Vy3x3iqn5gpbgomsvr98

ごはん

CATEGORY | ごはん

食事でストレスは変えられる!レシピやコンビニメニューも紹介!

2020.07.27

ストレスを食事から考えるという事はした事ありますか?食事というのは毎日の事ですし、家事や仕事で忙しいとつい満腹になる事を目指してしまう事もありますが、ストレスと食事は深く関わりがあるのです。そんなストレスと食事、コンビニメニューやレシピをご紹介します!

  1. ストレスを食事から考える?
  2. ストレスとは?
  3. ストレスと食事は関係している?
  4. ストレスを食事から考えるにはバランスが必要?
  5. コンビニメニューやジャンクフードはバランスの悪い食事?
  6. ストレスを食事から考えるレシピご紹介♪
  7. ストレスを食事から考えるレシピ「根菜のヨーグルトサラダ」
  8. ストレスを食事から考えるレシピ「お腹すっきり!ベジ餃子」
  9. ストレスを食事から考えるレシピ「ゆるロール白菜」
  10. ストレスを食事から考えるレシピ「小松菜とかきのごはん」
  11. ストレスを食事から考えるレシピ「たっぷり根菜とホウレンソウのカレー」
  12. まとめ
Ig800zssg7msgu1lvcnj
ストレスを食事から考えた事はありますか?現代はストレス社会とも言われていますが、忙しかったりするとつい簡単に済ませてしまう事も多いのが食事だったりもします。ですが、例えばコンビニメニューでもしっかり選ぶ事によって、バランスの良い食事にする事もできます。このページではストレスを食事から考える事や、ストレスを考えたコンビニメニューやレシピをご紹介して行きたいと思います!
Ry2b5zyfzmvaqr0vpprz
まずストレスとはどんな物なのでしょうか?最近はかなり浸透している言葉でもあるストレスですが、具体的にどういうものがストレス?と聞かれると迷ってしまいます。そんなストレスをさっそくコトバンクで調べて見ました!
刺激により引起される非特異的な生体反応。生体に加わる力をストレッサー,それによって起る生体の反応をストレスという。 1938年にストレス理論を提示したカナダの生化学者,H.セリエによると,「ストレスとは,どんな質問に対しても答えようとする身体の反応」である。この理論は,寒冷,暑熱,放射線などの物理的刺激,ホルマリン,毒物,酸素不足,栄養障害のような化学的刺激,あるいは身体的拘束や感染のような生物的刺激,怒り,不安,焦燥などの心理的要因その他,どのような刺激に対しても,身体はすべて同質の生体反応を示すというものである。(一部抜粋)

なるほど。加わる力はストレッサーと呼び、それによって起こる生体の反応の事をストレスと呼ぶのですね。ちょっと難しい話でもありましたが、ストレスは1938年の昔から研究されていて、昔も内容は違えどストレスが存在していたんですね。
Yg5qvodibdt1vduwfen2
ストレスと食事はやはり同じ体の事ですので、密接に関係しているのです。例をあげると、よくカルシウムが不足していると、イライラしてしまうと言われていますがこれについて厚生労働省のe-ヘルスネットのページでは以下のように書かれていました。
カルシウムには脳神経の興奮を抑える働きがあります。そのため、“カルシウム不足=脳神経の興奮=イライラ”と考えられがちです。しかしカルシウムは厳密にシステム管理されています。つまりカルシウムが品不足になると、貯蔵庫である骨から血液中に出庫され、逆に過剰状態では骨に入庫されたり、尿中に廃棄されたりと常に一定の供給量になるように管理されています。つまりカルシウムを含んだ物を食べないからといって、即イライラ人間となることはありません。(一部抜粋)

