Cawveigwdd2rkemnbkja

セルフネイル

CATEGORY | セルフネイル

【ジェル】マニキュアとネイルの違いは?それそれの特徴を徹底解説!

2018.07.14

この記事では、ジェルネイル・マニキュアの違いを解説していきます!違いや特徴がわからない人も少なくありませんので、この機会に、ジェルネイル・マニキュアの違いをしっかり覚えておきましょう。また、それぞれの特徴などにも触れていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説①
  2. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説②
  3. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説③
  4. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説④
  5. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説⑤
  6. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説⑥
  7. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説⑦
  8. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説⑧
  9. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説⑨
  10. ジェルネイル・マニキュアの違いを解説⑩
  11. 【ジェル】マニキュアとネイルの違いは?それそれの特徴を徹底解説!のまとめ
ジェルネイルとマニキュアを徹底比較しながら、それぞれの特徴や使い分け方を深掘りしていきましょう。まずは、ジェルネイルについて、お伝えしますね。「ジェル」とは、合成樹脂のことです。それを爪にぬり、LEDライト・UVライトでかためたものを「ジェルネイル」と言います。サロンではなく、セルフでできるキットなども販売されていますので、ぜひチャレンジしてみてください。
まず違いといえば、ネイルのキープする時間が異なりますね。ジェルネイルであれば、約一ヶ月持続させることができます(もちろん個人差によります)。マニキュアは、ジェルネイルよりも、はるかに美の面ではキープすることができませんね。もちろん美しさを持続させることが必ずしも爪の良いとは言えませんので、ご注意ください!
ジェルネイルは、マニキュアよりも厚みが出て、ツヤも持続させることができます。こうしたメリットがあるからこそ、ジェルネイルは、世間で流行り、スタンダードなネイルになったのではないでしょうか。
マニキュアは薄っぺらいものではありません。とはいえ、ジェルネイルと比較すれば、厚みは出ないものでしょう。そして、トップコートをぬることにより、ツヤツヤする爪を実現することは可能ですね。でも、残念なことに、ツヤを長い時間キープすることはできません。ジェルネイルは、異なります。希望する厚み・ツヤを実現させるためには、ジェルネイルがうってつけではないでしょうか。もちろん、爪質や肌質によって違いますよね。
ジェルネイルは、ライトで固めるものですので、さまざまなデザインができるものです。一方、マニキュアは、凝ったデザインなどは難しいと言えるでしょう。ライトではなく、空気で乾かすことになります。
カラーを混ぜてさまざまな色を実現できるのがジェルです。所持していないカラーも、混ぜてしまえば作ることができますよね。デザインだけではなく、カラーも自由に作ることができるのはポイントでしょう。
基本的にマニキュアは、カラーを混ぜることはできません。すぐに乾いてしまうものですので、カラーやデザインで遊べるとは限らないでしょう(もちろん、色をまぜている人もいます)。
ジェルでは、爪につける立体的なものでも、ライトで乾かし、固定することが可能です。マニキュアでは、それが難しいでしょう。オシャレなパーツを埋め込む際は、ジェルの方が良さそうですね。
ジェルは、爪に強さをもたらします。爪の状態によってはジェルネイルにしてもあまり意味がありませんが、爪の強度をあげ、伸ばせるようになるのです。マニキュアでは、こうしたことはできないでしょう。爪に色を塗るだけ、補強する効果はないと言えますね。
とはいえ、ジェルネイルは、その強さがあるからこそ、取りにくいものでもあります。アセトンで浸すなどしなければ、オフできませんね。マニキュアであれば、ジェルネイルよりはすぐに剥がすことができますよ。
ジェルネイルするためには、たくさんの道具が必要になります。筆、カラージェル、ベースジェル、トップジェル、ライトなどがなければ、作ることができません。道具がたくさん必要ということは、その分費用がかかることになりますね。一方、マニキュアは、ベースコート・トップコート・マニキュアで完成させることができます!
完成するまでの時間を見ていきましょう。ジェルネイルは、ライトを使用しても乾かすものですので、ものすごく時間がかかるとは言えません(もちろんデザインにもよりますが)。プレパレーションの時間を含めれば、約180分程度ではないでしょうか。
では、マニキュアにはどれくらい時間がかかるのでしょうか。マニキュア塗る・の乾く時間は、それほど長いわけではありません。とはいえ、トップコートを塗るなどして乾くのを待つのであれば、とても長い時間かかることだけは認識しておきましょう。
ジェルネイルは、たくさんの道具が必要になるため、約10000円はかかるものになりますね。マニキュアであれば、100円ショップでも販売されていますので、費用を抑えることができますよ!
ジェルは、爪へのケアに注意しましょう。きちんと落とせなかったり、何度も付け替えてしまっては、爪へのダメージがなくなりません。マニキュア以上にさまざまことができるのがジェルネイルですが、それなりに知識を要するものでしょう。マニキュアであれば、爪の変色に気をつけてくださいね!
ここでジェルネイルのメリットをまとめておきましょう。まずは、持続期間が長いことですね。おおよそ1ヶ月もちますので、何度も施術しなくて良いと言えます。また、デザイン面でもマニキュア以上に遊べるのはポイントですね。自分の好きなデザインを自由に作ることができますので、オシャレ度がアップします!
また、マニキュアと比較すれば、厚みなどを出せますので、綺麗に仕上がると言えるでしょう。ツヤもありますね。そして、爪の強度に関してもバッチリです!ライトを使用して乾かしますので、それほど長い時間待たなくても乾かすことができますよ。
さて、ジェルネイルのメリットをお伝えしましたが、反対に、デメリットには何があるでしょうか。例えば、マニキュアに比べると落とすのに時間がかかることが挙げられますね。オフすることは、難しいと言い換えることもできます。そして、たくさんの道具が必要にありますので、お金がかかることもデメリットでしょう。マニキュアであれば、少ない道具で問題ありません。
また、ジェルネイルは、簡単に施術できるものではありません。完成させるまでプロセスは、複雑と言えば複雑です。マニキュアのようにささっとできないことはデメリットになるでしょう。そして、爪へのダメージも無視できません。マニキュアと比較するとトラブルがどうしても多くなってしまいます。こうしたメリット・デメリットを理解して、正しく施術してくださいね!
ジェルネイルとマニキュアの違いや両方の特徴と使い分け方を徹底的に解説してきました。特徴や違いを知らなかった人は、この機会にぜひ覚えておいてください!マニキュアは、費用を安く抑えることができます。そして、簡単に施術できることもポイントでしょう。オフも手軽にできますので、爪への負担も少ないと言えますね。
ジェルネイルであれば、マニキュアと比較すればキレイに仕上げることができます。そして、持続時間が長いことも特徴でしょう。とはいえ、完成するまでに時間がかかり、さまざまな道具が必要になりますので、費用面も無視できません。いずれにせよ、両者の違いを理解し、間違った使い方は避けるようにしましょう!