Oksyzuxkqvkxxf9gscn2

暮らし

CATEGORY | 暮らし

【カップル】同棲の費用は?食費や家賃などの生活費についてご紹介!

2018.06.09

付き合いが長くなると「そろそろ彼氏と同棲してもいいかも」と思い始めてきますよね。カップルで同棲というのは一種女性の憧れですが、同棲するときには生活費ゆあ家賃や食費などの注意点があります。カップルが一緒に暮らす上で気をつけるべき家賃や食費や費用のポイントとは?

  1. みんなだいたいどれくらいで同棲を考え始める?
  2. 同棲するとどんなメリットがあるのか
  3. カップルが同棲するメリット①生活費が半分になる
  4. カップルが同棲するメリット②恋人と一緒におれる時間が長くなる
  5. カップルが同棲するメリット③家事の能力が上がる
  6. 同棲する時に気をつけたいポイントとは!?
  7. カップルが同棲する時に注意する点①寝室を分けるかどうか
  8. カップルが同棲する時に注意する点②生活費に関してきっちり決め事を作る
  9. カップルが同棲する時に注意する点③家事の分担もしっかり決める
  10. カップルが同棲する時に注意する点④たまには外にデートに行く
  11. 同棲前に色々カップルで決めておくことがマスト!
Vtnugnstgxjh7tsioxfq
彼氏とを長く付き合っている女性は、しばらくすると「そろそろ同棲してもいいかも・・・」という考えが頭をよぎってくるでしょう。付き合いが長くなれば一緒に住むことを検討し始める、これはカップルとしてとても自然な流れです。一般的なカップルはどれくらい付き合うと同棲を考え始めるのでしょうか?また食費や家賃などの費用はどのくらいかかるのでしょうか?
Ddej3wrhxzdo72r55c3g
同棲を視野に入れ始めるのは交際し始めて一年以上経ってから、というカップルが多いそうです。やはりお互いに結婚を意識し始めますし、一緒に住むことで得られるメリットも多いので同棲したいと思うようになります。どちらかと言うと女性が同性を希望することが多いんだとか。ただマンネリや倦怠期に突入すると同棲が遠のいてしまうので、ある程度カップルとして新鮮みがある家に同棲をするのがおすすめです。
Sqylc4hllybr1nciqt3n
同棲したいと感じている女性は、彼氏が大好きだからという一点だけで同棲を所望しているわけではありません。女性達は同棲することにあらゆるメリットを見出し、その結果彼氏に一緒に住むことを打診するのです。さて同棲することでどういったメリットがあるのでしょうか?また家賃や食費などの費用でのメリットやデメリットはあるのでしょうか?
I3i7lvmljxigedl21lya
引用: https://lh3.googleusercontent.com/65sbyCV_SXNYo5UXHDzuVGVi03CrrvnCobSmbS1SMYDWm43J9QWvTw9Ok8Stdopup3KHFA=s128
今まで一人暮らしをしていた人は、付き合っている相手と同棲することで光熱費や食費や家賃などの経費、費用が半額になります。これは社会人として大きなメリットではないでしょうか。浮いた分の費用を貯金するもよし、遊びに使うもよし、経済的に余裕が出てくるはずです。
B4jscnkfsy9wqdugu1cm
カップルが同棲をするとお金を貯めやすくなるというメリットがまず一つ挙げられます。ただ生活費の折半の仕方というのは、人それぞれです。中にはお互いの収入を考慮した上で、生活費折半の割合を変えるカップルもいます。どのような形であれお互いが納得するような生活費の出し方をするようにしてください。どちらかが一方的に決めてしまうと、後々不満が爆発してしまう恐れがあります。食費や家賃の費用は慎重に決めましょう。
Zqfxno09atnqdu2zqkgf
お互いのことが大好きで一秒でも長く一緒にいたい・・・という思いから同棲を始めるカップルも少なくありません。同棲していれば仕事をしている時以外はほぼ一緒に入れることになります。別々で暮らしていた時には週末ぐらいしか会える時間が確保できなかったというカップルも、同棲することで会える時間が何倍にも増えるのです。
Eelpwdmo6oqb2mbieuve
もちろん時間や空間を共有する時間が長くなることで、マンネリしやすくなるという危険性も孕んでいます。ただマンネリも、同棲したからといって必ず陥るものではありません。マンネリのリスクよりも恋人と長い時間一緒に入れる喜びの方がはるかに大きいと思います。
Ad4igi5jfbopmyzatdii
付き合っている人と一緒に暮らすようになって、家事のスキルが格段に上がったという人が多いそうです。家事自体は 同棲することで負担が半分になるのに、どうしてスキルアップするのでしょうか?それは負担が減った分、自分の分担に当てられる能力が上がるから。
