Lox0excdnaprchmfxa1a

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ムダ毛の処理方法まとめ!女性のパーツ別!肌を痛めない正しいケア方法

2018.04.01

意外と他人に見られているのが女性のムダ毛。こまめなケアが必要ですがやり方を間違えるとお肌へのダメージも大きいのがムダ毛の処理ですよね。体のパーツによってもアプローチの仕方は違います。パーツ別のムダ毛の処理方法をチェックしてよりいい女を目指しましょう。

  1. ムダ毛を処理して肌スベ美人に
  2. 女性のムダ毛処理方法の種類・自己処理
  3. 女性のムダ毛処理方法の種類・サロンやクリニックで脱毛
  4. ムダ毛の自己処理の注意点
  5. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・ワキ部分
  6. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・腕部分
  7. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・脚部分
  8. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・顔部分
  9. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・アンダーヘア部分
  10. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・体前面部分
  11. パーツ別女性のムダ毛の処理方法・体背面部分
  12. まとめ
油断していると意外に他人に見られているムダ毛。周りの方に清潔感を提供して相手も自分も快適に過ごす意味でもムダ毛処理は大切ですよね。しかしやり方を間違うと肌トラブルを引き起こしやすいのもムダ毛処理の悩みのひとつです。
Ux7zbh0kwktlr3rhic5g

剃る

カミソリ・・・最も手軽で簡単な方法ですが、お肌へのダメージが大きいです。/電気シェーバー・・・お肌への負担は少ないのですが、深剃りができないものもあります。/トリマー・・・ペンタイプの機械で電気シェーバーでできない細かい部分や細いうぶ毛の処理ができます。
Porj9uybrp5xt0fb227e

抜く

毛抜き(ピンセット)・・・抜いた毛はしばらく生えてきませんが、毛穴へのダメージが大きく、広い範囲はできません。/ワックスや脱毛テープ・・・広範囲の毛を一度に抜く事ができますが、毛穴と皮膚に大きなダメージがあります。/電動毛抜き・・・機械で毛を素早く抜きます。毛穴のトラブルが多く、埋もれ毛ができやすいです。

焼き切る

熱線式の除毛器・・・肌上を滑らせながら毛を焼き切る機械です。毛先が丸くなり、チクチクしない利点があります。やけどの心配があります。/ヒートカッター・・・Vラインのはみ出し部分を熱線でカットする機械です。
U1ddq463rkleq7o4obvy

ジェルやクリームを使う

除毛剤(クリーム)・・・ムダ毛を溶かす薬剤です。その分お肌に負担はかかります。/脱色剤・・・ムダ毛の色を抜く薬剤です。お肌に負担がかかります。/抑毛剤・・・ムダ毛の成長を抑制したり毛を細くする薬剤です。お肌への負担は少ないですが、効果に個人差があり持続使用が必要なので費用も結果的に高くなりがちです。
Tblvshq6yoahd6enjiym
専門家に脱毛してもらう方法には脱毛サロンやクリニックがあります。お店でやってもらうには費用がかかるし、と二の足を踏んでしまうかもしれませんが、キャンペーンなどで驚く程安くやってもらえる事もあります。オフシーズンなどですと、ワキなどが数百円から数千円で回数無制限で施術を受けられる所もあります。脱毛施術をしてもらうと、毛が生えにくくなりムダ毛のお手入れをほとんどしなくてもよくなります。ある程度で通うのをやめても、毛が薄く本数も少なくなるので日常のお手入れが楽になります。他には家庭用の脱毛器もあります。費用はかかりますが恥ずかしい所を他人に見られなくてすむ利点や出かけなくても自分のタイミングで好きなだけケアをする事ができる利点があります。
Twhudnxyt9hpn88tdr43

自己処理する際には正しい方法で

自己処理は処理方法を間違えると毛穴が黒ずんだり肌がくすんだりするデメリットがあります。自己処理する際には正しい方法でやりましょう。また、処理後はお肌のケアをしっかりとしてダメージ後の肌をいたわりましょう。
Epws6a0vf9zqu43wq5wr

剃る場合にはシェービングクリームなどを使いましょう

カミソリで剃る場合には、肌が乾いた状態で剃ると肌表面を傷つけてしまいます。専用のシェービングクリームなどを使ってお肌を保護しながら処理するようにしましょう。

入浴10分後の自己処理がオススメです

お風呂の中でムダ毛を剃ると肌に細かい傷ができる危険があります。毛穴の広がりや雑菌の繁殖などの恐れがあるため、お風呂からあがったあとの10 分後くらいに処理するのがオススメです。

