Zqzmaon24ymgcys7mum1

リラクゼーション

CATEGORY | リラクゼーション

ストレスを溜めない方法はこれ!簡単にできるコツを紹介!

2018.04.02

ストレス社会の現代には、ストレスを溜めない方法を知ることが大切です。ストレスをためすぎて、心身ともに不調にならないように、これからストレスを溜めない方法をご紹介します。どれも簡単にできるものばかりなので、是非お試しになってみてはいかがでしょうか。

  1. ストレスを溜めない方法とコツを一挙にご紹介
  2. 悩みがちなタイプの性格の人がストレスを溜めない方法とコツ
  3. 悩みがちなタイプの性格の人がストレスを溜めない方法①考えすぎないようにする
  4. 悩みがちなタイプの性格の人がストレスを溜めない方法②人生をコントロールしようとしないこと
  5. 悩みがちなタイプの性格の人がストレスを溜めない方法➂他人の言動を気にしないこと
  6. イライラしやすいタイプの性格の人がストレスを溜めない方法とコツ
  7. イライラしやすいタイプの性格の人がストレスを溜めない方法①よく寝ること
  8. イライラしやすいタイプの性格の人がストレスを溜めない方法②適度な運動をする
  9. イライラしやすいタイプの性格の人がストレスを溜めない方法➂事前に用意をしておく
  10. ストレスを溜めない方法とコツを知って上手にストレス発散をしよう
仕事や、家庭、体調などで、知らず知らずのうちに溜まってしまうストレスですが、ため込んでしまうと、自律神経の不調に繋がり、体調が悪くなったり、物事に前向きになれなくなってしまいます。ストレスは、現代社会には切っても切れないものですから、ストレスがたまりすぎて、感情を爆発させるよりは、ストレスと上手に付き合って、適度に発散して言った方が良いでしょう。ストレスがたまって悩んだ時には、自分がどのタイプに当てはまるかをしっかりと確認してから対処しましょう。これから、タイプ別に、ストレス発散の方法をご紹介します。どれも簡単で、すぐに試すことが出来るものばかりなので、是非ストレス発散にご活用下さい♪
人間関係で、ほんの些細なことなのですが、気になって相手の気持ちを推測してしまいがちな方、ちょっとした言葉を真剣に考えてしまう、実は人見知りで、人と話すのが苦手といった方は、悩みがちな性格の人に多いタイプです。悩みがちなタイプの方は、物事をついついネガティブにとらえてしまいがちで、人間関係や、仕事、恋愛などで、ストレスを溜めこんでしまいがちです。気にしてはいけないと思っていても、ふとした瞬間に考えてしまうことがあることを認めておくと、ストレスで気持ちが押しつぶされないようにすることが出来るでしょう。これから、よくありがちなストレス対処法のコツをご紹介します。
何か嫌なことがあると、気になってしまって、くよくよ考えがちなので、まずは、自分が嫌な気持ちになっていて、それがストレスになっていることを認めましょう。今感じている気持ちを否定して、一時的に悩みを抑えても、根本的な解決にはならないので、こんなに考えてはいけない、くよくよしてはいけないと、自分の気持ちを否定することはやめるようにしましょう。自分の不快感、ストレスを認めることがストレス発散の第一歩です。それから、いま嫌だと思っているストレスについて、すぐに解決できるのか、長期間かかって解決に向かうのか、将来に対する単なる漠然とした不安なのか、分析をしてみましょう。すぐに解決できるものならば、対処するために、すぐに行動することが必要ですが、もしも、すぐに解決できない、解決に長期間かかる、将来に対する不安なのでしたら、悩んでもすぐに解決するものではないので、期間を一週間、一か月、半年と決めて、しばらく考え込むことをやめることを決意しましょう。こうすることで、考えすぎて心が病むことを防ぐことが出来ます。
