Mtftjanwvszaivmsugr6

肌質

CATEGORY | 肌質

肌の手入れの仕方や順番は?正しい方法で美肌を目指そう【おすすめまとめ10選】

2018.05.12

毎日している肌のお手入れが自己流になっていませんか?間違ったお手入れの仕方をしていると肌トラブルの原因をつくっているかもしれないのです。そこで、肌のお手入れの基本的なスキンケアの方法をご紹介したいと思います。正しい手順・方法で美肌を目指しましょう。

  1. 正しいスキンケアの基本
  2. ⒈ 肌のお手入れ:クレンジング
  3. 2. 肌のお手入れ:洗顔
  4. 3. 肌のお手入れ:正しいスキンケアの手順
  5. 4. 肌のお手入れ:化粧水
  6. 5. 肌のお手入れ: 美容液
  7. 6. 肌のお手入れ: 乳液orクリーム
  8. 7. 肌のお手入れ: 肌チェック
  9. 8. 肌のお手入れ:自分の肌タイプを知る
  10. 9. 肌のお手入れ:基礎化粧品の選び方
  11. 10. 肌のお手入れ:保湿がカギ
  12. まとめ
引用: http://dj8miipjn3ds2.cloudfront.net/report/1380525718779/1380525718779_7_150630142505430_700x.jpeg
スキンケアとは肌のお手入れのことを言いますが、自分のスキンケアの仕方、方法は正しいのだろうか・・・と不安に思う人もいるのではないでしょうか?間違ったスキンケアの仕方、方法だと、肌トラブルを引き起こす原因にもなります。ここでは、基本的なスキンケアの方法と手順をご紹介します。どんなことも基本が大事なので、スキンケアの基本や手順を身につけて健やかな肌を目指しましょう。
引用: http://ure.pia.co.jp/mwimgs/c/3/620/img_c3a12a89191d32ada32152715013a84785497.jpg
クレンジングはメイクや日焼け止めなどの油性の汚れを落とすことが目的です。汚れが毛穴に残ったままになると肌トラブルの原因になります。クレンジングはしっかり丁寧にしましょう。
メイクは必ず落とさなければ肌の負担になってしまいます。メイクの濃さによって使い分けることをおすすめします。 ・しっかりメイク=オイルタイプやリキッドタイプ ・ナチュラルメイク=クリームタイプやミルクタイプ

クレンジングの前に手を洗いましょう

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/09/092f526f34458cc3de29df4e21b0639e_t.jpeg
色々な物に触れる手は雑菌が多くなりがちです。雑菌のついた手でクレンジングをすることになるので、まずはきちんと手を綺麗に洗いましょう。

顔まわりはスッキリさせましょう

クレンジングや洗顔をするときは、顔まわりの髪をターバンなどで止めて髪が顔にかからないようにしましょう。髪を止めないと洗いにくいしすすぎ残してしまいます。
クレンジングは適量を出し、マッサージをするように顔全体に広げていきます。メイクを落とした後のすすぎでは、ゴシゴシこすると摩擦で肌を痛めてしまうので気をつけましょう。これらの仕方や手順が大切になってきます。
引用: https://www.herb-teien.com/shop/stockment/img/categry/cre2.jpg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/dc/dc681abe9279f4c914e241fee1827968_t.jpeg
洗顔は、肌に付着したほこりなどを落として肌を清潔に保つことが目的です。すすぎ残しがないようにしっかりすすぎましょう。特に髪の生え際はすすぎ残しが多いところなので気をつけましょう。

洗顔方法

洗顔は泡で優しく洗うことを意識しましょう。
洗顔料を泡立てます。 各パーツに泡をのせます。額・顎・両頬・鼻・顎 皮脂が多いTゾーンから指の腹をつかって円を描くようにクルクルとこめかみまで洗います。 次に、頬へ下りてきて泡で頬を洗うイメージでクルクルとすべらせます。 顎は中央から頬のほうへクルクルしながらすべらせます。 最後に、目や口を洗います。皮膚が薄いので優しく洗いましょう。
引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/how-to-washing-face-0617.jpg
洗顔の仕方のポイントは、指の腹をつかって泡をクルクルとすべらせることと、手で洗うのではなく、泡で優しく洗うことです。

キメ細かい泡

洗顔は、泡が命と言ってもいいほど泡がポイントです。キメ細かい泡を肌の表面でクルクルとすべらせることにより、皮脂やほこりなどを落としてくれます。洗顔ネットを使用するとキメ細かい泡がつくれます。
引用: http://www.clubpresse-hn.com/wp-content/uploads/2018/03/501701_01-640x427.jpg

すすぎはぬるま湯で

すすぎはぬるま湯で洗い流しましょう。目安として、30~35度くらいです。このときに、髪の生え際のすすぎ残しに気をつけましょう。すすぐときにゴシゴシこすらず、お湯を肌に付ける感覚ですすぎましょう。

