His9s1jnmpkc6a2teuqw

ライフ

CATEGORY | ライフ

節約して貯金しちゃう?!1000万円ためるためのコツ10選

2018.05.15

一人暮らしや主婦の方は貯金するのが難しいですよね。この記事では、ちゃんと節約をしながらしっかり貯金を継続していく、日常生活に取り入れられるコツを10個ご紹介します。1000万の貯金を目指してみましょう!

  1. 貯金を増やして1000万貯めたい!!
  2. 収入が少なくても節約して貯金は出来る
  3. 1.給与が振り込まれたらすぐに貯金する
  4. 2.固定費を見直して節約出来るところを探す
  5. 3.携帯電話代を見直して節約、余剰分を貯金する
  6. 4.外食を控えて節約
  7. 5.休日は節約アイデアで外出を楽しむ
  8. 6.事前に予算を決めてキッチリ節約
  9. 7.クレジットカートを活用してポイント貯金
  10. 8.貯金よりも借金を返すことを考えよう
  11. 9.財布内の小銭を貯金する
  12. 10.ネット通販で安く買って節約
  13. 小さな節約を積み重ねて貯金を続けよう
今後のことを考えて、今からでも貯金を増やしたいと思っている人は多いと思います。しかし、物価が上昇して今後更に消費税があがるとなると、貯金に回すお金がなくなってしまうと思っていませんか?
節約をして生活を切り詰めても、貯金は続けられません。節約は大切ですが、無理をするのではなく、長く、確実に続けられる方法を選びましょう。
Yscwdduarrkqewbuw9nk
引用: https://lh3.googleusercontent.com/5O8cXqNZnC_EDxLRGDTEkl8wj1W9Fo5UmygxuykY1cHFyfmcU1cjSMayigi3Lbp_7Yly=s89
一人暮らしの人も、家計を預かる主婦の人も、すぐに見直して実戦出来る方法をご紹介します。これを続ければ1000万円の貯金も決して夢ではありませんよ。
Jl97jkrlfkhzfpz0mmh3
収入が少ないから、と、貯金そのものを諦めていませんか?元々の収入が少ないと、貯金をする余裕がないと思いこんでいる人も多いと思いますが、日々の生活を見直すだけで、貯金をすることは十分可能です。
Yoajybhaou422qpzmwgm
一人暮らしには一人暮らしの、主婦には主婦の、それぞれの節約術があります。明確に「1000万貯金する」とゴールを決めて、それに向けて今の収入からお金をどう捻出するのかを考えてみると、日々の小さな積み重ねが大きな金額になっていくのを実感することが出来ますよ。
この記事を参考にして、日々の収入と支出の見直しから始めてみましょう。
それでは具体的にどんな方法を実戦していくのかをご紹介します。まずは鉄板なのですが、給与が出たら一定額をすぐに貯金用の別口座に振り込む方法です。これは一人暮らしでも主婦でも実戦出来ますよね。
Irsnwd9kkgba1kue2cei
引用: https://lh3.googleusercontent.com/MnHF_vTveQq9Bcs82BlibQrFo8zNT5IzAn-D6eWDZlyn-wPNoo34dJLCEW7z9O-0NDQf6g=s128
この方法は「先取り貯金」と呼ばれており、様々なメディアでも紹介されている鉄板の貯金方法です。これをコツコツ実戦していけば、毎月必ず貯金が出来ます。「自動送金」や「自動振替」で予め決まった日付に自動でお金が移動するように設定をしておけば、銀行に行かなくても貯金が出来ますよ。
他にも、会社の財形貯蓄制度を活用することで、給与から貯金が天引きされることになります。貯蓄用の口座は手を付けないことが鉄板ですので、生活に支障をきたさない金額がいくらなのかを計算して、月ごとに貯まっていくようにしていきましょう。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kakeibot/imgs/3/2/3242c7a4.jpg
固定費とは、家賃や各種ローン、光熱費、携帯電話の料金など、毎月ほぼ同じ金額を払っている支出です。
