Tx5h7hwjmwfxh0otlljx

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングはどれを使えばいいの?それぞれの特徴と向いている肌質のまとめ

2020.07.13

クレンジングの種類が多くて一体どれを使ったら良いのか分らないという人は、意外と多いのではないでしょうか?クレンジングの種類の特徴が違うので、自分に肌質にあった特徴のあるクレンジングを使うことが必要です。クレンジングの種類の特徴と肌質についてまとめてみました。

  1. クレンジングについて
  2. クレンジング種類の特徴
  3. 肌質の種類
  4. 肌質種類の特徴
  5. 肌質別クレンジングの種類別特徴の選び方
  6. 乾燥肌・肌質のクレンジングの選び方
  7. 脂性肌・肌質のクレンジングの選び方
  8. 敏感肌・肌質のクレンジングの選び方
  9. 混合肌・肌質のクレンジングの選び方
  10. まとめ

クレンジングのメイク落とし

クレンジングのメイク落としは、メイクのやり方によりクレンジング選びも違いがでてきます。まず、ベースメイクに合わせて選ぶことが大切です。メイクが落ち切らないと、肌への負担が増します。アイメイクとベースメイクは別と考えた方が良いでしょう。アイメイクは先に専用のポイントメイクリムーバーで落としてから、ベースメイクのクレンジングを行う習慣をつけるとよいですね。
クレンジングで落とすときは、ゴシゴシ擦らないことが必要です。すすぎは32度ぐらいのぬるま湯で綺麗にすすぎ、必ずメイクはその日のうちに落とすことがお肌を守ることに繋がります。

クレンジングの種類

クレンジングシート→オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルクと洗浄力の高い方から低い方へ、また、肌に刺激のあるものから刺激の少ないものへといった順番になっています。
クレンジングシートの場合はとても肌に刺激が強いので、あまり使わない方が良いでしょう。

クレンジングオイルの特徴

クレンジングオイルは、オイルを主成分として配合されたクレンジングで、洗浄力が強く、界面活性剤が多く使われています。そのため、カラーメイクやマスカラーなども綺麗に落とすことができますが、お肌には少し刺激が強すぎます。

リキッドクレンジングの特徴

水分が主成分として配合された液状のクレンジングで、洗浄力はやや強めです。使用後は洗い流すタイプが多く、メイクとのなじみは、主成分が水なのであまり良くありません。メイクが落ちにくく、肌は乾燥しやすい特徴があるのですが、しっとり感を感じさせるので注意が必要です。界面活性剤の量はとても多く、水に界面活性剤を溶かした、泡立たない合成洗剤と考えると分かりやすいです。敏感肌や肌荒れの人には要注意です。

クレンジグジェルの特徴

ジェル状にゲル化剤を固めたクレンジングで、固めたものにより性能は可なり変わります。ジェルになっていると肌への摩擦が少ないので、肌に優しいといわれます。しかし、界面活性剤が多く使われているものはやはり、肌には刺激がきつくなります。肌に優しいものに油分を控え、ミルクで固めたものなどは、肌に優しくなります。ジェルの場合は特に成分をよく見て購入することが必要です。

クレンジングクリームの特徴

界面活性剤の量は少なく、最も肌に優しい、それでいて洗浄力もある、理想的なクレンジングです。少し使用するのに面倒ですが、肌はシットリしてきます。乾燥肌になりにくく、毛穴のメイクや皮溝まで汚れを落とすことができます。オイル成分に過敏な人は無理かもしれません。

クレンジングミルクの特徴

お肌に優しいクレンジングですが、商品によってばらつきがあります。肌への優しさはクリームに次いで2番目で洗浄力の強さもそれなりにありますが、何に対しても1番になれないところがあり、しっかりメイクの人には、時間がかかります。
肌質には乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌に分けられるのが一般的です。このほかに N肌・O肌・D肌・DO肌の4つの分け方がされることもあります。N(エヌ)肌というのは、変化しやすい潤いのある肌です。O(オー)肌というのは、べたつきやすく潤いのある肌です。D(ディー)肌というのは、荒れやすくかさつきのある肌です。DO(ディーオー)肌というのはかさつくのに油っぽい肌というように、少し細かく分かれます。
今回は一般的な肌質の分け方について見ていきます。肌質のそれぞれの特徴を見てみました。
Adabseh65yrutm3bnwdu

