano-d/cabinet/brand/etc/pic/fe-mumu320_1.jpg?fitin=198:198
フロムアース エナジーシャンプー ムウム ボトル 320ml
価格

どんなシャンプーも合わない方はお湯シャンプーも一つの方法

シャンプーを変更すると、高確率で頭皮が痒くなるケースがあります。これは、頭皮がシャンプーになれていないため起こります。どんなシャンプーを使ってもトラブルがあって、自分に合わないシャンプーがみつからないときは、お湯シャンプーにしてみるのも良いです。ただし、必ず改善されるとは限りません。
引用: http://image.rakuten.co.jp/kvk/cabinet/ichiji/01475103/pzs300t-3.jpg
「高級シャンプーを使いたい!美容師がおすすめする高級シャンプーまとめ」を見てきました。美容師の方によっても考え方が違いますので、天然成分だけで作られたものが、必ずしもその人の髪の毛を補正してくれるものとは限らないという人もいます。確かにそれはいえることで、すべて天然成分だけで作られたものが、自分に合ったものかどうかということは、その人の求める髪質により違いが出てきます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bgx1uzBl5KP/?tagged=シャンプー