Vpcdnhp7b60zeowao49u

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ストレスと睡眠の関係を徹底解説!良い眠り方も紹介します!

2018.05.07

ストレスと睡眠は切っても切れない関係性があったりします。体感的にも何か悩みがあると眠れないと言う事は、誰しも経験した事があるのではないでしょうか?ストレスを睡眠の関係や良い眠り方などをご紹介して行きたいと思います!睡眠不足の解消を目指しちゃいましょう!

  1. ストレスで睡眠不足になってる・・・
  2. ストレスと睡眠の関係とは?
  3. ストレスで睡眠不足になった時に起こる事とは?
  4. 睡眠は脳をリフレッシュする時間?
  5. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方とは?
  6. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「昼寝」
  7. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「入浴」
  8. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「夜に強い光を浴びない」
  9. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「寝具を見直す」
  10. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「眠る前に考え事をしてしまう」
  11. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「瞑想する」
  12. ストレスによる睡眠不足を解消する!?良い眠り方「運動をする」
  13. まとめ
Qd7xaqalgxlawk1vazci
ストレスと睡眠はとっても関係が深いものであったりします。睡眠不足を経験した事無い方でも、何かのきっかけで起こってしまう事もあるかも知れないので、その関係性を知っておくのは良いかも知れません。また解消方法も人によってかなり個人差があるので、すぐに改善すると言うのが難しいと言う点もあります。このページではそんなストレスと睡眠の関係、解消方法などをご紹介させていただきます。ぜひ参考にして見てくださいね!
Yybkccxkfvhgy4tiiyqd
症状がひどい場合などには無理をせずに専門医を受診してください。
Pguerflujjgpg9idskht
ストレスがあると少なからず感情的になってしまったりして、脳が興奮状態になってしまう事があります。このような状態になってしまうと、寝つきが悪くなってしまったり眠りについても浅い睡眠になってしまったりします。朝起きた時に、疲れが取れていないと感じたら、もしかしたらこのような現象が起きているのかも知れません。
Vdddgsnowrin40f24a0y
Lit9tqyjgru0s3oxeoz2
ストレスで睡眠不足になってしまうと、どうしても昼間の間に眠気が襲って来てしまいます。すると、注意力が散漫になってしまったり、ケアレスミスが増えてしまってさらにストレスが溜まってしまうと言う悪循環にもなりかねません。また睡眠負債と言う言葉も最近出て来ています。寝不足の負債と言うのは脳に蓄積されてしまうと言う事も考えられているようです。睡眠コンサルタントの方のインタビューに以下のような物もありました!
Kutj9tuutoknxsgomc4x
心身へのダメージは、いわばボディブローのようにジワジワと効いてくるものなのですが、脳に関してはダイレクトで影響が出ます。6時間睡眠を14日間続けると、脳の機能レベルは丸々2日徹夜したのと同等まで低下すると言われているのです。5時間睡眠だと、缶酎ハイを数本飲んだレベルまで低下してしまう。(一部抜粋)

