Hgys1gl1uy01xtocyzqb

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌荒れを治す方法を教えて!原因を分析して美肌美人になろう

2018.05.02

肌荒れはストレスや生活習慣の乱れによって起こりますよね。一刻も早く治す方法が知りたいという人は必見!肌荒れの原因がわかればそれを分析して治す方法がわかります。今回はそんな肌荒れをケアする方法を原因も一緒にご紹介していきます。

  1. 肌荒れの原因
  2. 肌荒れを治す方法 睡眠
  3. 肌荒れを治す方法 入浴
  4. 肌荒れを治す方法 スキンケア
  5. 肌荒れを治す方法 保湿
  6. 肌荒れを治す方法 食事
  7. 肌荒れを治す方法 寝具
  8. 肌荒れを治す方法 ストレス
  9. 肌荒れを治す方法 運動
  10. 肌荒れを治す方法まとめ
Ksy3fhthl4rxbrimrmwp
実は肌荒れの原因はたくさんあります。女性は生理に関係したホルモンの影響でも肌荒れが起きるので特に原因が多いです。まずは、生活習慣の乱れです。ここには、肌荒れの原因となるストレスや内臓の疲れ、偏った食事といったことを引き起こすので一番改善すべきは生活習慣なんではないかと思います。また、それ以外は、ほとんどが外的要因です。紫外線や乾燥、間違ったスキンケア、不潔な寝具などでも肌荒れは起きます。このようにたくさんの原因があるので今お悩みの肌荒れの原因も複数あるかもしれません。ご自分に思い当たることはすべて改善したほうがいいでしょう。
Bfv3efwc0tk1krj6rcrc
引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/d5/a8/0cd5a8d7ed73ac87265674342df2d051.jpg
お肌のトラブルを修復したり、ターンオーバーが進むのは寝ている間なので睡眠はとても大切です。お肌を一番修復してくれるのは、22時から深夜2時のシンデレラタイムといわれる時間です。この時間に寝ていると効率よくターンオーバーが促進されてお肌が修復されていきます。なかなか現代では難しいかもしれませんが、このシンデレラタイムを含めた7時間くらいは睡眠時間を確保したほうがお肌にはとてもいいです。また、質のいい睡眠をとるために、食事は就寝の3時間前までには済ませたり、入浴で体を温めて、寝る前にはスマホやパソコンを使用しないようにするなども効果的です。
Eckmzz0tiozniwp1urvk
睡眠の質を上げるポイント 深夜0時までに眠りにつく 夕食は寝る3時間前には済ませる 入浴は寝る1~2時間前に済ませる 寝る直前にテレビやスマホは見ない 寝る30分~1時間前くらいから証明を暗くし、音楽を聴くなどリラックスする

Rvioohpkunrxlygyhc88
忙しいと、お風呂はシャワーで済ませてしまいがちですが、入浴は肌荒れを治す観点からみてもとても効果があるんです。入浴して、適度な汗をかくことにより一緒に老廃物が排出されます。老廃物がたまっているお肌はもちろん肌荒れの原因になります。なのでデトックスできるのはとてもいいことなんです。そして、リラックス効果もシャワーだけより上がるので、ストレスが解消されたり心のケアもお肌にとてもいい影響を与えてくれます。
Utpezfcmfwceujhwbu6h
Umvahszbt4aucbdrxxyd
クレンジングからスキンケアまで、正しい方法でできているでしょうか?スキンケアは間違った方法で行っていると逆効果になってしまいます。もう一度見直してみましょう。アイテムを選ぶときはなるべくお肌に優しいものを選んでください。例えば界面活性剤が含まれているものは、お肌の必要な皮脂まで落としすぎてしまうため肌荒れを引き起こしてしまいます。オススメは、余計なものが入っていない無添加の物です。そしてスキンケア方法はすべて優しく行うことがポイントです。お肌の皮膚というのはとても薄く傷つきやすいです。なのでクレンジングでも洗顔でも、ごしごし強く洗うのはよくないです。化粧水なども強くバシバシとタッピングするのもよくありません。優しくしみこませるようにお肌に手を当てましょう。
Iiovxypd3dyty3u42xt0
正しいスキンケアの流れ ①クレンジング ・刺激になるシート・オイルタイプを避ける ・ゴシゴシと顔を擦らない ・パパッと1分以内に流す ② 洗顔 ・1日2回、たっぷりの泡でやさしく洗う ・ゴシゴシと顔を擦る洗顔はNG ・すすぎ残しのないようにしっかり流す ③ 化粧水 ・手であたためてから優しくハンドプレス ・目元、口元など乾燥しやすいところには重ねづけ ④ 乳液・美容液 ・手であたためてから優しくハンドプレス

