Wqpz2tzpzqjhl9unask6

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

【シャンプー 】シリコンとノンシリコンの違いは?成分や効果を解説

2018.07.28

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いを知らない人も少なくなりません。この記事では、成分や髪・頭皮への効果などシリコンとノンシリコンの相違点についてご紹介します。メリットやデメリットについても触れていきますので、シャンプー選びの際にお役立てください。

  1. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い①:シリコンとは
  2. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い②:シリコンはベタつく?
  3. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い③:シリコンのメリット
  4. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い④:シリコンの成分について
  5. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い⑤:シリコン入りに向いている人とは
  6. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い⑥:ノンシリコンとは
  7. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い⑦:ノンシリコンのメリット
  8. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い⑧:ノンシリコンのデメリット
  9. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い⑨:ノンシリコンが合う人
  10. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い⑩:おすすめのノンシリコン!
  11. まとめ
シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーには、いくつか違いがあります。それぞれの特徴や合う人・合わない人がありますので、参考にしてみてくださいね!
Yowg7qxvyffrauot6wu6
シリコンとはそもそも何なのでしょうか。シリコンは、シャンプー以外の領域でも使用されているものですので、安全性には問題ありません。別の領域とは、コスメやコンタクトレンズです。医薬品として活用されているものですので、身体にものすごく大きな影響があるとは言えませんね。
Vb95khhixtnmmc269qfd
コンタクトやシャンプー以外でも、柔軟剤やワックスなどに使用されているのがシリコンです。シャンプーの中に入っている場合は、コーティング機能となりますね。髪の毛を保護するために、活用されるものです。
Bjepatgziwgxbiokhqqw
「シリコンシャンプー=ベタつき」というイメージがあるかもしれませんが、シリコンだけが原因でベタつくとは言えませんね。種類によってはシリコン入りだとしても、ベタつくことはないでしょう。
Vf17emysxihcixvmtnxn
シリコン以外の成分によって、ベタついてしまうこともあります。シリコンの量によっても異なるでしょう。もちろん、もともとの髪質やその時の髪の状態にも影響されますね。いずれにせよ、「シリコンだからベタついてしまう」というイメージは持たなくても良いですね。
Abvz4nq8sjwtanaye4ox
髪の毛の状態によっては、シリコンシャンプーを使ったほうが良い時もありますね。コーティング機能があるシリコンですので、良い状態であれば必要ありませんが、そうではない時はシリコン入りシャンプーを検討してみてみくださいね。
Gm9p1tw2oi1metculqnl
シリコン入りシャンプーを使用するメリットは、まず静電気の防止になることですね。パサパサの髪の毛や絡まってしまう時も良いでしょう。このように、髪の毛を保護するシリコンは、さまざまなメリットが考えられます。シリコンが含まれていないシャンプーなどもありますが、もしかしたら人によっては物足りないと思うかもしれません。
Pi2yqr7ilohevqri8l81
もしシリコンを避けたいのであれば、成分を見て判断するようにしましょう。シャンプー以外にも、シリコンは入っているものですので、成分チェックは欠かせないことですね。
Krxrrsslipol6nniflt2