清潔なタオルで拭きましょう

O0449mey1xub0ogft61v
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img-clara.hadalove.jp/production/item_images/images/000/004/653/medium/c888a1a2-22da-47a8-ab82-5ad00bdeede8.jpg?1469542085
使用してあるタオルだと雑菌が繁殖していることがあります。できるだけ新しい清潔なタオルをつかいましょう。タオルで肌を強くこすると摩擦が起きやすいので、顔を拭くというよりは、タオルを顔に当てて水分を取りましょう。
洗顔用の電動ブラシがありますが、使い方を間違えると肌を傷つけてしまったり、乾燥させてしまう恐れがあります。機械の動きなので自分の手の感覚で泡で優しく洗うことができません。電動ブラシが悪いと言っている訳ではなく、機械には機械の良さもあるので、使用の際は、使い方を良く理解してから使用してください。
引用: http://luna-bijou.net/wp-content/uploads/2017/07/Fotolia_107958531_Subscription_Monthly_M.jpg
洗顔後、どの手順で基礎化粧品を使用していくのかご存知ですか?美容液はいつ使えばいいの?と曖昧な人もいるのではないでしょうか?ここからは、基礎化粧品の手順、仕方をご紹介していきます。
引用: http://www.junglecity.com/wp-content/uploads/2016/07/how-to-moisturize-skin-in-summer-1.jpg
化粧水は、肌の角質層に水分を届けて潤いを与えてくれる役割をしています。適量を手に取り、乾燥しやすい頬から手のひらで化粧水を優しく押し当てるようにします。これを何度かしていると、手のひらに肌が吸いつくような感覚に変わります。乾燥が気になる部分には重ねづけをしましょう。
洗顔後は肌が乾燥しやすいので、できるだけ素早く化粧水をつけましょう。化粧水で肌が潤ったら次に使用する美容液や乳液がなじみやすくなります。
引用: https://s3image.com/bsnWDTFt.jpg
美容液は、必ず使用しなければならないものではなく、特に気になる部分へのオプションアイテムです。美容液を使用するならば、化粧水の後、乳液やクリームの前に使用します。
美容液をピンポイントで使用する場合は、少量ずつ出し指の腹をつかってポンポンと気になる部分に伸ばし、指の腹で優しく押し当てます。顔全体に使用する場合も同様に、美容液を少量ずつ出して指の腹をつかって顔全体に伸ばしてから、手のひらで優しく押し当てます。これらの仕方や手順が大切になってきます。
引用: http://wffg88.com/img/emulsion.png
乳液とクリームの違いは、水分と油分の配合です。水分が多めなのが乳液。油分が多めなのがクリームです。
乳液はクリームより水分が多めなので、潤いを与えて油分で肌をしっとりさせます。肌になじみが良いのは乳液です。乳液のつけ方は、指で、額・頬・顎・鼻につけてから優しく伸ばします。
Gl0qhdsdbc47jzaw76ub
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_images/000/104/216/a0eda730f701402b475a2ae57d9b2a6146aab512.jpg?1494833593
一方、クリームは乳液よりも油分が多いので肌の保湿力が高めです。クリームのつけ方は、両手を合わせて手全体でクリームを伸ばし、手で顔を覆うようにして優しく何度か抑えつけます。
肌の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。オイリー肌の場合は、油分の配合が少なめな乳液が向いているでしょう。目元や口元の乾燥が気になる場合は部分的にクリームを塗ることをおすすめします。また、季節によっても肌の状態は変わるので、自分の肌の状態を知ることも美肌になるためには重要ポイントと言えるでしょう。
引用: http://www.biken-cosme.com/beauty_check/img/skin_check.gif
自分の肌の状態を知ることが美肌への近道とも言えます。肌チェックをする方法は色々とあります。肌チェックシートや、自宅でできる肌測定器も安く販売されています。百貨店の化粧品売り場でも肌測定をしてくれます。今はスマホのアプリでも肌測定ができるようです。一度、肌チェックをしてみることをおすすめします。
引用: https://otonanikibi-sayonara.com/wp-content/uploads/2014/11/hadashitsu_type.jpg
自分の肌タイプを知ることで自分に合った基礎化粧品でスキンケアをすることができます。季節によっても肌の状態は変化しますし、年齢とともに肌の状態も変化していきます。ですから、常に自分の肌の状態を知っておくことはとても大切なことですね。
Ihosneiydvd1c7hzejdx
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSWpJGLrZ6CZcc16ePVCKAfbYap2jdYrENnRBlxaGjGx7YBXbltUQ
スキンケアとは肌のお手入れのことを言いますが、自分に合った基礎化粧品を使っていますか?たくさんのスキンケア用品がありますが、安いより高い方が良い、人気だから、友達が使っているから、などの理由で選んでいる人も多いのではないでしょうか?肌のタイプは人によって違いますし、年代によっても肌の悩みは違います。
引用: https://s3image.com/u8OpWRs5.jpg
自分の肌のタイプや状態を知った上で、自分に不足している成分などが含まれているものを選びましょう。値段が高いから良いのではなく、安くても自分に合っていれば効果はでます。自分にとってお手頃価格なものを選び、惜しみなく使いましょう。そして、年代に合った化粧品を選びましょう。
引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2015/05/shutterstock_403172965.jpg
全ての肌タイプに共通して言えることは、保湿がカギということです。毎日きちんとスキンケアをしているのに肌の潤いが感じられないこともあるのではないでしょうか?それは、水分が肌の奥まで届いていないからです。

美顔スチーマー

引用: https://seniorguide.jp/img/sng/docs/1101/239/180116beuty02.jpg
基礎化粧品だけでは補えない場合は、機械の力を借りて美顔スチーマーを使用するのも良いですね。ナノレベルの水蒸気が肌の奥まで潤いを届けてくれます。
引用: https://image-select.mamastar.jp/interspace/wp-content/uploads/1512871491-3221c7cd782327ed88caba4f03dcf294-600x400.jpg
ここまで正しいスキンケアの方法や手順をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?これまでの自分のスキンケアの仕方は合っていましたか?高い化粧品が良いのではなく、自分の肌の状態を知った上で安くても自分に合った基礎化粧品を使用することが美肌へとつながります。今は安くても成分が良い化粧品もたくさんでています。正しいスキンケアの仕方をきちんと覚えて健やかな肌へ導きましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img.ci-labo.com/img/article/000168/img01.jpg