Ga7dlqwkbnxrfl5mtg25

暮らし

CATEGORY | 暮らし

節約志向の主婦におすすめ!貯金につながる節約術10選!

2018.05.15

節約志向の主婦におすすめの、家計を支える節約術はどのようなものがあるでしょうか?ブログで有名な方のアイデアとはどのようなものなのでしょうか。貯金するためのポイントや、節約できるレシピなども紹介していきます!是非参考にしてください!

  1. 節約志向の主婦におすすめのブログ藤原家のレシピのポイント
  2. 節約志向の主婦におすすめの貯金のできる節約のポイント・家計簿をつける
  3. 主婦の節約におすすめは貯金ができる食事見直しポイント
  4. 主婦の節約におすすめは貯金ができる固定費見直しポイント
  5. 主婦の節約におすすめは貯金ができる光熱費見直しポイント
  6. 主婦の節約におすすめは貯金ができる保険見直しポイント
  7. 主婦の節約におすすめは貯金ができるスマホを使いこなすポイント
  8. 主婦の節約におすすめは貯金のできる家でできる副業を考える
  9. 節約志向の主婦におすすめの貯金ができる節約ポイント・化粧品とファッションの見直し
  10. 節約志向の主婦におすすめの貯金のできる節約ポイント・ポイントを貯める
引用: http://buzz-press.com/wp-content/uploads/2015/07/mikimama-dannna.jpg
5人家族のテレビでも活躍され、レシピ本も発売されている、みきママブロガーさんは、節約しながら、節約レシピを公開しています。レシピ本が大ヒットして、節約レシピなのに豪華夕食のアイデア満載レシピが、ブログでも公開しています。
Dz8gtvtz4vhlq3ik1fge
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20160827%2F75%2F7766565%2F52%2F500x333x6915fec60653e360ac5a87ef.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
アイデアの豊富な人は積極的に、自分の節約した食事のレシピを載せて、発表することも副業に繋がり、節約が楽しくなってきます。お料理は個人個人の発想で、レパートリーが広いですので、ブログで紹介していくのも節約の一つかも知れません。節約志向の主婦におすすめする、貯金のできるポイントをご紹介します。
Bpbgph9xpwa40i0lbbov
引用: https://lh6.ggpht.com/PPEBRfj-OJW5vTdu7Fn7qZOYnGGDa1LTABOYafTWZhcjfnogqhTyFldd3cGng3VISQ=h310
節約するのに、まず、最初にやれることは家計簿をつけることです。ノートにつけていると、つけたことで満足に陥ります。そこで利用したいのがスマホです。家計簿をスマホにある、自分好みのアプリを見つけて、スマホに家計簿を取り入れると、グラフ化されて何が、節約しなければいけないものか分かってきます。

食費の見直しのポイント

節約志向で一番に皆さんがブログなどで書いておられるのが、食費の見直しです。確かに食費の見直しは大切で、食費が高くかかっているから、良いものを食べているとも考えられません。食費も見直しをしなければ、主婦としての腕前を見せることができません。
節約志向のブログには、自分の節約レシピを投稿し、みんなから共感を得ている人たちがいます。節約レシピを作ったら、自分のブログで紹介すると、結果が後からついてくるかも知れません。

無駄を改める

そのときに気をつけなければいけないことは、あくまでも健康があっての節約だということです。現在は飽食の時代といわれ、食べ物があり過ぎて栄養のあるものを捨てている時代です。例えば、大根の葉っぱなどはとても栄養価値があります。しかし、ほとんど葉っぱが切って売られています。
大根の葉っぱとアゲなどと一緒に、バターやバージンココナッツオイルなどで炒めて甘辛くすると、とても美味しくご飯のおかずになります。そのように、節約というのは我慢して食費を切り詰めるのではなく、無駄を改めることが大切です。
レタスなどでもほとんど上の葉っぱを捨てる人が多いです。しかし、栄養は上の方が栄養はあるのです。栄養のあるものを捨てて、栄養のないところを食べる、ブロッコリーでもブロッコリーの茎に栄養があり、また、スライスして炒めても生でもとても美味しいです。
そのように、野菜でも捨てるところを少なくすれば節約できます。いろいろな節約ブログを見ていて感じることは、楽しんで節約レシピを作っていて、みんなからの賛同を得ると、また、嬉しくなって書いている人が多く、節約することを楽しんでられます。
光熱費は後で詳しく説明するので、固定費についての見直しを見てみます。固定費は車にかかる駐車料金や、ローン、家賃、新聞代、保険料などです。家賃を見直すと、大きく節約ができますが、やはり、簡単に家を変わることもできません。その土地のその場所には多くの知人ができて、見直しが簡単にいかないのは確かです。
とすると、後保険料や駐車料になります。保険料は早いうちに見直す方が、保険を早い年齢で入った方が安くなりますので、見直しが本当に節約になるのか?これは専門家に良く相談して決めた方が良いように思います。また、駐車料金は少し不便だけど少し遠くになると安い駐車料金のところもあります。

