Wm0d1etk6dkaba7sbnxl

肌質

CATEGORY | 肌質

肌荒れの赤みやかゆみは乾燥・ニキビが原因?自分でできる対処法を紹介!

2018.05.11

赤みを帯びた肌荒れはどうしても目立ってしまうため、できれば早く治したいですよね?乾燥やかゆみ、ニキビなどによって引き起こります。皮膚科に行くのがベストですが、今回は自分でできる肌荒れの赤みに効果的な対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. そもそも肌が赤くなる原因って何?
  2. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その1】しっかりと保湿を行う
  3. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その2】洗顔方法を見直す
  4. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その3】紫外線対策をしっかり行う
  5. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その4】冷水などで冷やす
  6. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その5】食生活に気を付ける
  7. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その6】生活習慣を見直す
  8. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その7】サプリメントを服用する
  9. 【肌荒れの赤みに効果的な対処法その8】皮膚科を受診する
  10. 症状がひどい場合は皮膚科へ!
Uj25urdv9thwxlqfzp5o
肌の赤みは毛細血管の拡張によるもので、刺激を受けることで血液量が増加し、表皮を通して表にまで赤みが見えるようになります。毛細血管の刺激となる要因にはさまざまなものがありますが、ここでは肌荒れの赤みに絞ってご説明します。

乾燥

Hoeqwlkbddshivwh4vhb
肌を健やかな状態に保ってくれるバリア機能が低下すると、皮膚の表面が乾燥し老化現象が起こります。そのまま放置しているといわゆる「敏感肌」と呼ばれる肌質になり、少しの刺激でも過敏に反応してしまうようになります。乾燥は肌の赤みだけでなくかゆみまで引き起こし、我慢しきれずに掻いてしまうと肌荒れを悪化させてしまうため乾燥には注意が必要です。

ニキビ

Z2jbmknexiswmkirwmqd
肌の赤みはニキビによっても引き起こされることがあります。と言うのもニキビの発生自体が肌への刺激となってしまうため、ニキビ周りの毛細血管が拡張し肌の赤みが強まります。また、ニキビができやすい肌は水分量と皮脂量のバランスが崩れた状態なので、過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、繁殖したアクネ菌により赤く炎症を起こすことも珍しくありません。そのため、ニキビで赤くなることがあります。

