G1zobgcv9ouuka7ptfcv

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

ノンシリコンシャンプーのメリットは?成分や髪への影響を徹底解説!

2018.06.01

ノンシリコンシャンプー良い評判や人気を目にする機会は多いかも。とはいえ、ノンシリコンシャンプーが必ずしも髪の毛や頭皮に良いとは言い切れないんですよ!そこでこの記事では、ノンシリコンシャンプーについてメリットや成分、髪への影響など徹底解説いたします。

  1. ノンシリコンシャンプーとは
  2. ノンシリコンシャンプーのメリット
  3. ノンシリコンシャンプーのデメリット
  4. ノンシリコンシャンプーが合う人について
  5. ノンシリコンシャンプーと反対のシリコンシャンプーについて①
  6. ノンシリコンシャンプーと反対のシリコンシャンプーについて②
  7. ノンシリコンシャンプーと反対のシリコンシャンプーについて③
  8. ノンシリコンシャンプーと反対のシリコンシャンプーについて④
  9. ノンシリコンシャンプーと反対のシリコンシャンプーについて⑤
  10. オススメ人気のノンシリコンシャンプー!
  11. ノンシリコンシャンプーのメリットは?成分や髪への影響を徹底解説!のまとめ
Wmyomv0a32oxs4fq7bvs
食べ物に限らず、シャンプーやコスメでもオーガニックなどのナチュラル系商品は人気が高いですよね。ノンシリコンシャンプーが人気なのは、これらと同じで、ノーシリコンだからこそ、お肌に負担のないシャンプーと認知されています。シリコンは、もともと肌の弱い人などは、肌トラブルの原因とされていますので、使用を避けたいところでしょう。そしてシリコンは、髪の毛を染める時なども邪魔になる存在です。こうしたさまざまな理由により、ノンシリコンシャンプーは人気のアイテムだと言えますよね。
Iiu4xyneryum8ast2xpu
ノンシリコンシャンプーのコマーシャルを目にする機会も多いと思います。有名企業がさまざまな形で広告しているでしょう。こうした状況であると、周りの人もノンシリコンシャンプーを使っていることが多く、「シリコンが良いのかわるいのか」ということを知らずに、ノンシリコンを使用していることが考えられます。
Rzry9r2jqv9cvw8juob7
ノンシリコンシャンプーの人気の秘密をご紹介しましたが、メリットをいくか挙げていきましょう。まずは、シリコンと比較すれば、頭皮に与えるダメージがあまりありません。軽い仕上がりになることもポイントですね。
Lxlllqvukdfvjywpup5z
パーマなどはシリコンが残っているとかかりにくいと言われていますので、安心です。とはいえ、シリコン入りシャンプーを使用している人でも、染髪に問題があると感じる人はそれほど多くないようですので、髪の毛のデザインに関しては、気にしなくても良いでしょう。
Lvubvkgtunujv7xg0vhk
もちろん、メリットがあれば、デメリットもあります。まずは、上記で少しだけ触れたとおり、色が落ちるスピードが速いことです。ノンシリコンシャンプーを使用すると、パサパサの髪の毛になることもデメリットでしょう。強いダメージのある髪の毛にも、もしかしたら物足りなさを感じるかもしれませんね。
Eta6gvtenfqz0fsqcn37
人によっては、デメリットに感じることも、見方を変えればメリットになります。では、ノンシリコンシャンプーが合う人は、どういった毛質の持ち主なのでしょうか。具体的にご紹介していきましょう!
Vgqzqvn33if9kutpydja
まずは、しっかりとした髪の毛の人は、ノンシリコンシャンプーが合うでしょう。他の人よりも、毛が太めな人もそうですね。細い髪質の人であれば、シリコンシャンプーが良いと判断できるでしょう。
Wvjutrxgvkf08wdfg1go
ツヤがある人も、ノンシリコンシャンプーが合いそうですね。また、髪の毛を染めていない人などもそうでしょう。一方、髪の毛にダメージがある人などは、シリコンシャンプーの方がマッチするかもしれません。髪の毛の健康状態などを見て、どのシャンプーを使用するのか検討してみくださいね。
Mizcjyohw8hyahsuc8jl
ノンシリコンについてより理解を深めるために、シリコンシャンプーについて見ていきましょう。そもそもシリコンとは何でしょうか。もちろん安全性に問題はありませんが、シャンプー以外にも、コンタクトレンズやコスメなどに使用されているものですので、医薬品としてもシリコンは使用されているようですよ。
