Itv7e4dwjznsmlo4ljc6

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ストレス性の胃腸炎に悩んでる? 症状と原因を徹底解明!

2018.05.04

ストレス性の胃腸炎の熱や下痢の症状って思わぬ時に急にやって来る事もあり、診断前に焦ってしまいますよね。そんな時に参考にしたい熱や下痢などの症状、薬、素人でしてしまうと危険な自己診断などについてご紹介して行きたいと思います。ストレス性の胃腸炎についてご紹介します。

  1. ストレス性の胃腸炎かも知れない!?
  2. ストレス性胃腸炎の原因でもあるストレスとは?
  3. ストレス性胃腸炎の原因・症状とは?
  4. ストレス性胃腸炎 原因・症状「急性胃炎」
  5. ストレス性胃腸炎 原因・症状「慢性胃炎」
  6. ストレス性胃腸炎 原因・症状「神経性胃炎」
  7. ストレス性胃腸炎 原因・症状「過敏性腸症候群」
  8. ストレス性胃腸炎になる前にストレスを解消する!
  9. ストレス解消法「深呼吸をする」
  10. ストレス解消法「感情を書き出す」
  11. ストレス解消法「睡眠」
  12. まとめ
L8foqfjo6k1itrcas8id
ストレス性の胃腸炎かも知れない!?って思った時には既にもう辛い状況ですし、こんな時に症状が出なくても・・・と思うような日に限って熱や下痢などの症状に悩まされてしまったりもします。ですが一番危険なのは自己診断してしまう事でもあります。このページではストレス性の胃腸炎についての気になる熱や下痢などの症状や、薬などについてご紹介して行きたいと思います。
Sdtgmcdrnbteoo7ih9ov
症状が重い状態だったり、改善されない場合にはすぐに専門医を受診しましょう。自己診断して市販薬などを続けるのは危険です。
Ifaly4lhar8q8lauokc3
既にかなり浸透しているストレスと言う言葉ですが、具体的にどんな物がストレスなのかと言われると、分からなかったりもします。そんなストレスについてをコトバンクで調べて見ました!
E7f1nrcym5whyytbwh3d
刺激により引起される非特異的な生体反応。生体に加わる力をストレッサー,それによって起る生体の反応をストレスという。 1938年にストレス理論を提示したカナダの生化学者,H.セリエによると,「ストレスとは,どんな質問に対しても答えようとする身体の反応」である。この理論は,寒冷,暑熱,放射線などの物理的刺激,ホルマリン,毒物,酸素不足,栄養障害のような化学的刺激,あるいは身体的拘束や感染のような生物的刺激,怒り,不安,焦燥などの心理的要因その他,どのような刺激に対しても,身体はすべて同質の生体反応を示すというものである。(一部抜粋)

Ub1xvqt1o1cbwsb01rgw
不安などの心理的要因によるものも、寒い暑いなどによるものもストレスと言えるのですね。かなり広い意味合いを持っている言葉でもあります。そんなストレスは放置してしまうと良く無いと言われています。ストレス性胃腸炎に発展させないためにも、しっかり原因や症状について押さえておきましょう。
Aoozdqorp0pjtdo2w5if
急性胃腸炎の原因として多いのはウィルス性の物が多いと言われていますが、ストレス性の物による物もあります。急に熱や下痢などの症状が出てしまうと焦ってしまいます。その時の症状についてタケダ健康サイトで調べて見ました!自己診断は危険ですので参考までにして下さいね。
Snntrtp95rsutzztkrqk
Vlknyp0kbgpzjnqhisff
食べすぎ飲みすぎやストレス、ウイルス、ピロリ菌の感染、食中毒、アレルギーなどが原因で胃の粘膜がただれ、みぞおちが突然キリキリと痛むことがあります。胃痛の他に、吐き気や下痢をともなうこともあり、ひどい場合は嘔吐や吐血、下血を起こすこともあります。多くの場合、安静にしていれば2~3日で治まります。(一部抜粋)

