Wdmkbqfkfl7thilbkf2s

リラクゼーション

CATEGORY | リラクゼーション

春に咲く植物特集!春の花で花束をプレゼントしてみては?

2018.04.07

春に咲く植物はどれも素敵なものばかりで、いつもお世話になっている人や大切な人に春の花で花束を送るというのも素敵ですよね。そこで今回は春に咲く可愛らしい植物特集ということで、春の花で花束を送りたい人のために、おすすめの春に咲く植物を紹介していきます!

  1. 春に咲く植物
  2. 春に咲く代表的な植物の花言葉
  3. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:アネモネの花束
  4. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:スイートピーの花束
  5. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:ヒヤシンスの花束
  6. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:チューリップの花束
  7. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:マーガレットの花束
  8. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:カーネーションの花束
  9. 春に咲く植物の中で花束におすすめの花:カスミソウで他の花を引き立たせる
  10. まとめ
Bk1tpzg3moci43sxliwp
春に咲く植物はたくさんあります。寒い冬を越えて暖かい気温になった時に顔を出す植物たちは、春の訪れを知らせてくれる存在ですよね。今回は春に咲く植物特集ということなので、まずは春に咲く植物の中でも特に代表的な植物、花を紹介していきます!

アネモネ

花の中心、花芯がとても独特で一際目立つ花と言えばアネモネです。アネモネは春に咲く植物であり、だいたい3月から5月にかけて花を咲かせます。また、アネモネは陽の光が大好きな花でもあり、陽の光を浴びることによって花をどんどん大きくさせるという特徴を持っています。

春の訪れを真っ先に感じさせてくれる植物には梅があります。梅は1月から3月にかけて咲く植物であり、梅の花が咲くとそろそろ桜も咲いてくる時期だなという気持ちにさせてくれますよね。

オレンジ

果物としても知られるオレンジは、春になると花を咲かせる植物でもあります。4月から6月にかけて花を咲かせ、その花は白く可愛らしいのが特徴。西洋では結婚式のお祝いの花として、花束や花嫁の花飾りに使われることが多い花でもあります。

カスミソウ

白やピンク色の花が可愛いカスミソウも、春に咲く植物の中でメジャーな存在です。だいたい5月から7月にかけて咲く花なので、春が訪れてしばらくしてから顔を出す花です。

カーネーション

母の日に花束で送られることの多いカーネーションは、2月から5月にかけて花を咲かせる春の植物です。よく見かける花の色は赤やピンクですが、他にも青や紫など様々な色があるのでよく花束に添えられる花として人気があります。

春の植物で欠かせない存在と言えば桜です。桜が咲くということはそれだけ気温が暖かくなった、春が訪れたという最もわかりやすい春の訪れを教えてくれる花ですよね。白やピンクの花が可愛らしい春を象徴する存在です。

スイートピー

春に咲く植物と言えばスイートピーも有名です。4月から5月にかけて咲く花であり、卒業式や入学式などで花束として送られることの多い花でもあります。

スズラン

鈴のような花として有名なスズランも春に咲く植物です。4月から6月にかけて咲く花であり、ヨーロッパでは5月1日にスズランの花を送るという風習があり、スズランの花を送られた人は幸せになると信じられています。

チューリップ

春に咲く花と言えばチューリップの存在は忘れられません。可愛らしいチューリップの花は4月から5月にかけて咲く花であり、よく花壇などでその姿を見ることが出来ます。色とりどりというのもあり、花束としてもよく送られる花ですね。

ヒヤシンス

甘い香りが特徴的なヒヤシンスは3月から4月にかけて花が咲く可愛らしい花です。様々な色があるため、ヒヤシンスは花束として送られることも多い花でもあります。

マーガレット

3月から5月に咲くマーガレットも春を感じさせる花として人気の花です。大きく咲き誇るその姿はひと目見ただけで愛らしさを感じますし、春の訪れを元気よく伝えてくれる春には欠かせない存在です。
Iscc7ypgngimgni6uih3
春に咲く植物をいくつか紹介してきました!春に咲く植物はどれもが可愛らしく可憐なものばかりなので、いざ花束にしようとするとどの花を花束にすればいいのだろうと悩んでしまいますよね。そこで先程紹介した植物の中でも特に代表的な植物の花言葉も紹介していきます。花束を贈り物として用意するのであれば、花言葉にも注目してみると、とてもロマンチックな感じがしますし、送られる側も嬉しい気持ちになるものです。花言葉から花束にしたい春の植物を選んで行きましょう!

アネモネ

アネモネは力強さを感じられる花言葉を持っている花なので、花束に添える花としても人気がある花になっています。実はアネモネ全般の花言葉は「はかない恋」や「恋の苦しみ」といった切ないものになっていますが、赤いアネモネは「君を愛す」、白いアネモネは「真実」「希望」、紫のアネモネは「あなたを信じて待つ」という真っ直ぐで力強い花言葉になるのです。

カスミソウ

カスミソウの花言葉は「清らかな心」「幸福」「親切」「純潔」というものが代表的です。カスミソウは花束を作る際は主役となる存在ではないものの、主役の花にあることの多い花を引き立てる存在として花束では欠かせない存在になることが多い花です。

カーネーション

カーネーションは花の色によって花言葉が大きく分かれている花でもあります。よく母の日で送られる赤いカーネーションは「母への愛」、白いカーネーションは「純粋な愛」、ピンクのカーネーションは「熱愛」や「女性の愛」、紫のカーネーションは「誇り」や「気品」となっています。花束として送る際には花の色を組み合わせて考えてみるのもおすすめです!

