Cqh0hsu898vlrsemhezi

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

シャンプーは毎日だと薄毛やふけに?頭皮などへのデメリットもご紹介

2018.06.05

ほとんどの方が毎日シャンプーをしていらっしゃいますよね?髪がすっきりとしますし、気分もリフレッシュできます。でも、毎日のシャンプーはふけや薄毛の可能性、頭皮などへのデメリットがあることをご存知でしょうか?今回はシャンプーの回数についてまとめてみました。

  1. 毎日のシャンプーにはデメリットがあった
  2. 毎日のシャンプーのデメリット|薄毛になる
  3. 毎日のシャンプーのデメリット|キューティクルがはがれる
  4. 毎日のシャンプーのデメリット|頭皮がかゆい
  5. 毎日のシャンプーのデメリット|ふけが出る
  6. シャンプーの回数はタイプで変わる
  7. 毎日シャンプーしたいときはシャンプー剤を使わない方法も
  8. シャンプーの正しい方法がかゆい頭皮や、薄毛、ふけを防ぐ
  9. 毎日シャンプー派は、刺激の少ないシャンプーを選んで
  10. 自分に合ったシャンプーの回数で、かゆい頭皮や薄毛、ふけにさよならを
ほとんどの方は、毎日のようにシャンプーをしていらっしゃるのではないでしょうか?
Levupqffwsjmfkpogule
日本人は、毎日のようにお風呂に入り(シャワーを浴びる)、そのたびにシャンプーをしている方が多くいらっしゃいます。
一方、海外などでは、週に3~4回程度のシャンプーの方が多いようです。
お風呂に入る=シャンプーをするが習慣化されているのかもしれませんね。
Jxidqabmduyppgxctqmw

毎日シャンプーをするメリット

そんな、毎日のシャンプーのメリットはどんなものがあるのでしょうか?
やはり、清潔さと、髪も気分もすっきりとリフレッシュできることが、1番のメリットなのではないかと思います。
ところが、毎日シャンプーをすることで発生してしまうデメリットがあるのです。
F8rxm7wvrhakkz5wb1gw
毎日のシャンプーのデメリット、その1番目は薄毛になることでしょう。
Q7fnclbdket9ulrzh8t5

シャンプーで薄毛になる理由は

シャンプーによって、皮脂を洗い流してしまうと、頭皮は皮脂が不足していると思ってしまうため、新たに過剰な皮脂を分泌してしまいます。
その皮脂を補うために、皮脂腺がどんどん発達していき、本来なら髪の毛にいきわたるべき栄養の多くが皮脂腺に流れていってしまうのです。
そのために髪の毛は栄養不足となってしまい、短いうぶ毛のような髪になっていきます。薄毛や抜け毛の原因と言われるのは、このためなのです。
Mrzoblu6jlvxax9zlkqq
シャンプーの頻度が高いと、シャンプーのたびに髪はこすれあい、髪の表面のキューティクルが開いたりはがれたりしてしまいます。
表面のキューティクルがこのような状態になってしまうと、髪はパサついてしまいます。切れ毛や枝毛にもなりやすく、ツヤのない傷んだ髪になってしまうのです。
Jjgrqj3sf6q8vnphshmq
毎日シャンプーをしていくと頭皮がかゆくなってしまうことがあります。その原因は何なのでしょうか?

かゆい頭皮の原因は

頭皮には、外からの異物の侵入を防いだり、皮膚の中の水分量の蒸発を防いだりするためのバリア機能があります。
市販されているシャンプー剤には、とても強い洗浄成分が含まれていることが多いので、シャンプーのたびに、頭皮のバリア機能を形成している、角質細胞内の天然の保湿因子や、油溶性の細胞間脂質を溶かしてしまい、バリア機能を弱めてしまいます。
お顔などのお肌にも言えることなのですが、バリア機能が弱まってしまった頭皮は、乾燥してしまい、外からの刺激に対して弱くなってしまいます。ちょっとした刺激にも、かゆみや炎症を起こしやすくなってしまうのです。
Dwbiitw6krwudenvwbaq

ふけが出やすくなってしまう原因

シャンプー頻度が高い場合、過剰に皮脂が洗い流されてしまいます。そのために頭皮のバリア機能が弱められてしまい、頭皮は乾燥していきます。
乾燥した頭皮は、炎症を起こたり、かゆくなったりすることはお話ししましたね。それと同時に、うるおいを無くした頭皮はふけが出やすくなってしまうようです。
E8alzbnfzlvjkonj3xla

シャンプー頻度が少なくてもふけが出る原因

ご自身にとってのベストなシャンプー頻度より少ない場合は、垢やホコリなどが頭皮の毛穴に詰まりやすくなってしまいます。皮脂もどんどんたまっていってしまいますので、さらに頭皮の状態は悪化していきます。
こんなときも、ふけが出やすくなってしまうのだそうです。シャンプーの回数が多くても、少なくてもふけが出やすくなってしまいます。ご自身に合ったシャンプーの回数が大切なことがよくわかりますよね。
Nkkniwoxj1lavjdmug8f
それでは、どんな方がどのくらいのシャンプーの回数にすればよいのでしょうか。
Vv6tvh2bxa7soddbu1nx