節約のため車を手放す

また、街の中ならいっそのこと車を手放す方法もあります。休みドライブなど行きたいときは、カーシェアを使うと安く済みます。また、新聞を隅から隅まで読まないのであれば、新聞を取らないのも一つの方法です。車と新聞を手放したら、可なりの金額が残りますので、節約に驚かれるかも知れません。

節約のため新聞を取らない

毎日の情報はネットから無料の情報を得ることです。情報はネットの方が早いことがありますし、また、新聞の情報をそのまま載せていることもあります。

水道代の節約術

お風呂の入り方を見直します。シャワーを浴びるときは、お湯を出しっぱなしにしないで、身体や頭を洗っているときはシャワーを止めます。洗濯機はまとめて洗う方が水道代も、電気代も節約できます。お風呂の残り湯を利用します。

ガス代の節約術

ガス代を節約するには、お風呂の入り方の見直しが必要です。お風呂は沸いたらお湯が冷めないうちに、家族が順番に入り、追い炊きを何度もしないようにします。料理をするときは、鍋に蓋をしてお湯をわかしたり、ゆで卵や煮物はガスを止め予熱で調理したり、すると節約できます。

電気代の節約術

古い家電を買い替えて、電気の節約をします。LED照明を利用します。冷蔵庫は壁や棚にくっつきすぎないように置きます。中身は詰込みすぎないように、冷凍庫はしっかりと詰めて入れます。テレビは見たいときだけにつけるようにして、音楽を聴くときはクラシック音楽でも流しておくと、身体に良い影響を与えます。
保険料の見直しは安いから節約になると考えるのは、少し早とちりのところもあります。保険料を見直すならやはり専門家に聞いた方が良いですが、その、専門家も商売ですから、自分の都合の良い保険を勧める人もいます。
私が経験上から思ったことは、市や県がやっている共済保険の保証は十分ではありませんが、掛け金が安いので、掛けておくメリットはあると思います。保険はいざというときに必要なお金ですが、いざというときがない方が本当は喜ばしいことです。
しかし、長い人生何が起こるか分かりません。生活に無理のない掛け金で掛けるのが間違いないでしょう。何かもし起こったときは、掛けていてよかったと思うこともありますので、保険が無駄であるとは思えませんが、無理な掛け方は生活を圧迫してしまいます。
通信費の節約は大きく、固定費などの通信費を見直すと大きな節約になります。一度見直すと継続的な節約ができますので、通信費の見直しはマスト(必須)です。格安SIMカードを使うと通信費の節約ができます。
アップデートの必要のあるアプリをWi-Fiに接続すると、Wi-Fiを使ってアップデートしてくれるので、データ通信料の節約になります。また、動画の自動再生をオフにして、通信料を節約できるのは、Facebookに投稿された動画は、勝手に無音で再生されるので、Wi-Fi接続時のみ自動再生に設定しておくと、通信料を節約できます。
現在は副業をされる人が多くなってきています。主婦がやれる副業といえば、家にいて自由な時間に仕事ができることで、時間に制約のない仕事なら、主婦でも副業が可能です。特に現代はネットを使った副業が多く、ネットには時間に制限されないお仕事が多くありますので、一度あたってみてはどうでしょうか?
また、自分でブログを作って何かを発信していると、いつの間にか副業に繋がることもありますので、考えるより行動に移すことで、お金が舞い込んできてくれるかも知れません。勤めにでて本格的なお給料を得ることはできませんが、家での仕事なら子供を預ける必要もなく、また、洋服代やそのほか諸々にかかる経費が要りません。
女性には絶対マストな化粧品は、高い化粧品を使っているから、肌が良くなるとは限りません。主婦におすすめの化粧品の見直しは、モニター募集に応募したり、試供品を貰ったりして、自分の肌に合うか試すことが必要です。
モニターを募集しているサイトなどでは、しっかりレポートすると、プラチナレポーターとして、化粧品会社から、商品のレビューをオファーしてくることがあります。また、敏感肌でなかったら、プチプラコスメを利用すると、可なり節約できます。
ファッションの見直しは、流行に左右されず、自分らしい服を買って、自分が似合う服を着こなすことが節約志向に繋がるのです。流行を追いかけすぎると自分らしさがなくなります。
光熱費などのクレジット支払いをすると、ポイントが貯まって電子マネーで、ポイントを貯めることができnanacoやedyで買い物をするとポイントが貯まります。チケットや葉書を金券ショップで買うと節約できます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfvJwENH_eq/?tagged=%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%91%89%E3%81%A3%E3%81%B1