現実に満足が出来なくて、上手くいかないことを上手くいかせようと現実をコントロールしようとすると、ストレスが大きくなることがあります。現実をコントロールしようとすると、不必要なストレスがたまり、悩みが深刻なものになりがちです。悩みが複雑化し、解決策が見えにくくなってしまう危険性があります。そうならないためには、現実をコントロールしようとしないようにすることが大切です。本当はこうしたいけれど、今はそのタイミングではないということや、自分一人でどうにもならないことが多いのが現実であることを認めて、物事の状況を見守ることも必要でしょう。あらかじめ、自分がこうしたいという現実を決めておくと、なりたい未来に近づくきっかけをつかみやすくなるので、良いタイミングを待ちましょう。
悩みがちなタイプの方は、本当に些細なことなのですが、仕事や、家族、恋人などとの関係で、言動が気になりがちです。人とのかかわりを大切にしようとする気持ちがあって素晴らしいことなのですが、気にしすぎてしまうと、自分だけではなく、相手も気持ちが重くなってしまい、お互いしんどくなってしまいますから、他人の言動は、その時の気分や体調もあることを踏まえて、どうしてそんな態度をとったのだろうかと深く気に留めない方が良いでしょう。直接苦情や、迷惑をしているなど言われたら、改めなければなりませんが、そうでなければ、自分が思っているよりも人は気にしていないことも多いので、相手の気持ちを推測していく癖をやめるようにしましょう。
物事をテキパキと早く済ませたい、頭脳明晰で、頭の回転が速い方、要領が良い方、自律神経が乱れている方は、イライラしやすい傾向があります。仕事も的確で、早く正確にこなせて、仕事が出来る人と周囲から一目置かれていたりすることでしょう。とても上手に時間を使うことが出来るので、予想外のことが起こると、ついついイライラしやすいでしょう。人とのかかわりの中で、ストレスを貯めやすいので、気を付ける必要があります。これから、イライラしやすい方のストレス発散方法とコツをご紹介します。
イライラしやすいタイプの方は、頭の回転が速く、先の事まで物事の見通しが立てやすいので、とても脳が疲れやすい傾向が合います。疲れているのに、毎日の忙しさで疲れを解消することを後回しにしてしまいがちなので、イライラがひどくなってきたら、睡眠時間をしっかりと取って心身共に疲労を取り除くように心がけましょう。睡眠時間が多く取れないのであれば、短い時間でも、熟睡できる睡眠グッズを揃えて、工夫していくと、快適な睡眠ができますからおすすめです。
イライラは、とても強いストレスを体に与えてしまうので、気が付いたときは、体がだるい、気持ちが上がらない、やる気が起きないというマイナスな状況に陥りがちです。ストレスは、自律神経の不調を引き起こし、体の体調を崩してしまうのでためないようにしなければなりません。自律神経の不調をなおすためには、適度な運動がとても良いでしょう。有酸素運動をすることで、体の血流が良くなり、自律神経が正常に整いやすくなりますのでおすすめです。急に運動をするのは負担があるという方は、一駅歩くなどのウォーキングや、スイミング、ランニングなど、運動しやすい簡単なものから行っていくと良いでしょう。
人とのかかわりの中には予想外の展開も多いので、予防策を考えておくと、急な変更にもイライラせずに対応できるのでおすすめの方法です。事前に、いくつか方策を考えておくと、不測の事態に陥っても、冷静に対応することが出来ます。イライラすればするほど、ストレスを貯めてしまい、体によくありませんので、自分の心を守るために、気を付けていきましょう。
ストレスを溜めないように、タイプ別にストレスを溜めない簡単な方法やコツをご紹介してきました。ちょっとした気持ちの切り替えで、ストレスを溜めにくくすることが出来ますので、是非、今回ご紹介した方法をお試しになってみることをおすすめします♪ストレスと上手に向き合っていきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a8/a89617917a363fc58041786a20dc7ff4_t.jpeg