摩擦

Aa0xloausyfvbxubqnvv
顔を触る癖があったり力を入れてスキンケアをしたりしていると、その摩擦により表皮が傷つき肌が赤みを帯びてしまいます。傷ついた表皮はスキンケアによる刺激を受けやすくなり、その刺激がさらに赤みにつながるという、肌荒れのスパイラルに陥る可能性があります。
N9krxd9mslvjwergneos
肌を健やかに保ってくれるバリア機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなり、肌荒れを引き起こしてしまいます。バリア機能の低下は乾燥による部分が多いため、肌の赤みやかゆみを感じたらしっかりと保湿ケアを行うことが重要です。
Ggbkpnyvunmme5j7c0te
スキンケア化粧品を選ぶ際は、三大保湿成分と言われている「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」が配合されたアイテムがおすすめ。いずれも高い保湿力で肌のバリア機能を正常に戻してくれるはずです。また、ニキビによる赤みの場合には、応急処置としてオロナインを塗っておくのも効果的です。
Ii3po8ciwdhuwrgo7eox
しっかりとスキンケアを行っているにも関わらず肌荒れを起こしやすいという人は、もしかしたら洗顔のやり方が間違っているのかも知れません。肌は思っている以上にデリケートですから、汚れを落とそうとして強くこすったり何度も洗顔を繰り返したりすると皮脂の表面が傷つき、赤みを帯びてしまいます。
Vr2tg18a7qvsgosjupvj
洗顔をする際は洗顔ネットなどでしっかりと泡立て、その泡の弾力を利用してやさしく肌を洗います。すすぎに使用するお湯は熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまうため、少し冷たいと感じるくらいのぬるま湯ですすぎ残しのないようにしっかりと洗い流してください。
Hhzfufu3ydh0sq3ctbom
赤みだけでなくしみやくすみ、たるみの原因にもなる紫外線は、肌にとってはまさに大敵と言えます。肌は紫外線を浴び続けていると角質層が肥厚し、外部刺激から守ってくれるはずのバリア機能が低下してしまいます。無防備で刺激を受けやすい状態にある肌は紫外線を受けることでさらに乾燥が進行し、炎症を引き起こすという訳です。
Eq99xhbidw2qzmyim60l
紫外線は日差しの強い夏場だけでなく一年中降り注いでいるため、肌荒れを予防・改善したいのであれば毎日しっかりとした紫外線対策を行う必要があります。なお、肌が乾燥していると紫外線によるダメージを受けやすくなるので、日焼け止めを塗る際は十分に保湿ケアをすることも忘れないようにしましょう。
Dusf0wtbvhwve8xpnpv9
赤みを帯びている肌が炎症やかゆみで熱を持っている場合には、応急処置として冷水などで冷やしてあげると症状が落ち着きます。この時に気を付けたいのがアイスノンや保冷剤など、極端に冷たすぎるものの使用は避けること。冷たすぎると逆に刺激が強すぎて、肌にダメージを与えてしまいかねません。
Ah0rae1fcpb1fithbwon
また、肌が赤いとついつい冷やしたくなるかも知れませんが、赤みの種類によっては冷やすことで症状を悪化させてしまうこともあります。かゆみや熱がなくただ乾燥している赤みの場合には、冷やすよりも手のひらで温めた保湿化粧品を使用したほうが効果的だと言えるでしょう。
Covjlvewz23ea0h5xwob
赤みのある肌荒れを改善するためには、体の外側からだけでなく内側からもケアを行うことが重要です。その最たるものが食生活であり、肌に良いとされる栄養素を含んだ食材をバランス良く摂取することが肌荒れの予防・改善につながります。
Mtlzgoqzawlwzbam3mkb
肌荒れに効果的な栄養素としては「ビタミンA・B群・C・E」「たんぱく質」「食物繊維」「マグネシウム」などが挙げられます。このほかに「食物繊維」や「発酵食品」「植物性油」などの栄養素を取り入れて、肌荒れの原因となる老廃物がきちんと排出されるように腸内環境を整えることもおすすめします。
I6flgfp1gj4ygqmexav5
生活習慣の乱れは肌に多大な影響を与えるため、肌荒れがなかなか治らないという場合には今一度見直してみる必要があります。テレビやスマホに夢中になってついつい夜更かしばかりしていると睡眠不足に陥り、肌のターンオーバーに欠かせない成長ホルモンが正常に分泌されなくなってしまいます。
Pd4ma91irzfpglvodv0w
肌のターンオーバーが乱れるとバリア機能が低下するため、当然ながら肌荒れが良くなることはありません。また、社会生活において切っても切れないストレスも、ため込みすぎると肌荒れやニキビの原因となる活性酸素が生成されてしまいます。どんなに忙しくても一日のなかでリラックスできる時間を設けて、ストレスの緩和に努めましょう。
Cjfrgnm9tw1vfg9qvqxw
肌荒れを改善するには必要な栄養素を毎日の食事で補うことが理想です。そうはいっても実践するのはなかなか難しい…という場合にはサプリメントを利用して、美肌効果のある栄養素を効率良く摂取することをおすすめします。赤みのある肌荒れを治すには肌のターンオーバーが重要になってくるので、正常化に効果のあるサプリメントを中心に摂取してみてください。
Aou6jwonjhkwmd4djyok
サプリメントは不足しがちな栄養素を手軽に摂れるのが利点ですが、医薬品ではないため当然ながら飲めばすぐに肌荒れが治るという訳ではありません。また、過剰摂取による副作用やたくさんのサプリメントの併用による疾患なども報告されているので、必ず用量・用法を守って服用しましょう。
R7rykysvogtapapbx3ay
肌荒れに効果的な対処法を用いることで赤みを改善することはできますが、早く確実に治したいのであれば皮膚科を受診するのが一番です。また、症状がひどい場合は皮膚科に行きましょう。皮膚科なら何が原因で肌荒れを起こし、赤くなっているのかも明確に分かりますし、症状に合った薬を処方してくれます。
Ra6lldbibcxotzlrixcw
皮膚科を受診してみたら間違った対処法で悪化させていた…ということも珍しくはないので、なかなか肌の赤みが引かない場合には大人しく皮膚科に行くことをおすすめします。
Wevsqjc7xldml6utbnrb
赤みを帯びた肌荒れはどうしても目立ってしまうため、できるだけ早く治したいものです。応急処置としては赤みのある肌を冷やす・オロナインを塗るといった方法がありますが、てっとり早く治したいのであればやはり皮膚科の受診が賢明だと言えるでしょう。それでもご紹介した対処法にはそれぞれ肌荒れの予防・改善効果があるので、ぜひ参考にして美肌を手に入れましょう!