K5pxqotb98khtb61vbd7

ごはん

CATEGORY | ごはん

春に食べたい食べ物は?旬の食材と和食レシピを紹介します!

2018.04.08

春には沢山の春の季節にしか食べられない食べ物が出回り、食卓も華やぐ季節です。 ご家庭に春を感じる季節の食べ物を取り入れると、春の息吹を感じることができます。 ぜひ、簡単なレシピもありますので、ご家庭で春の食材を生かした和食を作ってみてはいかがでしょうか。

  1. 筍 ~春に食べたい食べ物~
  2. 筍の日本料理の一例 ~春に食べたい食べ物~
  3. 筍ご飯のレシピ ~春に食べたい食べ物~
  4. 筍ご飯のレシピの続き ~春に食べたい食べ物~
  5. 蛤(はまぐり) ~春に食べたい食べ物~
  6. 菜の花 ~春に食べたい食べ物~
  7. 菜の花と蛤のお吸い物  ~春に食べたい食べ物~
  8. まとめ ~春に食べたい食べ物~
Pxaeruywidzo1r8jum21
引用: https://allabout.co.jp/gm/gc/7051/
春先、地面から芽の出かけているものをタケノコと呼び、日本では春の季節に食べられる食べ物の一つです。筍は和食の食材としても、古くから利用されてきました。その後、数メートル程度へ成長し、穂先部分は刈り取られて食用とされます。穂先タケノコと呼ばれ、タケノコは切断直後からえぐみが急激に増加するので調理の際はアク抜きが必要となります。掘り採ってから時間が経経過するほど固くなり、えぐみが強くなるので、極力早いうちに調理やアク抜きなどの下拵えを行う必要はひつようのため注意しましょう。冷蔵をすると味・香りの劣化を遅らせることは可能ですが、新鮮な方が美味しいです。
Gxck8l03dzd8omwd27lq
引用: http://www.chikumo.co.jp/original6.html
筍を使用した日本料理・和食の一例として、 〇生食、焼き物 旬になると、掘ったその日の間に調理または販売・出荷されるタケノコは直売所や食料品・飲食店などに出回り、「朝堀筍」と称され、美味しいのが特徴です。焼き物のほか、特に新鮮な場合は生や、軽く湯がいた刺身として味わえる季節の美味です。この食材を目当てに、タケノコ掘りに出かける人方も多くいらっしゃいます。 〇煮物 筍の食材を鰹節で出汁を煮含めるレシピが多く、そのまま煮詰める土佐煮、ワカメと合わせた若竹煮は和食である日本を代表する調理法で、中程より上の柔らかい部分はこの調理方法に適しているとされています。 〇揚げ物 アク抜きした筍は水分が多く含まれており、天ぷらとして筍の食材を調理をするには調理の技術が必要とされます。 〇その他具材 その他の調理方法として、和食での定番はタケノコご飯、お吸い物など食材を活かした料理が好まれています。 〇皮 柔らかい皮(甘皮)は、本体と同じく食用にもされています。固い皮は食材としてではなく、おむすびを包む際に利用可能ですし、食器・包装材代わりに利用されています。
〇材料(4~6人分) ・新たけのこ 1本(正味300g) ・米 540ml(3合) ・大根 約1/3本 ・油揚げ 1枚 【A】 ・水 カップ2+1/4 ・うす口しょうゆ 45ml ・酒 45ml ・木の芽 適量 ・塩 小さじ1弱 〇下ごしらえ・準備はなし ①筍のあく抜きに使用するため、大根はすりおろし、おろし汁カップ1の量を用意します。同量の水、塩小さじ1弱とともにボウルに合わせます。大根おろしは筍ご飯では使用しませんので、そのまま別の料理に使用しましょう。 ②たけのこは縦半分に切って皮をむき、さらに半分に切って1cm程の厚さに切ります。1のボウルに入れて30分以上浸します。 ※ ポイント たけのこは繊維を断つように切りましょう。やや厚めに切ると食感が感じられて良いでしょう。大根の酵素の働きを活かして、筍のあく抜きに利用します。
Jddvimhsfewgbykp1brp
引用: https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/472a80740334fe4e3d020b8dde33dcfa.html
③お米は分量を洗い、ヒタヒタの水に15分間浸します。ざるに上げて15分間ほど放置します。 ④油揚げはフードプロセッサーにかけて細かくしてから、熱湯をかけてきつく絞り油抜きをします。 ※ポイント 油揚げは米粒となじむ程度の大きさに細かくすると、たけのこの食感が際立ちます。フードプロセッサーで刻む作業の代わりに、包丁で刻んでもOKです。
M08hkrg3fuydwwpapfef
引用: http://spice-cooking.com/torinikuiri-takenokogohan
