Llqnzzxbttdxrkbyritn

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ストレスを溜めない方法はこれ!簡単にできるコツを紹介!

2018.04.09

ストレス社会と言われていますが、ストレスを無くすのは難しいです。ですがストレスを溜めない方法があるとしたらどうでしょうか?溜めずに解消するコツや溜めない考え方や性格などについてご紹介して行きたいと思います。ストレスを溜めない方法を知ってみましょう!

  1. ストレスを溜めない方法ってあるの?
  2. ストレスって何なの?
  3. ストレスを溜めない方法とは?
  4. ストレスを溜めない方法「ストレスを自覚して整理する」
  5. ストレスを溜めない方法「感謝している事を書き出す」
  6. ストレスを溜めない方法「深呼吸」
  7. ストレスを溜めない方法「グレーゾーンを認める」
  8. ストレスを溜めない方法「自分も周りも許す」
  9. ストレスを溜めない方法「ポジティブシンキングを心がける」
  10. ストレスを溜めない方法「運動をする」
  11. ストレスを溜めない方法「ぼーっとする時間を作る」
  12. ストレスを溜めない方法「睡眠」
  13. まとめ
Vv4u9iwoa05vrnalcip4
ストレス社会と呼ばれている現代ですが、1ヶ月に1回以上ストレスを感じている方は8割を超えるそうです。ですがストレスと言う物自体は、同じ事が起こった時にストレスと思う方もいれば、思わない方もいたりして個人差が大きいものでもあります。そしてストレス自体を無くすと言うのは難しくもあります。このページでは、そんなストレスを溜めない方法やコツなどについてご紹介して行きたいと思います!
Upwc0oungakuabfuyr1g
そもそもストレスとはどんな物なのでしょうか?かなり浸透している言葉ではありますが、正しい意味としてのストレスを知っておきましょう!
刺激により引起される非特異的な生体反応。生体に加わる力をストレッサー,それによって起る生体の反応をストレスという。 1938年にストレス理論を提示したカナダの生化学者,H.セリエによると,「ストレスとは,どんな質問に対しても答えようとする身体の反応」である。この理論は,寒冷,暑熱,放射線などの物理的刺激,ホルマリン,毒物,酸素不足,栄養障害のような化学的刺激,あるいは身体的拘束や感染のような生物的刺激,怒り,不安,焦燥などの心理的要因その他,どのような刺激に対しても,身体はすべて同質の生体反応を示すというものである。(一部抜粋)

