Xyph1harc4qdvcvquehy

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

ストレス白髪あなたは大丈夫?ストレスと白髪の関係&原因を徹底解説!

2018.04.01

ある日、急に白髪が増えてきたなら、もしかしたらストレス性の白髪かもしれません。ストレスを受けてできてしまった白髪は、もうこのまま一生治らないのでしょうか?これから、ストレスと白髪の関係や原因、ストレス白髪にならない方法を徹底解説します。

  1. 白髪はストレスが関係して出来るって本当?
  2. ストレスと白髪の関係と原因を知ろう
  3. ストレスが関係する白髪の原因その①ストレス
  4. ストレスが関係する白髪の原因その②不規則な生活習慣
  5. ストレスが関係する白髪の原因その③食生活
  6. ストレス性白髪の特徴
  7. ストレス性白髪にならないためには
  8. ストレスで白髪にならない方法①生活習慣を正しくしよう
  9. ストレスで白髪にならない方法②ストレスを上手に発散しよう
  10. ストレス性白髪と上手に付き合って美髪になろう
白髪は、加齢に伴って増えていくことが多いですが、20代、30代で増えてきたなら、要注意です。特に、こめかみや、頭頂部、おでこなどに、急に白髪が出てきたら、もしかしたらそれは、ストレス性の白髪かもしれません。一度出てきた白髪は、もう治らないかもしれないと、心配になりますが、ストレス性の白髪は、一時的なものなので、ストレスと、白髪の関係や原因を知ることで改善することは可能ですからご安心ください。これから、ストレス性白髪について徹底的に解説をしていきます。
急に、白髪が現れ始めたなら、ストレス性白髪を疑いましょう。ストレス性白髪には、急に白髪になってしまうメカニズムがありますので、しっかりと原因を知ることで、適切な対処が可能です。ほっといても、どんどん白髪が増えてしまうかもしれませんので、これ以上白髪が増えてしまわないように、対処をしましょう。それでは、これから、ストレスが関係して出来てしまう白髪の原因について、詳しくご紹介していきます。
白髪になってしまう原因の最大の要因は、ストレスです。ストレスは、心身共に、とても悪影響を及ぼすことが知られていますが、人は、ストレスを感じることで、体の血流が悪くなってしまうことがあります。一次的なストレスならまだしも、継続して持続的に続くストレスにさらされてしまうと、体の自律神経のバランスが崩れ、ホルモンが正常に分泌されなくなってしまいます。こうなってしまうと、活性酸素が発生してしまい、メラノサイトが正常に働かなくなり、色素が作られなくなってしまうのです。色素が作られなくなった髪の毛は、白髪として生えてきてしまいます。毎日、ストレスが多くて困っている方や、最近大きなストレスを感じたという方は、もしかしたらストレス性の白髪かもしれませんので、ストレスの原因を知ることが必要でしょう。
髪の毛が健康に生えてくるためには、体の血流が良く、頭皮に十分な栄養が行き渡っていることがとても大切です。特に、睡眠は大切で、毎日十分な睡眠がとれないような不規則な生活習慣を続けることで、自律神経のバランスが大幅に崩れ、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されにくくなってしまいます。こうなってしまうと、細胞の新陳代謝が阻まれて、自律神経も乱れてしまうので、メラノサイトの新陳代謝が上手く機能しなくなり、結果として白髪が出来てしまいます。不規則な生活習慣を送っている方で、最近白髪が増えてきたと感じている方は、ストレス性の白髪かもしれませんので、注意が必要です。
健康な髪の毛であるためには、毎日のバランスの取れた食生活が大切です。美髪になるためには、髪の毛に良いと言われている栄養素を、毎日しっかりと摂取することが必要でしょう。特に、白髪予防に良いと言われているのは、ビタミンB12などが豊富に含まれた食品をとると良いでしょう。ビタミンB12は、メラノサイトを活性、促進させることが出来る優れた栄養素なので、是非取り入れたいものです。他にも、葉酸、亜鉛、良質なたんぱく質など、髪に良い栄養素をしっかりととるようにしましょう。ダイエットなどをしていると、体重を減らすために、必要な食事をとらないことが多くなりますが、実は、髪の毛にとってダメージを強く与える原因になりますから、栄養素を上手に摂取しながらダイエットをすることをおすすめします。
ストレス性白髪には、特徴があることをご存知でしょうか。ストレス性白髪の特徴は、白髪になるストレスを感じた時から約2週間前後で、白髪になったことを肉眼で知ることが多いということです。急に、白髪が生えてきたときには、過去に何か大きな精神的ショックを感じるようなストレスを経験したということを認識しましょう。ストレス性白髪の最大のポイントは、そのストレスが解消されれば、メラノサイトの機能が正常に戻り、黒い髪の毛が新たに生えてきて、ストレス性の白髪が出来にくくなるということです。一過性の白髪にしたいのであれば、白髪の原因になったストレスをしっかりと把握して、上手に解消することが大切でしょう。
ストレス性の白髪には、原因があることをお伝えしましたが、20代や、30代は、仕事やプライぺートなど、いろいろなストレスが加わりやすい時期ですから、是非ともストレス性白髪を避けたいと願うことでしょう。ストレス性白髪にならないためには、いくつかのポイントがあります。これから、ストレス性白髪にならないために、気を付けておくポイントをまとめましたので、是非ご参考にされていただければと思います。
ストレス性白髪になる原因の一つに、体の血流の悪さが挙げられています。体の血流が悪いと、頭皮に栄養が行き渡らず、健康で元気な髪の毛を作ることが出来なくなってしまいます。特に、メラノサイトの機能低下させてしまう可能性があるので、体の血流を良くするように心がけることが大切でしょう。毎日の生活習慣をきちんと正しく整えることが、美しい髪の毛を育毛することになるので是非おすすめします。良質な睡眠を毎日とるように心がけましょう。成長ホルモンが分泌されることで、体の細胞が健康になり、自律神経も正常になりますので、睡眠不足にならないように気を付けましょう。適度な運動も大切です。運動をすることで、有酸素運動になって、血流を促進する助けになります。適度な疲れで、深い睡眠をとることが出来ますのでおすすめです。食生活も正しくするようにしましょう。栄養のバランスが取れた良質な食事をとるように心がけていきましょう。髪の毛に必要な栄養素をしっかりと摂取することで、健やかで健康な髪の毛が生えてきますよ。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させてしまい、血流を悪くしてしまう原因なので、タバコは控えるようにした方が良いでしょう。
ストレスを嫌なもの、苦しいものとしてストレスを捉えてしまうと、とてもネガティブで、心や体に良い影響を与えないものです。ストレスは、現代社会には切っても切り離せないものですから、ストレスと上手に向き合っていくことが大切でしょう。例えば、嫌なことを頼まれたとき、嫌だなと思うことは簡単ですが、切り替えて、プラス思考で考えるようにすると、気持ちも軽くなるでしょう。上手くいかない現実を、どうにかコントロールしようとしても、そう簡単には上手くいかないことが多いので、心に負担をかけないように、時には休息をとるなどして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。時には、自分へのご褒美をしたり、マッサージ、気分転換を心がけるようにすると良いでしょう。
ストレス性白髪の関係と原因をお伝えしてきました。ストレス性の白髪は、一時的にできることが多く、ストレスを上手く発散することで、美髪に戻ることが出来ますから、ストレスをため込まないように、毎日を過ごしていきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d9/d9df6b6f04975f8c39faabd77fd6589b_t.jpeg