Edmcprcnajyr9milqnuy
お肌の乾燥はいろんなトラブルの原因なので保湿はとても大切です。化粧水などは、高く高級なものを使ったほうがいいとお考えの方も多いですが、特に肌荒れを起こしているときには低刺激の物を使っていただきたいです。余計な美容成分などは肌荒れを起こしているお肌には負担になってしまいます。できるだけ優しいものでスキンケアしましょう。また、化粧水だけではなく、乳液やクリームを使うことが重要です。化粧水だけだとせっかくの水分はだんだんと蒸発してしまいます。ふたをする役割の乳液やクリームを使って蒸発を防いで水分を閉じ込めましょう。クリームをはほとんどが油分なので、普段皮脂が多いと感じる方は乳液だけで十分です。乾燥肌の方は特に乾燥がひどいところにクリームも併用するなどしてみてください。
Fauyj1ffuehiwvvfa6gm
保湿の方法 コットン又は清潔な手に化粧水をたっぷり取り、肌を抑えるように全体に馴染ませていきます。このとき擦ったり強く叩いたりしないでください。化粧水を付け終わったら、乳液やクリームを塗り水分が蒸発するのを防ぎましょう。

Gepcybtptsihfsrfangd
油ものばかり、甘いものばかりなど偏った食事は肌荒れや生活習慣の乱れの原因です。栄養バラスよく摂取しましょう。ビタミンは種類がたくさんありますが全体的に綺麗なお肌を目指すためにとてもいいです。野菜や果物に多く含まれているので積極的に摂ってください。また、たんぱく質は、お肌をつくるもとになり、食物繊維は腸内環境を整えることでお肌にもいい影響を与えます。これらのお肌にいい栄養を中心にバランスよく食事を撮りましょう。
Ji1efgbz8gofvaqt4d2k
肌の抵抗力を高める食材 ・たんぱく質: 赤身肉・乳製品・タマゴ・魚など ・ビタミンB2: 乳製品・牛乳・納豆・レバーなど ・ビタミンB6: 赤身肉・魚・バナナ・小麦・大豆・ナッツ類など ・カルシウム: 桜えび・牛乳・乳製品・いわし・小松菜など

引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/51/76/c55176a3a91613c7f7a7e054058061d1.jpg
肌荒れの原因の外部刺激は寝具にもあります。寝具は、寝ている間の汗などですごく汚れています。そこにダニや、細菌が繁殖するので肌荒れを起こす原因になります。枕カバーやシーツは最低でも週に1回は洗うようにしましょう。よくわからない顔にできる不思議なニキビは顔ダニだったなんていうことはよくあります。また、顔を拭くタオルなども清潔なものを使うようにしましょう。手を拭いているタオルで顔も拭いてしまう方は多いと思いますが菌を顔に塗っているのと同じです。使い分けて常に清潔なタオルで拭くようにしましょう。
Suuo7ybmti58zbuaixfd
Skxsq4oxnhuj280s8rkh
ストレスはすぐ肌荒れとして現れるので要注意です。現代はなかなかストレスをためないということのほうが難しくなっていますが、自分で発散するところを見つけたり、心のケアをする時間を作ってあげることが大切です。ストレスがたまると、偏った食事をしてしまったり生活習慣が乱れていったりと他の原因も巻き起こして悪循環になっていきます。今一度自分の生活と心を見直してみてください。
Ibu3h5ev59kilfnq4d9a
引用: https://i.pinimg.com/564x/75/e4/2c/75e42c5831ae19cc3143ca84231a3b4b.jpg
適度な運動はお肌のターンオーバーを整えてくれます。交感神経が優位になり、血行もよくなることでターンオーバーを整えてくれるのです。そんなに激しい運動はできないと思っている方は安心してください。激しい運動は、新陳代謝を遅らせたり、お肌のトラブルを起こす活性酵素が増えるので逆効果です。ウォーキングや、軽めのジョギングなど有酸素運動が効果的です。まずは1週間で半分くらい運動を取り入れてみることからはじめてみてください。
Svsv4ldgxuva3kpjh3kj
Qqmyn7o4zpqqr0gevftr
肌荒れを治す方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?原因も改善法もたくさんあることがお分かりいただけたと思います。今回ご自分が思い当たる原因が見つかって、改善法が分かった方がいるととても嬉しく思います。きっとどこかに肌荒れの原因はあるのでぜひ改善して美肌を目指してください。
W9slsrxrkaqrde0ayxok
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/ce/34/55/ce345511255b7db1123c47e618d50685.jpg