D1zsjmu7conk6dr9uln8

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

シャンプーで抜け毛を対策・予防?正しい洗い方とおすすめ商品ご紹介

2018.05.28

年を重ねるごとに気になる抜け毛。シャンプーや正しい洗い方で対策・予防できると知っていますか?そこでこの記事では、シャンプーの正しい洗い方とおすすめの商品をご紹介します。抜け毛または抜け毛の対策・予防で悩んでいる人など、ぜひ参考にしてみてください。

  1. シャンプーによる抜け毛の原因①
  2. シャンプーによる抜け毛の原因②
  3. シャンプーによる抜け毛の原因③
  4. 抜け毛対策に!シャンプーの正しい選び方①
  5. 抜け毛対策に!シャンプーの正しい選び方②
  6. 抜け毛対策に!シャンプーの正しい選び方③
  7. 抜け毛防止に!適切なシャンプーの方法①
  8. 抜け毛防止に!適切なシャンプーの方法②
  9. 抜け毛防止に!適切なシャンプーの方法③
  10. おすすめの商品をご紹介!
  11. シャンプーで抜け毛を対策・予防?正しい洗い方とおすすめ商品ご紹介のまとめ
Feydaq5wvz35uw9brsja
栄養が偏ってしまったり、体に欠かせない栄養がない場合、抜け毛が起きる可能性があります。基本的には、栄養が不足している時に、抜け毛になるようですね。運動して、そこで消費された栄養が取れていない時も、抜け毛になるでしょう。
Xjd5nokbqowllr6iitiq
スポーツなどの運動だけではなく、たくさんのエネルギーを使うと髪の毛に栄養がいきません。「残業が毎日続いている」などでも、抜け毛になりやすいです。ずっと栄養が足りていない状態では、抜け毛が増加する可能性がありますので、ご注意ください。
Txi1uf2rfjpjag3tl5cr
ストレスも無視できません。血行がわるくなり、栄養が頭皮までいかない可能性があります。ストレスフルな毎日では、抜け毛が増加する一方ですので、「薄毛が気になる」という人は、できるだけストレスをなくすようにつとめましょう。
T5mlgdwzz4xtzzzklidz
肩こりなどのコリも抜け毛の原因とされています。なぜなら、血行がよくないからですね。長い時間、同じ姿勢で同じ作業をしていると肩や首にコリが発生しますので、十分ご注意ください。
Qqhbn7dpapvi1ne23rc8
ファストフードや脂っこい食べ物ばかり摂取していると、おのずと皮脂の量が増え、これが抜け毛になることもあります。皮脂は、頭皮をケアするために欠かせないものですが、多すぎると皮脂は毛穴につまってしまい、抜け毛につながってしまうのです。
Qvwvctpcziywjdlohe8w
つまり、毛穴を塞がないことが大切になります。ヘアケア剤やシャンプーの種類によっては、毛穴が詰まってしまう商品も販売されていますので、十分ご注意ください。また、自分の肌と相性のわるいシャンプーも、頭皮にダメージがある可能性があります。髪の毛を染めたり、パーマを何度もしてしまうと、頭皮によくないと言えるでしょう。
Ul9tstctyx3hkat4wucx
適度に運動し、栄養バランスの取れた食事をし、自分にあったシャンプーを使っていても、抜け毛が起きてしまうことがあります。それは、年を重ねることより、防ぎようのないことかもしれません。とはいえ、日々のケアを怠らなければ、抜け気を予防することは可能でしょう。
Qsjymwfhqln4fztwztoh
ネットやドラッグストアなどで「抜け毛対策」「抜け毛予防」をアピールしているシャンプーを見かけることがあるかもしれません。抜け毛に悩んでいる人であれば、それらの商品をなんの躊躇もなく購入してしまう可能性がありますが、高いお金を出して購入し、効果があまりなかった場合、損になってしまいますよね。
Qzzenwlw4rxqwf0mp7ne
まず、正しいシャンプーの選び方として、医薬部外品という表記を探してみましょう。これは、厚生労働省が認めた商品となり、シャンプーだけではなく、他のものにもあります。また、薬用という表記も無視できません。これも医薬部外品と同様ですので、医薬部外品・薬用を目安に商品を探してみましょう!
Re3qix8b570wwho64ech
