F5szfd9mx3h243hqzonx

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

シャンプーとコンディショナーの順番や方法!効果やダメージもあり?

2020.07.27

髪へのダメージなどを気にし、毎日当たり前のように行っているシャンプーやコンディショナーですが、今違った順番での使い方や驚くべき活用方法が注目されているのをご存知ですか?シャンプーとコンディショナーのより効果的な使用方法からあっと驚く活用術まで全てご紹介します。

  1. シャンプーとは
  2. コンディショナーとは
  3. リンス・コンディショナー・トリートメントの違い
  4. 正しいシャンプーの方法
  5. シャンプーやコンディショナーの正しい順番は?
  6. シャンプーより先にコンディショナーを使うケア方法とは
  7. リバースケアをするメリット
  8. リバースケアの評判
  9. 残ったシャンプーやコンディショナーの活用術
  10. リバースケア専用シャンプーも
  11. シャンプーとコンディショナーの使用方法まとめ
シャンプーの主な役割は頭皮の汚れや余分な皮脂を洗浄する事です。髪を洗う為の物だと思っている方も多いと思いますが髪の洗浄は頭皮の洗浄のついで位で髪の汚れを落とすだけならば湯シャン(お湯ですすぎ流すだけのシャンプー)でも良いと言われる程です。最近のシャンプーは優秀で高機能な物が多いですが、ダメージケア等の効果はトリートメントやコンディショナーで得られますので地肌との相性を考えたシャンプーを選びましょう。
Z5rcexxuvvh9qn6qesfb
コンディショナーは油分で髪の表面をコーティングし指通りを滑らかにして状態を整えます。保湿効果もあり髪の表面に発生する静電気を防ぐ効果もあります。
リンスとコンディショナーとトリートメント、一体何が違うの?と疑問を持つ人は多いのではないでしょうか?リンスとコンディショナーは近い役割を持ち、シャンプーとリンスかコンディショナーどちらかのセットで商品展開される物が多いですがトリートメントは全く別の働きをします。

リンス

リンスはシャンプー後のきしみやすい髪の表面にコーティングを施し絡まりを防ぎ手触りを良くします。保湿効果はありますが表面のケアのみでダメージケア効果はありません。
Ruz9vi77e3tmhpkasjnf

コンディショナー

リンスよりもさらに柔らかくしなやかな髪に仕上がるのがコンディショナーです。保湿効果もあり髪の表面に発生する静電気を防ぐ効果もあります。しかしコンディショナーも効果は表面のみで内部へのダメージケア効果は得られません。

トリートメント

リンスやコンディショナーと違い髪の内部まで浸透してダメージの修繕、補修を行い髪を健康な状態へと改善します。
Tjlvavkcosasz670jsi7
シャンプーの際に熱すぎるお湯はNGです。皮脂が増える要因となったり頭皮に乾燥を招いてしまいます。少しぬるめかな?と感じる位がシャンプーに最適な温度です。
Pe8dao8gwp09dfjvxmda
また、これはよく言われる事ですが、シャンプーは直接髪や地肌につけるのではなく、手のひらで泡立てて使いましょう。直接つけるとすすぎ残しになりやすくなります。
泡を乗せたら指の腹を使って頭皮をマッサージしながら洗います。地肌の汚れ等を気にして爪を立ててガシガシと洗う方も少なくないと思いますが地肌を痛めて皮脂の過剰分泌や乾燥、痒みを招く恐れがあります。
お風呂でのヘアケアの基本的な順番は、髪をすすぎシャンプーをします。可能であれば髪をすすぐ前に軽くブラッシングできればベストです。続いてシャンプーをしてしっかりすすぎます。続いてトリートメントやコンディショナーですが、内側に働きかけるトリートメントと外側に働きかけるコンディショナーは併用してOKです。どちらも使用する場合はコンディショナーからトリートメントの順番で使います。
Es2jen0cldbumj41lwj7
コンディショナーやトリートメントは効果が弱くなってしまうのでシャンプーのようにしっかり洗い流す必要はありません。しかし頭皮に残ってしまうと毛穴の詰まりに繋がるので特にダメージの酷い部分や髪の中間あたりから毛先にかけて塗るようにして根元辺りへは付けないようにしましょう。
基本的なヘアケア方法をご紹介しましたが、最近話題のコンディショナーから始めるケア方法はご存知でしょうか?リバースケアと呼ばれる方法で普通にシャンプーやコンディショナーをするよりも髪の仕上がりが良いとの事です。
Bqeahttemauy9hffhx6z
方法は簡単で、シャンプーからコンディショナーという順番ではなく、最初にコンディショナーをするだけです。乾いた髪にコンディショナーつけて5分程置きましょう。後はすすいでシャンプーをし、最後にもう一度コンディショナーもしくはトリートメントをします。
リバースケアは順番的にコンディショナーで先に髪へ油分を与える事によって汚れを浮きやすくする効果と髪へのダメージを防ぎます。また乾いた髪にコンディショナーを塗る事で美容成分がしっかりと行き渡ります。
コンディショナーの持つコーティング効果がシャンプー時の髪と髪同士の摩擦を軽減するのでシャンプー後は髪がきしむといった状態も解消されます。ダメージが気になる方や髪が細く絡まりやすいと言った方にはおすすめの方法です。
パサパサの毛もスルスルと手ぐしが通り効果を実感している人が多いようです。オイルを数滴加える事でより高い効果が得られた、3、4日続けたら日中もサラサラの髪を保つように感じてきた、と言った声や、サロン帰りのような髪になると言った声もありました。
Xwatdrctmqs5mie6hyuw
シャンプーやコンディショナーはセットで購入しても同時に使い切ってしまう事は滅多にありませんよね。他の製品を作ってみたい時には余った方を持て余すのも勿体無く感じてしまいます。しかし余ったシャンプーやコンディショナーには驚くような活用術が沢山あります。

