Bplt5ajuaq94wiqnuavx

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングクリームで毛穴の黒ずみも改善する?失敗しない選び方とは

2020.07.13

クレンジングクリームは保湿力があるので、毛穴の黒ずみを綺麗に取り除いた後でも保湿ができるため、毛穴の黒ずみをクレンジングクリームが改善してくれることをご存知でしょうか?失敗しない毛穴を改善する、クレンジング選びを追求しました。

  1. クレンジングの目的と種類
  2. クレンジングの種類別特徴について
  3. どうして毛穴の黒ずみができるの?
  4. 黒ずみにも種類がある?
  5. クレンジングでどの黒ずみでも改善できる使い方
  6. 失敗しない毛穴の汚れを落とすクレンジング選びとは?
  7. 毛穴の黒ずみにはクレンジングクリームがおすすめ
  8. 毛穴を綺麗にするおすすめのクレンジングクリームの使い方
  9. クレンジングクリームのメイク落としの使い方
  10. 毛穴の黒ずみを改善するおすすめのクレンジングクリーム
  11. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61n5gyZ4j1L._SX522_.jpg
クレンジングの目的は、メイクの汚れや油汚れを取り除くものです。クレンジングにはどのような種類があるのでしょう。その中で毛穴の黒ずみを改善するクレンジングはどれでしょう。
クレンジングには、オイルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプ・クリームタイプの種類があります。これらのクレンジングは、様々な特徴を持っています。その特徴について見てみましょう。
Wa1xjjtxcetxwjzvgnxq
クレンジングの種類別特徴について見てみます。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは洗浄力の強さが強く、メイクや皮脂汚れを落とす力がクレンジングの中で一番強力です。そのため、メイクの濃い人でも汚れが簡単に落ちますが、肌には優しくありません。しかし、洗浄力の弱いクレンジングで時間をかけて落とすより、短時間で汚れを落とした方が、お肌のためには良いので、そのときのメイクによりクレンジングのやり方を変えるとよいでしょう。

クレンジングリキッド

水に界面活性剤を溶かした、泡立たない合成洗剤なので、水がベースとなっていてメイクとのなじみは悪いです。リキッドクレンジングの特徴は、メイクは落ちにくいが肌が乾燥しやすい特徴があり、脱脂力そのものはかなり強いです。肌の潤いを奪いながら、しっとり感を感じさせるので使い方で注意が必要です。界面活性剤の量は多く、肌への負担が大きいので、敏感肌や肌荒れの人は注意をしないといけません。

クレンジングジェル

ジェル状にゲル化剤で固めたクレンジングで、固めるものにより全く別のものになります。最も一般的なものは、リキッドクレンジングをゲル化剤で固めたものです。ジェル状にした方が肌を摩擦から守るため、ジェルは肌に優しいといわれていますが、界面活性剤の量によりそれは異なってきます。メイク落ちの良いのは、界面活性剤の量がオイル並になるため、肌への刺激も強くなります。
油分を控えたクレンジングミルクを固めたものもあります。こちらは、肌に優しくなります。ジェルを使うときは、何を固めたか中身を確認して購入することが大切です。

クレンジングクリーム

クレンジングの中で界面活性剤の量が最も少なく、最も肌に優しいクレンジングです。使うのに少し面倒ですが、肌はしっとりして乾燥肌になりにくいです。無理なく毛穴のメイクは皮溝まで落とせます。使ってくると肌がしっとりしてきて肌の変化の良さを感じることができます。しかし、オイル成分に過敏な人には、向いてないかもしれません。

クレンジングミルク

乳液タイプのクレンジングで、メイクが落ちて肌に優しいが、商品によってばらつきがあります。肌への優しさはクリームに次いで2番目で、洗浄力の強さもそこそこあります。しっかりメイクの人には、少しイライラするかも分かりません。
Hw0jjuozjeuno2xsfflz
毛穴の黒ずみの原因には様々な原因があります。大体大きく分けると、メイクなどの汚れによるものが毛穴に詰まった黒ずみや、皮脂による黒ずみ、毛穴の開きによる黒ずみ、メラニンによる黒ずみが考えられます。それでは、種類別毛穴の黒ずみの原因を見ていきましょう。
大きな原因は保湿不足です。肌の水分量と油分のバランスが崩れていると起こります。
Zfzrwssswphjqw9ebngd
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/_1435923364_22201.png?w=360&h=500&t=resize&q=90

