Vorh1lazoxfmjnasvupw

ライフ

CATEGORY | ライフ

カップルのベッドサイズのおすすめは?選び方や失敗談まとめ!

2020.07.27

彼氏といっしょに住みたい!と考えている女性は、まず家具選びおすすめします。カップルで寝るベッドのサイズ、どのような選び方を気をつければ失敗しないのでしょうか?ベッドは大きな買い物なので、カップル同士サイズや選び方をよく相談して決めるようするのがおすすめ!

  1. カップル同棲前の楽しい家具選び!
  2. カップルで寝るなら布団よりベッド派?
  3. カップルのベッド選び方は?注目すべきポイントは?
  4. カップルのベッドの選び方①大きさを決める
  5. カップルのベッドの選び方②マットレスの硬さ
  6. カップルのベッドの選び方③ベッドのレイアウト
  7. カップルのベッドにまつわる失敗談は・・・
  8. カップルのベッド失敗談①シーツや枕カバーのセンス
  9. カップルのベッド失敗談②大きすぎるサイズを買った
  10. カップルのベッド失敗談③ベッドの予算をケチりすぎた
引用: https://www.muji.com/jp/img/store/panel/storagebedaw_640.jpg
長く付き合っている恋人がいる方の中で、同棲を考えているという人も多いでしょう。同棲することで恋人と入れる時間がより長くなりますし、生活費や風が折半できるのでたくさんのメリットを感じることができます。同棲することになったら、やるべきことがたくさんあります。
Nhajn5cvbo1rwfqpmaaf
家具選びというのもそのやるべきことの中の一つ、今回は家具選びでもベッドの選び方にスポットライトを当ててみました。カップルでベッドを選ぶときにはどのような点に注意すればいいのか?後悔しないベッド選びをするために、是非今回のポイントを参考にしてください♪
引用: https://www.sempre.jp/img//unit/l/10088.jpg
カップルで一緒に寝るならベッド派という方が多いと思いますが、ベッドで寝るメリットというのはどこにあるのでしょうか?まずベッドは色々な種類やサイズがあるので、自分用にカスタマイズしやすいというのがひとつメリットとして挙げられます。
Tfyse0jytk9h3borfl7g
マットレスの硬さやベッドの幅など、家具屋さんに行けば驚くほどたくさんの種類が並んでいますね。また布団だといちいち出したりしまったりするのがめんどくさいと言う点がデメリットになりがち・・・。面倒くさがりのカップルは絶対にベッドにしたほうがいいしおすすめです。ただベッドだと引っ越しする時に搬入がめんどくさいと言うことで、布団を選ぶカップルもいるようです。
Kwvhfjtcg8yw0bzalatq
さてカップルでベッドを選ぶときには、どのような選び方をすればいいのでしょうか?注目すべきポイントをまとめたので、是非参考にしてみてください。自分一人で寝る用のベッドとは違い、カップルで寝る用のベッドは相手のこともすっかり配慮しなければいけません。
Mstrtua16p658gi8oaey
ベット選びをする際は独りよがりにならず、お互いに意見を出し合いながらベストなものを購入できるようにしましょう。
カップルで一緒に寝るベッドを選ぶときに一番重要なのはやはり大きさでしょう。一人暮らしで使っていたシングルサイズのベッドを同棲する時にも使うという方がいますが、それだと二人寝るにはとても窮屈になってしまいます。ぴったりくっついて寝たいと思っているカップルでも、さすがにシングルサイズで二人寝るのはなかなか厳しいはず・・・。
引用: https://tabroom.jp/img/brand/brd00026/itm0007876/is4_01b05176b8b332990752023ee21ccf4514.jpg
しかも週末のお泊りで使うのとは違い、毎日そのベッドで寝るということをすっかり考慮してください。毎日寝返りも打てないような狭いベッドで寝れば、疲れの取りにくい体になってしまいます。大きければ大きいほどいいですが、予算の都合上そこまで大きなベッドは買えないというカップルもいるでしょう。そういったほうが無難にダブルにする方がおすすめかと思います。
Zpo2vtxpcvbectixt3un
一緒に住む家の寝室が広い場合やベッドにある程度の予算を出せるカップルは、クイーンサイズのベッドもおすすめです。クイーンサイズだとかなり余裕を持って二人で寝れるでしょう。ちなみにセミダブルというのは一人用のベッドのサイズ、男性と女性で寝るとかなり窮屈感があるのでカップルの同棲で選ぶべきではありません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aOfhdU9nL._SL1000_.jpg