シャンプーを正しく選びためには、主成分について見識を深めておく必要がありますよね。まずは、合成界面活性剤です。これは、アミノ酸系・石けん系・高級アルコール系・脂肪酸エステル系・石油系の種類があり、一般的なシャンプーによく使用されているものですね。天然界面活性剤も主成分のひとつです。これは、洗浄成分として、野菜に含まれているサポニンやレシチンが含まれているものです。
Hvjeuibu5rku838fbfcn
お肌に対する優しを考慮すれば、天然界面活性剤は無視できないでしょう。とはいえ、あまり強くない洗浄成分ですので、これをメリット感じない人もいるかもしれません。また、合成界面活性剤は天然界面活性剤よりも洗浄が強いですね。その分、刺激が強くなりますので、肌ダメージがあるかもしれません。
Iucsrfdmomj64nuqb9tm
合成界面活性剤を使用しているシャンプーが多いので、選ぶ機会が多いと思います。洗浄力が弱まっているタイプもありますので、成分を必ずチェックしてください。もちろん、もともとお肌が弱い人であれば、使わないほうが良いでしょう。
Bkb7mqatv6x2aaodilfs
シャンプーの成分だけではなく、値段も気になりますよね。あまりにも高いシャンプーでは、他のコスメを購入したり、生活費に負担がかかってしまいます。前半部分で、抜け毛は栄養不足が原因という話をしましたが、高価なシャンプーを購入し、栄養が取れなくなってしまってはあまり意味がありません。
Kxafuhfxk329dy45mm0b
コスパを気にしながらシャンプーを選ぶことは、とても重要です。シャンプーの成分について知識を蓄えながら、自分の財政状況を確認してみましょう。昨今では、口コミなどですぐに商品の良し悪しや効果を調べることができますので、調べておいてください。
Vx5wmxbpxrtruyyg7ql5
シャンプーする前にブラッシングするのがおすすめですね。絡みやすいという悩みのある人は、ブラッシングすると効果的でしょう。髪の毛が絡まなければ、抜け毛が減るということですね。
Kqjbcxpukdnyl7j1oyy7
髪の毛をしっかりと濡らしてからシャンプーしてください。乾いた髪の毛では、泡立ちがよくありません。そしてそれは、髪の毛についた汚れが落ちない原因にもなってしまいますので、頭皮も濡らしておきましょう!
K2xu4u63h3httybkuzka
シャンプーを直接髪の毛につけるのではなく、泡立ててからつけるのがおすすめですね。手のひらでしっかりと泡立ててください。この泡を髪の毛につけることにより、髪の毛で泡立てるよりも、頭皮などに負担がありません。面倒くさがらずにしっかり対応してくださいね。
Dqipmnd3bfffhsfby3na
そして洗うときは、マッサージするように優しく丁寧にシャンプーしてください。指のお腹を使うようにしましょう。適切なシャンプーの方法としては、頭皮を洗うようなイメージです。髪の毛を洗うというイメージではありません。コンディショナーなどをつける場合は、髪の毛につけるようにしましょう。頭皮につけてしまっては、皮膚に負担がかかってしまいます。
シャンプーでしっかりと汚れを落とした後は、洗い流しますが、これがシャンプーにおいてもっとも大切だと言われています。洗い流しは、できるだけ長い時間かけると良いでしょう。シャンプーなどが頭皮に残っていると、抜け毛の原因になってしまうかもしれません。そして、髪の毛を乾かす際は、強くタオルでこすってはいけません。ドライヤーも「根元→毛先」の方向でかけるようにしましょう。頭皮を傷つけないように、洗い流しやドライをしてくださいね。
R3o6pxfvxeaa982cbryj
シャンプーはできるだけたくさんする方が良いという話もありますが、1日1回程度で十分です。乾燥しがちな人であれば、もっと少なくても良いかもしれませんね。夜シャンプーだけで十分だと言えますよ。
資生堂 アデノバイタル シャンプー 500ml(GPシャンプー)
価格 ¥ 2,135
このシャンプーであれば、性別関係なく使用することができますよ。育毛や発毛だけではなく、白髪の対策・予防にもなりますので、おすすめですね。サロンでも評判のシャンプーです!
Bnz0bu1klnxhu3atxr1k
抜け毛対策・予防のための正しい洗い方やおすすめの商品をご紹介してきました。自分にあったシャンプーを見つけるために、さまざまなシャンプーを試しながら、口コミなどをチェックしてくださいね。