Zl44fbe3q1tzzjqeakcw

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

肌にシミができる原因は?くすみにも効果ありな食べ物やケア法をご紹介!

2018.05.12

いつの間にか肌に現れているシミ…。シミやくすみができる原因をご存知ですか?そのメカニズムとシミの種類、そしてケアの方法はもちろん、シミ消しに有効な食べ物をご紹介します。シミ予防のための化粧品も紹介します。シミにお悩みの方の参考になれば幸いです。

目次

  1. 肌のシミの原因とメカニズムとは?
  2. 肌のシミの種類とは?
  3. 肌のシミやくすみの予防~紫外線対策をする~
  4. 肌のシミやくすみの予防~正しいスキンケアをする~
  5. 肌のシミやくすみの予防~生活習慣を改善する~
  6. 肌のシミやくすみの予防~シミ予防に効果的な栄養素を積極的に摂取する~
  7. 肌のシミ消しに効果のある食べ物【ビタミンC】
  8. 肌のシミ消しに効果のある食べ物【ビタミンB2】
  9. 肌のシミ消しに効果のある食べ物【ビタミンB6】
  10. 肌のシミ消しに効果のある食べ物【ビタミンE】
  11. おわりに
D7nozmjmlj45plymljp6

細胞の中にある“核”に紫外線が当たると、核の中にあるDNAが破壊されます。その結果、細胞が死んでしまったり、皮膚がんを引き起こすことがあります。それを防ぐために、表皮の一番下にある“メラノサイト”は、メラニン色素を排出し、黒化させて、それを周囲の細胞に供給することで核に紫外線が届かないようにブロックします。

Kkpuorjy3uaxf3sfz7pq

身体を守るために作られるメラニン色素は、ターンオーバーによって角質と一緒に排出されます。しかし、紫外線などによってメラノサイトが過剰に反応してしまうと、メラニンも過剰に作り出されます。また、ホルモンによってメラニンが多く作られることがあります。過剰なメラニンは排出されず、体内に残ってしまいます。ターンオーバーが乱れると、メラニンを蓄積します。他にも加齢や紫外線、肌への刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが肌に影響を与えてしまうと言われています。

Exq6xszt6dnljjlsoovf

シミは、薄茶色や薄褐色の色素が肌に現れます。シミの種類は大きくわけて4つに分類されます。

日光黒子(にっこうこくし)

多くは、「日光黒子(にっこうこくし)」に分類されます。主な原因は紫外線で、日光性黒子、老人性色素斑とも言われています。淡褐色~濃褐色の色素斑です。顔以外にも手や前腕などの露出している部分に多いのが特徴です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

「雀卵斑(じゃくらんはん)」は、いわゆる“そばかす”のこと。直径数ミリ以下の小さな丸い茶褐色の斑点で、頬や鼻周りに多く見られます。遺伝が主な原因で、思春期になると特に目立つようになります。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

「炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)」は、火傷やニキビ、化粧品かぶれなどのが原因で肌の炎症が起き、治った後に生じる褐色のシミです。年齢や性別、部位に関係なくできますが、時間の経過とともに徐々に薄くなっていきます。

肝斑(かんぱん)

「肝斑(かんぱん)」は、女性の顔に多く生じるシミです。ホルモンバランスが原因で発症すると言われています。薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴です。30~40歳代の女性に多く見られます。妊娠中やピルを服用している間にも現れやすくなります。

1/6

続きを読む