スイートピー

スイートピーは卒業式や入学式などお祝いの席で送られることの多い花でもあります。実はスイートピーの花言葉は「門出」や「優しい思い出」なので、そういった場ではぴったりの花でもあるのです。

チューリップ

チューリップは告白や大切な人に送ると良いと言われている花でもあります。チューリップの花言葉も色によって大きく分かれていて赤いチューリップならば「愛の告白」ピンクのチューリップならば「愛の芽生え」「誠実な愛」、紫のチューリップならば「不滅の愛」なので、告白にはぴったりの花なのです。しかし白いチューリップは「失われた愛」黄色いチューリップは「望みのない恋」なので、チューリップの花を送る際には花の色に注意をしなくてはいけないとも言えます。

ヒヤシンス

ヒヤシンスはとても遊び心がある花言葉をたくさん持っています。ヒヤシンスも色によって花言葉の意味合いが大きく異なり、白いヒヤシンスならば「心静かな愛」青いヒヤシンスならば「変わらぬ愛」黄色いヒヤシンスならば「あなたとなら幸せ」という花言葉を持っています。しかしこういった恋愛の花言葉以外にも花言葉があり、ピンクのヒヤシンスは「スポーツ」「ゲーム」黄色いヒヤシンスには「勝負」という、恋愛とはかけ離れているような花言葉もあるのです。組み合わせや送る相手によっては花言葉の意味合いが大きく異なる面白い春の花です。

マーガレット

可憐な印象を受けるマーガレットは恋に関する花言葉が有名です。マーガレットの花言葉は「恋占い」「真実の愛」「信頼」。よく花占いをする時に用いられる花がマーガレットなので、花占いという花言葉には納得ですね。
春の植物で花束を作る時におすすめなのがアネモネの花束です。アネモネは大きな花と華やかな色が特徴的な花なので、花束にすると一気に可憐な存在感を一際放ちます。花束というとボリュームあるものが良いという人にはとくにぴったりですし、色とりどりのアネモネはどれもがそれぞれを引き立てる引き立て役となり、主役となります。花言葉をかけて一色の花束にするのも良いですし、花を純粋に楽しむという意味で色とりどりのアネモネを束ねた花束にするのも良いでしょう。
卒業や入学、新生活など、新しい生活をスタートさせる人や旅立ちをする人に向けて送りたい花束と言えば、かなりベタではあるもののスイートピーがおすすめです。スイートピーは門出を祝う花として代表的な存在なので、そういった人に送れば門出を祝う気持ちをよりいっそう感じてもらえるわかりやすい花でもあるのです。花自体もふわふわとして蝶々のように可憐なので、花が好きな人や可愛らしいものが好きな人にも送るのがおすすめの花です。
ヒヤシンスの花束はヒヤシンス特有の甘い香りがとても魅力的なので、花の香りが好きな人や癒やしを求めたい人に送ると良い花束です。甘く、しかしどこか優しげなヒヤシンスの花の香りは気持ちをリフレッシュさせる効果もあり、花束となり密集するとその香りの強さはより際立ちます。他の花と合わせて花束にするのも花束をよりいっそう華やかにしてくれるのでおすすめです。
色とりどりで春を象徴する可愛らしい花と言えばチューリップです。チューリップは色によって花言葉に大きな違いがあるものの、花言葉に詳しくない人には色を気にせずに送ることが出来ますし、色とりどりのチューリップの花束は様々な花束の中で最も春を感じ、愛らしいという印象を抱ける花なので、花が好きな人にも送りたい花でもあります。また、チューリップは濃淡があるので、花に彩られる濃淡のグラデーションを楽しみながら花束を作ってみるのもおすすめです。
マーガレットは一色で花束を作るのも良いですし、他の色を組み合わせて作るのもおすすめの花です。白いマーガレットの花束は純潔なイメージがとても強く出るので、信頼している相手や大切な人に向けて送ると相手は喜ぶこと間違いなし。他の色を組み合わせると1つ1つの色は落ち着きを見せますが、花束としての一体感が生まれるので、好みに合わせて花の色を選んでみると良いでしょう。
カーネーションは花の色によって大きく花言葉が異なるので、花束としては選びにくいような感じもしてきますが、母の日に送る花束ならば赤いカーネーションの花束を選ぶようにして、母の日以外で送る花束の場合には自分の好みや花言葉に沿った花の色を選んだ花束を選んでみると良いでしょう。
小さく可憐な花を咲かせるカスミソウは、他の花を引き立てる役割として花束によく添えられている花です。そのため、たとえば他でもおすすめしているアネモネやスイートピーなどの花束の中にカスミソウを入れると、より主役となる花が可憐に見えて、花束自体にも一体感が生まれます。どこか花束に物足りなさを感じた時にカスミソウを入れれば綺麗にまとまる、ということを覚えておくと綺麗な花束作りが出来るので意識してみると良いでしょう。
Zihtvmlsweiz92j99hvh
いかがでしたか?春に咲く植物特集ということで、春に咲く植物、そしてその中でも特に花束におすすめの花を紹介してきました。春に咲く植物は春の訪れを可愛らしく知らせてくれるものばかりです。花束を送りたいと思う人がいる、そんな人がいる場合には是非今回紹介した春に咲く植物特集で紹介したおすすめの花で、可愛らしい花束を作ってプレゼントしてみてくださいね。