ストレッサーと、ストレスとに分かれているのですね。心理的な物以外にも、寒さや暑さからもストレスを受ける事があると言う事は、性格や受け取り方に限らずストレスが発生すると言う事でもありますね。単純に科学的刺激や、生物的刺激などは、心理的なストレスと比較はできないと思いますがこのような事も含めてストレスと呼ぶ事ができるのですね。
Ektuopnocbo0mm3jcjhh
ではストレスの基本的な物については分かりましたね!ここからはストレスを溜めない方法についてご紹介して行きたいと思います!少しでもストレスを溜めないようにして行って、より毎日を楽しく過ごして行きたいですね!では見て行きましょう!
Tzdyqjgbkwwcwcasumrh
ストレスを感じた時や困った時などには、自分の状況や感情を紙に書き出して行くと、頭の中でモヤモヤしていた物が整理されます。具体的にどんな事に対してストレスを感じていたのか、この場面でこんな感情になったなど、性格にもよりますが客観的に自分を見る事ができますし、自分の性格自体も掴めるきっかけを作る事ができます。また問題点が明確になって、解決策についても考えやすくなります。困った時にはぜひ書き出してみて下さい。
Gqxhdnumzrewmo99uece
毎日の習慣としたい点として、感謝している事を毎日3つ書き出すと言う事です。しあわせノートと呼ばれたり、感謝日記とも言われていたりして専用のノートが販売されていたりします。この感謝している事を毎日書き出す事で、自分の幸福を客観的に見つめ直す事ができますし、幸福な事を考える習慣ができるのでストレスから遠のく事ができます。無理に続ける事はありませんし、書く内容も「朝起きる事ができた」などのごく当たり前の事を書くのがコツです。ぜひ試して見て下さい。
T3koeg8ykogezscszd59
深呼吸をすると、リラックスする事ができますので毎日の習慣にしたいのが深呼吸です。丁寧に深呼吸をする事で気分を落ち着ける事ができます。鼻からゆっくりと息を大きく吸い込んで、口から吸い込んだ時の倍くらいの長さをかけて吐いて行きます。そして肺の中からしっかり息を出し切ってから、また吸い込んでと言うのを繰り返します。目安としては吸って吐くを1セットとして、5セットほどを繰り返すのが良いと言われています。どこでもできる方法なので手軽にできますね!
Imji8jqjirl052ktfl0d
これは性格的な物に関係していますが、0か100かのように常にどちらかに振り切っていると、グレーゾーンな物などに直面した時に、ストレスを感じてどちらかに振り切れるようにとても努力してしまったりする事があります。ですが、もともとグレーゾーンを認めていれば、ストレスを感じる事もありませんし受け入れてその中での最善を尽くす事ができます。性格的な部分が強いので、考えを変えるのも大変ではありますが、グレーゾーンを受け入れると言う事もストレスを溜めないコツの一つでもあります。
Yycykj7rdcdyw87mpe8f
自分も周りも常に許してあげると言うのもストレスを溜めない方法としては重要です。ですがこれも性格にも関係して来る事でもあるので、簡単に変えるのは難しいかも知れません。たとえば何でも完成度を60%が花マルだという考えであれば、花マルの状態が自分にも周りにも増えます。待ち合わせに少し遅刻してしまった場合にも、急ぐ努力はしたし相手にも謝罪をする事ができたので花マルと言う具合です。また相手がミスをした時にも許してあげる姿勢を持ちましょう。
Detjacpgke7qtcxuk1po
推測で悪い方向へと考えてしまうのは、自ら悩みやストレスを増やしているとも言えます。自分だけでは判断つかない事、推測でしか無い事はポジティブに捉えるようにしましょう。誰かに挨拶をして、返事が無かった場合に確認せずに嫌われてるんだと思うのは推測です。こんな時には聞こえなかったんだ、考え事をしていたんだと思いましょう。そしてポジティブを習慣にする事ができたら、もっともっと幸福になる事ができます。
Fioa9wdzybdxpitgebbf
運動をすると体の血流も良くなりますし、新鮮な酸素をたくさん取り込む事ができます。また有酸素運動や、同じ動作を繰り返すウォーキングなどはより良いと言われています。ですがあまり普段運動をしない方が急に運動を始めると、体がストレスを感じてしまいやすくなりますので、始めは普段エスカレーターを乗るところを階段にするなどの身近なところから始めて行くと良いでしょう!
Y8rc6yk3pdclkvbef9lf
特に何を考えるでもない、ぼーっと過ごす時間と言うのは意外に重要だったりします。脳は常にたくさんの事を考えていてフル回転なので、少し休んで何も考えていないような時間を作ると、休む事ができますし気分転換にもなります。その時にも何かを考えないようにするのがコツです。考えてしまうと悩みの時間になってしまう可能性がありますので注意が必要です。
Owdmib7irten3rfqe3ux
睡眠が足りていないと、眠気が1日中続いてしまうかも知れませんし、脳がリフレッシュする事ができません。ですのでしっかり睡眠を取るように心がけましょう。どうしても時間を取る事ができない時には、睡眠の質を上げられるように寝具を見直してみたり、朝起きた時に朝日を浴びるようにするだけでも違ってきます。睡眠不足は様々な影響をもたらしてしまう事があります。気をつけましょう!
Xtq0sjdsein1ke1p8wh0
最後まで読んでくださってありがとうございます!ここまでストレスを溜めない方法や、コツ、考え方や性格などについてご紹介させていただきました!すぐにストレスを無くすと言うのは難しいですが、ストレスを自覚して、自分の考え方などと向き合う事で、ストレスを溜めないようにする事ができますね。最初はコツが必要かも知れませんが、ぜひ試してみてくださいね!ストレスチェックに関する記事も発見しましたので、ぜひ読んで見てくださいね!↓