皮膚の古い角質や汚れが毛穴に詰まった黒ずみ

黒ずみの中でも一般的な黒ずみで、ホコリや皮脂、古い角質などの顔に付着した汚れや、メイクなどの落としきれない汚れが毛穴に詰まっているための黒ずみです。

毛穴が開き広がっている黒ずみ

引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/ytk694/20171228/20171228193533.jpg
肌が乾燥している状態で、保湿が不十分になっている肌です。毛穴の形が不規則で、角質のキメが粗く、コラーゲン・エラスチンの変形・減少、また、ヒアルロン酸の減少や皮膚の厚みや弾力低下などが起こり、毛穴の構造が支えられなくなってきます。加齢などになると多く見られますが、毛穴が広がって影ができてきます。

毛穴の発達したオイリー肌の皮脂過剰分泌の黒ずみ

引用: http://fukidemono-therapy.com/wp-content/uploads/2015/05/shutterstock_237269938-300x200.jpg
オイリー肌(脂性肌)の人は、皮脂分泌量が多いため、毛穴が黒く見えます。毛穴が発達しているために、皮脂の過剰分泌が多くなっています。また、オイリー肌の人は産毛も濃くなっているので、毛の色のために毛穴が黒く見えることもあります。

メラニンタイプ

毛穴の周囲はメラニンを作る細胞があります。皮膚の代謝が悪いことや、過度のケアによること、紫外線などの活性酸素によりメラニン色素が増えて蓄積されていることがあります。毛穴が黒ずんでみえるのに、毛穴に汚れが溜まってないのに黒ずんで見えるのが特徴となっています。
Fx8fkp1jcoeeiejuh0z3
引用: https://tshop.r10s.jp/gold/sappho/product/353_02.jpg?fitin=198:198
クレンジングでどの毛穴の黒ずみも改善できるかというと、汚れに対する黒ずみは、クレンジングクリームで綺麗に改善できる可能性がありますが、そのほかの黒ずみについては、肌の刺激を抑えながら使い方を考えた方がよいでしょう。
クレンジングクリームの成分には、商品によって様々な成分が取り入れられていますので、目的に合った成分が配合されているか見ながら、使い方を考えます。例えば、メラニンなどの黒ずみに対しては、ビタミンEなどが入っているクリームを使用すると良いでしょう。
引用: https://babyhada.jp/wp-content/uploads/2016/07/moisture_detergency.png
毛穴汚れを解決する方法は、自分の毛穴にあったアイテムを選ぶことが必要です。
しっかりメイクの人には、オイルやジェルタイプを選びます。オイルやジェルタイプは刺激が強く、敏感肌や乾燥肌には不向きです。ミルクタイプやバームタイプは低刺激で優しく落とせますが、洗浄力は弱めです。クリームタイプはお肌に優しく洗浄力も強いです。
毛穴に効果的なのは、なんといっても適度な洗浄力と、保湿が一番です。保湿に気をつけていれば、毛穴の汚れも気にならない、キメの細かい肌になります。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/09/A0A6183.jpg
クレンジングクリームで毛穴の汚れが取れる理由は、クレンジングの理想に近いものがあるからです。クレンジングの理想とするところは、メイクの汚れを綺麗に取って、肌への必要な潤いも落とさないことです。理想のクレンジングの働きに近い働きをするのが、クレンジングクリームと思ってもよいでしょう。
クレンジングクリームは界面活性剤の量は少なく、肌への刺激が少なく理想とする毛穴落としです。厚みがあるので肌との摩擦も少なく、油分は多めですが低刺激で汚れが綺麗に落ち、保湿を保つことのできる、クレンジングクリームの特徴を生かした使い方はおすすめです。乾燥が原因の黒ずみの予防や、皮脂や汚れ、メイクの汚れなどを浮かせて取ることができます。
クレンジングクリームを毛穴の汚れにおすすめの使い方は、保湿力が重要なカギとなります。ですから、美容成分や保湿力の強い成分の入ったものを選ぶとよいでしょう。

毛穴の黒ずみ改善にクレンジングクリームがなぜおすすめか?