Edtwfidpuguxl9pvclwv
シャンプー以外の他の分野では、ワックスや柔軟剤にも使われています。医薬品だけではなく、日用品としても活用されていますので、安全面はバッチリではないでしょうか。シリコンは、「コーティング=保護」するものになりますね。
B2chqvobxxmqiufhughj
シリコンシャンプーはベタつきの原因とされていますが、シリコンだけのせいでベタつくとは限りません。そして、シリコンが含まれていたとしても、商品によってはベタつかないこともあるでしょう。
Sli5ob6eexo5fq2qtnly
例えば、他の成分の配合によって、ベタつくこともありますよね。シリコンがどれくらい入っているのかも無視できません。また、自分の髪の毛の状態やそもそもの髪質もあるでしょう。なので、「シリコン=ベタつき」という考え方は、捨てた方が良さそうですね。
Odfcdpkl6c1hpihqls02
シリコンを使用しなくても良い髪の毛の状態であれば避けることができますが、そうではない場合、シリコンシャンプーの方が良いとされています。「コーティング=保護」の役割を担うシリコンですので、髪の毛の状態によっては、必須になるでしょう。
Dn4qwi33xpldmlux9csq
パサつくことや絡まりを避けるだけではなく、静電気予防にもなるのがシリコンです。シリコンは、髪の毛にダメージを与えるというイメージではなく、髪の毛を保護するものだと認識しておきましょう。シャンプーだけではなく、トリートメントでも、シリコンが含まれていないものが販売されています。人によっては、物足りなさを感じるかもしれませんが、髪の毛には優しいアイテムですよ。
J2nza2vpjenmldkclx3k
シリコンに似た成分があり、これはノンシリコンシャンプーに入っている可能性がありますので、ご注意ください。シャンプー以外のリンスなどには、ほとんどシリコンが入っていますので、成分を確認しなければなりません。
Akcz75p6j4rfxmurq5hs
シリコンの成分を行くかご紹介しますので、シャンプーやトリートメント選びにお役立てください。「…ポリマー」や「ジメチコン」はそうですね。「シリカ」や「シクロメチコン」などもシリコンが入っていると認識しておいてください。
Amozgzspmwojvm73ssf0
シリコンシャンプーが向いている人は、どういった髪質なのでしょうか。まずは、上記で何度か触れてきましたが、髪の毛にダメージがある人ですね。こうした髪の状態であれば、コーティングしてケアする必要があるでしょう。もともと髪の毛が細いタイプに人も、シリコンシャンプーで良いかもしれません。
I3ezmpgnm88f36fpn78c
乾燥している人や広がってしまう人も、シリコンシャンプーが良いですね。「引っかかりやすい」とお悩みの人も同様です。こうした毛質や髪の毛の状態の人は、シリコンが入っていないノンシリコンであると、余計にダメージを悪化させてしまうリスクがありますので、シャンプー選びを慎重に行いましょう。
haru 黒髪スカルプ・プロ 400ml 約2ヶ月分
価格 ¥ 3,971
ノンシリコンシャプーでオススメなのが『haru』です!使用者の満足度人気も高く、コンディショナーいらずの優れもの!天然由来成分100%ですので、お肌に優しいことも間違いなしですよ。
Az7tezec0auoiqneoweu
ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーについて、さまざまな角度からご紹介してきました。髪質や髪の状態によっては、ノンシリコンの方が良い時もありますし、シリコン入りの方が適切なケースもありますので、セルフチェックは欠かせません。
Zbuhnwqyjrhuu93zeqik
シャンプー選びは、成分だけではなく、香りなども大切ですよね。自分の好きではない匂いであれば、気分が悪くなってしまうことも考えられます。ネットなどでさまざまな人気シャンプーの口コミをチェックできますので、おめあての商品を見つけた際は、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。いずれにせよ、ノンシリコンシャンプーはオススメの人気アイテムですので、シリコンについて見識を深めておきましょう!