節約を始めようと思ったら、この固定費の見直しから始めましょう。一人暮らしと主婦では削ることが出来る箇所も異なりますが、ここを減らす事ができれば大きな強みになります。
もしも節約出来るのであれば、家賃や住宅ローンを見直しましょう。住宅費は支出の中でも大きな割合をしめますので、ここを節約することが出来れば、大きな効果を得ることが出来ますよ。
Iz7jq9ibgkaxavkkfxp9
金額が1000万以上の住宅ローンを組んでいる人は、金利の低いものに乗り換えることで、最大数百万円の節約が可能です。是非、銀行に試算してもらってください。予想以上の金額が算出されると思いますよ。
また、賃貸物件に住んでいる人は、今後を考えて家賃が安い場所への引っ越しも検討してみてはいかがでしょうか。
Ucsj8joien2kzldjg8bd
一人暮らしであれば引っ越しもまだ身軽ですが、主婦ともなると住宅費の節約が難しいこともありますよね。そんな時、携帯電話代であれば、真っ先に見直せるのではないでしょうか。
今は多くの人がスマートフォンを使っていると思いますが、例えば夫婦2人分の電話代を格安SIMなどに切り替えた場合、年間10万円以上の節約が可能になることも。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kakeibot/imgs/8/8/88f70764.jpg
今は格安SIMの会社も大型家電量販店に窓口を持っている場合もありますので、仕組みや手続きがよく分からないという方は、窓口を探して相談してみてはいかがでしょうか。
一人暮らしの方であれば、食材を買って料理を作るよりも、出来合いのお惣菜を買った方が安上がりかもしれませんが、家族がいる主婦ともなると、自炊をする割合が多くなりますよね。
Omgekkbtbd5zvxujb4ot
家族が多くなると、それだけで外食費がかさんでしまいます。たまには外で食べて気分転換をすることも大切ですが、月2回にするなど回数を決めておきましょう。
また、食事を多めに作っておいて冷凍しておくと、仕事から疲れて帰って来た時でも自宅で食べることが出来ますね。これは一人暮らしの人でも実践出来るかと思いますので、休日などを利用して作り置きをしてみてはいかがでしょうか。
休日ともなると、外出して色々な場所に出かける人も多いと思いますが、外出はどうしても出費がかさみます。そこで、少しでも出費を抑えて休日を楽しめるアイデアをご紹介しましょう。
定期券で会社へ出勤している人は、途中にある駅で降りて出歩いてみるのはいかがでしょうか。いつもは会社と自宅の最寄駅の往復だけなので、途中下車することはないと思います。いつもと違う駅で降りてみて、何か気になるお店がないかどうか探してみるのもいいかも。気温も安定して散歩日和の日は、ふらりと散歩を楽しんでみましょう。
Wqupnly02hwyicpjasft
また、行き先に迷ったらショッピングモールです。ブラブラとウィンドウショッピングを楽しんで、疲れたらフードコートで休憩をして、帰りに夕食の買い物をして帰ってくると、1日過ごすことが出来ますよ。ただし、ショッピングモールでは余計なものを購入してしまう可能性があるので、予算を決めて行動しましょう。
Jviyonnkfplakrcxd8uw
そして、とことんお金を節約したい人には図書館がオススメ。本も新聞もゆっくり読めますし、最近は子ども向けのスペースが充実している施設も多いので、子連れ家庭にも最適です。
引用: http://kotakichi.com/wp-content/uploads/2016/09/8c2c364d30d6009010571cd0668401cc_m.jpg
自宅でお弁当や飲み物を用意して、近くの公園で過ごすだけでも、外の空気を吸ってリフレッシュ出来ますよ。天気が良い日は積極的に外へ出てみてくださいね。
Gr8u7vc9qmcvt7hpsm5j
何に対していくら使うのかを明確にしておくことは、とても大切です。買い物に行くと、「ついでにコレも買ってしまおう」と思って、予想以上の出費をしてしまうことはありませんか?
