Itllw06uvawalndpgog0

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

花粉で肌荒れ!?意外と知らない花粉皮膚炎を防ぐ予防法とは?

2018.05.14

春先は肌荒れの最も起こりやすい時期と言われています。原因として、皮膚炎の生じる肌荒れ、季節の変わり目という要因のみではなく、花粉症と関係するからです。メイクを避け、化粧水やクリームで保湿ケアを!今回は、花粉で肌荒れする時の予防法や化粧品メイクについて考えます。

  1. 花粉皮膚炎の発生する時期 ~花粉で肌荒れ~
  2. 花粉皮膚炎の発症の仕方 ~花粉で肌荒れ~
  3. 花粉皮膚炎の治療方法 ~花粉で肌荒れ~
  4. 花粉皮膚炎の予防法 ~花粉で肌荒れ~
  5. 花粉皮膚炎の予防法 その2 ~花粉で肌荒れ~
  6. 花粉皮膚炎のスキンケア ~花粉で肌荒れ~
  7. 花粉皮膚炎の際の化粧品選び ~花粉で肌荒れ~
  8. 花粉皮膚炎のお手入れ方法  ~花粉で肌荒れ~
  9. まとめ
引用: https://news.ameba.jp/entry/20161011-254
花粉症はスギなどの花粉によって、鼻炎や結膜炎、咽頭炎をおこします。戦後の復興事業として植林されたスギの大量の花粉の飛散により、スギ花粉症が急激に増加。スギの他にカモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギなども花粉症の原因になるとされています。  スギ花粉は2月から4月にかけて、カモガヤは5月から7月、ブタクサやヨモギは8月から10月というように、1年を通じて様々な植物の花粉の飛散がみられます。 花粉が皮膚に接触・付着により生じる皮膚炎を花粉皮膚炎と呼称され、春先に発生し他の季節には見られず、顔・まぶた・首など露出している肌の部位に症状が出るのが特徴となります。境界がくっきりとした赤みの強い、形と硬さののある赤い発疹が花粉皮膚炎の特徴的です。  このような発疹以外の他に小さな粒上の炎症が広がるケース、まぶたや頬の赤みのケースもあります。元々アトピー性皮膚炎の方の場合、花粉によって顔や首の皮膚炎がさらに悪化し、全身の皮膚炎の悪化の可能性が高まります。花粉皮膚炎において、血液検査で花粉に対する抗体の反応は陽性になります。しかし、鼻や眼の症状しか発症がみられない花粉症においても、抗体の反応は陽性となります。
引用: https://itchylittleworld.com/the-eczema-and-allergies-connection-how-to-determine-if-pollen-is-making-your-skin-flare-up/
花粉症で起こる症状は、くしゃみ、鼻水、涙、目のかゆみが主な症状です。 一方、花粉皮膚炎に罹患すると目の周囲から頸部にかけて皮膚炎を発症するケースもあり、まれに全身に症状の発症が見られることもあります。 花粉症皮膚炎の発症の仕方には2種類あり、皮膚に直接花粉が付着し悪化するケース、そして目や鼻から花粉が侵入して2次的に悪化するケースに分類されます。特に、顔面など外的環境と接しやすい肌の部位に元々皮膚炎の症状が見られる場合は、皮膚の中に花粉が侵入しやすくなるため症状はさらに悪化します。
引用: https://www.medicalnewstoday.com/articles/316521.php
花粉症や花粉症皮膚炎が発症した場合の治療法として、原因物質を避け、そして掻痒(痒み)を抑制することが最も大切です。花粉症の原因物質としては、スギやヒノキ、白樺、イネなど様々な花粉によって花粉症が起こることが知られています。そのため、花粉症になった場合にはまずは原因を避ける事が重要です。樹木では広い範囲に花粉が飛散し、草の花粉はあまり遠くに飛散しません。そのため、検査で草木植物の花粉だと判明された場合、その花粉の季節に河原や公園などに近付かないという行動も、花粉症皮膚炎の対策となります。また、専門医の指導により処方薬を使用するのも効果的でしょう。市販薬よりも処方薬の方が、効果は確実で安全です。
引用: https://www.topdoctors.co.uk/medical-articles/all-about-atopic-dermatitis
予防法は皮膚の状態を良好に維持・保持することにあります。 また、外出後は洗顔したり、余分な花粉を落とし、保湿、肌のバリア機能を高める化粧品を利用したスキンケアも大事となるでしょう。なるべく、花粉と直接接触するのを避けることも重要です。外出時はマスク、帽子、めがねを着用、花粉を屋内に持ち込まないためには、帰宅時に上着に付着した花粉をよく払い、家に入ると効果的です。直接肌に触れる衣服は室内干しが安全です。露出部位には花粉予防スプレーや化粧品、メイクにより皮膚への花粉の付着を予防ができます。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=TxbJCyqRB4g
