Dgxfkwh2v03qvj7bkwmw

リラクゼーション

CATEGORY | リラクゼーション

ストレス、あなたは大丈夫?簡単な軽減方法を徹底解説します!

2018.04.30

ストレス症状や頭痛の軽減はどんな方も難しいかと思います。ストレス症状や頭痛は受け止め方や考え方によることが多く、1つずつ軽減ができたとしても、また新たなストレス症状が発生する事は多いです。そんなストレス症状や頭痛の軽減方法を徹底解説して行きたいと思います!

  1. ストレスを感じる
  2. ストレスとは何なのか?
  3. ストレスを感じた時にでる症状とは?
  4. ストレスを遠ざける軽減方法
  5. ストレスに対する受け取り方・考え方
  6. ストレスを感じたら大声を出す
  7. ストレスの元になっている事などを書き出す
  8. マッサージでリラックスする
  9. ゆっくりと湯船に浸かってストレス発散
  10. 睡眠をしっかり取る
  11. ヨガでストレッチをする
  12. まとめ
Mk7cixsel3s6fqxkk0wz
ストレスを感じる事って、どんな人でも少なからずあるかと思いますしとってもつらい物ですよね。人によって感じるストレスの原因は様々ですし、どれが良いとも悪いとも言い難い物が多いかと思います。でもなるべくならストレスを軽減させる事ができたら、心に負担をかけにくくなるかと思います。このページでは、ストレスを軽減させる方法などについてご紹介させて行きます。
Ugx6inn0fygfi2vrdxhr
かなり根本的な疑問ではありますが、そもそも頭痛やストレスとはどんな物なのでしょうか?そもそもストレスと言うのは人によってかなり個人差がある物でもありますね。同じような経験をした人でも、捉え方が違うとストレスを感じていたり、感じていなかったり。その人の捉え方による物とも言えます。wikipediaではストレスはこのように記されていました。
Vth51zxgrgyeggs8ufrc
ストレス(英: stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である[1]。オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味する distress が短くなった単語とされる[1]。ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる[2]。この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。様々なストレス管理の方法がある。(一部抜粋)

Vyq4vqo3mpnzerbaaxcd
ちょっと難しい部分もありますが、生活上のプレッシャーと、そのプレッシャーを感じたときの感覚をストレスと呼ぶのですね。ストレスと聞くとネガティブな事を連想してしまいますが、寒さや暑さなどの生体的な物もストレスに含まれるんですね。
L3e3riq59rmx1yjciezl
ストレスはプレッシャーを感じる感覚と言う事は上の項目で分かりましたが、意外にも自覚していない場合もあります。もちろん症状に個人差はありますし、ストレスに関係なく症状が出ている時もあるかとは思いますが、ストレスを受けた時に起こりやすい主な症状についてご紹介しておきます。心当たりがあれば、ストレスを抱えているのかも知れません。