マットレスの硬さは人によって好みが大きく分かれるので、カップルのベッド選びにおいてはしっかり相談して決めなければなりません。沈むような柔らかいマットレスが好きな人もいれば、反発係数の高い硬めのマットレスが好きな人もいます。
Rvwnz7dv7j0qcpaekbii
マットレスの硬さが自分の体に合っていないと、睡眠の質が低下してしまうので注意が必要です。カップルで好みのマットレスの硬さが異なるという場合は、ベッド自体を分けた方が無難かもしれません。シングルのベッドを二つくっつけて寝るようにすれば、お互いそれぞれが好きなマットレスで毎日寝ることができるのです。
Clx3i8dftmmusgxkdzie
「せっかく寝室が一緒なのにベッドが別々なのは寂しい・・・」と思う方もいるかもしれませんが、無理して相手の好みの硬さに併せて見づらくなってしまったという悲劇を起こすよりはマシです。マットレスの硬さに関してはパートナーとよく話し合うことをおすすめします。
引用: https://www.ekokuukan.com/eco/muzirusi/img/muzi01.jpg
寝室もう一つにして同じベッドで寝るカップルは、レイアウトにも気を配らなければなりません。毎日同じタイミングでベッドに入ったり、同じ時間に起きるというカップルは少ないでしょう。例えば男性の方が仕事上どうしても帰る時間が遅い場合、彼女が先に寝てしまうということも考えられますよね。
O80ozii1hcbi2kg6u8tq
そういったときに寝室のドアの近くにベッドがあると、すでに寝ている彼女を後から帰ってきて寝室に入った彼氏が起こしてしまうという事態になりかねません。このように生活スタイルを考慮したらベッドのレイアウトをすべきです。何も考えずにベッドを寝室の適当な位置に置いてしまうと、それが生活の支障になることもあるので注意してください。
C0u3zaldmnhmtlpw8ers
最近は寝室のど真ん中にベッドを置くという、どちらが先に起きても相手の睡眠を妨害しないようにするレイアウトがカップルの同棲で流行しているそうです。
Dlwuufjrk9sygyn6bayt
これから同棲しようと思っているカップルは、先輩カップルたちの「失敗談」を今後のベッド選びに活かしていきましょう。どういったことが失敗につながるのか、ベッド選びの際に何を重要視するべきか、今まで同棲を経験してきたカップルの失敗談から学んでみてください!
Jfose2port6lsrrrjmav
引用: https://im.belluna.jp/interior/ph/O/7763/1005727763/DLARGE.JPG
ベッドのサイズやマットレスの硬さばかりに注目して、シーツや枕カバーに対してあまり気が回らないという人も多いです。特に男性にありがちなのですが、そういったリネン関係をすべて彼女任せにしてしまうと・・・失敗を引き起こしてしまうのです。
Vphgrn8fsne2o5ikndix
「彼女任せにしたばっかりにベッドカバーがピンクになっていた」「枕がハート形でカバーもフリル付きになっていた」など、あまりにも女性の好みに傾倒したベッド周りが出来上がっていたという失敗談が数々見られます。 カップルで一緒に寝るベッドを選ぶときには、シーツや枕カバーまでちゃんと納得いくように話し合い選ぶようにしてください。
引用: https://static.flymee.jp/upload/pc_image/product/0315/03151612_58c8e94d5690b.jpg
恋人と一緒に寝るベッドなら大きくて寝心地がいいものがいい、と思ってキングサイズのとてつもなく大きなベッドを購入したカップル・・・。もちろん寝心地がいいのですが、あまり大きすぎるサイズを買ってしまうと万が一のことがあったときに処理が大変です。
Hhlebybglvfsz9grxrry
同棲してそのまま結婚できればいいんですが、破局を向いてしまったらそのキングサイズのベッドも捨てるなりうるなりして処分しなければなりません。「処分するのが大変だったからもう一回り小さいサイズのベッドでもよかったかもしれない・・・」とベッド選びで後悔した先輩カップルも少なからずいるようです。
Oqkfsjsxyazk5xigtpk0
ベッドは毎日使うものですし、カップルで一緒に使うとなるとかなりの負荷がかかる家具です。安さに目が眩んで低クオリティなベッドを購入してしまうと、すぐに壊れるという可能性もあります。
Ihqlbu9bjjm2zztficnp
「予算をケチって安いベッドを買ったせいで、すぐに壊れてまた買い直す羽目になった・・・」という失敗談を語っているカップルもいました。どの家具にも言えることですがあまりにも安いものを買ってしまうと、「安かろう悪かろう」で結局出費がかさむことになってしまうでしょう。 特にベッドはいいものを買うことを強くおすすめします!