Jy18tv7pnflia4hlmlao

ごはん

CATEGORY | ごはん

節約の食材は何を使うのがベストなの?スーパーで買えるおすすめ食材10選!

2020.07.27

節約の食材は一体何を買ったら、節約できるのでしょうか?節約の代名詞のような食材は、納豆にもやし、そのほかにどのような食材があるのでしょうか?節約するために、どのような食材で献立を立てれば良いのか、スーパーで買えるおすすめ食材を見てみました。

  1. 節約するときに考えられるおすすめの栄養を考えたレシピの1週間を作る買いだめは?
  2. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・冷凍できる野菜を選ぶ
  3. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・レトルト食品他乾物類
  4. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・野菜は旬の野菜を買う
  5. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・卵
  6. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・スプラウト
  7. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・根野菜
  8. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・大豆類
  9. 節約の1週間おすすめできる栄養を考えたレシピを作る食材・たんぱく質を多く含む食材
  10. まとめ
節約するときに、スーパーなどに行く回数を減らすことが大事だといわれる人が多いです。それは、最もなことで、節約するときは、忘れたものを買いに行くと必ずそこで余分なものを買ってしまいます。1週間のレシピを決めて、買いだめするにはどのような食材を選べば良いのでしょうか?1週間の食材選びを見てみました。
節約するなら買ってきた素材を長持ちさせる方法を知ることが大切です。豆腐はタッパーに入れて豆腐に水がかぶるくらいに入れます。水を毎日変えて3~4日は持ちます。葉物野菜は根元から1分ゆでて、ざるに取り冷や水で冷まし、ペーパーを敷いた容器で密封して、4~5日持ちます。ネギなどは小さく切って冷凍すると、そのまま使えます。
大葉などは瓶の底に水を少し張って、茎を下にして立ててビンに入れ1週間ほど保存できます。しめじは根を切って小分けして冷凍保存します。キャベツなどは、ティッシュに水を含ませ芯にあてて、新聞紙かサランラップでくるんでおくと、結構長持ちします。ティッシュは乾いたら変えます。
タマネギ、カボチャ、キノコ類は冷凍しても味がほぼ変わりません。タマネギはスライスしてジップロックに入れておくと良いですが、このときに気をつけないといけないのは、小分けしておくことです。
カボチャは食べやすい大きさに切って火を通して、ジップロックに入れて冷凍すればよく、キノコは食べやすい大きさに切って、ジップロックに入れて冷凍すればよいです。このとき火を通したものは、冷めてからジップロックに入れ、できるだけ空気に触れさせない方が栄養価はにげません。
賞味期限の長いカレーやハヤシライスルーなど、簡単に作れるものを安いときに購入しておくと、とても助かり節約になります。また、調味料やパスタ、乾麺、インスタント食品、缶詰類、乾物類などもお値打ちなときに賞味期限を見て、買いだめをしておくと、いざというときに役に立ちます。
バターやチーズ、ベーコンやウインナーなど、賞味期限の長いお肉の加工食品もお値打ちなときに、購入しておくことが、ちょっと料理の献立の彩が悪いときなどに、役にたちます。ただし、あまり加工品は食べないように心がけることも、健康には大切です。ナッツ類や、お酒類などもお値打ちなときに購入すると節約になります。
ハウス野菜が出回っている現代ですが、野菜は旬の野菜が、一番栄養価が高くお安いです。節約するなら、旬の野菜を取り入れた献立を作ることが大切です。

1月~3月の旬の野菜

白菜、春キャベツ、大根、小松菜、ほうれん草、レンコン、カブ、カリフラワー、ゴボウ、春菊、せり、セロリ、なのはな、ねぎ、ブロッコリー、ほうれん草、みずな、ゆりねなど

4月~6月

うど、おかひじき、グリーンアスパラ、グリーンピース、クレソン、ごぼう、さやえんどう、そらまめ、タケノコ、タマネギ、ニラ、ねみつば、ふき、しいたけ、アスパラガス、ジャガイモなど

7月~9月

えだまめ、オクラ、カボチャ、キュウリ、くうしんさい、ゴーヤ、さやいんげん、しし唐辛子、しそ、ズッキーニ チンゲン菜、つるむらさき、とうがん、とうもろこし、とまと、なす、ニラ、パプリカ、ピーマン、ミョウガ、モロヘイヤ、レタスなど