シャンプー編

お風呂やトイレ等皮脂汚れが目立つ部分の掃除には界面活性剤が含まれるシャンプーでの掃除が役立ちます。原液ではぬめりが残ってしまうのでスプレー容器等であらかじめ水に薄めて用意しておくと使いやすいです。
Qkhzdepdydijbdqkl7no
洗濯時の襟元や袖口の皮脂汚れを落とす際にも大活躍。また、毛質の洗浄を得意とするシャンプーはファー素材のお手入れにも使えます。髪の毛同様にぬるま湯で優しく手洗いし、ブラシをかけながら乾かすと自宅でもファー用品を綺麗にケアする事が出来ます。
Tsesbjll5jmiunnww41g

コンディショナー編

Ouikfqftvmyyp9o22hjh
コンディショナーには柔軟剤と同じ成分を含んでおり、柔軟剤として使う事が出来ます。髪表面の静電気を防ぐように衣類に起きる静電気を防ぐ効果や、ウール等の動物性の毛とも相性が良いので通常の柔軟剤よりもセーターの縮みを防いだりと柔軟剤としても大変良い働きをします。
Mcqse6hyizldxqevh0bj
お掃除でも幅広く活躍してくれます。静電気を防ぐ効果を利用して、薄く水に溶かしたコンディショナーをよく絞った雑巾で雑巾がけをすると家具や家電の静電気を防ぎます。静電気の発生でホコリが目立ちやすいテレビの拭き掃除等に是非試してみてください。
同じように薄く溶かしたコンディショナー水でフローリングの拭き掃除をするとツヤ出し効果も得られます。
トリートメント→シャンプー→トリートメントで使用。 産後入院中にシャワーが浴びられない日の面会でも、それがわからないほどサラ艶が持続していました。 産後の抜け毛が全く気にならない。 スカルプと書いてある通り頭皮のトラブル無くスッキリします。

有名な美容家の方が作ったリバースケア専用のシャンプーで、シャンプー前のトリートメントで硬くゴワゴワした髪を柔軟にし、髪内部を引き締める事でシャンプー時に髪からアミノ酸が流れ出ていくのを防ぎます。指通りが良くなりダメージケアが出来るのはもちろん、抜け毛が改善されたなどと言った声も多く聞かれ高評価を得ています。
シャンプーやコンディショナーは順番やちょっとした工夫によって様々な効果を得られますね。特に普段使っているシャンプーとコンディショナーですぐにでも実践できるリバースケアはトリートメント等のスペシャルケアを行う前に試してみたいケア方法です。
Cdei6b4ywehp67qxlvcj
活用術を参考にしてシャンプーやコンディショナーで無駄なく髪も身の回りも綺麗にしてみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Ba71BsglSK4/?tagged=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB