Zidjzke3pzmcdvfzwfxb

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ストレス性の胃潰瘍を避けよう!そのメカニズムを徹底解説

2018.05.04

ストレス性の胃潰瘍の症状知っていますか?胃潰瘍ってかなり痛い症状で入院の印象がある方も多いかも知れませんが、そのメカニズムや期間を知っている方は少ないです。誰にでも起きやすい症状なので、ぜひこの機会にストレス性胃潰瘍のメカニズムや薬を知っておきましょう!

  1. ストレス性の胃潰瘍?
  2. ストレス性の胃潰瘍の症状とは?
  3. ストレス性胃潰瘍のメカニズムとは?
  4. そのストレス性の胃潰瘍は、本当にストレス性?
  5. 薬が原因の胃潰瘍?
  6. ストレス性胃潰瘍で入院する場合の期間は?
  7. ストレス性胃潰瘍にならないために
  8. ストレス性胃潰瘍にならないために「大声を出す・泣く」
  9. ストレス性胃潰瘍にならないために「深呼吸をする」
  10. ストレス性胃潰瘍にならないために「運動をする」
  11. まとめ
Gcdivhrdrc52aokarxkb
何だか胃がとっても痛い!と思ったら、もしかしたらストレス性の胃潰瘍の可能性があるかも知れません。現代社会はストレス社会とも言われていますし、月に1回以上ストレスを感じた事があると言う方は8割を超えているとも言われています。このページではそんなストレス性の胃潰瘍のメカニズム、症状、薬、入院期間などについてご紹介して行きたいと思います!また、違和感があったり、症状が長く続く場合にはすぐに専門医の治療を受けて下さい。さっそく見て行きましょう。
Fny0kb0gbea94sqngbrm
食後少し時間が経過すると心窩部(しんかぶ)痛(みぞおちの痛み)、背中の痛みが起こり、軽食をとると軽快する傾向にあります。このような症状は、潰瘍の活動期に起こり、治癒期には無症状です。潰瘍の増悪期には、食後や空腹時を問わず痛むことがあります。高齢者では胃潰瘍の出血が、心筋梗塞や狭心症の引き金になることもあります。 (一部抜粋)

Bspfjadlwbkkpk23a3bu
もっとも多い自覚症状はみぞおちの痛みとも言われています。背中の痛みだと胃が悪いと気づかずに、背中の方が凝っていると思ってしまう場合もあるそうです。タール便と言う下血を起こしてしまう事もあります。食後や空腹感を問わず痛むと言う事は、痛みが続く事もあるそうですが、一方で無自覚な方もいるそうです。何にせよ痛いのが続くのは辛い病気でもありますね。
Unnmqe8pmgyftzw4u43g
Gsxhmbrxwufppgoqrfrt
潰瘍は胃の粘膜の下にある筋層まで傷つく状態です。胃潰瘍には、急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍があります。急性胃潰瘍は、浅い不整形の潰瘍やびらんが多発し、慢性胃潰瘍は、円形で単発する傾向があります。ほとんどは早期に治りますが、再発を繰り返すこともあります。40~50歳代に多く発症します。(一部抜粋)

Lwpjbkeoa4pp0ptxwhj6
胃潰瘍のメカニズムとしては、このようになっています。さらにOLYMPUSのサイトでは以下のようにも書かれていました。またセルフケアと薬で治る物も多いそうです。薬で治せるのは負担が少なくて良いですね。
D7cpixwm35pxflyaz9mn
胃酸の消化作用によって、自分の粘膜が攻撃されるために起こります。胃粘膜を守る働き(表面上皮と粘液)と胃粘膜を攻撃する力(胃液中の胃酸やペプシン)のバランスがくずれ、攻撃側が優位になった状態によるものです。 また、胃潰瘍の70~90%でヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が発見されています。 (一部抜粋)

Jlb28qqqwanpe8mmvs3h
自らの胃酸の消化作用によって、面膜を傷つけてしまうと言うのが胃潰瘍の正体だったんですね。しかし、そんな強い力を持っている胃酸が体内にあると言うのもまたすごいです。この胃粘膜を守る働きと、胃粘膜を攻撃する力のバランスが崩れる事にストレスが関わっていると言われています。ですが、最近の研究ではそのメカニズムにピロリ菌が関係している事が分かって来たそうです。
Lobrifczwyrxobiaydup
Vkesyknoxaqmv5m39moq
先ほど上でも少し触れたとおり、ストレス性ではない可能性も出て来ているそうです。確実にストレスが関係しているかどうかは分かりませんが、ピロリ菌が関係しているかも知れないそうです。サワイ健康推進課と言う沢井製薬のサイトでは以下のような見解が書かれていました。
Rexzcykogcohnsf5kvzz
胃潰瘍の原因は暴飲・暴食や精神的なストレスと思われてきました。しかし今は、ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)という細菌に感染すると胃粘膜が弱り、胃壁が自分の胃酸によって傷つくことなどによって潰瘍ができることがわかっています。(一部抜粋)

