Lcx0ggokgrcjvjprafi3

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【そばかすを消したい方必見】スキンケアの方法と予防法まとめ

2020.07.13

そばかすは増えることはあっても減ることはありません。 ついメイクを厚く塗ってしまう…と言うお悩みの方もいるのではないでしょうか? メイクで消して、これ以上増えないよう予防するしかありません。 まずはそばかすになる原因から知り、ケアをしていきましょう!

  1. 消したいのに!なぜそばかすができるの?
  2. 消したい!そばかすができる原因
  3. そばかす?それともシミ?まとめて消したい!
  4. そばかすを消したい方へ、お肌のケア
  5. そばかすを消したい!増えないよう予防することが大事!
  6. そばかすを消したい方へ、メイクで隠しましょう!
  7. おすすめする化粧下地
  8. そばかすを消したいけど…
  9. おすすめするビタミンC・E
  10. そばかすを消したい方へ、最後に…
Igg4i0e6rkap5pvhsgqz
そばかすは子どもの頃にできるものと、大人になってからできるものがあります。 子どもの頃にできるそばかすは思春期を過ぎた辺りから消える場合もあります。ですが、大人は増えることはあっても減ることはありません。それはそばかすだけでなくシミも同じです。 毎日のケアや生活習慣、ストレスなど気をつけることでそばかす対策ができるかと思いますが、具体的にどうすれば良いのか?原因とケア、予防法、メイクを含めてご紹介していきます!
そばかすができる原因としてあげられるのは、遺伝と紫外線だと言われています。 紫外線対策でよくあるのが、夏に日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子や日傘で紫外線対策を行いますが、紫外線は1年中予防しなくてはなりません。 また、室内でも窓際にいると紫外線が当たるので予防することが大事です。 ですが、紫外線だけでなく普段の生活でもそばかすやシミを作ってしまう原因となることがあります。間違った方法でのスキンケア、特にメイクを落とす時です。 さらに偏りのある食生活、ストレスや過労、女性ホルモンのバランス、睡眠不足があります。
Pnhasxznvecchuphswuc
そばかすは、「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれ、肌にできた茶色の斑点のことです。 多くの場合は鼻と左右のほほを中心に現れますが、顔以外にも胸元のデコルテや肩、首など、普段から紫外線を浴びやすい場所にできるという特徴があります。 一方シミは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものです。紫外線を浴び続けることでできる「日光黒子(老人性色素斑)」がもっとも一般的ですが、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑(かんぱん)」というシミもあります。 一般的なシミとそばかすの一番の違いは、「遺伝性かどうか」です。 シミは日頃から紫外線を大量に浴びる生活をしていたり、加齢によって肌の機能が低下したりすることによって引き起こされる「後天的」な症状です。 一方、そばかすは遺伝的な要素が強い症状のため、シミとは違って日頃からスキンケアをするだけでは、症状の発生を防ぐことは難しいのです。 ただ、「シミとそばかすは別物」というわけではなく、あくまでも「シミの中の一種に、そばかすというものがある」というように捉えた方が良いかと思います。
そばかすは完全に消えることはありません。ですが、日々のケアをすることでこれ以上増やさないことも可能だと思います。 まずは紫外線対策です。1年中紫外線予防をすることが肝心です。日焼け止めを塗れば完全に予防できる訳ではありませんが、日焼け止めをこまめに塗り直して少しでも予防することが大事です。 また、「SPF」や「PA」など日焼け止めに色々と書かれていますが、数値が強ければ効果がある訳ではありません。数値が強い場合は炎天下の中外にいることが多いスポーツやレジャーの際におすすめしています。お買い物や普段の生活ではそこまで数値が高くないものが良いかと思います。目的別に選んでみてください。 一番おすすめする日焼け止めは「資生堂 アネッサ パーフェクトUVアクアブースター」です。なめらかな使い心地となじみの良さ、何より汗や水に触れると更に紫外線をカットする優れモノです。 あとは「美白化粧水」を使うことをおすすめします。シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える効果があり、シミやそばかすを予防することができるかと思います。 また美容液も効果的なものもありますのでぜひお試しください。 プチプラアイテムでおすすめが「ちふれ 美白化粧水」シリーズと、「ちふれ 美白美容液」シリーズです。更に「ちふれ 美白クリーム」も使用していただくと更に効果があるかと思います。 あと、最近ではオールインワンジェルもはやっていて、「ちふれ 美白うるおい ジェル」もおすすめします。これ1つで化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の役割を持ち、メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぎます。 ちふれの魅力はノンアルコールの取り扱いがある為、アルコールに敏感な方でも使っていただけるのが最大の魅力だと思います。
Czfyllpigwjr5llafrqx
日焼け止めに注目されますが、肌の吸収だけでなく、目から入る紫外線もシミやそばかすができる原因と言われています。度付きのメガネの方はできればUVカット付きのを、サングラスの場合もUVカットが入っているか確認して、外出の際はできるだけ掛けるようにしてください。 最近ではメガネ店もUVカットのレンズや、UVカットとブルー光線カットが一緒になっているレンズもあるそうです。 補足として、ブルー光線とはパソコンやスマホ、テレビやLEDライトなど目に優しくない光で、疲れ目の原因になるとも言われています。現代の方はこのブルー光線を寝るまで浴びているので睡眠にも大きく影響していると言われているものです。 紫外線対策のサングラスなどの商品をおすすめしています。購入を検討される方はぜひUVカットの部分にも注目してみてください。
シミやそばかすは完全に消すことはできないのならメイクで隠す!と言うのも1つの方法です。 最近ナチュラルメイクがはやっていますが、素肌の様な仕上がりになるコスメは数多くあります。 化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、パウダーそれぞれ塗ることでより素肌に近く、シミやそばかすを消すことも可能だと思います。特に化粧下地は下地と言うだけあり、メイクの土台を作るので、とても重要アイテムだと私は考えています。 そこでおすすめする化粧下地をご紹介していきます!
T9wkpnp3ek5md5mtdzgj
まずは化粧下地としてプチプラアイテムから試してみるのはいかがでしょうか? 私がおすすめするのは「ちふれ カラーメーキャップ クリーム」と「セザンヌ ウルトラフィットベースN」です。お手頃価格ですが、優秀な2つだと思っています。また、それぞれ2色発売されているのでお肌の悩み別での購入をおすすめします。
シミやそばかすを消したいけど…化粧品が合わない!と言う方もいるかと思います。その場合は食生活で気を付けてみてください。 ビタミンCとビタミンEを摂ることで内側から予防をしましょう! ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。コラーゲンの合成に必要で、鉄の吸収を高める効果があります。抗酸化作用もあり、しみのもとである黒色メラニンの合成を抑えることができます。 ビタミンEの抗酸化作用は、美肌にも効果があり、活性酸素の発生を抑制してくれるので肌老化を予防してくへます。 ですが、どちらも摂りすぎると逆効果になります。1日3食にバランス良く摂ってください。 ビタミンCとビタミンEの食品それぞれご紹介します!
Jmyxttlnlnr2o0ftui9k
ビタミンCは赤・黄ピーマンやゴーヤ、ブロッコリー、めきゃべつなどの野菜に多く含まれています。果物ならキウイフルーツやいちご、柿。グレープやオレンジ、レモンなどの柑橘類にも多く含まれます。 ビタミンEはひまわり油や米ぬか油、大豆油やべにばな油などの植物油、アーモンドやひまわりの種などの種実類、あんこうの肝やからすみ、たらこやキャビアなどの魚の卵や肝、マヨネーズや西洋かぼちゃ、小胚芽などがあげられます。
今まででご紹介した中でもお伝えしましたが、シミやそばかすを消すことはできません。増えないよう予防することや、メイクで隠すことが今すぐできる対策だと思います。 また、シミやそばかすができる原因を理解するだけでも予防に繋がります。 顔はとても大事です。少しでも肌の調子が悪いと外に出たくない日もあるかと思います。その少しでも肌を良く見せる方法として1つでもご参考になればと思います。