I8vv1acgcjdfkbexj2bq

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ストレス性の胃炎の原因は?原因とその対処法

2018.05.07

ストレス性の胃炎の原因てどんな物があるのか?ストレス性となると熱や下痢など何度も再発してしまうイメージがありますし、やはり熱や下痢や対処する漢方や薬なども気になる点です。そんなストレス性の胃炎の熱、下痢などの症状や薬、漢方、自己診断の危険性などをご紹介します。

  1. ストレス性の胃炎かも知れない?
  2. ストレス性胃炎とは?
  3. ストレス性胃炎の症状とは?
  4. ストレスが関係する胃炎の種類「急性胃炎」
  5. ストレスが関係する胃炎の種類「慢性胃炎」
  6. ストレスが関係する胃炎の種類「神経性胃炎」
  7. ストレス性胃炎の自己診断は危険
  8. ストレス性胃炎「漢方」
  9. ストレス性胃炎にならないためにもストレスを発散する!
  10. 深呼吸をする
  11. ゆっくり休む
  12. 大きな声を出す
  13. 感情を書き出す
  14. ストレッチ・運動をする
  15. まとめ
Xu2uvbizdkcufjhceys2
ストレス性の胃炎と言う名前自体、何だかとっても辛そうで痛そうなイメージですが、具体的にはどんな物なのでしょうか?熱や下痢があるとも言われていますがどんな症状があり、薬や漢方、自己診断の危険性などについてをご紹介して行きたいと思います。誰でも起こってしまう可能性がありますので、ぜひ知っておいて症状が出てしまった時の参考にしてみて下さい。ではさっそく見て行きましょう!
Soiwhjagtzatxom2o56r
そもそもストレス性胃炎とはどんな物なのでしょうか?医師が参画するサイトにて以下のような記事がありました。
Oudavx60ppaex7ux0ayi
実は、医学的には「ストレス性胃炎」(神経性胃炎)という用語は正式にはありません。一般的に、ストレスが原因となって胃に異常(炎症や潰瘍)が起きた場合に、ストレス性胃炎と表現することがあります。(一部抜粋)

Wuth869nkbnld3fhrmiu
正式には無いけれども、一般的な物としてストレス性胃炎と表現する事があるんですね。ちょっと専門的な部類分けのようですが、正式ではないと言う事だったんですね。
Bcgucx0v1zizbepna9uu
下痢や熱などが伴う事もあると言われているストレス性胃炎ですが、具体的にはどのような症状があるのでしょうか?もしも自分に降りかかってしまった時には怖いですよね。タケダ健康サイトにて、胃炎の項目を調べて見ました。
Hzorbtrrn9gwqsi2pvxt
急性胃炎 食べすぎ飲みすぎやストレス、ウイルス、ピロリ菌の感染、食中毒、アレルギーなどが原因で胃の粘膜がただれ、みぞおちが突然キリキリと痛むことがあります。胃痛の他に、吐き気や下痢をともなうこともあり、ひどい場合は嘔吐や吐血、下血を起こすこともあります。多くの場合、安静にしていれば2~3日で治まります。 (一部抜粋)

Cv0ekn1a6j5vza4kha3i
安静にしていれば2〜3日で治まるのですね。ですがその間吐き気や下痢に悩まされる事があるんですね。また熱を伴う事もあるそうです。食べ過ぎ、飲み過ぎは自分でもコントロールする事ができる部分でもあるので、特に注意したい点でもあります。
Btw5l5dubcrovcqqtpid
慢性胃炎 原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。突然胃痛や吐き気が起こり、多くは胃もたれや胃痛、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。(一部抜粋)

G203gwfz4sdase6lqejs
慢性胃炎の場合には、ピロリ菌による場合が8割なんですね。慢性になってしまうと胃潰瘍に進行してしまう事もあるのはかなり怖い状況ですね。炎症が繰り返されてしまうと言うのはかなり辛い状況ですね。こちらは熱や下痢などは少ないようですね。
Q3jqedygswwgp3rsffwf
神経性胃炎 仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経がバランスを崩して起こる胃炎です。ストレスを受けて、自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛むなどの症状を引き起こします。(一部抜粋)