Fwxappmtshw4r0zw88zt
必ずしもストレスとは関係無い場合もあるそうですので、もし症状が表れた場合にはなるべく専門医に診てもらい、適切な処置をしてもらうのが良いでしょう。ピロリ菌だった場合にも薬での治療ができるそうです。またピロリ菌を放っておいてしまうと、再発してしまう事があるそうですので、しっかり薬をもらう事が大切です。
Lysm5vqduljvlxhmwhuj
沢井製薬のサイトを調べていると、このような記述もさらにありました!何と薬によって胃潰瘍になってしまう事もあるそうです。
I5oltjubp8qzb0zndrf3
また、ここ数年で問題になっているのが解熱鎮痛薬が原因の「NSAIDs潰瘍」です。これは解熱鎮痛薬の副作用で胃粘膜に異常が起こり、やはり胃酸が胃壁を荒らして潰瘍を生じるもの。最近は効果に優れた鎮痛薬が薬局で購入できるので、ちょっとした頭痛や生理痛で簡単に服用しがちですが、胃潰瘍のリスクがあることはぜひ、覚えておいてください。(一部抜粋)

解熱鎮痛薬って女性の方は服用される機会が多いものですし、注意したいところですね。簡単に服用してしまうと、胃潰瘍になってしまう可能性があると言う事は覚えておいた方が良い事ですね。
Faq1xueqtm0hqqusbxv0
入院する期間は、もちろん病状や病院や医師の方針によって入院期間などは変わると思いますが、検査入院で約1〜3日、出血があった場合などの緊急入院や治療のための入院で約10〜15日、出血による貧血などその他の場合には約1ヶ月前後の期間を見込んでおいたほうが良いでしょう。長期間とまでは行きませんが、短い期間とも言い難いです。仕事や周りの人には説明しておいた方が良いですね。
Lku0iazzj1y2qp1ckha9
ではここまでで胃潰瘍のメカニズムや、症状などについては分かりましたね!ここからはストレス性胃潰瘍にならないためにストレス自体を解消していく方法についても触れて行きたいと思います。症状が出ている場合には、すぐに専門医に診てもらって下さい。ではさっそく見て行きましょう!
Xck9bhzaldxplqojz6rp
ストレス発散する方法の一つとして、大声を出すと言う方法があります。横隔膜を刺激してリラックスする事ができると言われていますが、体感的にも大声を出すと気分がスッキリします。ぜひカラオケなどの周りを気にしてなくて良い場所で試してみて下さい。そして泣くと言う方法ですが、心が動いた時の涙はリラックスする事ができると言われています。悲しい時、感動した時ぜひ涙を流してください。
J8s34v33clgmw1o98w8h
深呼吸をすると、新鮮な酸素を取り入れる事ができますし、緊張やこわばりをほぐす事ができると言われています。丁寧に深呼吸をしてリラックスしましょう!鼻からゆっくりと大きく吸い込んで行き、口から吸った時の倍ほどの時間で吐き出して行きます。吐き出す時には全部の息を吐き出しましょう。これを1セットとして5セットほどを行うと良いでしょう。忘れやすかったりしますので、〇〇に行ったらやる。◯時にやると決めてルーチンにしておくと良いです。
Edeejley8vjj8zlvv0ev
運動をすると呼吸が早くなりたくさんの酸素を取り込む事ができますし、全身の血流も良くなります。一石二鳥ですし、さらに代謝も良くなったりします。ですがなかなかやり続けると言うのは大変ですし、普段運動をしない方にとっては大変な事でもあります。いきなり激しい運動をするのも危険ですので、まずはエレベーターを階段に変えるなどの身近なところから始めてみると良いかも知れません!
B1npf7b4f6m5zpp3b8pe
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまでストレス性の胃潰瘍のメカニズム、症状、薬、入院期間などについてご紹介させていただきました!誰にでも起こりうる病気だからこそ、原因などを知っておきたいですが、やっぱり病気にはなりたくありませんね。日頃からストレスを溜めないようにする事もとっても大切ですね。ストレスに関連する記事も発見しましたので、ぜひ読んで見て下さいね!↓