10月~12月

カブ、カリフラワー、キャベツ、くわい、ゴボウ、こまつな、春菊、セリ、セロリ、大根、ニンジン、ネギ、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、ゆりね、ルッコラ、レンコンなど
卵の栄養価はみな様もご存知だと思います。なのに、価格が他の食材に比べて余り上がっていないところが、とても嬉しいです。卵はスーパーフードといわれ、1日の摂取制限がないことをご存知ですか?
つい最近までコレステロールが高いので、1日2個までと思っている人も多いですが、その後の研究から1日2個以上食べても問題がないことが分かって、生食で食べられる期間は、賞味期限と書かれている期間です。
パックごと冷蔵庫に保存すると鮮度が長持ちするといわれていて、冷凍保存などは細菌が繁殖しやすいので、避けた方が良く、ゆで卵は皮をむいてない状態で、3日以内で食べることが望ましいです。
スプラウトは発芽するという意味で、現在ではブロッコリースプラウトだけでなく、いろいろなスプラウトがでています。このスプラウトには、成長した野菜よりも栄養が豊富に含まれていて、少しの量で栄養価が高いです。
価格が100円前後で、私も良く買いますがブロッコリースプラウトには、スルフォラファンという解毒作用と、抗酸化作用による効果が高く、がん予防やピロリ菌の駆除などにも効果を発揮します。スルフォラファンは大豆レシチンと同時に摂取すると吸収率が高まるといわれています。
加熱調理にも強いですが、水に溶けやすいので、煮た場合は煮汁も一緒に飲むと良いでしょう。スプラウトのうちで、一番栄養価が高いのがブロッコリースプラウトです。これを節約術にくわえると、栄養が補給されます。納豆などの彩に、上に少し載せるだけでも違って、生で食べられますので、サラダにも入れると栄養補給になります。
根野菜は日持ちもするので、値打ちなときに購入すると良いです。タマネギ、ジャガイモ、ニンジンは常時購入しておくと便利です。ニンジンはカロテンの量がダントツで、免疫力強化、皮膚の粘膜や、がん予防、アンチエイジング、視力維持、などの効果が期待できます。
節約するのに大豆製品を除いては、節約と栄養は摂れません。栄養を取る上でも大切な食材です。豆腐、アゲ、納豆などの大豆製品を取り入れることが大切です。大豆はたんぱく質が多く、きな粉や大豆(乾)には35g前後のたんぱく質が含まれています。また、高野豆腐をなども、たんぱく質が49gと多く含まれています。たんぱく質は私たちの体にとってとても大切な栄養素です。
最後にたんぱく質は私たちの体を形成しています。たんぱく質の不足や過剰摂取は病気をもたらします。1日に成人男性が必要とするたんぱく質の量は成人男性で60g、女性で50gといわれています。30歳以上からは大体これぐらいのたんぱく質を摂ることが必要です。子供の場合はもっと多くのたんぱく質が必要となります。
たんぱく質が多く含まれる食材というと、食事の主となる部分です。お肉、魚、豆類、穀類です。これらのたんぱく質を男性で65g、女性で50gですが、これは平均で、運動量の多い人はこれの2倍必要となります。また成長盛りの子供にはもっとたくさんのたんぱく質が必要となります。たんぱく質は私たちの体のすべてを作っているのです。ですから、成長盛りの子供に食事で我慢をさせることは、成長を止めることにも繋がりますので、子供には十分な量のたんぱく質を食べさせることが必要です。
「節約の食材は何を使うのがベストなの?スーパーで買えるおすすめ食材10選!」を見てきましたが、やはり健康があって節約が生きてくるので、節約ばかりに気を取られ、栄養が偏っては何もなりません。節約しながら栄養価の高い食材を選び、健康な体を維持することがとても大切です。
この中で、果物を入れなかったのですが、果物はとても高いです。安いといえばバナナぐらいですが、バナナも皮が傷んでいても、中身は全く何にもなっていないものが多く日持ちはしやすいです。また、お店で安くするときがありますので、バナナも節約の食材になります。インスタント食品を食べるより、バナナを1本食べる方が栄養はあります。また、果物は毎日食べたいですが、安く買うには旬の果物を買うことです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhLK--og2IY/?tagged=%E5%8D%B5