Goa3u914y3eimlptbltz

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌の平均水分量を上げるには?水分量をチェックして正しくスキンケア!

2018.05.11

理想の平均水分量は70~80%と言われていますが、自分の水分量をチェックしたことはありますか?今回は肌の水分量を上げるための食事の方法やスキンケアの仕方をご紹介します。ぜひ、参考にして素肌美人になってください!

  1. 肌のきれいさは水分量で決まる!
  2. 肌の水分量はどこでチェックすればいいのか?
  3. 肌の水分量のデッドラインは70!これより低いと・・・
  4. 肌の水分量を上げる方法とは!?
  5. 肌の水分量を上げる方法①クレンジングのやり方を季節ごとに変える
  6. 肌の水分量を上げる方法②セラミド配合のスキンケアアイテムを使う
  7. 肌の水分量を上げる方法③マッサージをして血行促進
  8. 肌の水分量を上げる方法④ビタミンCをたっぷり摂る
  9. 肌の水分量を上げる方法⑤セラミドを含んだ食材を積極的に摂る
  10. 肌の水分量を上げる方法⑥睡眠不足にならないように気をつける
  11. 美肌は1日にしてならず!水分量を意識した生活を
Bodhzyx6vaj9j4tmqtwq
肌が乾燥しやすかったり、年齢とともに潤いが減ってきたりしている人は、肌の水分量に注目してみましょう。肌の水分量が低下すると、シワやたるみが発生しやすくなる・ニキビや肌荒れしやすくなるといったデメリットが生まれます。
Fxeoznsvo6ejnlc6g3zd
元々肌は80%ほど水分でできています。残りの20%は油分、このパーセンテージのバランスが良い人ほど肌が綺麗なのです。油分がこれより多くなってしまうとオイリー肌ニキビの原因になりますし、水分が多くなると肌のバリア機能が低下して乾燥しやすい肌になります。
Yvueakswabmhcubvi73y
自分の肌をパッと見てどれぐらい水分量があるのかはわかりません。肌の水分量をチェックするには、専用の機械を使わなければいけないのです。一番手っ取り早く肌の水分量をチェックする方法は、百貨店などのコスメカウンターで肌の水分量を見てもらうというもの。
In1saa2iasr3ipzla2ke
デパートのコスメフロアでは、水分量チェックの機械を扱っているメーカーは入っていることがあります。 BA さんに機械で水分量をチェックしてもらってから、 アドバイスをもらいコスメの購入を決めるという方も多いでしょう。 小さなアプリケーターお肌に当てると、そこから肌の水分量やきめの細かさや肌の色味などをチェックすることができるのです。
水分と油分の理想的な割合は80%・20%ですが、なかなかこの黄金比をずっとキープするというのは難しいでしょう。赤ちゃんの肌が平均80%水分でできていると言われていますが、大人になると赤ちゃんのようなプルプルとした肌を保つのは至難の技です。
Cqfxljp7oubhb1o4ndtf
美しく潤いのある肌を目指すためには、まず水分量平均70%というのを維持できるように心がけてください。平均70%以上あれば肌はそこそこ綺麗に見えます。このを70%を下回るようだと、シワやたるみが発生しやすくなりますし、ニキビなどの肌トラブルも頻繁に起こるようになるでしょう。肌が乾燥気味の方はまずは平均70%を目指してみてください!
Lsmvkrxmc1ffympuv5pi
それでは具体的に肌の水分量をキープする方法をご紹介しましょう。どのようなスキンケアをすれば肌の潤いを守れるのか、そしてどういった食生活を送れば肌の水分量を減らさずに済むのかしっかり勉強してください!これからご紹介する方法を毎日実践すれば、肌の水分量平均70%を常にキープできるはずです。ちょっとずつ水分量を上げて、最終的には水分量を平均80%になるように頑張ってください。
Ook0htmd9jjaac8fbkdm
メイクを落とす時にクレンジングをすると思いますが、このクレンジングのやり方を見直すだけで肌の水分量を上げることができるといいます。肌の水分量が低下しがちな方は、一年中同じようなクレンジングのやり方をしています。肌のことを考えたらクレンジングは季節ごとに変えるのがベター。
Ncobn0jzykzrptixmms6