Lp6aez9qzpohkwqxqci6
かなり衝撃的な内容でもありますね。理想的な睡眠時間は約7〜8時間だそうですが、それを割ってしまうとこのようなダメージが出て来てしまう事があるんですね。6時間ほどの睡眠を続けている方は多そうな感じがしてしまいます。皆さんはどうでしょうか?睡眠時間自体が短いというのは、このような影響が出て来てしまうのですね。
Yatnzlg3crto3tk2baui
睡眠している間に脳はリフレッシュをしています。このリフレッシュの時間が少なかったり、足りなかったりするとリフレッシュが足りておらず、パフォーマンスが落ちてしまうのですね。またこのリフレッシュする事で、ストレスホルモンを抑制してくれるとも言われていますので、睡眠は脳にとっても重要な行為なんですね。体感としても、睡眠が足りていない時は、ぼーっとしてしまったり頭が重かったりします。
Wkzzdpbtld6dqcfru6nb
Uqdlwhvqkbktythsm8mf
ではここまででストレスと睡眠の関係性や睡眠不足によって起こってしまう事についてはわかりましたね!ここからは睡眠不足を解消するための良い眠り方などについてご紹介して行きたいと思います!しっかり知って、ぐっすり眠れる時間を確保したいですね!さっそく見て行きましょう!
Hiwtcmpkmf1unwijpeqv
最近では昼寝を積極的に取り入れた方が効率が良くなるとも言われていて、パワーナップとも呼ばれている物ですね。簡単にいうと15時くらいまでに15〜20分ほどの昼寝をする事で、ストレスをクールダウンさせたり、睡眠負債にも良いと言われています。何より昼寝後の作業効率がアップするというのが良いですね!どうしても昼寝が難しい場合には、静かに1人になれる場所で目を閉じるだけでもマシになるそうです。時間的には最長でも30分が目安です。
Fgaekmwfyochuqnoerh4
入浴をしてしっかり体を温めておき、その後1時間ほどで眠りにつくととっても眠りやすくなると言われています。眠気は体温が下がって行く時に多く出やすいので、それを利用して入浴後体温が元の温度に下がって行く頃に眠りにつくようにするとスムーズです。それよりも早すぎても、遅くてもいけませんので気をつけましょう。また湯冷めしてしまっても意味が薄くなってしまうので注意です!
A95qallnn5ou35agoini
夜に強い光を浴びてしまうと脳が昼と思ってしまって眠りにくくなってしまう事があります。なので夜には部屋の明かりを少し暗めに落としておく事も、睡眠に繋げる事のできる方法の一つです。あんまり暗くしてしまうと、生活しづらくなってしまいますが、強い光は避けて、少し暗めを意識しておくと良いでしょう。また朝起きた時にはしっかり太陽光を浴びるとリズムが整うのでオススメです。
Bp0erk5awbb3qvtfwkxl
寝具を見直して睡眠環境を良くする方法も良いですね。もしかしたら体が寝具にストレスを感じていて眠りにくくなってしまっている可能性もあります。特に女性は筋肉量が少ないので寝返りがしにくい方も多いですが、寝返りは良い睡眠には欠かせません。少し硬めの物を選ぶと良いでしょう。ただ好みなどの個人差がある物でもあるので、寝具屋さんに相談に行くのも良いですね。全部変えなくても、枕カバーを変えるだけでも、変化があるかも知れません。ぜひ見直して見てください。
Xn43hch3anzvaajtpncm
眠る前に考え事をしてしまうと、それがクセになってしまったりして眠りにくくなってしまいます。どこかでそのクセを断ち切るためにも、お布団に入って、考え事を始めてしまったら一度お布団から出て、全く違う動作をしましょう。そうする事で考え事のクセを少しずつ無くして行きましょう。眠気が来たらお布団に入って、なるべくすぐに眠るようにして行きます。最初は大変かも知れませんが大切です。
Nx3qd9ohkerpkouqnhc2
瞑想と聞くとちょっと怪しい感じがしてしまう方もいるかも知れませんが、瞑想を続ける事で睡眠の質を上げる事ができるとも言われています。最近では著名人や企業で瞑想を取り入れているところもありますね。瞑想は誰でもできる方法ですし、特にお金がかかる事でもないので気軽にできるというのも良いですね。簡単な瞑想の方法について紹介している記事を発見しましたので、ぜひ参考にして見てくださいね!
Gxtls3xgvgaiv43nagzg
Npsluyaajbpd312wsauz
運動をすると血流も良くなり、酸素を多く取り込む事ができて、ストレスを解消する事にも向いていると言われています。有酸素運動であまり激しくない運動をするのが特に良いと言われています。運動した後は達成感もありますし、爽やかな気持ちになりやすかったりします。普段あまり運動をしない方はストレッチから始めてみるのも良いですね!ぜひ運動を取り入れてみてください。
S1cdd0g9jwhs6k3em4gl
Hroaf3une5hvk0nn7dtl
最後まで読んでいただいてありがとうございました!ここまでストレスと睡眠の関係性や、良い眠り方などについてご紹介させていただきました!睡眠不足の解消って本当に難しかったりします。人によって細かい原因が違って来たりもしますし、眠る時の環境が変わる事で眠りにくくなってしまう事もあるかも知れません。それぞれに良い眠りの方法を見つけて、睡眠不足の解消を目指して行きましょう!