毛穴の黒ずみ改善にクレンジングクリームをおすすめの理由は、クレンジングの全タイプの中で、クリームは肌への刺激が弱く、潤いを残したままメイクだけを落としてくれる働きがあるからです。実験によるとオイルと比べて4倍も乾燥しにくいという結果も出ていて、クレンジングクリームを使い続けることで、皮脂の分泌量が戻り、黒ずみや角栓といった汚れが改善できる可能性があるのです。

メイク化粧品とクリームタイプは同じフォーム

メイクなどに使われている化粧品の材料などは、クリームに色味をつけて混ぜ合わせたものです。クリームのクレンジングも同じフォームなのです。ですから、メイクを浮かび上がらせ、肌に刺激を与える界面活性剤の量が抑えられているというわけです。
毛穴を綺麗にするおすすめの使い方は次のようになります。
引用: https://womagazine.jp/wp-content/uploads/2017/08/s-4eacd8bdb1aafcc650834324bef9e004.jpg
1.ホットタオルで毛穴を開きます。ホットタオルは洗面器にお湯を入れ、タオルをつけて絞るか、ぬれタオルを絞りナイロン袋に入れて、レンジで1分チンをして温めます。そのタオルを顔に乗せて、手で軽く押さえて3分ほど待って毛穴を開きます。
2.優しい指の力を使ってクレンジングします。また、手は綺麗に洗ってからクレンジングをつけないと、手の汚れが先に反応する可能性があります。ゴシゴシ擦るのは絶対にNGです。
3.ポイントメイクは、専用のリムーバーで落としておくことが必要です。

クレンジングと洗顔の違い

以外と知らないのが、クレンジングと洗顔の違いです。クレンジングの役割はメイクなどの油汚れを浮かせて取ることです。洗顔の役割は汗や皮脂、ほこりなどの汚れを落とすことです。
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20121106/138983/05.jpg
クレンジングクリームがメイク落としに優れているのは、クレンジング剤の成分であるオイルと界面活性剤が含まれているからです。オイル成分がメイクや汚れに密着して浮かび上がらせます。界面活性剤とメイクの成分の油と水をなじませることで汚れを洗い流します。このときのクレンジングクリームを乳化させることが重要なポイントとなってきます。

乳化の仕組み

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/12/4fd3bdfb2dc5f3a1fc2074b617a27565-1024x421.jpg
クリームという形体は、水が油を包んでいる状態です。肌の上で温めるとクリームの水分が熱により蒸発し、メイクの油分がクリームに混ざり合い溶けてきます。そうすると、クリームは水と油の状態が逆になって、油が水を包んだ形態となります。このように水と油の割合が逆転するのですが、このことを、転相といいます。
肌になじませたクレンジング剤をぬるま湯ですすぐと、水分の量が多くなって元に戻りますがこれを再乳化といって、クリーム・ジェル・ミルクタイプがこの転相乳化を起こします。オイルのクレンジングにおいての乳化とは、少し違うようです。

コスメデコルテフューチャーサイエンスホワイトクレンジングクリーム

引用: http://www.ofc-fpao.com/images/main/243235.jpg
コスメが販売している、125g 3500円のクレンジングクリームです。黒ずみや黄色のくすみや、メラニンを含んだ古い角質も落とします。皮脂吸着成分・オーガニックオイルが配合されています。

D.U.Oクレンジングバーム

プレミアアンチエイジング株式会社の90g 3600円のクレンジングバームです。31種類のエイジングケア成分が含まれていて、洗顔・マッサージケア・角質ケア・トリートメントなどに使えます。古い角質や毛穴の汚れも浮かして取る洗浄力もあり、肌を潤す成分が豊富に配合されています。質感は硬めで肌になじむととろけるバームに変化します。

ホットクレンジングゲル(マナラ)

株式会社ランクアップ販売の200g 3800円のブランド名マナラです。美容成分が豊富に含まれ、角質層を柔らかく、古い角質や毛穴の汚れを吸着し、からめて取るゲルです。ヒアルロン酸やコラーゲンが配合され、ダブルクレンジングが不要です。
「クレンジングクリームで毛穴の黒ずみも改善する?失敗しない選び方とは」を見てきました。まとめてみますと1.クレンジングで毛穴の黒ずみを治すのは、クレンジングクリームが一番良いということです。化粧落としにおいては、メイクの違いにより、クレンジングを選んだ方が良いですが、毛穴の黒ずみを治すにはなんといってもクレンジングクリームが一番良いということが分かりました。