無理に剃ったり逆剃りをしない

皮膚に埋まっている毛を無理に剃ったり毛の流れに逆らって逆剃りするとお肌に炎症を起こします。
Qutrdpsobq5ezq5voqdt

月経期や日焼け後などの肌が敏感になっている時は避ける

月経期や日焼けした直後などはお肌がとても敏感になっていて少しの刺激でも肌トラブルを起こしたりします。その時期の自己処理はなるべく避けてお肌を健やかに保ちましょう。
Dsnwlro18prbbuign2yu

古いカミソリを使わない

古いカミソリそ剃ったりするとお肌に負担をかけ、雑菌が繁殖する恐れがあります。カミソリはこまめに替えましょう。

ムダ毛処理頻度は2週間に1~2度程度で

多かれ少なかれお肌に負担をかけるムダ毛処理。毎日だとダメージが大きくなるかもしれません。色素沈着や黒ずみなどが発生するかも。2週間に1~2度くらいの頻度がオススメです。

電気シェーバーで自己処理

ワキの下は特に頻繁に処理をする所ですね。T字カミソリなどで剃ると一時的にはしのげますが、肌へのダメージがあるので続けていると色素沈着や黒ずみの原因になってしまいます。肌へのダメージの少ない電気シェーバーでの処理がオススメです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71zaovfhKFL._SL1285_.jpg

抑毛剤での自己処理

毛の発育を抑えて生えにくくし、細くする効果のある抑毛剤。肌へのダメージの心配が無い事が嬉しいのですが、使い続けなければいけないのでその分費用がかかります。コストを気にせずお肌に優しく自己処理するならオススメです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51qD3md6UWL._SL1000_.jpg

サロンなどでの脱毛

お店で脱毛するのは費用がかかるのでは・・・と思ってしまうかもしれませんが、実はワキの下だけだととても安く脱毛できる所が多いです。それぞれのお店でキャンペーンをしていたりしますが、タイミングが良いと数百円で何回でも通えて勧誘も無し、というものもあってオススメです。安価で納得が行くまで通ってワキに毛が生えないようにできたら、スベスベきれいなワキの下が手に入って頻繁なお手入れもしなくて良くなるのでストレスも減りますね。

電気シェーバーで自己処理・細かい部分はトリマーで

ひじ上やひじ下などの部分の自己処理なら電気シェーバーがオススメです。ひじ下は特に人の目につきやすい所なのでこまめなお手入れが必要ですよね。面積が広いので肌に負担のかからない電気シェーバーで手早くお手入れしましょう。指などの細かい部分は電気トリマーで優しくお手入れするがオススメです。

除毛剤で自己処理

ひじ上やひじ下、指などを一気に処理するなら除毛クリームもオススメです。お風呂で短時間で使えるものもありますので、時間の無い方には助かるアイテムなのではないでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mvSqTH12L.jpg

サロンなどでの脱毛

人に見られる腕部分は少し伸びてきただけでも気になるのでお手入れは頻繁にする事になりますよね。サロンやクリニックなどできれいに脱毛するとやはりその後の毎日が楽ですし見た目もきれいで安心できます。費用も長い目で見ればかえって安くついてお得かもしれません。
Nt6svaesezfix9c1ngfy

電気シェーバーで自己処理・細かい部分はトリマーで

太ももやひざ、ひざ下や足の甲などの部分の自己処理なら電気シェーバーがオススメです。面積が広いので肌に負担のかからない電気シェーバーで手早くお手入れしましょう。足の指などの細かい部分は電気トリマーで優しくお手入れするがオススメです。

サロンなどでの脱毛

脚も人に見られる所なのでお手入れは頻繁にする事になりますよね。サロンやクリニックなどできれいに脱毛するとやはりその後の毎日が楽ですし見た目もきれいで安心できます。費用も長い目で見ればかえって安くついてお得かもしれません。
Hli5ygu8exf99voffh95

トリマーで自己処理

顔の産毛や眉などの細かい毛の部分などはトリマーで処理するといいのではないでしょうか。繊細でデリケートな顔部分はダメージの無いやり方で優しくお手入れしてください。

サロンなどでの脱毛

顔部分も頻繁にお手入れする箇所なので、専門家に脱毛してもらえば安心ですね。サロンなどの光脱毛の光は美肌効果もあるそうですよ。

Vライン・電気シェーバーで自己処理

Vライン(ビキニライン)の自己処理は電気シェーバーがオススメです。肌トラブルが起きにくいので、Vラインをきれいに保てます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xGD7jgE%2BL._SL1500_.jpg

Vライン・ヒートカッターで自己処理

Vラインの自己処理にはヒートカッターを使うという方法もあります。ペンのような形をした機械で先にコームがついていてその内部にある熱線で毛を焼き切ります。
Ch956dajhp9hruidoqgp