Fdwwws3co4f8eflkd9na
今まで一人暮らしをしていた人は料理や洗濯や掃除を一人でこなしていたと思いますが、例えば担当が「料理だけ」になればその「料理だけ」に集中できるようになります。 全ての家事を一人で無難にまんべんなくこなしていた時に比べて、一点集中ができるようになるのが同棲のメリットと言えるでしょう。家事スキルが上がればカップルとしてまた一歩結婚に近づくと言うところも利点です。
V1usfntbxgppqmb8mocc
同棲を始めるとカップルにとって様々なメリットがあるということがわかりました。メリットを得るために同棲するのは非常にオススメですが、いくつか注意するポイントがあるので頭に入れておきましょう。注意点を知らずに同棲を始めてしまうと、恋人と仲違いを起こしてしまう可能性があります。
Qwiwlwuvdmlmlekrmm08
同棲しようと思うカップルはおそらく、カップルとしての関係性が良好に入っている人達です。なので家を決める時に「一緒に寝たいから真実は一つでいい!」と半ば勢いに任せて決めてしまうカップルが多いと思います。つかし初期のラブラブなノリで寝室を一緒にするということを決めてしまうのは、とても危険です。
Ywy3w6pu2p2vjyjfgswx
実際一つのベッドで寝ることになると、その精神的な負担というのはじわじわと自分たちの体を苦しめていきます。大好きな恋人といえども、毎日隣にいると「落ち着いて寝れなくなってしまう・・・」という人もいるでしょう。本当に寝室は一つで大丈夫なのか、その場の雰囲気で決めずじっくり自分と向き合ってから決定するようにしましょう。
Qid2upqjtlrzwtbtwbpv
引用: https://lh3.googleusercontent.com/SXFVeqMSjsAb65g2vVqrybQ2EQcA7pUoLUbkFalEj-j8YQbcQUgQi-HMiEj_6Tu3AP4aGzE=s128
同棲し始めてからかかる生活費に関して、なぁなぁにしたままではいけません。大体かかるであろう生活費を事前に計算して、その折半の仕方をきちんと決めておくようにしましょう。基本的には半分ずつ出し合うという完全折半がおすすめですが、あまりにも収入の格差があれば割合を変えてもいいかもしれません。家賃や食費などの費用の管理はしっかりしましょう。
Bobgi7go24bf2ikfjms0
どちらかに大きな負担があると後々必ず喧嘩の原因になります。またどちらかが万が一失業した場合なども視野に入れておいた方がいいでしょう。必ずしも継続した収入があるか・・・未来のことはわからないので、事前に決めた生活費負担の約束を守れない状況になった時どうするか考えておきましょう。
Y6ourdcfssuxdgxyz1m9
生活費の折半と同じように、家事の分担というのも必ず決めておくべき事項です。お互い働いているのであればできるだけ同じ量を家事を負担できるように、事前に決めておきましょう。同棲するカップルの中で「時間があるほうがやる」というざっくりとした約束をする人がいますが、これはだいたい反故になります。
Vmebeax323bse4vd1ozt
時間があれば~という曖昧な決め事にせず、料理は私!掃除は彼氏!など明確に分担を決めておくのが同棲する前のポイントです。
Lforcqkag90tdcdm7dvs
一緒に生活を始めるとどうしても共有する時間が長くなるので、カップルとしての新鮮味というのはどんどん削がれていってしまいます。新鮮味がなくなるとマンネリや倦怠期の原因になりますので、できるだけフレッシュ感を忘れないようにしたいですよね。
Sze9uazt9wencc7jrp4m
二人の休みが合う日には、家の中でダラダラせずに外で過ごすのがおすすめ。定期的に外でデートすることで、同棲してもカップルとしてのフレッシュ感を維持することができるでしょう。面倒くさがって家でずっと過ごすようになると、早めにカップルとしての賞味期限を迎えてしまう可能性もあります。
Tgmqiiewundrt8ckammk
同棲を考えているカップルは今回ご紹介した注意点を頭に入れて、同棲後に後悔しないようにしましょう。決めておくべきことをリストアップして、同棲前に彼氏ととことん話し合うというのが重要です。いろいろな決め事をせずに曖昧にしておくとあとで必ず後悔します。
Dxznj5ipu71m5xfnr9tt
恋人との同棲生活を素敵なものにするためには、楽しいことばかりに目を向けるのではなく、現実的な決め事に対してもしっかり向き会いましょう。できれば口約束ではなく何か書面に起こしておくと、同棲後恋人ともめた時に役に立ちます。色々なポイントに気をつけて、揉め事の少ない同棲生活を送ってくださいね!