Hshe274wcn9sjt5s46p1

ごはん

CATEGORY | ごはん

節約メニューでもおいしくご飯を食べよう!1週間のおすすめ簡単レシピ!

2018.05.15

この記事ではブログで人気の簡単な節約メニューながら美味しく1週間を過ごすためのおすすめレシピをご紹介します。アンケート結果をもとに解説していきます。普段の買い出しから見直して、節約上手を目指していきましょう!

  1. 日々のメニュー以前から、一度見直しませんか?
  2. 食費は月にどれくらいかかるの?
  3. 自炊と外食はどっちが節約?
  4. 節約メニューのコツは「まとめ買い」
  5. 節約メニューを調べよう
  6. スーパーのサービスやクレジットカードを活用しよう
  7. 節約メニューは1週間単位で
  8. 節約メニューにオススメの食材・お肉編
  9. 節約メニューにオススメの食材・お魚編
  10. 節約メニューにオススメの食材・野菜編
  11. 節約メニューにオススメの食材・その他
  12. 節約メニューを紹介しているオススメサイト
  13. 簡単レシピで楽しく乗り切ろう
食事は日々の楽しみでもありますが、頭を悩ませることの1つだという人も多いのではないでしょうか。1週間手のこんだメニューを作り続けるのは大変ですし、食費の節約にもつながりませんよね。
最近はレシピサイトや個人ブログでも、簡単に取り入れることが出来る節約メニューが多く紹介されています。それらを参考に献立を組み立てている人も多いと思いますが、新年度に突入したことですし、心機一転、まずは食費から見直してみましょう。
Yyc2lcbgazvikpi1rkil
節約メニューについて語る前に、月の食費がどれくらいかかっているのかを見直してみましょう。住んでいる場所や家族構成などによってバラツキはありますが、アンケートなどを取って調べてみると、下記のようなアンケート結果になっているようです。
X0ol8zwli4epqfstlz3n

一人暮らし

自炊なのか外食なのかによって大きく異なります。一人暮らしが多い20代の場合、食品を購入する平均金額は約30000円、外食費は平均で約10000円程度です。外食が多くなると食品購入費が外食費に流れていくので、アンケートの結果も変わっていきます。
Qzfzdzwaftptf4axgxbk

核家族の場合

大人2名、子ども2名の場合の食品の購入費は、アンケートを平均すると約30000~約40000円程度が多いようです。外食費はアンケート平均で約10000円~約20000円の割合が多いようです。
勿論、子どもの性別や年令、アンケートの質問事項によっても結果は変わってきますが、トータルでは約40000円~60000円になっていることが多いようです。
H8ns90cwzbmljq8k3ebk
自炊派か、外食派なのかという選択肢は、アンケートでも聞かれることが多い内容です。自炊をすることと外食をすることは、どちらが節約になるのでしょうか。
アンケートで自炊と答えた人の中には、食材を買ってレシピにそって自炊をする方が節約になると考えている方も多いかと思います。しかし、人数が少ない場合は、材料費の方が高くなってしまうことも。
S5krelnhlicinn9wkiqj
最近は簡単に作れる時短料理や、揚げ物などの惣菜も安価なものが増えていますので、それらを上手く活用して1週間の献立を考える人も多くいます。後片付けも簡単になりますので、メニューの中に上手く取り入れていきましょう。
Nkg2xln541d7plh0pgwv
節約する大きなポイントは、1週間分の食材をまとめて購入することです。予め節約メニューの掲載されたブログやレシピ本などを参考ににして、献立を組み立てましょう。
Ysogagiggrjntt0s5q9y
日々スーパーに通って特売のものを購入した方が安いのでは、と、思うかもいらっしゃるかもしれませんが、スーパーに行くとお菓子やジュースなど、不要なものをついつい買ってしまうのであまりオススメ出来ません。
スーパーに行く前に1週間分の予算を決めておいて、その予算内で購入するように心がけていきましょう。電子マネーに1週間分の食費をチャージして、それ以外は使わない、という方法を実戦している方もいらっしゃいます。
D42cbltevkwarxq7lk63
食材の予算を決めるためには、どんな節約メニューのレシピがあるのかを知ることが大切です。今はクックパッドや個人ブログなどに情報が溢れていますが、初心者は本を一冊購入してみてください。
ブログなどのインターネットは便利なのですが、その分情報が多すぎて、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。書籍は初心者向けにじっくり解説してくれているものも多いですし、苦手なところを何度も見返す事ができるのでオススメです。
Zs9acne34loia7pza0oj
具体的にどんなものがあるのか、いくつかご紹介しますね。

小林カツ代の永久不滅レシピ101 ― 残したい、伝えたい、簡単おいしいレシピ決定版!

