Htgb0n5hky0ulsk2fani

暮らし

CATEGORY | 暮らし

節約して貯金しよう!おすすめの1000万円ためるためのコツ10選

2018.05.15

節約は浪費を防ぐだけでなく、貯金をすることにもつながります。節約する費用が大きいと、1000万円の貯金も夢じゃありません。この記事では、主婦の方や一人暮らしの方でも簡単に実践できる節約のコツを10種類ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 節約で1000万円貯めよう!
  2. 貯金するための節約術①先取り貯金
  3. 貯金するための節約術②飲み物を買わない
  4. 貯金するための節約術③外食は控える
  5. 貯金するための節約術④家賃・住宅ローンを見直す
  6. 貯金するための節約術⑤クレジットカードを活用する
  7. 貯金するための節約術⑥スマホ代を見直す
  8. 貯金するための節約術⑦自転車を活用する
  9. 貯金するための節約術⑧保険を見直す
  10. 貯金するための節約術⑨必要な物だけ買う
  11. 貯金するための節約術⑩銀行を見直す
  12. 主婦や一人暮らしの方でも簡単にできる!
引用: https://momonestyle.com/wp-content/uploads/2015/09/mm_issenman_tameru_20161225.png
皆さんは節約を行っていますか?節約と聞くと、「つらそう…」「難しいんじゃないの?」と感じる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。日々の生活を送る中で、無駄な出費を抑えることが「節約」につながります。今回は、主婦の方や一人暮らしの方でも簡単に実践できる節約のコツを10種類ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
引用: https://130e178e8f8ba617604b-8aedd782b7d22cfe0d1146da69a52436.ssl.cf1.rackcdn.com/black-box-atm-attacks-emerging-threat-showcase_image-5-a-9056.jpg
大きな金額を節約したいという主婦や一人暮らしの方は、先取り貯金がおすすめです。先取り貯金とは、給料が振り込まれてすぐに、貯金したい金額だけを別の口座に移し替えることです。これにより、毎月一定の金額を確実に貯金することができます。ただし、先取り貯金を行うと、給料から貯金を引いたお金のみで、一か月生活しなければなりません。よって、計画的にお金を使う必要があります。
Qht4hgg3a134ndumojkk
また、先取り貯金を行った際は、貯金用の口座からお金を引き出し過ぎないように注意しましょう。生活に使用するお金と貯金をせっかく分けていても、貯金に手を出してしまっては意味がありません。先取り貯金では、多すぎず少なすぎない自分に合った金額を貯金することが大切です。
Fi4yanvrp4zstkp8kyje
のどが渇いたときに、自販機やコンビニなどで飲み物を買う方も多いのではないでしょうか。しかし、節約を意識するなら、飲み物を買うのはなるべく避けましょう。100円という小さな金額でも、積み重ねれば大きな金額になります。どうしても飲み物を買いたい場合は、スーパーやドラッグストアなどを利用しましょう。コンビニや自販機よりも、低価格で飲み物を購入できます。
Vwswxc9qg9xet8ykml3e
また、コーヒーやお茶などの飲み物は、自宅で作ることもできます。外出時には、自宅で作った飲み物を水筒に入れて、持ち歩くのがおすすめです。例えば、コーヒーが好きな方なら、自宅で作ったコーヒーを保温性の高い水筒に入れておくと、外出時でも温かいコーヒーを飲むことができます。このように、外出時には水筒を持参して、飲み物代を節約しましょう。
Jd3n4kgrk2us2wxbsmao
自炊と外食では、外食の方が一回の食費が高くなりがちです。節約を意識するなら、なるべく外食は控えて自炊を行うように心がけましょう。いきなり外食を控えるのは難しいという方は、「一か月の間に2回まで」など、外食の回数を決めてみるのも良いかもしれませんね。
Zkdk7zpfix19pk8up59r
また、自炊を行う場合は、作ったおかずを冷凍保存しておくのもおすすめです。特に、一人暮らしの方に多い「自炊をしても食べきれずに捨ててしまう」という心配もありません。電子レンジで温めるだけで、すぐに温かいおかずを食べることができるので、自炊の手間も省くことができますよ。
Nbhmtt8ynq8ivwqqva7a
一人暮らしの方にとって毎月の家賃や住宅ローンは、様々な出費の中でも特に金額が大きい出費の一つです。そのため、月々の金額を下げることができれば、大きな金額を節約することにつながります。節約に伴い、家賃や住宅ローンを一度見直してみはいかがでしょうか。
Rscsphpeek4vfezbvvpn
例えば、賃貸に住んでいる方は、今よりもっと安い家賃の物件に引っ越してみるのも良いですね。賃貸を契約すると長い期間住み続けることになるので、その分節約できる金額も大きくなります。住宅ローンを組んでいる方は、今より金利の低いローンに乗り換えてみてはいかがでしょうか。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cardmics/20170410/20170410092537.jpg
クレジットカードで買い物をした場合、支払った金額の一部をポイントで還元してくれることがあります。この「ポイント還元」のシステムを上手に利用して、買い物と節約を同時に行いましょう。また、クレジットカードで支払いを行うときは、手数料がかからない「一括払い」がおすすめです。
Ppxj10fjunshzhbiclpr
クレジットカードの利用は、買い物をする機会が多い主婦の方にもおすすめです。支払いの金額によっては、年間で数万円のポイントを手に入れることもできます。普段の買い物・光熱費などの支払いを現金で行っている主婦の方は、クレジットカード払いに変更してみてはいかがでしょうか。
Vgqomraq3ayqdyhrkkff
皆さんは、毎月いくらぐらいのスマホ代を支払っていますか?中には、スマホ代だけで毎月2万円ほど支払っている方もいるようです。このように、毎月何万円も支払っているという方は、一度スマホ代を見直してみてはいかがでしょうか。月々の利用料金を下げることができれば、毎月大きな金額を節約することができますよ。
Yucg5mfmxietmtxdhn7g
スマホ代を節約するなら、格安SIMの利用がおすすめです。格安SIMにするだけで、毎月のスマホ代を一気に下げることができます。契約する会社やプランによっては、毎月5,000円ほどでスマホを楽しむこともできるようです。
X6ul3t1ozl2rpj7rk7ek
節約を意識するなら、交通手段は車や電車ではなく、自転車や徒歩を利用しましょう。車ならガソリン代、電車なら運賃が外出する度にかかってしまいます。特に、自転車は徒歩よりも疲れにくく、早く目的地にたどり着けるのでおすすめです。また、自転車や徒歩は、軽い運動やダイエットなどにも効果的ですね。あまり運動する機会がない主婦の方におすすめです。
Rawjzxabpjtbwu2fp8zo
保険に入っている方は、一度保険を見直してみてはいかがでしょうか。保険代も毎月一定の額がかかるため、金額を下げることができれば大きな節約につながります。最近では、無料で保険の相談ができるサイトや窓口もありますね。地道に節約を行うことも大切ですが、固定の出費を減らすことも大切です。節約をきっかけに、保険を見直してみてはいかがでしょうか。
Me0b5jpveqysmky7gqts
節約を行う際は、買い物の金額を減らすことも大切です。そのためには、必要な物だけを買うように心がけましょう。いくらお金の管理ができていても、不必要な物を購入してしまっては節約の意味がありません。主婦や一人暮らしの方に限らずどんな方でも、欲しいと思ったらすぐ購入するのではなく、一度よく考えるクセをつけましょう。
引用: https://cdn.locari.jp/web/images/p/post_element/picture/573125/w621_GettyImages-576924624.jpg
また、衝動買いもなるべく避けるようにしましょう。安い金額の物でも、何度も買ってしまえば大きな金額になります。節約を行う際は、本当に必要な物や、買う予定のある物だけを購入することが大切です。
引用: http://journal.jp.fujitsu.com/2017/12/08/01/img/20171208_01_index_pic_1.jpg
銀行に預け入れや引き出しを行うとき、手数料がかかる場合があります。特にコンビニのATMを利用する際は、手数料がかかることがほとんどです。この手数料は、一回の金額は少ないですが、積み重ねれば大きな金額になります。そこで、利用する銀行を一度見直してみてはいかがでしょうか。
Jnqcfcd1zz1zlbiqat7y
引用: https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2010/11/242534245325341-57792.jpg?w=640
様々な銀行がありますが、ATM手数料や振込手数料がかからない銀行もいくつかあります。例えば、ネット銀行の「住信SBIネット銀行」なら、コンビニや郵便局でATMを利用しても、月2~15回まで手数料がかかりません。また、他の銀行への振り込みも、月1~15回まで無料で行うことができます。このように、手数料がかからない銀行を利用してみるのもおすすめです。
引用: https://money-bu-jpx.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/kozenityokin.jpg
いかがだったでしょうか。今回は、主婦の方や一人暮らしの方でも簡単に実践できる「節約のコツ」を10種類ご紹介しました。飲み物を買わない・外食を控えるなどは、今日からでも実践できそうですね。ぜひ、日々の生活に節約を取り入れて、1000万円の貯金を目指してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/msnki/20160617/20160617024035.jpg