⑤炊飯器の内釜に③と【A】、④を合わせて軽く混ぜます。水で洗った②をのせて(水加減の後、たけのこをのせて)普通に炊きます。ざるにあげている間に米が表面の水を吸収するため、米と同量の水分量(水と調味料とで540ml)で炊いても良いですし、あらかじめ吸水させているため、炊飯器の機能を活かして早炊きモード・炊き込みモードで炊いても良いでしょう。 ※ポイント お米の水加減をした後に、たけのこをのせて炊く。筍を水分量をセットする前にのせてしまうと、必要な水分量が少なくなるおそれがあります。 ⑥炊きあがったら全体をほぐし、器に盛ります。木の芽を添えると春の季節感がより増します。 ※ ポイント 炊けたらすぐに上下を返して、余分な水分をとばすとお米が立ち、水分の蒸発によってお米の形が崩れるのを防ぎます。
Aj3sufpvbksioq5mtcna
引用: https://ryoko-club.com/food/hard-clam-nutrition.html
日本人にとって非常に古くから親しまれてきた食材の蛤。古くは縄文時代からの出土事例があり、『日本書紀』にも記述がある程の日本人の味覚に刻まれている食材です。成分にコハク酸を多く含み、旨みに富むのが特徴で、吸い物や鍋物の具、酒蒸し、焼き蛤、佃煮、土瓶蒸し、串焼き、寿司など、幅広い料理で利用されます。ビタミンB1を分解してしまう酵素アノイリナーゼを含むので、生食は避けましょう。 ハマグリは元々の組合せ以外の貝殻とはぴったりかみ合わない特性があり、そこで、結婚式でハマグリの吸い物が出される傾向にあります。また、よい伴侶にめぐり合えるようにとの願掛けの意味を込めて、ひな祭りにハマグリを潮汁などの料理にして食べる伝統的な風習・食文化があるのも、日本に根付いています。
Sci8sikz3ouallqlph8b
引用: http://www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/recipe/index.html?id=526
<料理> 和食や日本料理以外にも パエリヤ、炊き込みご飯など、和洋中華料理の多岐に用いられています。いずれの場合も十分な加熱処理で使用することが共通点です。 ・チョウセンハマグリの酒蒸し ・ハマグリの酒蒸し (砂出ししたハマグリを、日本酒で蒸し煮にしたもの。) ・ハマグリの炭火焼き 炭火の上に網を置き、蛤を焼いて口を開いたら醤油や味醂などを垂らして食する調理方法の一つ。
Iurwdxbjujgs1bo5kzoh
引用: http://xn--59jtb317n5pap61gg67d.com/archives/5209.html
「あぶら菜」の花や茎を「菜の花」と呼称し、主に開花前の、若い葉と花、つぼみ、茎などの穂先の部分を摘んだ菜の花を意味しています。本来は、「食卓に春の訪れを告げる野菜」とされ、「菜花」の名で早春に出回るのが日本の伝統として認識されています。 <料理> ほろ苦い春の味を吸い物、椀種、和え物、炊き合わせ、煮浸し、焼き物の懐石料理や和食の材料に取り入れて楽しみます。
Sqg7atfqgzjxjukqcyix
引用: https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1750006690/
<材料> (4人分) ・はまぐり 8コ ・菜の花 1/4ワ ・うど 1/5本 【A】 ・水 カップ4 ・昆布 (10cm角) 1枚 ・酒 大さじ2 ・塩 ・うす口しょうゆ 少々 下ごしらえ・準備は無し。 <方法> ①はまぐりは海水程度の塩水にしばらくの時間の浸して砂抜きをしましょう。その後、よく水で洗いざるに上げます。 ②菜の花は根元を少し切り落としから、沸騰したお湯でサッとゆでてざるに上げ、冷水にさらし水気を絞って5cm長さに切ります。うどは皮をむいて薄い短冊形に切りましょう。 ③鍋に①、【A】を入れて火にかけ、煮立ったら昆布は取り出します。貝が開くまでアクを取りながら煮て、うす口しょうゆ少々を加えて、味を確かめてから火を止めましょう。 ④椀にはまぐりを入れて②を盛り、熱々の汁を椀に注ぎ完成です。 ※調理の注意点として、菜の花は30秒ほど茹で冷水にさらす。ビタミンCが溶けるので、水にさらすときは短い時間にしましょう。 ※味見の段階で、味が薄い場合はお塩で味の調節をしましょう。
Lwd5k7bqf8pnfva4lvel
引用: https://blog.goo.ne.jp/kyoyawedding/e/78537508ca25e1a3311b52008458278b
春に食べたい和食に合う春の食材には、鯛や春キャベツ、新じゃがいも、うどなど、多くの美味しい食材がたくさんあります。ぜひ、春の食材を活かして美味しい和食を調理してみて下さい。 レシピ次第にも拠りますが、ご家庭でも簡単に作れるレシピもありますので、ぜひ春の訪れを食卓から感じてみてはいかがでしょうか。