Hzhgynr84l6vzkuwwxmd

恋愛・友情

CATEGORY | 恋愛・友情

カップルでキャンプ!初心者にも人気の関東のおすすめ場所5選!

2018.06.08

「カップルキャンプに行きたいけど、どこの関東おすすめキャンプ場がいいんだろう」と悩んでいる初心者の方も多いのではないでしょうか。この記事では、カップルキャンプのポイントと、おすすめのキャンプ場を5ヶ所ご紹介します。初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

  1. カップルキャンプの魅力
  2. カップルキャンプのポイント①火起こし
  3. カップルキャンプのポイント②料理
  4. カップルキャンプのポイント③遊び道具
  5. 【関東】カップルキャンプ場①竜洋海洋公園
  6. 【関東】カップルキャンプ場②PICA富士吉田
  7. 【関東】カップルキャンプ場③有野実苑
  8. 【関東】カップルキャンプ場④ロハスガルテン
  9. 【関東】カップルキャンプ場⑤コーラル*館山
  10. まとめ
引用: https://617mi5y4.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/01/IMG_5800-695x460.jpg
皆さんは、カップルキャンプを行ったことはありますか?カップルキャンプとは、恋人と2人きりで楽しめるキャンプのことです。初心者の方は慣れないキャンプで苦労することもあるかもしれませんが、相手の頼りがいや良いところを実感できる素敵なデートプランの一つです。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.hinata.me/image/image/808153240637038091/article_pc_yuriexxx.jpg
今回は、カップルキャンプを成功させるための3つのポイントと、関東のおすすめのキャンプ場を5ヶ所ご紹介します。ぜひ、初心者の皆さんもカップルキャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。
Bjcx2c764y8g9zcbl2vz
まずは、カップルキャンプを成功させるための3つのポイントをご紹介します。一つ目のポイントは、火起こしについてです。キャンプでは、火起こしは最低条件になります。火がないと、ご飯を作ることもできませんよね。火起こしには、炭を使用します。
Ki3spagugz2mbcex5mpa
炭に火をつけるには、チャッカマンなどの着火剤を使用します。火をつけてからは、炭を必要以上に動かさないことが大切です。火が完全につくまで多少時間はかかりますが、焦らずじっくり待ちましょう。途中で炭を動かしてしまうと、火がつきにくくなってしまいます。
また、火が燃え移りにくい「綿素材」の衣類を着用することも大切です。やけどを防ぐためにも、心がけましょう。
Xd5scp0ucgun6whxdzxa
二つ目のポイントは、キャンプ場で食べる料理についてです。キャンプでは、慣れない環境で食事を作らなければなりません。いくら料理が得意という方でも、失敗することもあります。せっかくの料理が失敗してしまっては、楽しいキャンプとは言えませんよね。
Cnpc3jgedfxr9d79pipe
キャンプで料理を作るときは、初心者は特に簡単で作りやすい料理を選ぶことが大切です。バーベキューや焼き鳥などは、機材さえあれば簡単に作れそうですね。また、火を使わないホットドッグや生春巻きもおすすめです。自分のレベルに合った料理を選ぶように心がけましょう。
Qbfmru7txqipbvj6pphj
三つ目のポイントは、キャンプ場で使用する遊び道具についてです。キャンプで楽しめる遊び道具はたくさんありますが、中でも「フリスビー」は遊びやすく、おすすめです。フリスビーとは、フリスビーと呼ばれる円盤を投げてキャッチするゲームで、初心者でも男女共に楽しめる簡単なゲームです。
引用: http://i.huffpost.com/gen/1997396/images/o-DRONE-facebook.jpg
また、最近注目を集めている「ドローン」で遊んでみるのも良いですね。キャンプ場は広いので、ドローンで遊ぶのにぴったりな場所です。ドローンの操作を楽しんだり、ドローンにカメラを設置して、上空からの景色を撮影したりして遊んでみてはいかがでしょうか。
引用: http://unchiku-n.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/08/21/dsc01583.jpg
ここからは、関東の初心者の方におすすめキャンプ場をご紹介します。まず初めにご紹介するのは、「竜洋海洋(りゅうようかいよう)公園オートキャンプ場」です。こちらのキャンプ場は、静岡県の磐田市(いわたし)にあります。キャンプ場のテントサイトは、フリーサイト・AC電源付き区画サイト・AC電源付きキャンピングカーサイトの3つのサイトに分かれています。
引用: http://www.ryu-yo.co.jp/AUTO/img/facilities/faci_ac01.jpg
フリーサイトは、好きな場所に自由にテントを張れるスペースのことです。AC電源付き区画サイトは、電源と流しが付いているスペースです。AC電源付きキャンピングカーサイトは、キャンピングカーの方や広いスペースを使いたい方におすすめのサイトです。
引用: http://www.ryu-yo.co.jp/AUTO/img/facilities/faci_k00.jpg
