Ejdfl2qqehvcvc3oe4rt

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌のかゆみの原因は何?正しい対処法をご紹介!

2018.05.12

季節の変わり目になるとお肌が痒くなるのは何で?そんな時はどうしたらいいの?そんなあなたに肌のかゆみの原因と正しい対処法をご紹介します!皮膚科に行くことも大事ですが、自分でできる対策もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

  1. 肌のかゆみの原因って?正しい対処法は?
  2. 身近な肌のかゆみの原因
  3. 皮膚疾患による肌のかゆみ
  4. 1)乾皮症
  5. 2)尋常性湿疹
  6. 3)皮脂欠乏性湿疹
  7. かゆみが起きやすいお肌の状態
  8. 肌のかゆみに対する正しい対処法は?
  9. 部屋の加湿で肌のかゆみを和らぐ
  10. 肌に優しい洗顔
  11. 肌に直接触れない
  12. 保湿一番のスキンケア
  13. メイクを薄くしてみる
  14. 刺激物を避ける
  15. ストレス発散をする
  16. わかっているアレルゲンを避けてかゆみを防ごう
  17. 掻きむしりたい時は、冷やす!
  18. それでもかゆみがなくならない時はお医者さん
Pllclszgae7qzip7xp18
引用: http://gahag.net/tag/%E9%A0%AD%E3%82%92%E6%8E%BB%E3%81%8F/
季節の変わり目等に起こりやすい肌のかゆみ。 掻けば掻くほど症状が悪化するのはわかっているのに… どうしても痒いから掻き毟っちゃう悪循環。 そんな辛いかゆみの原因って一体何なの?? 正しい知識と対処法でお肌のストレスを撃退しましょう!
Hnvv8f2ndwubb51ahzaw
引用: http://www.skincare-univ.com/article/044677/
日常的に身近にある様々なものがかゆみを引き起こしてしまう刺激になっていたりします。 空気中にある紫外線や細菌やウイルス。家の中にも潜む花粉・ハウスダスト。体に合わない化粧品や洗剤。肌にチクチク刺激してくる素材の衣服。こういった身近なわかりやすい刺激は対処法もわかりやすいですね! 後々、まとめて紹介します。
L6tp9ax4ocrh5myqhneb
引用: http://publicdomainq.net/tag/%E8%95%81%E9%BA%BB%E7%96%B9%EF%BC%88%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%93%EF%BC%89/
お肌の病気には症状の中にかゆみが含まれるものが多いです。 ここで3つほど紹介していきます
簡単に言えば先ほども話に出てきた「ドライスキン」です。 角質層が乾燥しきって剥がれてしまっている状態で、粉をふいたり、悪化するとひび割れてしまいます。乾燥してるなあと思っても、病気だとまでは思わないかもしれませんね…乾燥も立派に皮膚疾患になり得るので油断禁物です
患者さんの数がとても多い疾患です。尋常性湿疹には2種類あって、急性と慢性のものがあります。急性尋常性湿疹の病状は皮膚に紅斑、丘疹、水疱ができ、かゆみが生じます。
秋冬の乾燥する季節に多く、肌が赤くなってしまったりブツブツができ、かゆ苦なる疾患です。お肌が老化してしまっている比較的高齢の方に多く見られます。
Mygp2rpsaqer2tpdrr7j
引用: http://free-webdesigner.com/woman-pose
ここまで三つ紹介させていただいてお気付きの方もいると思いますが、お肌にかゆみだけでなく見た目にも異常がある場合は皮膚疾患の可能性が高いので早めに受診することをお勧めします。
R4sqvtqoexwasch59dzc
引用: http://01.gatag.net/tag/%E6%82%A9%E3%82%80/page/2/
まずお肌の構造は、何層かに分かれています。その外側にある表皮の一番外側の層(角質層)がお肌の乾燥・かゆみに深く関わってくるのです。 この層が普段エアコンの風による乾燥や細菌の侵入、体内の水分を保水してくれています。
Y14u9fqwnhewdmcegpka
引用: https://pixta.jp/tags/%E7%9A%AE%E8%86%9A?search_type=2
肌が痒くなってしまう主な原因はお肌の乾燥とバリア機能の低下。 先ほども言った通り、本来お肌は角質層によるバリア機能で外の刺激から守られ、内側の水分が蒸発してしまわないようにされています。 その角質層の水分量や油分の量が何らかの原因で減ってしまうとドライスキンを引き起こし、お肌を外からの刺激から守りきれなくなってしまうのです。そうなると、肌のかゆみを引き起こしてしまうんですね。 では、大切なバリア機能を低下させてしまう「何らかの原因」に対する正しい対処法とは…??
Xisxhj4yn9yxpxkskab6
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%80%80%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%80%80%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA&srt=dlrank
ここまでかゆみの原因を紹介してきて、乾燥によるものが多いとわかりましたね。原因がわかったらお次は日常的に行える対処法を紹介していきます。
Yohvb1alnoallq4vuvsr
引用: http://any-stress.com/dry-room-humidification
暖房を使ってしまうとお肌が乾燥してかゆみを引き起こしやすくなってしまいます。また、体温が上がっても痒くなりやすいので、暖房器具の使用はできるだけ控えたほうが症状が抑えられます。 加湿器や濡れタオルなどを使って部屋の中の湿度をあげましょう。
Sv7hlyj2vp3i9lddlo0s
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all&sl=ja&pp=40&p=2