Vライン・サロンなどでの脱毛

サロンなどでのVラインの脱毛もオススメです。「ワキとVラインを回数無制限で」というキャンペーンをよくやっているサロンもあります。

Vライン・VIOゾーン対応の除毛クリームで自己処理

VIOゾーン対応の除毛クリームもあります。使った方の感想ですと、かなりさっぱりするようです。使用前には必ずパッチテストをしてお肌に合うかどうか確かめてからにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tAPShzYfL._SL1500_.jpg

Iライン・電気シェーバーで自己処理

特に皮膚の薄いデリケートな部分のIライン(性器周辺)の自己処理はVIOライン対応の電気シェーバーがオススメです。一番トラブルが起きやすい部位なので慎重に処理しましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31tjn8NwChL.jpg

Iライン・VIOゾーン対応の除毛クリームで自己処理

VIOゾーン対応の除毛クリームもあります。使った方の感想ですと、かなりさっぱりするようです。使用前には必ずパッチテストをしてお肌に合うかどうか確かめてからにしましょう。

Iライン・サロンなどでの脱毛

Iラインの毛をサロンなどで脱毛する方が増えているようです。お手入れが簡単になり、生理の時の蒸れやかぶれが無くなるなどのメリットがあります。毛を薄くするだけでも楽になります。

Oライン・VIOゾーン対応の除毛クリームで自己処理

自分からは見えない肛門まわりのOライン。毛が生えているなんてショックですね。VIOゾーン対応の除毛クリームでお手入れするのはいかがでしょうか。使用前には必ずパッチテストをしてくださいね。

Oライン・サロンなどでの脱毛

やはり自分からは見えづらいこの部分は専門家におまかせするのが安心です。

胸部分の自己処理

カミソリで剃ったりすると肌の透明感が無くなるので、電気シェーバーやトリマー、除毛クリームの使用がおススメです。

胸部分・サロンなどでの脱毛

専門家に脱毛してもらうとすべすべになり、胸のあいたドレスなども自信を持って着れるのでおすすめです。

乳輪まわりはサロンなどでの処理がオススメです

パートナーのいる方ですと自己処理後の乳輪まわりは下触りでチクチクしたりしてすぐにわかるみたいです。それでなくても非常にデリケートな部分ですので特に大切に扱ってほしいもの。自己処理で冒険しないでサロンなどの専門家に相談しましょう。

お腹まわりの自己処理

お腹まわりの自己処理は、トリマーや電気シェーバー、除毛クリームなどがオススメです。お腹のうぶ毛が濃いという方もいらっしゃいますので、太い毛と細い毛を両方カバーできるシェーバーなどがいいでしょう。

サロンなどでの脱毛

お腹だけでしたら安くできますので、サロンなどでの脱毛もオススメです。

うなじ(襟足)の自己処理方法

うなじ(襟足)の自己処理は、トリマーや電気シェーバーがオススメです。うなじ処理用のヘッドが付属している電気シェーバーもあります。そういうものを使うとスムーズにできるのではないでしょうか。

うなじ(襟足)のサロンなどでの脱毛

自分では見えにくい部分ですので、サロンなどでの脱毛はオススメです。トラブル回避の面でも、結果的には時間的にも費用的にもお得なのではないでしょうか。

背中の自己処理方法

背中は自分で手が届きにくく見えにくいので自己処理がとてもしずらい部分なのですが、どうしてもやりたい場合は長いヘラなどを使って除毛クリームや抑毛剤などを使ってみるのはいかがでしょうか。髪の毛につかないように十分注意してくださいね。
Qdvtgtsnkp1elfbwipma

背中のサロンなどでの脱毛

サロンで専門家に頼むのがベストだと思います。ただ、背中は面積が広いので費用がやや高くなってしまうかもしれません。どこかのパーツに絞るのもいいかもしれません。
V7ucdmztfrtuykjswtuj

お尻部分の自己処理方法

自分では生えていないと思っていてもうぶ毛が生えているかもしれないお尻。電気シェーバーでの処理なら安全です。除毛クリームでもきれいにできますね。

お尻部分のサロンでの脱毛

お尻部分もサロンなどできれいにしてもらうと楽チンです。でも恥ずかしいという方は費用はかかりますが家庭用脱毛器を使うのもいいかもしれません。
いかがでしたでしょうか?うぶ毛も含めて全身に生えているムダ毛。一番気になるワキ部分はお肌に負担の無い電気シェーバーや抑毛剤、安くできるのでサロンなどでも。人目につきやすく広範囲に一気に処理したい腕や脚部分には電気シェーバーや除毛クリーム、抑毛剤で。Vラインにはトリマーやヒートカッター、VIOゾーン対応の除毛剤。IラインやOラインの特にデリケートな部分や背中などの自分では見えにくい部分にはサロンでの施術がオススメです。無理はしないでパーツごとに適した方法ですべすべ美人を実現してくださいね。
Clbggscut9vrodga9an4