カルシウムの場合にはという事ではありますが、そんな栄養が足りていないからと言って即イライラへと変わってしまうという事ではないようですね。骨が貯蔵庫という風には考えた事がありませんでした。そしてさらに続きます。
ただし骨からカルシウムが出庫されてばかりでは、在庫なしという緊急事態に陥ってしまいます。そのような事態にならないためのリスクマネジメントとしては、カルシウムを多く含んだ食べ物(牛乳・小魚・大豆製品など)と、カルシウムの吸収を良くするために必要なビタミンD(魚介類・卵類・きのこ類など)、そしてカルシウムを骨にするビタミンA(緑黄色野菜など)を含んだ食べ物を取ることを日頃から心がけておくことが必要でしょう。 (一部抜粋)

カルシウムは脳神経の興奮を抑える働きがありますが、ビタミンなども必要となって来るようですね。そうなるともうバランスの良い食事が必要という事になりますね。
Ecxs5ju7td5tollhpgum
バランス良く、たくさんの食材を食べる事が良いというのは分かりました。ですが、なかなかうまく摂る事が難しいという事もあるかと思います。特にジャンクフードやコンビニメニューが良くないと言われたりする事がありますが、そう言った食事はバランスが偏ってしまいがちというのもあるようです。
Zfborllyuvta1kjmsphv
どうしてもこれらの食事は炭水化物に偏りがちになってしまいますし、油っぽい物が多くなります。また食品添加物も少々気になるところではあります。またそれぞれの考え方もありますので、一概には言い切れませんが、コンビニメニューやジャンクフードに偏ってしまわなければ問題ないという考えも多いようです。

プラスするという考え方

Lgmk57wk2fzas3hm78jt
コンビニメニューも最近では軽くスーパー並みのお惣菜や果物、野菜が置いてある事も多いですし、ジャンクフードでも体調に気遣っている物もあります。コンビニメニューであればサラダをプラスしたり、炭水化物がメインではない物を選んだりする事もできます。またジャンクフードでもチーズが入っている物や、野菜が少しでも多いもの、油っぽくない物を選んだりする事で違って来ます。
Lbeuokeor0c7ogquivp7
ではストレスを食事から考えて行くレシピについてご紹介して行きたいと思います!バランスの良い食事を目指して、たくさんの食材で食事をより美味しく楽しんじゃいましょう!なるべく手間のかからない物をご紹介して行きたいと思います!
ヨーグルトにはカルシウムが含まれていますし、根菜類は不溶性食物繊維がありますし、何よりよく噛んで食べるように自然となります。調理時間も約15分と手早く作る事ができます。サラダを普段の食事に1品プラスするだけでも違いますね。他の食材で応用も効かせられそうなレシピです。
お肉を使わずに野菜などで作る餃子です。パクチーやくるみを使った少しエスニックな味付けになっていて、お友達とのお食事でもおっと思わせる事ができちゃいそうなレシピです。薬膳の基本でもある生姜も入っていてとっても温まる餃子です。合わせて作りたい、葱しょうゆだれのレシピも書かれています。
白菜のロール巻きですが調理時間は25分と簡単に作れるようになっているレシピです。にんじん、たまねぎ、しいたけも入っていて、シンプルな感じにならず見た目にも彩があります。こちらも生姜が入っていて、体を温めてくれますし牛乳にはカルシウムが入っています。
少し変わり種な小松菜とカキが入っているごはんです。炊き込みごはんは炊飯器が調理してくれるので、手間が少ないという大きなメリットがありますね。海のミルクとも呼ばれているカキは栄養満点ですし、小松菜にはカルシウムがあります。カキの季節にはぜひ試したいレシピです。
腸内環境はストレスとも密接に関係していると最近注目されていますが、そんな腸内環境を整えるのを助けてくれる食物繊維がたっぷりですし、栄養たっぷりなスパイスもたくさん入っていて手軽にたくさんの栄養を摂る事ができるのがカレーの良い点ですね。もちろん中身の具を変えても良いですね!
Mpzobeuu9aerciroew1a
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでストレスと食事の関係や、コンビニメニュー、レシピなどをご紹介させていただきました!ついおろそかになりがちな食事ですが、ストレスを食事から見直す事でより毎日をより楽しく過ごせるようになるのだったら、とても素敵ですよね。ぜひ取り入れてみてくださいね!ストレスに関わる記事も発見しましたので、是非読んで見てください!