肌が痒いと感じている時は洗浄力が高い・スクラブ入り等肌への刺激が強い洗顔料やクレンジングは避けましょう。 低刺激のものやオーガニックのものを使うようにすれば、無駄に大事な角質層の水分・油分が流れないので乾燥肌を防げます。肌荒れが気になって洗いすぎてしまうのも刺激の強い洗顔料と同じく肌の水分・油分を落としてしまってかえって乾燥からの肌荒れを起こしてしまうので要注意です。 洗顔後はタオルで肌をこすらずポンポンと拭きましょう!
G5wuaefqqbfdtwf2j1ue
引用: http://01.gatag.net/tag/%E3%83%90%E3%83%84%E5%8D%B0%EF%BC%88x%EF%BC%89/
痒いからと肌を掻いたり触ったりすると、その少しの刺激からかゆみが悪化してしまいます。また肌に触ってしまうのは清潔とは言えないので、できるだけ触れずに、清潔にお肌を保つとかゆみが治りやすくなります。
Jos82pfnmzmzf3ka0dzg
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E4%BF%9D%E6%B9%BF&srt=dlrank
肌のかゆみの大敵は乾燥。乾燥を和らげるには何よりも保湿が大切です。できる限り洗顔した後はすぐに保湿をしましょう。化粧水と乳液を交互に重ね塗りするミルフィーユ塗りや、コラーゲンやセラミドなどの保湿成分が入っている商品を使ってお肌に保水しましょう。 更に徹底するなら、日中もこまめに保湿スプレーを振ってとにかく保湿です!
Xvijf1ciwxytebiclat5
引用: https://item.rakuten.co.jp/rcmdse/kk-e350730h/
こちらの商品のように市販でも角層のセラミドを保護してくれる保湿ボディーソープなども販売されているのでこういったものを使って肌の乾燥をできるだけ防ぐようなスキンケアをしていくといいかもしれないですね!
Ajlbemcvernfrmmujgor
引用: http://01.gatag.net/tag/%E5%8C%96%E7%B2%A7%EF%BC%88%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%EF%BC%89/
女子たるもの、メイクは絶対にしたいもの。痒いけど、でも。 お化粧品も十分にお肌への刺激・負担になってしまいます。すっぴんのお肌を綺麗にしたい、引っ掻いた跡にファンデーションが取れてしまうのが嫌、そんな時は一旦濃い目のメイクは我慢して肌を休めてあげることに専念しましょう。最近はナチュラルメイクやノーファンデメイクが流行っているのでかゆみを機に挑戦してみるのもいいかもしれないですね!まずは洗顔料でおちるおこなから始めてもいいかも…
Vw8ak9wbz99fpevxobzf
引用: http://www.greengoddesscabo.com/noncrenzingfandetion01.html
Evs7q5dg2tqvczihrpgz
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%BF%80%E8%BE%9B&srt=dlrank
暖房の話と同じですが、体が温まると痒くなりやすくなってしまいます。なので辛い食べ物等汗が出たり体が暑くなるような刺激物はできるだけ避けたほうがかゆみは出にくくなるので、美味しいですが辛いものは少し我慢しましょう…。代わりに、ビタミンCを意識して摂取するとかゆみが治りやすくなります。
Gpjl0e5uk2gbxfi1rygt
引用: https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%A8%E3%82%AC%E6%95%99%E5%AE%A4&srt=dlrank
日頃ストレスは受けてしまうものですが、このストレスもまたかゆさを引き出してしまう原因の一つです。言われてみれば、緊張状態にある時やイライラしてる時はかゆみが出やすい気がしますよね。少しでも辛いかゆみを抑えるためにこまめにリラックスしたり、体を動かしたりしてストレスを発散しましょう。
F3p1rdy7xhm5yjomcmwg
引用: https://1atopy.info/atopy8/
金属アレルギーや何かに対する食物アレルギー等、自分でアレルギーを持っているとわかっているものは極力避けるようにしましょう。料理の中にはその食材が入っていなくても同じ調理器具を使用しているとアレルギー物質が少し入ってしまうこともあるので注意しましょう。金属アレルギーでもお洒落が楽しめるように、樹脂ピアスやピアス用トップコートという商品も発売されているので、そういったものを使ってかゆさを我慢せずにうまくアレルギーと付き合っていきましょう!
Wfjuotfrypligpox71x4
引用: https://store.shopping.yahoo.co.jp/e-housekiya/2650001.html
Chzy3hdfo1sq1pm7vrff
引用: http://free-illustrations.gatag.net/tag/%E6%B0%B7?ssort=__reaction_buttons_4__________-pm&sdir=desc
これは応急処置ですが、どうしても痒くて痒くて我慢ならない!という時は掻くのではなく濡れタオルや氷嚢、保冷剤などを使って痒い部分を冷やしましょう。体温や気温が高いとかゆみは発生しやすい性質なので、冷やしてあげるとかゆみは和らぎます。痒いからと掻いてしまうと症状が悪化してしまうのでここは辛抱です。
Emi2szwugs1ijgdiockb
引用: https://www.pakutaso.com/20130233059post-2472.html
上記で出ている対処法は全部してるけど、それでも痒くて、湿疹まで出てきてしまった、なんて時は専門家である皮膚科のお医者さんに診てもらいましょう。もし既に引っかき傷があったり、じんましんなど皮膚に疾患が出ている場合は放っておくと色素沈着して痕に残ってしまう可能性もあるので早めに専門の治療を受けるのが一番です。
辛いお肌のかゆみには自分にとっての原因を理解して正しい対処をして、かゆみの原因を作らないようにしましょう。できる限りお肌に優しい生活をすること、ビタミンをきちんと摂取すること、保湿保水を心がけることでかゆみが起こりにくいお肌にしていきましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.skincare-univ.com/article/044677/