頭痛・肩こり

X4trbjjmw6q2wv5vjzan

不眠

U86g7mc0ovddfirazwzv

長く続く疲労感

Msvkty53vxaemfrteakl

不安・イライラ

Yvtddeovx1j9x2l6w8ri

食欲が無い

Wlokchtrz4gvcyvwwli4

趣味に興味が無くなる

Velxhkue3ny8wk8qcbhv
上記のような症状が既におきている場合には、頭痛やストレスを感じているかも知れません。あまりに辛く感じるようでしたら、専門医を訪れてみるのも良いかも知れません。他にも気になる症状がある場合にも、無理はしない方が良いでしょう。もっと具体的に知りたい場合には、下のストレス診断もやってみて下さいね。
Xkc6cgwzaau5ircbyypf
ではここまででストレスについては分かりましたね!ここからはストレスを少しでも軽減できる方法についてご紹介させていただきます。あまり深く考え込んでしまうと、新たなストレスのタネを発見してしまったりもします。少し気分転換がてら、軽減できる方法について見てみるのも良いかも知れません。
Axqbvmbjazjoc1ehep74
ストレスや頭痛の原因を取り除く事ができればとっても良いのですが、職場の人間関係だったりすると難しいです。その人との接触回数などは減らす事ができるかも知れませんが、問題自体の解決を目指すのは大変な事だったりもします。ですので、ストレスとの受け取り方、向き合い方を考えておくのも良いでしょう。
無理やり自分の気持ちを曲げるのではなく、違う切り口から状況を考えてみると少し楽になるかも知れません。人間関係でストレスを感じている場合には、むしろ相手の立場になって考えてみると、新たな糸口を掴めるかも知れません。
Flv5gbj2t2embupnss5e
急に1人でいる時に街中で大声を出す!と言うのは難しいですし、白い目で見られてしまいますが一人カラオケなどの専用施設もあったりします。人目を気にせず好きな曲を大声で歌っちゃいましょう。また自分の感情に沿ったような歌詞を歌うとスッキリしますね。また歌を歌う時に腹式呼吸になり、横隔膜を刺激してリラックスする事もできるそう。これは歌の上手い下手、好き嫌いには関係ない事なので、定期的に一人カラオケするのも良いですね!
Nha0fkzmc0jwcnsegdnx
自分の中でモヤモヤしている事について書き出すと言うのは、心の中を整理する事ができます。頭の中でははっきりしているから必要無いかとも思われるかも知れませんが、書き出すと言う事を通して客観的に見る事もできるので、雑な書き方や箇条書きで良いので、モヤモヤしている事、なぜモヤモヤしているのか、自分の気持ちはどう思ったのかなど、浮かんだ事をどんどん書いて行きましょう!
誰かに見せたりする物ではありませんので、どんどん自分の感情を書き込んで行きましょう。脈絡や起承転結が無くても良いです。心のままに書いて行きましょう。また書き出す事で状況をしっかり確認する事もできますので、おすすめな方法です。
Imxi7maqxukeqvqwoz3o
こちらはやってもらっても良いですし、自分でやっても良いのですが根を詰めないようにする方が良いでしょう。自分で思っているよりも、身体中が強張ってしまっている事もありますが、ほぐす事でリラックスする事ができます。頭痛や肩こりなどの症状が出てしまっている時には、ぜひおすすめです。
N377ts98uklzld8anozm
湯船に浸かると血行も良くなりますし、体も芯から温める事ができます。また入浴剤にこだわるのも良いですね。好きな香りに包まれながら、ゆったりとした時間を過ごすと気分も落ち着きます。悪い方にばかり考えてしまう時や、眠れない時にこそ、ぜひ湯船に浸かって見て下さい。目安としては少しぬるめの38から40度ほどの湯温で15から20分ほどです。
ですがあまり無理をしては危険ですので、好きなタイミングで出るようにしましょう。またお風呂に入る前に1杯の水を飲むようにしましょう。湯船に入る事も、肩こりなどの症状に良いですね。
Birjl5nj7fjf8b93xi7m
睡眠はストレスをリフレッシュしてくれる役目を持っています。特に眠りに付く前には嫌な事や悩み事などを思い出してしまって、眠れなくなってしまう事もありますが、これはクセになりやすくなってしまいます。どうしても何か考えてしまう時には、一度起き上がって全く違う事をするようにしましょう。
また睡眠環境も良くして、睡眠の質をあげる必要もあります。枕カバーを肌触りの良いものに変えて見たり、掛け布団を少し重い物にしてみるなど、少しの変化でも意外にすっと眠れるようになったりするかも知れません。また、パジャマを着るようにしてルーティン化してみたり、眠る前30分はスマホやテレビを見ないようにすると言うのも良いと言われています。
Nqthj5x5pbnnbz1im19w
ヨガは無理なく体をストレッチできる方法ですので、気分転換にもなりますしとってもおすすめです。無料動画サイトなどにも真似するだけでできるヨガなどもありますので入浴後、就寝1時間ほど前くらいにゆっくりマイペースに行なって、ゆったりとした時間を作るのも、ストレスを軽減する事ができます。
Eelo2enuqzjapzca935v
最後まで読んでくださってありがとうございます。ここまでストレスから遠ざけるための軽減方法などについてご紹介させていただきました!目に見えない物なので、漠然とした不安感などを感じるばかりだったりしますが、自分の心の声に耳を傾けて、ゆっくりといたわってあげる事も大切ですね。少しずつ自分なりのストレスとの向き合い方を見つけて行けると良いかと思います。