Z4pqgxaqvlamonpo0vww
食べ過ぎや飲み過ぎなどでも起こってしまうのが、急性胃腸炎なんですね。熱、下痢などだけではなく、吐血や下血を起こしてしまうと、かなり気が動転してしまいやすいですね。多くがウィルス性の物ですが、ストレスで起こってしまう事もあるそうです。ウィルス性の場合には下痢や嘔吐などによって体外に排出している可能性もありますので、下痢止めなどの市販薬は飲まずに専門医を受診しましょう。
Ztkgmtexes3zgmn6a8si
原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。突然胃痛や吐き気が起こり、多くは胃もたれや胃痛、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。(一部抜粋)

Gjiknwmazoi2pumnk6p8
多くがピロリ菌の感染とは言っても、ストレスも原因になるとも考えられているのですね。突然の胃痛や吐き気、熱と言うのは怖いですね。こちらの場合もウィルスの場合もあります。慢性の場合には自己診断して市販薬を使用する前に主治医に確認しておいた方が良いでしょう。
Rx1gz1fndu3o6l01o5xy
仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経がバランスを崩して起こる胃炎です。ストレスを受けて、自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛むなどの症状を引き起こします。(一部抜粋)

Mr0fvfa0o2ay0ci8awul
ストレスでの要因が大きいのはこちらでしょうか。自律神経のバランスを崩してしまうと、他にも眠れなかったりなどもしやすくなってしまうので、とっても怖い状態ですね。話としてもストレスで胃が痛むというのはよく聞く物でもあります。症状が重かったり、長く続く場合にはこちらも専門医を受診した方が良いです。
Qy53zm2kgtazlpvpabnp
精神的ストレスや情緒不安定などが原因で、腸のぜん動運動に異常が起こり、腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘などを引き起こします。ときに下痢と便秘が交互に起こることもあります。何週間も下痢が続いたり、一時的に治まり、その後再発するという現象を繰り返すこともあります。検査で調べても、目に見える異常が認められないのが特徴です。 (一部抜粋)

Humjnwktvefwz9pqnjsq
精神的な物がかなり直接的に起こりやすいのが過敏性腸症候群ですね。下痢と便秘が交互に起こる事もあると、なかなか自覚もしにくく、病院に行くかどうかの自己診断もできにくくなってしまいます。薬を飲むにしても迷ってしまいますね。
Gcn3ogc2uc50whrmobaa
それぞれのストレス性胃腸炎については分かりましたね!ですが、原因の一部でもあるストレスはなるべくなら減らして行きたい物です。ストレスの解消方法についてもご紹介して行きたいと思います!
Aisytvhkdrv4iqpmfgns
深呼吸をして、新鮮な酸素を豊富に取り込んでリラックスしちゃいましょう!鼻からゆっくりと息を吸い込み、口から吸い込む時の倍ほどの時間をかけてゆっくり吐き出します。吐き出す時には最後まで吐き切りましょう。普段の呼吸では意外に肺の中に残っていたりします。最後まで吐き出す事で新鮮な酸素をたくさん取り入れる事ができます。この吸って吐くと1セットとして5セットほどを行いましょう。
Tqdipbkz0zbpezz1vdvs
嫌な事や、自分の感情をそのままに紙に書き出してみる方法です。書き出す事で漠然としたストレスが明確化しますし、頭の中を整理しやすくなります。箇条書きやメモのような状態で良いので、一度思うままに書き出してみるのもおすすめです。どんな風に辛いのか、嫌なのかと言う事がわかるので、自分を知るきっかけにする事もできます。
Lkflbspvpezxnns52euz
睡眠は取らないと単純に眠いので、しっかり取れていないと本人が眠くて辛い状況にあるかとは思います。睡眠不足を自覚している人が多いかも知れませんが、脳がリフレッシュするための時間が睡眠でもありますので、とっても重要です。睡眠時間をどうしても確保できない方は、睡眠の質をあげるようにする方が良いかも知れません。枕や敷布団にこだわったりして、より深い睡眠を取るようにしましょう。
X4sp1vzimdgujmtokjwy
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまでストレス性の胃腸炎の時に参考にしたい熱や下痢などの症状、薬、素人でしてしまうと危険な自己診断や薬などについてご紹介させていただきました。特にやってしまいがちな自己診断などは危険ですし、違和感を感じたり、熱や下痢などの症状全般が良くならない時にはすぐに専門医を受診して下さい。ストレスに関連する記事も発見しましたので、ぜひ読んで見て下さいね!↓