皮膚の最外層である角層は、異物の侵入を阻止するバリア機能の役割があります。皮膚を過度に洗顔すると角層のバリア機能が失われ、皮膚に花粉が侵入しやすくなり、普段の化粧品によるスキンケアで保湿をし角層を整えるのが大切になってきます。点眼薬、化粧品、洗顔石けん、毛染め、メイク用化粧品など、顔の肌に付着するものを控え、症状が良くなるかどうかを確認することがポイントとなります。  花粉皮膚炎の症状が改善が見られない場合、症状により外用薬や内服薬を使用し早めの治療を心がけると良いでしょう。また、ストレスなどの外的要因により症状は悪化する傾向にあります。できるだけストレスを取り除くように心がけましょう。
引用: http://zuzaboo.com.br/inverno-e-hidratacao-importancia-de-manter-pele-da-crianca-bem-cuidada/
花粉症の症状として、花粉皮膚炎の場合の肌荒れには、普段の化粧品によるスキンケアやメイクでは余計に肌を悪化させる可能性があります。花粉の飛散する時期は一時的で、その時期だけでも肌に優しく負担をかけない低刺激の化粧品やメイク用品を使用する方法を選びましょう。化粧品によるお手入れの際、横滑りした塗布、すり込む塗布の方法は、皮膚の角質層の過剰な剥離により、治りが遅くなりますので、注意しましょう。 洗顔料はスクラブ入り、ピーリング系のものは使用を控えて下さい。 クレンジングは、低刺激の肌に優しいクリームクレンジング、水性ジェルタイプを選び、皮膚炎の炎症がひどい場合は、メイクは避け化粧水やクリーム、プラスノーメイクの状態で保湿ケアをしましょう。
引用: https://best-cosmereview.com/etvos-moistbarrier-cream
引用: https://www.stuff.co.nz/life-style/beauty/85700373/five-skin-care-tips-to-make-your-products-work-harder
〇オーガニックなバームのクリームなど肌の保護機能のある化粧品を選ぶ 花粉症皮膚炎の肌は敏感肌で刺激に弱くなっています。きちんと保湿のクリームや化粧水スキンケアも重要です。しかし、肌のバリア機能となるような仕上げも必要で、敏感肌は外部刺激に弱く炎症を発症しやすいため、オーガニックのバームなどを使用し、外部刺激から守り、肌に付着して炎症を引き起こす花粉を寄せ付けない効果も期待が可能です。 〇落としやすく肌への負荷が軽いファンデーションを選ぶ 肌の保湿機能の低下は、普段のファンデーションによっても負担となります。さらに、メイクを洗い落とす際の洗浄力の強いクレンジングは肌に過度な負担をかけます。花粉の時期のファンデーションは、薄付きで低刺激、お湯や石鹸のみで簡単に落ちるミネラルファンデーションが良いでしょう。ファンデーションを塗布する際にも低刺激の軽い付け心地のファンデーションや、化粧下地と一体になったファンデーションなど、なるべく肌に塗布する回数を減らせるものがおすすめです。 化粧水やクリームもその人の肌にあったものを選びましょう。
引用: http://rescue-bihada.jp/skin/kahunshou-hihuen-taisaku-naosikata-make
引用: https://kbeautie.com/collections/biellee
花粉症皮膚炎を起こした肌は敏感になるので、敏感肌用のものに変え、使うアイテムの数を減らしていきましょう。洗顔後につけるものは、化粧水や保湿美容液のみがいいでしょう。乾燥しちゃうから、と化粧水を何度も重ねづけするなどは、かえって刺激になるので実はNGなのです。保湿美容液をたっぷりと、肌にのせるようにつけたら、あとは触らないようにしましょう。 メイクはリキッドよりもパウダー系のファンデーションが肌にやさしいので、そちらがおすすめです。クレンジングはリキッドやオイルタイプでなく、クリームかジェルタイプのものを選び、こすらないようにそっと落としましょう。化粧水やクリームもその人の肌にあったものを選びましょう。
引用: http://orogolddeeppeeling.com/fall-pollen-and-dermatitis/
辛いかゆみに耐えられず、かゆくなりかいてしまう場合、肌へ水が付着した際、しみる感覚がある場合は、皮膚科を受診した方が、確実で安全安心です。処方薬を使用して、花粉症皮膚炎に効果的な薬の、抗アレルギー剤内服や、ステロイドの塗り薬で治療します。 アレルギー性の病気は、体調にも影響されており、早寝早起きをし、バランスよい食事を摂取するなど、普段の健康管理が、症状を悪化させないために大切となります。症状を悪化させない為にも、早期発見・早期治療で疑わしい場合は早めの対処や対策を心がけましょう。化粧水やクリームもその人の肌にあったものを選びましょう。