Kxbwmb4scqxq5cswvfku
ストレスが主な原因なのは、こちらですね。ストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまう事もあるんですね。この場合は気分がふさぐなどの精神的な面でも症状として出てくるようですね。こちらも熱や下痢などは少ないようですね。
L7j5rvmktybbtvqk6d8z
ストレス性だからと自己診断をしてしまって、市販薬などを使用していても、もしかしたら本当の原因はストレスではなくピロリ菌の可能性もあります。その場合には、ピロリ菌を薬で除菌しなければまた繰り返してしまう可能性もあります。上でも触れましたが繰り返してしまうと胃潰瘍へ進行してしまう事もありますので、自己診断はなるべくやめて、症状が現れたら医師にしっかり診断してもらいましょう。市販薬が悪いわけではありませんが、自己診断は危険です!
Jjpwh5jjlnbup21twkw8
ストレス性胃炎は漢方からのアプローチをする事もできます。クラシエの漢方セラピーと言うサイトでは、胃腸のトラブルなどを細かく分析してくれて最適な漢方を選びやすくもなっています。漢方薬をより的確に選びたい場合には、漢方薬剤師の方に相談するようにしましょう。
Qs99pxtvenzz3d9uzqpu
ここまででストレス性胃炎についてご紹介して来ました。ここからは原因の一つでもあるストレスを発散するための方法についてご紹介して行きたいと思います!ストレスの元を無くす事は難しいですが、溜まらないように発散して少しでも心を軽くしておきましょう!
Kxsvgwqcxmvumaoe4mpd
深呼吸はゆっくり吸って吐く事で、体をリラックスさせる事ができます。手軽にどこでもやりやすいですので、毎日のルーチンにしても良いですし、ストレスを感じた時などに意識的に行なっても良いですね。鼻からゆっくりとお腹を膨らませるイメージで息を吸い込み、口から吸った時の倍くらいの時間をかけて吐き出して行きます。最後まで吐き切るのがポイントです。この吸って吐くを1セットとして5セットほど行うと良いでしょう。
Gxznqrxnolyh7t1uadj7
ゆっくり休むと言うのは基本的な事でもありますが、ストレスで疲れてしまっている時には休む事が必要です。たまには何もしない日と言うのを作ったりして、のんびりと過ごす日があっても良いのでは無いでしょうか。しっかりと心身ともに休めて、日頃の疲れを癒す事も重要です。無理をせずに必要な事ですので、疲れた時にはゆっくり休みましょう。
Zdteyj2r7nww0nap5jo8
大きな声を出すと、横隔膜を刺激してリラックスする事ができると言われています。体感的にも大きな声を出すとスッキリしますし、気分が良くなります。特におすすめなのは自分の気持ちが歌詞に入っている歌をうたう事です。カラオケならば大きな声を出しても問題ありませんし、最近は1人カラオケの施設が充実しているところも多いので、ゆっくり自分のペースで好きな曲をうたうのも良いですね!
Zdpc3nbsra85zlcsrbfb
何か気になる事などがあった時には、自分の感情を書き出して頭の中を整理する事も重要です。書き出す事によってもやもやした漠然とした不安や悩みを整理しやすくなります。箇条書きでもメモのような物でも良いので、思っている事や嫌だった事など何でも良いので書き出して見ましょう。そして書きながら見つめる事で、新しい発見をする事ができるかも知れません!
Pmr9slgadxknyg4uooaw
ストレッチや運動で体をほぐすと、体の血流も良くなりますし、新鮮な空気をたくさん取り入れる事もできます。また代謝もアップさせる事ができるので、良い事がたくさんありますね!普段運動をしない方はストレッチから始めて、どんどん慣れて行くと言うのも良いですね!運動して体を動かすとリフレッシュもできます。週に3回以上1回30〜60分ほどを目安にすると良いでしょう!
T5s5cgb1taugu4qniwwk
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまでストレス性の胃炎の熱、下痢などの症状や薬、漢方、自己診断の危険性などをご紹介させていただきました。胃炎って毎日の食事とも深く関係してくる物でもあるので、とっても辛いですよね。食べない訳にも行きませんが、改善するまで管理が大変ですね。ぜひ参考にしてみて下さいね!ストレス性の胃潰瘍についての記事も発見しましたので、ぜひ読んで見て下さい!↓