また、宿泊施設も複数あり、自分たちの好みに合った施設から選ぶことができます。しかも、宿泊施設には様々な電化製品や調理器具、食器類まで揃っており、不便さを感じることはありません。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: http://mozartfamily.mo-chan.com/phot/sub1/campreport-042-picahijiyosida/hujiyosida-001.jpg
二つ目にご紹介するのは、「PICA富士吉田キャンプ場」です。こちらのキャンプ場は、山梨県の富士吉田市にあります。こちらのキャンプ場では宿泊施設が充実しており、マッシュルームパオ・コテージ・トレーラー・キャビン・食材付きコテージ・テントサイトと様々な施設から、好みに合わせて選ぶことができます。
引用: http://img01.naturum.ne.jp/usr/s/e/n/senarare0316/sp-052734600s1475992768.jpg
様々な宿泊施設の中で、ひときわ豪華なのが「マッシュルームパオ・グランデ」と呼ばれる施設です。施設の中にはダブルベッドもあり、モダンで上品な印象の宿泊施設になっています。贅沢な時間を過ごしたいカップルにおすすめです。森に囲まれているので、空気もきれいでリフレッシュできそうですね。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/B/BBQ_UNIT/20160511/20160511121816.jpg
三つ目にご紹介するのは、「有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場」です。こちらのキャンプ場は、千葉県の山武市(さんむし)にあります。森と農園に囲まれたキャンプ場で、キャンプ以外にも楽しみ方がたくさんありますよ。
引用: http://maruchiba.jp/images/thumb/6672-img-main_list.jpg
例えば、野菜や果物の収穫体験をすることもできます。収穫できる野菜や果物は、季節などによってが異なるそうです。他にも、地元の新鮮な食材を使ったレストランなどもあるようです。様々な楽しみ方ができるので、何度でも楽しめそうなキャンプ場ですね。
引用: http://www.arinomi.co.jp/img/camp_site_img_01.jpg
キャンプ場のサイトは、たくさんの木々によってそれぞれのサイトが区切られているため、周りの目を気にすることなく楽しむことができます。サイトもA~Dサイト・ソロサイトと種類も豊富です。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: https://d3fodlmnxssywj.cloudfront.net/images/news/100000415_5023_2_image_url_1454662197-1000.jpg
四つ目にご紹介するのは、「ロハスガルテンキャンプ場」です。こちらのキャンプ場は、埼玉県の児玉郡(こだまぐん)にあります。キャンプに必要な道具から食材までキャンプ場で調達できるので、手ぶらで行くことができます。しかも、キャンプ場の隣には温泉施設もありますよ。都心から55分とアクセスも良好です。
引用: http://endo-yu.com/wp-content/uploads/2014/05/IMG_7181.jpg
また、好みに合わせて様々なパックから選ぶことができます。例えばBBQパックでは、テーブル付きスペース・250gのお肉・野菜・バーベキューに必要な機材がセットになっています。他にも、キャンプに必要な機材一式・夕食と朝食の食材・2日分の温泉利用券がセットになったレギュラーパックなどがあります。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
I8jl1hlu7cfkbeljft1o
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20160607/11/sabadivingstudio/23/5b/j/o0480032013666522609.jpg?caw=800
最後にご紹介するのは、「コーラル*館山オートキャンプ場」です。こちらのキャンプ場は、千葉県の館山市(たてやまし)にあります。1,000坪ほどの小さめのキャンプ場で、テントサイトは13サイト・キャビンは3棟あります。人が多すぎないので、静かにキャンプを楽しみたいカップルにぴったりのキャンプ場です。
引用: https://www.nap-camp.com/img/_image.php?fname=/campsite_image/11946/img_5_4489.jpg&rw=1366&rh=768&wm=resize&hm=resize&dummy.jpg
また、キャンプ場内には果樹園があり、キャンプを楽しみながら美味しい柑橘類を食べることもできますよ。さらに口コミによると、夜になると綺麗な夜空を見ることができるんだとか。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: https://617mi5y4.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2015/11/img-index-1.jpg
いかがだったでしょうか。今回は、カップルキャンプのポイントやおすすめのキャンプ場をご紹介しました。初心者の方もご紹介したキャンプ場の中で気になる場所があったら、ぜひカップルで行ってみてください。カップルキャンプで、今よりもっと親密になれると良いですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://mysapu.com/images/date/date_hack/camp_date/intimacy.jpg