しっかりメイクをしたときやあまりい乾燥が気にならない季節はオイルクレンジングを使う、ナチュラルメイクのときや乾燥しがちな季節はミルクタイプのクレンジングを使う。こういった使い分けを是非するようにしてください。一年中洗浄力の高いクレンジングを使うというのはお勧めできません。 季節ごとにクレンジングの内容を見直して、肌の水分量を守るようにしてください。
Savcubpah3ekhv44yngp
肌の水分量が足りない人は、角質層の潤いが低下しているということ。角質層にできるだけ水分が行き届くようなスキンケアをしたいのであれば、セラミド配合のスキンケアアイテムを使ってみてください。セラミド入りの化粧水やセラミド入りの乳液など、 ラインで使うと効果が倍増します。
N1yqkyhcpnk5ue4jv2ly
最近はセラミドにも色々な種類があるので、セラミド配合のスキンケアアイテムを購入する時はどんなセラミドが入っているのかチェックするようにしましょう。おすすめはヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは浸透力の高い成分で、少量つけるだけで大きな効果を発揮してくれます。
Nprgqp2i6xncqm3toqgj
スキンケアでしっかり水分補給をしたら、その水分を逃がさないような肌作りをするためにマッサージを実行してください。フェイスマッサージをすると肌の血行が促進されて顔全体に栄養が行き届き安くなります。週に1~2回マッサージをするだけで、水分量がアップし肌が柔らかくなるのです。
Gwc16cvcpxqifgvkagf2
スキンケアでクリームを塗った後の滑りやすくなった肌てマッサージしたり、オイルを使ってマッサージをするようにするのがおすすめです。あまり強い力でマッサージするのではなく、下から上・内側から外側と肌表面を優しく撫でるように血行促進してみてください。
I0nwmqgpmpgcwuspa9yq
体内でうるおい成分を作るためには、食事からしっかりビタミンCを摂取することが大切です。ビタミンCは赤ピーマン・芽キャベツ・レモンなどに多く含まれています。これらの食材を使ってできれば毎日ビタミンCを必要量を取るようにしましょう。
Ykjaznzqybrzjvtzgf5m
忙しくてなかなか自炊ができないという方は、サプリメントを上手に活用してビタミンCを補給するようにしてください。マルチビタミンなどのサプリメントは総合的なビタミン摂取ができるのでおすすめです。体内でコラーゲンなど肌の水分量をキープするための成分を作るには、ビタミンCが欠かせない存在になります!
Tbmini2fw6lopx4kxkqy
先ほどセラミド配合のスキンケアアイテムおすすめしましたが、セラミドはスキンケアだけではなく食事からも摂取するのが望ましいです。セラミドを多く含んだ食材としては、こんにゃく・大豆・海藻類などがあげられます。
Jgpil6ygoprnqrmjeiii
肌の水分量を上げるにはセラミドを肌に直接塗ることに加えて、こういった口から摂取するということも意識してほしいです。スキンケアだけで肌の水分量を平均70%~80%にキープするのは、なかなか難しいと思います。スキンケアと食事、どちらも平行して水分量アップの対策を取れば乾燥知らずの潤い肌になれるはずです!
Kg8lkxpgqqrhb98zuvft
睡眠時間が不足していたり睡眠の質が悪かったりすると、体の新陳代謝が乱れてしまって肌のターンオーバーに支障が出ます。肌のターンオーバーが滞ると水分量もどんどん低下してしまうので、睡眠をおざなりにしないようにしましょう。
Nv518aesw08h7ajmxgvj
美肌の女性は睡眠に対しても気を配っています。睡眠不足は潤い肌を作り上げる上で大敵、毎日十分な睡眠時間を確保して睡眠の質を上げるように心がけましょう。寝る前にスマホやパソコンなどブルーライトを発するものを見ない、体を温めてからベッドに入る、アロマテラピーを焚く、など睡眠の質を向上させるための方法はたくさんあります。
Bxdk0z1bcrpozybmshpq
肌に水分量が足りていない人は、毎日の生活を少しずつ改善してうるおいを保てるようにしてください。まずは自分の肌の水分量をチェックするために、コスメカウンターなどに出向きましょう。肌の水分量が平均70%に達していない方は、今回ご紹介した水分量を上げる方法を実践してください。
N1xmbqzj1w0gch7qyjqz
水分量はすぐに上がることはありません、毎日の積み重ねで少しずつ水分量をアップさせる・・・根気のいることですが美肌を目指すためにはコツコツ努力していきましょう!