乾燥肌

乾燥肌の人は全体に乾燥しやすく、かさついて肌荒れしやすく、水分量や皮脂量が少ない肌です。

脂肪肌

肌全体が油っぽい水分量皮脂量共に多く、べたつきやニキビなどができやすく毛穴も目立つ肌です。

混合肌

おでこや周辺のTゾーンは脂っぽくギラギラしているのに、頬や口周りは乾燥することが多く、部分的に皮脂量が多い水分量は少なめな肌質です。

敏感肌

敏感肌とは外からの刺激に弱い肌です。ほてりやかゆみ、痛み、かぶれがでやすいデリケートな肌質です。
肌質別クレンジングの種類別特徴の選び方は、乾燥肌の、脂性肌、混合肌、敏感肌の特徴を知ると同時に、クレンジングの種類の特徴を知って、肌質にあうものを選ぶことが大切です。肌質にあうクレンジングの選び方を見てみました。
Gaonrhn6vqfdcyirhkhv
乾燥肌の人は水分を失うこと、肌への刺激を最小にすることが大切です。現代の乾燥肌の人たちは生まれつきでないことが多く、生活環境や、食生活、スキンケアのやり方が原因のことがあるのです。これらを改善することで、乾燥肌を改善できることもあります。
乾燥肌の人がクレンジングを選ぶときの注意点は、洗浄力を少し控え、保湿が十分なクレンジングを選ぶことが大切です。

乾燥肌のクレンジング選びのクレンジングクリーム

乾燥肌の人はずばりクレンジングクリームをオススメします。クレンジングクリームの特徴は、クリームに厚みがあるので、肌への摩擦が最小限に食い止められます。また、余計な負担をかけないで、洗浄できます。ポイントメイクなどは、ポイントメイクリムーバーで先に落とすことが必要です。

乾燥肌のクレンジング選びのクレンジングジェル

クレンジングジェルを乾燥肌の人のおすすめする場合は、ジェルが何で固められるかによって違いがでてきますので、お肌に良い成分を確認して、選ぶことが大切です。

乾燥肌のクレンジング選びのクレンジングミルク

クレンジングミルクは肌には優しいですが、洗浄力が弱いので、しっかりメイクしたときは、メイクを十分落とせないことがあります。

乾燥肌のクレンジング選びのクレンジングオイル

現代は化粧品も進化をとげて、オイルには低刺激の植物油を使用したものや、保湿成分を配合したものなどが売り出されてきています。しっかりメイクをした場合などは、素早くメイクを落とすのに、オイルタイプを一概に敬遠することは、正しい選び方ではありません。メイクを綺麗に素早く落とすには、その日のメイクのやり方によって、クレンジングも変えることが大切です。
脂性肌の方はオイリー肌ともいいます。余分な油分を取り除き、保湿を十分行うことがポイントとなります。オイリー肌の人の保湿は、過剰な皮脂の油分を取り除いて、水分を補うことが大切です。
脂性肌の肌質で気をつけないといけないクレンジングの選び方は、必要以上に洗浄力を意識しないことが大切です。それは、綺麗に汚れを取り過ぎると、毛穴には表皮が乾燥しないように、より多くの皮脂分泌をする可能性があります。ですから、必要な皮脂を残すことが必要なのです。そして、バリア機能を正常化させるために、洗浄した後保湿成分を補えるクレンジングが良いでしょう。
オイルフリーの表示のあるオイルフリー水性クレンジングを選ぶのも良いでしょう。脂性肌のクレンジング選びの種類としては、オイル・ジェル・リキッドが比較的効果がよいです。
ジェルタイプは界面活性剤の量が多いのを選ぶと、オイルより肌に優しいメリットがあります。ただ、肌に優しく界面活性剤の量が少ないジェルがありますので、成分表示をよく見て購入することが大切です。
敏感肌の肌質で気をつけないといけない選び方は、肌刺激と洗浄力のバランスだけでなく、メイクのやり方によっても考えなければなりません。敏感肌の人は、刺激の少ないクレンジングを選ばないといけませんが、メイクをしっかり落とせることも考えましょう。