頭皮や髪に油分が多い方や、ホコリなどの汚れがつきやすい環境の方

答え:毎日
頭皮に皮脂が多い方や、頭皮や髪に汚れがつきやすい環境にいらっしゃる方は、毎日シャンプーをするほうが良いと言えるでしょう。
頭皮や髪に、皮脂や汚れの多い方がシャンプーの回数を減らしてしまうと、頭皮の毛穴に、垢や汚れが詰まりやすくなってしまいます。さらに皮脂もたまっていきますのでよけいに詰まりやすい状態になってしまいます。
特に、男性の方は女性に比べて皮脂が多いので、毎日シャンプーをしたほうが良いと言えるでしょう。
スポーツや仕事などで、ホコリや汚れがつきやすい環境にいらっしゃる方も毎日シャンプーをして、髪の汚れを洗い流したほうが良いようです。
Acgw3vq6xjgzx22fjjh4

髪が細い方や、頭皮や髪が乾燥しやすい方

答え:1日以上開けた方が良い
髪や頭皮の油分が少ない方や、年齢的なものなどで頭皮が乾燥しやすくなっている方は、1日以上の間隔をあけてあげる方が良いでしょう。
このような方たちが毎日シャンプーをしていると、余計に頭皮が乾燥してしまい、髪の毛もパサついてしまいます。
パサついたり乾燥がひどくなってしまうと、頭皮がかゆくなってしまったりふけが出やすくなってしまうことになりますので、シャンプーの間隔をあけ、頭皮の保湿を心がけてください。
また、加齢によっても頭皮は乾燥しがちになってきます。年を重ねることで、頭皮の皮脂量は減少していきます。お肌が乾燥してきたと感じる方や、白髪が増えてきたなと感じる方も間隔をあけたほうが良いようですよ。
Zrd9s0p0qi4ib9zd4kac

自分に合ったシャンプーの回数を見つける方法

シャンプーの頻度を調節するときは、シャンプー後のご自身の髪の状態を見ていきます。1日ずつ間隔をあけながら、べたつきのないくらいの髪の状態を保っている期間を見ましょう。
季節によっても、シャンプーの回数を調節することが必要です。夏の暑い日に汗をかいているなら、毛穴が詰まりやすい状態ですので、洗い流してあげましょう。
Pegaupxnewu5dykk84m1

薄毛や、かゆい頭皮が気になるけどシャンプーもしたい方

毎日のシャンプーにデメリットがあっても、シャンプーがしたい方はいらっしゃいますよね。
そこでご提案したいのが、シャンプー剤を使わない髪の洗い方です。
Zgnaakc2jujgvwdf7f39

シャンプー剤を使わない髪の洗い方

●髪を洗う前にブラッシングをしておきます
●お湯で十分に髪を濡らし、指の腹でマッサージをするように洗ってください
Mpcehh5vo2cz7pwbychh
このお湯で洗い流すだけの方法では、落としきれない汚れもありますので、シャンプー剤を使った洗髪と、シャンプーを使わない日を組み合わせていくと良いですよ。
湯シャンと言われるこの方法に塩を加えるやり方もあります。塩を加えると、アルカリ性になり、お湯だけでは落ちにくい垢やタンパク質の汚れを落とすことができるようです。
Ldmjodcyezqvj7tpppym
無意識に行っているシャンプーですが、正しい方法で行うことで、頭皮や髪への刺激を減らすことが出来ます。
O3g01ra5nr5znqaiw2yd
①シャンプー前にブラッシングをして、頭皮や髪の表面の汚れを落とす
②すすぎを3分程度行い、ブラッシングで浮かせた汚れなどを洗い流す
③シャンプー剤を手に取って、手のひらで泡立たせる
④泡立ったシャンプーを髪につけ、指の腹でマッサージをするように洗っていく
⑤シャンプー剤が残らないように、最初のすすぎより丁寧にすすいでいく
Cvyi6hlguj0c0qkfdamh
このようにシャンプーをすると、頭皮に与える刺激を少なくすることができますのでおすすめですよ。
それでも毎日シャンプーしたい方はいらっしゃいますよね。その場合は、できるだけ刺激の少ない成分が入ったシャンプーを選んでみてください。
一般的なシャンプーは、洗浄力がとても高いものが多いのですが、アミノ酸系のシャンプーなどは刺激の少ないシャンプーになります。こういったシャンプーを選んでみてはいかがですか?
Yh618rh09wogrjhdlzih
シャンプーの回数が頭皮トラブルの原因になっていたとは驚きですよね。ご自身に合ったシャンプー回数を守ることで、かゆかった頭皮や薄毛や抜け毛、ふけにさよならしませんか。
P27gxq4bzhq7x0jtcgfl