「シリカ」「シクロメチコン」はシリコンとして認識しておくと良いでしょう。他にも、「…ポリマー」「ジメチコン」はチェックしておいてください。シリコンに限らず、シャンプーやコンディショナーの成分確認は重要です。
U0un6rjxtlgza2z8iasr
ダメージヘアであれば、シリコン入りのシャンプーでも良いかもしれません。なぜなら、前述してきた通り、シリコンはコーティング=保護する機能がありますので、ヘアケアになると言えるでしょう。細い髪の毛の人も、シリコンで良いかもしれませんね。髪の状態や髪質によって、シリコン入りかそうではないかを選択してください。
Unua7nthiymfdcga4n9p
髪の毛が広がってしまう人や乾燥している人、引っかかりやすいと感じている人も、シリコン入りが適しています。髪の毛の状態によっては、ノンシリコンではないほうがベターな時もありますので、シャンプー選びの際に気をつけてくださいね。
Cmbnv4e90qhe4pqz40og
コスメやシャンプーにおいて、食べ物と同様にオーガニックな商品は話題ですよね。ノンシリコンシャンプーは、これらと同様で、シリコンが入っていないからこそ人気があり、身体への影響が少ないと認識されています。シリコンは肌トラブルの原因と言われることもありますので、敏感肌の人は使いたくないところですよね。シリコンは染髪やパーマにおいてもジャマになるかもしれません。シリコンと比較することにより、ノンシリコンシャンプーが高い人気を誇る訳がわかりますよね。
Ih9uk51cabwnrpwqjyze
テレビや雑誌などで、「ノンシリコン」を見かけることはよくあることですよね。そのため、周囲の人がノンシリコンシャンプーを使用している可能性は高いでしょう。シリコン・ノンシリコンの相違点を理解しているかどうかはわかりませんが、多くの人がノンシリコンシャンプーを使っていますよね。
I6c0uvbue54mya4un2dr
ノンシリコンシャンプーは、頭皮に優しいタイプと言われています。仕上がりも軽く、髪の毛や頭皮の状態によっては、オススメのシャンプーですね。
Noxf0ncpyvxid5ykzgvm
パーマやヘアカラーにおいても、ノンシリコンシャンプーのほうが浸透しやすいでしょう。染髪がしにくいと言われるシリコンですが、それほど違和感を覚えない人もいるようですね。なので、あまり気にしなくても良いかもしれませんよ。
Mltavcstsdzypammfwgs
デメリットについていくつかご紹介していきます。まずは、ヘアカラーが落ちてしまうスピードが少し速いことですね。髪の毛がパサついてしまう人も多いはずです。ダメージヘアの人は、少し物足りないと感じる可能性もあるでしょう。
Gbxeffbi8v6x9iy72gto
もちろん、デメリットは、裏を返せばメリットになりますし、人それぞれ感じ方が異なるはずです。では、ノンシリコンシャンプーにぴったりの人は、どのようなタイプの人でしょうか。
Lzq545qqnsi6nozpcgmg
ノンシリコンシャンプーをオススメしたい人は、しっかりした毛質の人ですね。太い毛の人もノンシリコンシャンプーで良いでしょう。その逆で、細い毛質の人は、シリコンシャンプーが良いのではないでしょうか。
Kvodkcu98xvpsofunklw
ツヤのあるタイプも、ノンシリコンがぴったりですね。染髪していない人も合うでしょう。ダメージがひどい人などは、シリコン入りシャンプーのほうが良いかもしれませんね。種類によって合う・合わないは必ずあるものですので、口コミなどもチェックしてみてください。
haru 黒髪スカルプ・プロ 400ml 約2ヶ月分
価格 ¥ 3,970
ノンシリコンかつアミノ酸系シャンプーである『haru 黒髪スカルプ・プロ』はオススメの商品ですね。白髪の改善や抜け毛対策にもバッチリですよ!100%天然由来成分で髪の毛をすっきりと洗い上げることができますね。
Ykudgtzglwujih8ygoji
シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いについてご紹介してきました。それぞれのメリット・デメリットを理解することはとても大切ですね。間違った使用方法では、髪の毛のダメージを加速させてしまう可能性がありますので、ご注意ください。成分は必ず確認しましょう。
Tmkdp807t6b96md81au2
シリコン・ノンシリコンの相違点だけではなく、アミノ酸系・弱酸性・高級アルコール系・石鹸系など、さまざまな種類がありますので、それぞれの成分や特徴を把握することも重要でしょう。そしてヘアケアのためには、運動や食事なども無視できません。ドライヤーのかけ方ひとつで、頭皮などにダメージを与えてしまう可能性がありますので、シャンプー以外のヘアケア方法もチェックしてくださいね!