料理研究家として知られている小林カツ代さんのレシピ本は、料理初心者にもオススメ。簡単で美味しい料理が作れるレシピは、忙しいお母さんの強い味方になってくれますよ。小林さんの本は他にも多く発売されていますが、迷ったらこの本を選んでくださいね。

「さくらのおうちカフェ」の幸せごはん

レシピブログの中でも人気がある「さくらのおうちカフェ」で紹介されたレシピが凝縮されています。野菜を使ったヘルシーなレシピが多いので、お肉に頼ったメニューに偏りがちな人にオススメ。ブログ未公開のレシピもありますので、盛り付けを含めて食事作りを楽しみましょう。
スーパーは日替わりや週替り、特定の日付に応じて、様々なサービスを提供してくれています。特に曜日や日付が決っているサービスがあれば、それらを有効に活用していきましょう。
Xnobnazwjtxp0lprr84m
例えばイオン系列の場合、20日と30日に5%オフを実施していたり、特定の日はWAONのポイントが倍になったり、と、お得に買物を出来る日を決めやすいのも嬉しいですね。支払いをWAONやイオンカードにしておくと、ポイントも貯まりますよ。
N4v92gvxysme1lt2x64a
また、支払いを1つのクレジットカードにまとめると、ポイントがたまります。それらをネットショッピングに活用したり、マイルにして旅行に活用したりすることも出来ますね。他にも色々なサービスが受けられたりしますので、自分にとって一番有益になるカードを見極めましょう。
L0xskpsm7icmpgkncunl
1週間の食費は、3000円~5000円以内に抑えることが出来れば上出来です。最初からギチギチに金額を決めると続かなくなってしまうので、500円~1000円程度の予備費を用意しておくほうが無難です。
まずは手元の書籍やレシピサイト、ブログなどで調べて、メニューを1週間分を考えて実戦してみましょう。1週間の見通しを立てることで「何を買えばいいのか」が明確になりますので、食材を無駄にしないことにも繋がります。
Izaaxkeyhkck0sezevua
また、「肉・魚は1000円以内」「野菜は100円以下のものを1000円以内」など、より細かく品目と金額を設定しておくと、予算が何に対してあといくら分残っているのかがより明確になり、管理も簡単になりますよ。
では、具体的にはどんな食材がオススメなのかをご紹介しますね。
Cn8ntnohp0ro5ojfk0bq
肉の場合は、100gの価格設定が100円以下のものを狙いましょう。鶏肉の場合は、鶏胸肉や鶏ささみ肉、鶏ひき肉、鶏もも肉がオススメです。豚肉だと豚こま切れ肉、豚ばら肉、豚もも肉がオススメですよ。
特に鶏胸肉は価格も安く、脂質も少ないのでヘルシーな料理に最適です。パサパサした食感が気になる人もいらっしゃるかもしれませんが、最近はその欠点を補うレシピも多く紹介されていますので、色々な調理法を試してみてくださいね。
Mfwnjuvsw1b0zb2poxq6
肉ばかりではなく、食卓には魚のメニューも並べたいところですね。魚はその日の水揚げによって価格が変動しますので、スーパーに行って特売になっているものを選ぶと、価格も安く鮮度が良いものをゲットすることが出来ますよ。
鮭、サンマ、ブリ、カツオなどが活躍すると思います。近年は最初からサバの味噌煮や焼き魚として販売されているものも多いので、それらも上手く活用してみてくださいね。
Wgxxzwqwiotq2jmizj95
野菜を購入する時の目安は、1個100円以内のものです。やはり旬の野菜は流通も安定して価格が下る傾向にありますので、それらを活用して食卓に取り入れていきましょう。
もやしや玉ねぎ、人参は節約メニューの鉄板食材です。他にはキノコ類も、栄養価高くてかさ増しにはピッタリなのでオススメです。
Qcznwb642l9gnzxmaxgr
粉をまぶすだけで肉や魚を美味しくしてくれるものや、食材を1つ足すだけで良い時短料理など、近年は手間を省いて美味しい料理を作ることが出来る調味料も多く発売されています。それらを調べてメニューに取り入れると、品数も多くなりますよ。
Q4nnxxtpoo3qdhcsr0oi
また、時には惣菜や冷凍食品も活用しましょう。余った食材は冷凍して、次週以降、早めに使うように心がけてくださいね。
1週間分の献立を具体的に紹介しているサイトを、いくつかご紹介します。最初はそのまま真似をしてみても良いと思いますので、好みに応じて使い分けてくださいね。
Faehmaqrtz24eb7wvfuw
写真も多く、見た目にも満足感のあるメニューがズラリと紹介されています。
野菜を中心にしたメニューが多く紹介されているため、野菜不足が気になる人にオススメです。
1週間の食費を2000円で抑えようというびっくりの企画です。おかずをお弁当に使うテクニックとあわせてじっくり読みたくなりますね。
節約メニューでも、日々の食卓を貧相なものにはしたくないですよね。今は時短料理も主流ですので、調理が簡単で安価な食材も多く販売されています。
そして、今はブログやレシピサイトなどにも多くの情報がありますので、それらを取捨選択して、1週間の食卓を楽しく彩りましょう!!
Pts5ps0qfmvtvurbiukz