L6hxdblylakju2ucgxby

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌に優しいクレンジジェルが気になる!正しい使い方で毛穴もキレイに

2018.10.15

肌に優しいクレンジングジェルの正しい使い方で、毛穴もキレイになります。洗顔料では落としきれない、メイク汚れをクレンジングジェルで毛穴まですっきりとキレイにします。クレンジングジェルの特徴を知って正しい使い方をこのサイトでマスターしてください!

  1. クレンジングジェルとは?
  2. クレンジングジェルの種類
  3. クレンジングジェルタイプの特徴
  4. クレンジングジェルのクレンジングで避けるべき成分
  5. クレンジングジェルの正しい使い方
  6. クレンジングジェルを温めてから使う理由
  7. クレンジングジェルの毛穴ケア・アイテム
  8. クレンジングジェルのアイテム選び
  9. クレンジングジェルの人気のあるアイテム
  10. クレンジングジェルのまとめ
まず、クレンジングジェルについて見てみましょう!クレンジングジェルというのは、ジェル状にゲル化剤で固めたクレンジングです。オイルフリーの表示などがない場合は、成分表示を見なければなりません。固めたものにより、お肌に優しくなったりそうでなかったりします。一番上に成分表示が水・界面活性剤と書いていれば、水性ジェルタイプとなります。また、油分が一番上に書いていれば、油性ジェルタイプになります。

クレンジングジェルの特徴

クレンジグジェルは粘土性が高く、吸着性や肌への摩擦が少なく、肌に与える刺激が少なくてなじみがとても良いです。摩擦による肌への負担を軽減できる特徴があります。洗浄性は他のクレンジングに比べ低です。クレンジングジェルには、オイルフリー水性ジェルタイプと、油性ジェルタイプがあります。
ナチュラルメイクの人はオイルイン水性ジェルタイプで、しっかりメイクの人は油性ジェルタイプ、マツエクをつけている人はオイルフリー水性ジェルタイプを使用するとよいでしょう。

注意点

クレンジングジェルの注意点として、お風呂場のような湿気の多いところや、顔や手に水分があるところでは、ジェルはメイクとなじみにくい特徴があります。ですから、乾いた状態で行い、お風呂場の中などでは使用しない方が良いでしょう。ただし、商品によってぬれた手で使えるクレンジグジェルもあります。

タイプ別種類

クレンジングジェルのタイプ別種類には、油性ジェルタイプと水溶性ジェルタイプの2種類があります。水溶性ジェルタイプには、オイルフリー水性ジェルタイプと、オイルイン水性ジェルタイプがあります。

油性ジェルタイプ

油性ジェルタイプのクレンジングクリームは、メイクの落ちに優れています。オイルが主成分のオイルをジェル状にしたクレンジングクリームです。マスカラーやリキッドファンデーションなども落とすことができ、クレンジングオイルと同じく、メイクになじみジェル状になっているので、肌との摩擦も比較的少なくて済みます。

オイルフリー水性ジェルタイプ

オイルフリー水性ジェルタイプの特徴は、マツエクをつけている人でも使えて、さっぱりとした洗い上りがあります。マツエクをつけたナチュラルメイクの人におすすめしたいタイプです。

オイルイン水性ジェルタイプ

オイルイン水性ジェルタイプの特徴は、界面活性剤に加えて脂分が少し配合されています。さっぱりした洗い上りで、伸びが良いタイプです。

オイルフリーの水性ジェルタイプの特徴について

水性ジェルタイプはオイルフリータイプとオイルインタイプがあります。オイルフリーの水性ジェルタイプは油分でメイクを浮かせることができません。メイクを落とす力は弱めでナチュラルメイクの人に良いといえます。マツエクを利用している人は、油分の入っているクレンジング剤は使えないので、このタイプを使うことになります。

オイルインの水性ジェルタイプの特徴について

メイクアイテムが崩れにくく工夫されているものには、油性のものが多くあります。油分と界面活性剤が入っている、オイルインの水性ジェルタイプはメイク落ちが良いです。市販されている多くは脂分の量が少なめの、さっぱりした仕上がりのこのタイプです。メイク落ちはオイルフリーのものより良く落ちます。

油性ジェルタイプの特徴について

油性タイプはオイルを乳化し、ジェル状にしたクレンジングクリームの主成分が油分で、メイク落ちも優れています。カラーメイクやマスカラーなど、落ちにくいメイクでも落とすことのできる商品があります。
Uogdwsar8ffkrmjaqbu0
界面活性剤で洗浄力の強い成分の入ったクレンジグジェルは避けるべきでしょう。ラウリル硫酸Na(ナトリウム)ラウレス硫酸Naのような硫酸がつく成分や、スルホン酸Na、オルフィン(C12-C14)パレス-3硫酸Naなどの界面活性剤です。また、油溶性成分ではミネラルオイル(鉱物油)、水溶性成分ではDPG(ジプロビレングリコール)などは、特に敏感肌の人は避ける方が良いでしょう。
クレンジングジェルの正しい使い方を見てみましょう。使い方を間違えると、お肌を痛めてしまいますので、正しい使い方で行うことが大切です。