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kakeibot/imgs/8/e/8ecda745.jpg
その「ついで買い」をやめることで、その分のお金を節約することが出来ます。「ついで買い」を抑制するために、買い物に行く前に買うものをリスト化しておきましょう。
また、高額な買い物をしてしまった後は、警戒心が緩んでしまって「ついで買い」をしてしまう傾向があります。買い物をする前の冷静なうちに何を買うのか判断して、買う予定のないものが欲しくなったら、時間をおいて考えるようにしましょう。
Llb2w4kr4enkxewzj7yh
クレジットカート、と聞くと、高額なものを購入するときに使う印象がありますが、最近は電気やガスなどの公共料金や、スマホ代、医療保険料なども、クレジットカートで決済出来ることがあります。
Fny9xshlt8pctuczi0qe
引用: http://washim.up.n.seesaa.net/washim/image/53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_m.jpg?d=a1
上記のような固定費をクレジットカート決済にすると、ポイント還元されることがあります。そのポイントでネットショッピングをしたり、電子マネーにしてコンビニで昼食を購入したり、と、固定費を払ったお金で別のことが出来るのはお得ですよね。
クレジットカートは年会費が無料のものも多いので、自分がどんなサービスを利用するかを考えて、どのカードを持つのかを決めましょう。また、複数のカードを使っている人は、1つにまとめてポイントをしっかり貯める方がお得です。
住宅ローンや奨学金など、借金を抱えている人も多いと思います。貯金に重きをおいてしまい、預金残高が減るのが嫌なので借金の返済速度が変わらない、という方もいらっしゃるかと思いますが、年間の利息や利息を比べて見ると、借金を早く返す方を優先した方が良いと思います。
今は銀行のお金にあまり利息はつきません。むしろ、住宅ローンの利子でマイナスになってしまいます。住宅ローンともなると1000万単位の高額になっていることも多いので、まずは早めに借金を返すことを考えて、長期的な金銭計画を立てましょう。
Dx7i9j0r70tf9kbxvw7h
財布内に小銭が増えて、重くなってしまうことはありませんか?そんなときにルールを決めて貯金をすると、それらが積もって大きな金額になります。
Iy9txcrz3wclickosrsg
例えば、「財布の中に500円玉があったら500円貯金をする」というルールを決めてみましょう。これは100円玉5枚ではなく、500円玉1枚のときに適応します。500円といえば1回の昼食代相当の人もいるかと思いますので、最初は続けることが大変かもしれませんが、これを積み重ねていくと、何十万単位で貯蓄することが出来ます。
他にも、「1週間終わったら財布内の小銭は貯金箱に入れる」など、定期的に財布の中身をスッキリさせることで、財布も軽くなりますし、定期的な貯金へも繋がります。試してみてくださいね。
Nwvuc22qoracuwdq99tu
近年は店舗よりもネットで買う方が安いものってありますよね。これからの季節、暑くなってスポーツドリンクを常備することがあるかと思いますが、それらを事前にネット通販で購入しておくと、一本あたりの単価が安くなることがほとんどです。
また、重たいものが自宅へ届くので、一人暮らしや主婦の強い味方になってくれますよ。トイレットペーパーなどの日用品も予めネットでまとめて購入しておくと、買い物に出た時の「ついで買い」防止にもつながります。
この記事で紹介したことは、どれも日常生活で少し意識すれば取り入れられるものだったと思います。節約はなれるまでが大変ですが、生活の一部にしていけば、きっとすんなり続けられるはず。
一人暮らし、主婦、と、立場が違えばお金の使い方も違います。それぞれの家庭環境に応じた節約術を使いこなしていけば、1000万円貯めるのも夢ではありません。新しい年度に入ったこともありますし、一度お金の流れを見直して、整理して、無理をせずに残高1000万円を目指しましょう!!
Io9j8ysnn74lcomjp01o