敏感肌・肌質の乾燥肌

敏感肌で肌質の乾燥の方は、クレンジングクリームをおすすめしたいです。種類はいろいろありますが、洗顔も比較的強力でしかし、余分な油分を落とさない特徴があります。また、クリームの特徴の肌に潤いを実感し、保湿力が強いので乾燥肌の人や敏感肌の人には、とても良いアイテムです。

肌質にあったものを選ぶ

敏感肌の人は個人により肌質がいろいろですので、肌質にあったものを選ぶことが大切です。クレンジングクリームかミルクが良いでしょう。

敏感肌のクレンジング選び方のクレンジングミルク

肌質面から考えるとクレンジングミルクが良いのですが、洗浄力が弱いことが多く、メイクのナチョラルメイクの薄いメイクをしたときは、クレンジングミルクでよいでしょう。しかし、濃いメイクをしたときなどは落としきれなくて、結局肌を痛める結果になります。その場合はクレンジングクリームなどが良いのではないでしょうか。製品的に様々な製品がでていて、ミルク以上に美容成分など配合された、洗浄力が強い割にシットリする肌に優しい商品もでています。
ただいえることは、自分の肌質にあっているかどうかです。ですから、トライアル化粧品などで自分にあったものを探すことが必要となります。
肌質には多くの方は、乾燥肌、脂性肌のどちらの特徴も持っているのではないでしょうか?混合肌は肌質に合わせて選ぶことが難しくなります。肌の衰えが原因であることが多く、加齢になるにつれて多くなってきます。各部によって保湿力の低下が起こり、部分の落差が大きく混合肌のケアは難しいでしょう。

自分の肌質を見極める

混合肌の場合クレンジングは、アイテムを分けることが必要になってきます。まず、自分の混合肌の状態をよくチェックすることが大切です。脂性と乾燥の部分のどちらが、深刻か見極めることが必要です。おすすめはクリームタイプとジェルタイプが良いでしょう。しかし、混合肌の人は一人一人状態が違いますので、自分で見極めて、自分の肌質のあったものを選ぶしかありません。また、現在は美容成分が配合されたクレンジングもありますので、洗浄力が少し高めでも、保湿成分を補うことができるものを選ぶのも一つの方法です。
肌質にあったクレンジングを選ぶことがまず一番に大事です。クレンジングの種類が多くてどれを選んで良いか分らないと思います。選び方は肌質にあった選び方をするのが良いのですが、メイクに合わせた選び方も必要になります。ですから、クレンジングを使用するうえで気をつけたいことを箇条書きにします。
1.クレンジングの選び方は、メイクに合わせた選び方が必要で、毎日同じものを使うのではなくその日のメイクに合わせて2本~3本違う種類を持つようにすると良いでしょう。
2.ポイントメイクは、ポイントリムーバーで先に落とすことが必要です。顔全体のクレンジングを選ぶと、顔全体に負担をかけることになります。顔全体のクレンジングはできるだけ肌に優しいものを選ぶことが大切で、ポイントメイクは、その前に落とすことが必要です。
3.32度ぐらいのぬるま湯で洗います。皮脂が開く温度が30度だといわれていて、30度~34度が肌の表面の温度です。その中間の32度の洗顔は肌に最も負担がかかりにくく、余分な皮脂だけを落とせるといわれています。
4.メイクはその日のうちに必ず落とすことが大切です。
毎日このようなお手入れをしていると、美肌を取り戻せるでしょう!