ポイントメイクはメイクリムーバーで先に落とす

マスカラーやアイラインなどのポイントメイクは、メイクリムーバーで先にアイメイクを落とします。リムーバーをコットンに染みこませ、目元に乗せて5秒待ちます。コットンをそのまま滑らせて落とすと汚れが落ちてきます。完全にきれいにしなくても良いです。

手のひらで温めて伸ばす

引用: http://otkbuy.com/wp-content/uploads/2015/04/biorga_review_06-1024x768.jpg
クレンジングジェルを手のひらに、サクランボ1個分の目安で取ります。オイルフリー以外のジェルは手のひらで温め、顔全体に優しく伸ばします。この量は指が肌をスムーズに通るぐらいの量です。顔全体に両手で内側から外側へ円を描くように、軽くマッサージするように顔の汚れをジェルになじませます。

乳化させてぬるま湯で洗い流す

水溶性のジェルの場合は手に残ったもの、脂性ジェルの場合はジェルを足して、温めて目元に優しくなじませます。水が油に包まれる転相状態から、再度油が水に包まれる状態に、32度ぐらいのぬるま湯を少しずつ顔全体になじませ、混ぜながら再乳化させて洗い流します。
オイルフリーの水性ジェルタイプは、温める必要はありません。オイルインの水性ジェルタイプや油性ジェルタイプの場合は、温めて使う方がメイクの落ちがよいのは、油分が含まれたジェルを手に乗せた段階で油が水に包まれるからです。
手や顔の上でジェルをなじませると、肌の温度でジェルの水分が蒸発し、油が表面にでてきて、水が油に包まれる状態になります。メイクや皮脂の油汚れが、表面にでてきた油分となじみます。このように浮かせて取る水と油が逆転する状態を転相といいます。転相が上手くできないと油汚れがキレイに落ちないことになります。

ぬるま湯で少しずつ洗い流す

P8uhimisyin2jgoy9zok
ぬるま湯で少しずつ洗い流します。これは、水が油に包まれる状態からぬるま湯を少しずつなじませると、再び油が水に包まれた状態に戻します。このことを、再乳化するといいます。再乳化することで、メイクや皮脂の油汚れを水で洗い流すことが可能になるわけです。

クレンジングジェルの温感ジェル

ポアリーナ角栓クリーナージェルは温感ジェルのオレンジオイル配合です。マッサージした後洗い流すだけで、毛穴の黒ずみや角栓の汚れを取り除いてくれます。税込820円ですが、メーカーが販売を終了しました。

ブラックゲルパック

90g 900円のブラックゲルパックは、ジェルパックタイプの人気のある商品です。強力な吸着力で、古くなった角質や角栓を取り除き、オレンジブロッサムの香りも人気で、美容保湿成分が配合されています。プラチナが配合されています。

メルティベリープレミアム毛穴角栓ジェル

2138円ですが、1本で57回使用できます。マナコエキス・薬用炭・キャビアエキスなどの成分を使い、着色料、鉱物油など無添加です。肌に安心なアルコールやパラベンが入っていません。

目的に合わせて選ぶ

自分の目的に合ったクレンジングジェルを選ぶことが大切です。アイテムの特徴をきちんと理解して、肌のごわつきが気になっている場合は、古い角質などの汚れを洗い流すスクラブ入りや、毛穴の黒ずみが気になっている場合は、温感タイプのクレンジングジェルなど、目的に合わせて選びます。

使用感が自分にあっているものを選ぶ

Xsh5k1rkijfcz2ktvlxx
クレンジングジェルはバリエーションが豊富で、ジェルの硬さもアイテムにより少々異なります。香りもアイテムにより異なるので、自分にあったものを選ぶ方がよいでしょう。

自分のメイクに合わせて選ぶ

上でも書きましたが、オイルフリー水性ジェルタイプはナチョラルメイクの、エクステをつけている人におすすめです。また、オイルイン水性ジェルタイプは、ナチョラルメイクの人、油性ジェルタイプはしっかりメイクの人におすすめです。

マイルドジェルクレンジング

無品良品からでているマイルドジェルクレンジングは、200g 722円です。天然潤い成分にアンズ果汁、モモの葉エキスを配合しています。低刺激で手や肌がぬれていても使用できるクレンジングジェルです。

マナラホットクレンジングジェル

株式会社ランクアップから2011年に発売され、ホットクレンジングの先駆けともいわれています。天然由来の温感成分や無添加成分を使って、美容成分が配合されています。洗浄力がありW 洗顔不要で、200g 4104円で販売です。通販だと2990円となります。

ディープクレンジング

クレアから発売されたブランド名サンタマルシェで、400ml 1600円です。お茶を主成分とした緑茶美容液の天然保湿成分を豊富に取り入れています。石油系界面活性剤フリーのお肌に優しいクレンジングで、毛穴汚れは重曹を配合し、ぬれた手でも使用でき、100%オイルカットしたW洗顔不要のクレンジグジェルです。
いかがでしたでしょうか?「肌に優しいクレンジジェルが気になる!正しい使い方で毛穴もキレイに」を見てきましたが、ジェルはお肌に優しいクレンジングといえるのではないでしょうか?ポイントをまとめてみますと1.3つのタイプの種類があり、メイクの仕方によって選ぶことが必要です。2.使い方は温めて使うのと、温めないで使うアイテムがあります。よく、自分の好みに合わせて選ぶことが必要です。